MUGYUU!ロゴ

栄養価の高い卵は赤ちゃんにおすすめ!でもアレルギーが心配!安全な卵の与え方まとめ

離乳食を与えるにあたって、注意したいのが食物アレルギー。
食物アレルギーは食物の中に含まれるたんぱく質であるアレルゲンに赤ちゃんの身体が過剰反応してしまうことで起こります。
そのアレルゲンの中でも「卵」「乳製品」「小麦」に含まれるアレルゲンは特にアレルギー反応を起こしやすいといわれています。
今回はその中でも最もアレルギーが出やすいとされる「卵」に注目。
はじめて卵を与える時や保育園での対応など、様々な視点から卵についてまとめました。

離乳食とは練習食

5617ec5ff9c48ff370941b763e95cb85_m
離乳食は母乳やミルクしか飲んだことのない赤ちゃんに大人と同じような食事を食べられるようにするための練習食です。
赤ちゃんはこの離乳期間、野菜・肉魚・穀物など様々な新しい食材を食べることにチャレンジします。
ただし、新しい食材を体に入れるという場合に、必ず注意したいのが「アレルギー」です。
たくさん出る子もいれば全くでない子もいるので個人差はありますが、いざ出てしまった場合でもママがしっかりと対応できるようにしたいですよね。
ではどんなことをすればママが対応できるような土台が作れるでしょうか。

初めての食材は少しずつが基本

赤ちゃんにアレルギー反応が出てしまうことは、誰のせいでもない不可抗力であり、そのアレルギーを持っているのであれば避けることはできません。
しかし、出てしまったアレルギー反応を最小限に抑えたり、迅速に医療機関へ向かうことなど、ママが注意を払うことは可能ですよね。
そんなママには、新しい食材の与え方についての知識が重要になってきます。
ではどのようなことに注意していけばいいのでしょうか。

基本は平日の午前中に

122bce51439c6782f607afffc7a5d269_m
まず基本なのが、この与え方。
いきなり日時なの?
と思うかもしれませんが、この「平日の午前中」というのが、新しい食材を与えるうえで、基本のキーワードになってきます。
というのも、平日の午前中であればアレルギー反応がでても病院へ向かうことができ、重症でも迅速な対応をすることができるという利点があります。
また、平日でも午前診療が間に合わなかった場合がありますが、この場合には午後診療が休診ということもあるのでかかりつけの医療機関の診療時間をしっかりチェックしておくといいでしょう。

はじめはひとくちから

極端じゃない?!
と思うかもしれませんが、大人と違って身体も小さく抵抗力が弱い赤ちゃんにとって、出る場合は、たった1口でも十分アレルギー反応が出ます。
アレルギー反応が出る場合、30分~1時間程度で肌の発疹や唇の腫れなど、目に見える症状が出てきますので、まずは様子を見ましょう。
また、それらの症状に加えてその日の便が下痢ではないか、嘔吐などの症状はないか、息が苦しそうではないか、など他の症状にも目を向けてあげましょう。
何も症状がない場合には次の日から少しずつ与えてあげましょう。

1週間に3種類、1日1種類まで

新しい食材を食べるということは、赤ちゃんの胃腸に大きな負担をかけます。
色々なものを食べるということは、多くの栄養を取るということなので、赤ちゃんにとってはプラスになります。
しかし、焦ることはいいことではありません。
たくさん食べられるようにしてあげたい気持ちはわかりますが、多くても1週間に3種類まで、1日1種類に抑えてあげて下さいね。

出先で出された卵、どうやって断る?

miyuttyさん(@miyutty_berry)が投稿した写真

離乳食を始める時期になると、子供との外出も増えるもの。
特に親戚に赤ちゃんを見せに行ったり、新しいママ友ができたりなどの機会も多くなってくるのではないでしょうか。
実はそんな場で、ママ以外の大人が、赤ちゃんに卵など初めての食べ物を与えてしまう!という場面、意外と少なくないんです。

例えば、親戚との交流の際には、会食の機会が多いですね。
赤ちゃんを少し親戚に見てもらいながら他の親戚にご挨拶、などといった場面も多いもの。
そんな時、子育ての知識に自信を持っている親戚の年配の方が、まだ食べさせていない食材を与えてしまいそうになることもあるそう。

また、ママ友などの場合は、間食のフルーツやおやつなどで食べたことのない食材を与えてしまいそうになることが多いようです。
やめて!アレルギー出たらどうするの?!
と、ママは思うことでしょう。
でもこんなとき、実の母親などとは違って少し言い出しずらいですよね。

どうしよう!

このような場合には、正直に理由を話して断るべきです。
赤ちゃんにアレルギー反応が出てしまっては遅いのです。
相手も良かれと思ってやってくださっていることなので、言いづらいですね。
昔と違って「食べ物アレルギー」は一般的になったので、はっきり伝えても年配の方でもわかってもらえると思います。
もごもごせずに「まだ食べさせたことがないので、あげないでほしい」という趣旨を正直にしっかり伝えましょう。

急に卵を食べさせなければならなくなった!

赤ちゃんをこれから保育園や幼稚園へ通わせたいと思っているママはいらっしゃいますか?
園では、まだ食べさせていない食材が、給食などに出されてしまう場合があります。
特に1歳を過ぎると、申請されていない食材は「家で試してある=食べられる」と見なされます。
アレルギー反応が出やすい「卵」や「乳製品・小麦」なども与え始めるようです。

でも、まだ1歳だから…と、卵などを与えていなかったママもいたのでは?
そんな時、給食の献立を見て「ええっ!」とならないためにも、あらかじめ対策をしておくとよいでしょう。

「卵」などアレルギーが出やすいものは、入園前に家で試しておきましょう

保育園でアレルギーが出てしまった!
となるのはママとしても心配ですよね。
基本的にはアレルギー反応はすべての食材で出る可能性があるので、入園前に食べていない食材は食べておくべきです。
しかし、保育園で与えられる食材をすべて把握するのはかなり難しいですよね。
ということで、アレルギーが出やすいとされる食材を優先的に、あらかじめ試しておくようにしておきましょう。
「卵」「乳製品」「小麦」の3大アレルギー源に加えて、「エビ」「カニ」や「青魚」なども注意する必要のある食材とされていますので、試しておくとよいでしょう。

もしも間に合わなければ先生に相談を

どうしても食べさせられなかった場合、保育園の先生に相談すると、その食材を避けてもらうことができます。
しかし、パンが主食の給食の場合に主食が食べられなくなる、という可能性もありますね。
そんな時は、自宅から卵や牛乳、バター不使用のパンを持参することで、園のお友達と同じ内容の給食を食べさせてあげることが出来ます。

そもそも卵はいつ頃与えていいの?

卵はとにかく栄養分豊富な食材で、赤ちゃんの離乳食にはもってこいなのです。
豊富なビタミンやミネラルは赤ちゃんの免疫力を高めることにつながるので、外出などの機会が増えるこの時期にはぜひ食べさせて欲しい食材です。
また、レシチンという成分が多く含まれていることで、脳の発達の補助をすることもわかっています。
特に、記憶力の向上などに効果的なので、赤ちゃんが様々なものを覚えていく過程であるこの時期には最適な栄養分です。

良いことづくしの卵ですが、アレルギーが心配なママは慎重になりますね。
特に、アレルギー体質の家系の場合は余計に気になりますよね。
では「卵」を赤ちゃんに与えるのは、いつからがいいのでしょうか。

「卵」は離乳食後期から

@tomy1226aaaが投稿した写真

卵を食べられるようになるのは、一般的には9ヶ月、離乳後期から、とされています。
ただし、これはあくまで一般的なもの。
個人差を考えて、後期の離乳食にも慣れてきた11~12ヶ月頃与えるママが多いようです。

ちなみに私の娘は、小さく産まれたことで成長が少し遅かったため、離乳食を始めたのも少し遅く、6ヶ月の終わりでした。
そして、卵は少し慎重に、1歳2ヶ月頃に与えましたよ。
保育園入園を控えているママさんには少し難しいかもしれませんが、食べさせなければならない!と焦る必要はないので、赤ちゃんの成長を見ながら徐々に与えてあげて下さいね。

はじめての卵の与え方

ちぃーさん(@5296suki)が投稿した写真

では、いざ卵を与える際の具体的な方法、注意点などについてお話しします。
上手に与えてくださいね。

まずは「黄身」から

はじめて卵を赤ちゃんに与える時、全卵の1/4を使おうとするママも多いようです。
でも、「全卵」を使うのはちょっとストップ!
卵をスタートさせる際にはまず「黄身」の部分だけを与えて下さい!

なぜ「黄身」だけなのでしょうか?
1つはアレルギー反応が起こりにくいこと。
というのも、卵といえば主役部分は「黄身」ですが、実はアレルギーのもととなるアレルゲンは9割が「白身」に存在していることが分かっています。
もちろん、黄身にも多少のアレルゲンは含まれていますので、黄身が安全というわけではありません。
でも、卵アレルギーを持っていても、黄身だけなら症状が重症になることが少ないことが分かっています。

また、栄養分は黄身部分に集まっています。
しっかり栄養をとるためにも、黄身部分はおすすめです。
慣れてきたら白身や全卵でも食べることができますので、黄身→白身→全卵という進み方で離乳食に加えていくといいでしょう。

必ず加熱処理を!

赤ちゃんに卵を与える際、必ず加熱処理してください。
というのもアレルゲンは熱に弱く、加熱処理することで少しだけアレルギ―反応を抑えることができるとされています。
さらに、海外では大人でさえ生卵を食べないというほど、生卵には様々な菌が含まれているとされています。
そのためにも加熱処理は必須です。
くれぐれも生卵は与えないように注意しましょう。

はじめはゆで卵がおすすめ

278eab8b9e5c2e2a156cd9d891f84289_m
離乳食で卵を一番初めに与える調理法でおすすめなのは「ゆで卵」です。
卵の加熱調理の中でも、ゆで卵は高温で長時間加熱する調理法であり、油などを使うこともないので、後期の離乳食の調理法では最適です。
はじめは、黄身を小さくして、リゾットやスープなどに入れて与えるのがおすすめですよ。

不安はみんな同じです!

744673f78fd7fa858750ece9204a2956_m
卵には赤ちゃんに摂取させたい豊富な栄養分がたくさんあります。
食べられるようにしてあげれば赤ちゃんの成長をしっかり補助してくれる食材です。
大切なのは、そこでママがしっかり知識をつけておくことです。

離乳期間中、新しい食材を与える機会は何度も訪れます。
どれだけ経験を重ねても、初めての食材は「大丈夫かな?」と不安になるものです。
でも、あまり怖がらないでくださいね。
知識を活かして、全力でサポートして赤ちゃんの離乳食を進めてあげて下さいね。

\\ 『離乳食』の全てがわかるまとめ記事 //

READ MORE

2016/10/12

離乳食

赤ちゃんのはじめての離乳食!これさえ読めばあなたも離乳食マスター

まーしゃる

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER