MUGYUU!ロゴ

賢くスプーンを選んで、赤ちゃんのイライラとママのストレスを一挙解消!

離乳食を始めてしばらくは、赤ちゃんは誰かに食べさせてもらわないといけませんね。

「離乳食をはじめたけど、うまく食べさせられない!」
「赤ちゃんが自分で食べたがるようになったけど、なかなか上手く食べられないみたい…」

始めの頃、こんな風に悩むママもいるのではないでしょうか。
そんな悩みが、スプーンを変えるだけで解決したらいいなと思いませんか?
いやいや冗談ですよね?
と思ったママさん、実は本当に解決するかもしれないんです!

離乳食は成長のための練習食

離乳食は母乳やミルクを食事にしていた赤ちゃんが、大人のような普通の食事を取れるようにするための練習食です。
期間は生後5~15ヶ月の約1年間。
その間、はじめは食べさせてもらっている赤ちゃん、少しずつ手づかみで食べ物を口に運ぶようになり、最終的にはスプーンで食べられるまでに成長するのです!

離乳初期の食べさせ方について

639c0c10d070df32bb06cba546cec0fe_m

そんな離乳食、いつ頃始めたらよいのでしょうか。
一般的には生後5~6ヶ月がスタートの目安とされています。
パパやママのご飯に興味を示し始めた、支えればお座りの体勢ができる、生活リズムが安定してきた、といったようなことが離乳食を始めるサインにもなります。

この離乳食のスタート期間である生後5~6ヶ月を、離乳初期と呼んでいます。
離乳初期では母乳やミルク以外の食べ物に慣れること、食べ物を飲み込むことを目標にしている段階です。
ヨーグルトのようなペースト状の離乳食を、1日1回、午前中の決まった時間に与えます。
この頃の赤ちゃんは、寝返りができるようになったばかり、といった成長段階ですので、自力で食べるのは難しく、ママに食べさせてもらいながらの練習となります。

離乳食初期におすすめのスプーン

離乳初期は、赤ちゃんの口はまだ小さく、食べ方も上手ではありません。
赤ちゃんがうまく食べてくれないことが、この時期のママにとっての一番の悩みでもあると思います。
そんなママに注目してほしいのが「スプーン」です。
スプーンを変えるだけでうまく食べられるようになるの?と思うママもいるかもしれませんが、離乳食用のスプーンは赤ちゃんの食べやすさを研究して作られているものが多く、変えてみると意外にも食べてくれるということも。
個人差はあると思いますが、離乳初期に先輩ママも効果を実感している、ぜひ試してほしいスプーンをご紹介していきます。

「おでかけランチくん 離乳食スプーンセット」(リッチェル)

この、リッチェルの「おでかけランチくんシリーズ」は、愛用しているママさんも多い人気のスプーン。
シリーズの中でもおすすめは、離乳初期の赤ちゃんから使えるよう作られた離乳食スプーンセット。
食べやすさ・与えやすさの双方を研究した離乳食スプーンと、スープなどの液体を飲ませやすいスープスプーンがセットになっています。
特に「おでかけランチくん」の離乳食スプーンにしかない、取っ手部分の「ナミナミライン」は、食べさせる際の赤ちゃんの口元がよく見えるよう設計されたもので、上手く食べさせられるようになった!という声が多数寄せられているようです。
実は私も娘の離乳初期に愛用させていただいており、口が小さすぎて普通の離乳食スプーンではなかなか上手く食べさせられなかったのですが、このスプーンを使ってからは見事にうまく食べられるようになりましたよ!

「食べるnoおうえんはじめてのフィーディングスプーン」(ピジョン)

このスプーンも、離乳食スタートにはおすすめ!
と、ママさんの間ではとっても有名なスプーン。
おでかけランチくん同様、離乳食スプーンとスープスプーンの2種類がセットになっています。
このスプーンが有名になった理由は、スプーンが口の奥まで入らないようにするための「位置決めストッパー」がついているということ。
食べさせる際に奥まで入れてしまいがちなスプーンですが、このストッパーのおかげで赤ちゃんが「おえっ」となるのを防いでくれます。
また、赤ちゃんの口に合った深さや幅が研究されているので、赤ちゃんの食べやすさにもしっかり沿ったスプーンになっています。

「天然木製スプーン」(ラトルウッド)

こちらは離乳初期の赤ちゃん用に作られた木製のスプーンで、初期の赤ちゃん用の木製スプーンの中では最も人気、といっても過言ではないスプーン。

◆ペースト

食べさせる際、スプーンに食べ物が残らないような形に作られたスプーン。

◆マッシュ

赤ちゃんの食べやすさを追求し、裏面を平らな形状にすることで赤ちゃんがうまく食べ物をつぶせるよう考えられたというスプーン。

以上2種類があります。
また、食べさせるときに、ベストな持ちやすさを研究して作られている取っ手部分も、人気の理由の1つとなっています。

いつから自分で食べるようになるの?

離乳初期が終わると生後7~8ヶ月頃の離乳中期、生後9~11ヶ月の離乳後期、生後12~15ヶ月の離乳完了期に移っていきます。
徐々に食べられるものも増え、大人と同じような食事をとれるようになってきますが、自分で食べられるようになるのはいつからなのでしょうか。

手づかみを覚える離乳後期

こにちさん(@konijam)が投稿した写真

赤ちゃんは、離乳食を進めていく間に、精神的にも大きく成長してきます。
その中でも、9ヶ月頃からは強い自我が芽生える時期です。
「どれが食べたい?」と問いかけると、食べたいものを指で示せるようになる赤ちゃんも。
自分で食べたいな!という意思が強くなり、ママのスプーンを取り上げたり、食器をひっくり返したりするような時期でもあります。

ただ、手先が器用に使えないこともあり、まだ食べることがうまくできるようになるのは難しい時期。
意思を尊重してスプーンを持たせて練習することは、赤ちゃんにとってとてもいいことです。

ac2287f4f2d1039c26cc13fd8756104f_m

できる限りチャレンジさせてあげて欲しいのですが、実際には食べ物をうまく口に運ぶことができずに、かんしゃくを起こしてしまうのがオチ。
服や床も汚れてしまうのでママも大変です。

そこで、覚えさせてあげるといいのが手づかみでの食事。
手づかみでも自分で自分の口に持ってくる動作、つかめる量や食べられる量などを学ぶことができ、後のスプーンを使ったときの練習にも役立ちます。
手づかみ食べが楽しくなると、この時期から増えてくる遊び食べを少なくすることにもつながりますよ。
スプーンを使っての練習もしておくと、後に自力で食べることが早くなるのでママが時間に余裕があるときにはチャレンジさせてあげるといいでしょう。

目標は離乳完了期

da8ad745c9ff1d3083640c22e3dc39b3_m
この時期になると、手先も少しずつ器用に使えるよう成長し、赤ちゃんが本格的に離乳食を自力で食べられるようになってきます。
ただし、はじめからすいすいとうまく食べられるわけではありません。
まだまだ練習が必要です。

はじめはスプーンの使い方が分からないと思いますので、ママと一緒にスプーンを持たせて口に運ぶ練習をしてみるといいでしょう。
どれくらいでできるようになるかは個人差がありますが、汚さないように食べられるかどうかは置いておいても、スプーンで口に運ぶという大まかな動作は、完了期内にできるようになることが多いようです。
早い子だと1歳2ヶ月頃から、こぼさずきれいに食べられるようになる子もいます。
ちなみに私の娘は1歳2ヶ月頃から食べる練習を始め、1歳5ヶ月頃にはきれいに食べられるようになりました。

後期におすすめのスプーン

赤ちゃんが自力で食べられるようになったら、食器類も初期の赤ちゃん用から変えたいなと考える方も多いと思いますが、その中でもスプーンは食べ物を運ぶアイテムなのでなるべく食べやすいものを選んであげたいですよね。
そんな離乳後期・完了期の赤ちゃんを持つママさんにおすすめのスプーンをご紹介していきます。

「おでかけランチくん にぎにぎスプーン・フォーク」(リッチェル)

初期の赤ちゃん用でも紹介した「リッチェルのおでかけランチくんシリーズ」。
このにぎにぎスプーン・フォークは、はじめてスプーンを持たせる赤ちゃん用に作られています。
手先がまだ器用に動かせない赤ちゃんでもしっかり握りやすいよう、持ち手にカーブがつけられており、赤ちゃんの力でも安定した状態でご飯を口に運べるよう工夫されています。
ケースもついているので外出先にも持って行けて便利ですよ。

「エジソンのフォーク&スプーンBaby」(KJC)

9ヶ月頃からの赤ちゃんを対象にしたこのエジソンのフォーク&スプーンは工夫に工夫を重ねて作られたアイテム。
赤ちゃんが握ったとき、すでにご飯の乗った部分が赤ちゃんの方向を向くように、スプーンの持ち手とすくう部分の間が曲げられているのが大きな特徴です。
使ったママ達からは、こぼさずに食べられるようになった!という声が多数寄せられているようです。

「シリコンスプーン」(ダイソー)

この頃の赤ちゃんは、スプーンで遊ぶ子も多かったりするので、食器の劣化が激しい時期。
また、外出用に予備を持っておきたい、というママも多いのではないでしょうか。
そこでサブのスプーンとしておすすめなのが、このダイソーのシリコンスプーン。
しっかりとした強度のあるシリコンを使用していることや、赤ちゃんの口にも入りやすい小さめサイズは100円ショップとは思えないほどの品質で、サブとしてでなくメインでも使用しているママも。
黄色とピンクの2色があり、私もこのアイテムは2本買いしてストックしていました!

スプーンは重要なアイテムです

離乳食とは切っても切り離せない赤ちゃん用スプーン。
ママが食べさせやすいもの、赤ちゃんが自力で食べやすいものなど、求められる用途は時期によって異なりますね。
でも、ママ達の悩みが解決することもあるほど、スプーンは離乳食の中で重要な役割を担っています。
実際に上記で紹介したスプーンにもあったように、専門家による研究や工夫を重ねて考えられたスプーンが多く、離乳食で悩みの多いママの味方になってくれています。
スプーンなんてどれも同じ!と思っているママさん、実は損をしているかもしれません。
もしも離乳食で悩んでいるのなら、思い切ってスプーンを変えてみませんか?
1つの解決策になるかもしれませんよ!

\\ 『離乳食』の全てがわかるまとめ記事 //

READ MORE

2016/10/12

離乳食

赤ちゃんのはじめての離乳食!これさえ読めばあなたも離乳食マスター

まーしゃる

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER