MUGYUU!ロゴ

赤ちゃんにもおしゃれな食器を選びたい!おススメの陶器製食器まとめ

生後5ヶ月頃を過ぎると、いよいよ離乳食が始まりますね。
気持ちよく離乳食をスタートさせるために、離乳食用の食器を準備しておきたいところ。
でも、離乳食に使う食器、どんなものを選んだらいいのかわからないママも多いですよね。

赤ちゃんが使うものなので、落としても割れないもののほうがいい?
割れたときにけがをしないようなものを選んだらいい?

いろいろ、迷うこともあるかと思います。
また、食生活に彩りを与えられるような食器を選んであげたいですね。

早速、離乳食の食器の選び方のポイントを、素材別やブランド別に見ていきましょう。

離乳食用の食器はすぐ必要?

離乳食が始まったからといって、すぐに離乳食用に食器が必要というわけではありません。
なぜなら、離乳食を始めたばかりの頃は、10倍粥をほんのひとさじから始めるからです。

最初は家にあるお皿でも代用できるので、焦って食器を買う必要はないでしょう。
始まって、様子を見ながら揃えていけばいいと思います。

しかし、歯科医師の中には、虫歯菌の感染の点から、大人用と赤ちゃん用の食器やスプーンを別々にしておいたほうがいいという医師もいます。
一緒に使う食器でも、消毒するというよりは、しっかり洗って乾燥させておくだけでも感染を防げることもできるという意見もありますが、虫歯になるリスクを考えると、赤ちゃん用の食器を準備しておくこといいでしょう。

離乳食用の食器と、調理器具がセットになっているものもあります。
すり鉢がお椀としてそのまま使える食器もあり、1つあると便利ですよ。

選び方のポイント

離乳食用の食器は、素材や形など様々な種類があります。
たくさんあって、どれを選んでいいのかわからなくなりますね。

可愛い柄や、好きなキャラクター、また食器の素材によってもたくさんの種類があります。
どんなものがあるのか、何をポイントに選べばよいのか、一緒にみていきましょう。

材質別のメリット・デメリット

食器の素材もたくさんの種類があるので、まずは、素材別にみていきましょう。

プラスチック・メラミン素材

プラスチック製食器の最大のメリットは、割れにくく、扱いやすいことです。
たとえ割れてしまったとしても、ケガをしにくいので、赤ちゃんにも安心して使うことができます。
また、軽いので外出時に持ち運びするのにも便利です。

メラミン素材の食器は、熱いものをのせても食器が熱くならないことが特徴です。
物によっては、電子レンジや食洗機でも使えるものがあるので、購入の際は表示を確認しましょう。

デメリットは、匂い移りがしやすいことと、耐久性が低いことです。

木製

自然商品ならではのぬくもりがあるため、自然派志向の家庭にはおすすめです。
赤ちゃんの頃から、ぬくもりのある質感に触れさせたいという考えの方が、購入しています。

メリットは、軽くて割れる心配がないので、赤ちゃんでも扱いやすい食器です。
熱いものを入れても、食器が熱くなりにくいのが特徴です。

しかし、天然素材のため、こまめな手入れが大切です。
濡れたまま放置しておくと、形が変わったり、カビが生えたりします。

塗りものの場合、塗りがはがれたりするので、扱いには十分注意しましょう。
また、食洗機や電子レンジには使えません。

陶磁器

物を大事に扱う大切さを教えたい、と考えている家庭におすすめです。

陶磁器と聞くと、割れやすいというイメージがあるかと思いますが、最近では軽くて、落としても割れにくいものも作られています。
有名なブランドやメーカーが作っているものを購入すると安心でしょう。

メリットは、高温で焼いて作られているので、表面に傷が付きにくく耐久性にも優れている点です。
デメリットは、プラスチック製などに比べると、やや重くて割れやすいことです。

陶器の場合、電子レンジと食洗機で使うことができません。
磁器の食器は、両方で使用ができるので、購入時には表示を確認しましょう。

考え方は家庭によって様々

小さなうちから物の大切さを学ばせるために、大切に扱わなければ割れてしまうような陶器を使った方が良いという考え方。
割れてケガをしないようにプラスチックのものが良いという考え方。
ご家庭によって違います。

しかし、離乳食を食べる時期の赤ちゃんが、物の大切さをわかるようになるまでには、かなり時間がかかるもの。

食べる意欲が出てくると、自分で食事に手を出したり、食器をひっくり返したり、落としたりすることも多くなるので、割れた食器でケガをしないようにするのも選択肢のポイントになります。

物の大切さを学ばせるのは、言葉のやり取りができるようになり、理解できるようになってからでも十分間に合います。

使い勝手で選ぶ

離乳食時期は冷凍保存をしたものを調理することも多いので、耐熱性のプラスチックの器だと、電子レンジで解凍したまま食べさせる事ができます。

プラスチックのものには、便利な工夫がされているものがたくさん販売されています。
お皿の底に吸盤が付いていて、テーブルから落ちないように工夫されていたり、お皿に入れたまま保存できるように、フタが付いているものもあります。

また、電子レンジとオーブンの両方で使える素材も重宝します。

単品とセット購入、どっちがお得?

離乳食の食器には、セットで売られているものと、単品で売られているものがあります。

単品で購入する場合、離乳食の進み具合によって食器を買い足せ、必要なものを買うことができるので無駄がありません。
ただし、セットのものを単品で買い足していく場合、途中で売り切れてしまったり、製造中止になったり。
欲しいブランドや柄のものは、セットで買っておくと、買い損ねはなくなります。

期間限定のセット販売もあります。
また、中にはセットで購入することで、割引を受けられるものもあります。
単品だと割高だけど、まとめて買うとお得な時もありますね。

しかし、セットで購入するデメリットとして、買った食器の中に、使わない食器もでてきて、無駄になることです。
無理にセットの値段で買わなくても、必要な食器だけを買う方が、結果的には経済的な場合も。

考え方はいろいろですので、よく考えて購入しましょう。

人気の陶器製食器の紹介

おしゃれな食器といえば、やはり陶器製です。
こちらでは人気の陶器製食器をご紹介します。
ゆくゆくは長く使える良いものを選んであげたい、と考えているママさんも、ぜひ参考になさってください。

ノリタケ

ノリタケ ライトステップ 子供セット

10,800円

電子レンジ・食器洗浄機、両方で使用可能。
従来の磁器よりも丈夫な素材になっていて、安心して使えます。
出産祝いやお食い初めなどに、ギフトにもお勧めです。

国内有名ブランドのノリタケの離乳食食器を、小さいころから使うことで、赤ちゃんの感性を育むにはぴったりの食器です。

しかし、大切な食器を割ってしまったら大変ですよね。
そこでノリタケは、従来の磁器よりも丈夫な素材である、強化磁器で割れにくい作りに。

電子レンジや食洗機にも対応しているので、使いやすさも人気の秘密です。
また絵柄がはげにくい方法で絵付けされているので、赤ちゃんも安心して使えます。

コレール

ディズニーコレール クマのプーさん ランチ皿

2,180円

独自の三層構造のガラスで破損、欠けに強く、丈夫です。
表面が滑らかなので、汚れが落としやすくお手入れがカンタンなのも嬉しいですね。
無孔なので、使っているうちに食材の汚れが残ってしまうことがなく衛生的です。
温めて、調理してそのまま食卓へ!

コレールは、キャラクターのイラストが施されたデザインが人気の商品です。
また、丈夫で軽く、汚れもサッと落ちるので、離乳食での使い勝手がいい食器です。

環境ホルモンなどの有害物質の心配がないので、赤ちゃん用食器として安心して使えます。
熱湯消毒やオーブン、電子レンジ、食洗器での使用が可能です。

ただ、床に強く叩きつけるなどした場合、その強い衝撃でコレールの製品は粉砕してしまうことがあるので、注意してください。

ナルミ

NARUMI みんなでたべよっ! 幼児セット

4,300円

割れにくい耐熱強化磁器製で、お食い初め、離乳食の時から使える、安心の日本製。
また、可愛い専用ボックスに入っていて、出産のお祝い、お食い初めのお祝い、誕生日のプレゼントにオススメです。

美しく上品なデザインに定評があり、離乳食食器セットが人気です。
赤ちゃんの「食育」を応援する工夫が施されています。

強化耐熱磁器製で、丈夫でしっかりした作りになっています。
電子レンジやオーブンでの使用ができるので、ママの料理の幅も広がります。

また、ママと赤ちゃんが使いやすいような形に設計されており、身体に有害な鉛が入っていない絵の具が使用されているので安心して使えます。

出産祝いの贈り物としても喜ばれる、上品なデザインです。

白山陶器

子供食器 5点セット(イエロー)/ギフトBOX入

8,748円

陶磁器で有名な波佐見焼のブランド白山陶器の人気PiPi(ピピ)シリーズです。
カラーは全4種類を展開。
壊れてしまうこと、自分のものを大切に扱うことを、日々の食事の中で育んでいけるアイテムです。
また、使い勝手も良く、レンジ、食洗機もOK。
スタッキングできるので、収納もしやすくなっています。

波佐見焼(長崎県波佐見町)は、今とても人気のある窯元です。
シンプルなデザインでいつの時代でも使えるような飽きのこないデザインです。

中にはグッドデザイン賞やロングライフデザイン賞などを受賞した器も数多くあります。
白山陶器の離乳食食器ブランドのpipiは、とりの形のお皿で子供たちに食事の楽しさを伝えるシリーズです。

お茶碗、小鉢、とり皿、仕切りプレート、コップは仕切りプレートにきれいに重ねておけるような設計になってます。
かわいい造形と実用が一体となっており、白と黄色のシンプルな色遣いでどんな料理にも調和します。

ミナペルホネン

テキスタイルが素敵なブランド「minä perhonen」(ミナペルホネン)の、こどものうつわシリーズです。

素材は、磁器よりもあたたかみがあり、陶器よりも割れにくい半磁器を使っているため丈夫です。
半磁器による器“choucho”のシリーズは、食器に可愛い蝶々のデザインが施されており、人気の秘密です。
コップとボウル、中皿、プレートとあり、食卓を可愛く彩ってくれます。
コップは凹凸に指を添えることで、持ちやすく支えやすい設計になっています。

まとめ

赤ちゃんの離乳食用の食器をどんなものにするかは、ご家庭で、食事に対する考え方と一緒に選ぶといいでしょう。
安全性や使い勝手を選ぶのであれば、木製やプラスチック製の食器を選ぶと安心です。
また、物を大切にする心を育てたいという考えの場合は、陶磁器製の食器を選びましょう。

赤ちゃんにとって「自分の食器」に料理をのせることで、赤ちゃんも食べる楽しさを学んでくれるようになり食育につながります。

\\ 『離乳食』の全てがわかるまとめ記事 //

READ MORE

2016/10/12

離乳食

赤ちゃんのはじめての離乳食!これさえ読めばあなたも離乳食マスター

まーしゃる

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER