MUGYUU!ロゴ

手づかみしない子は危険!?食べ物を手づかみしない赤ちゃん、その理由とは?

離乳食は順調に進んでいますか?
ようやく後期に入って、少しホッとされてますか?
逆に、なかなか進まない!
と、悩んでいるママも、いるかもしれませんね。

離乳食レシピを検索していると、「手づかみ食べレシピ」というカテゴリーが目につくようになります。
でも…
「試しに作ってみたけど、うちの子、全然手づかみしない。」
「それどころか、触るのを嫌がって泣いちゃった。」
なんて経験はありませんか?
今回は、そんな「他の子と違うけど大丈夫かな?」という不安を「大丈夫!」に変えていきましょう!

「手づかみ食べ」は発達段階のひとつ

da8ad745c9ff1d3083640c22e3dc39b3_m
少し離乳食について触れておきます。
「離乳食」とは、文字通り「離乳期」、つまり母乳やミルクから離れていく時期に食べる食事のことです。
それまで「飲む」だけだった赤ちゃんの、「噛む」と「飲み込む」の運動機能を発達させる目的があります。

離乳中期以降の赤ちゃんが、自分の手で食べ物に触れ、口に運ぶ行動は「手づかみ食べ」とも呼ばれます。
これは離乳期に見られる赤ちゃんの発達段階のひとつで、口の中の機能だけでなく、指先の力や五感を育てる大切な役割を担っています。
また、「手づかみ食べ」は赤ちゃんの手の機能の発達とも関係があります。

赤ちゃんの手の発達と食事との関係

file000846384716
では、食事に関する赤ちゃんの手の発達について見ておきましょう。

なんでも触りたがる赤ちゃん

寝返りをうつようになると、赤ちゃんは周りに置いてあるものに手をのばし、触ろうとします。
「何でもすぐに触りたがって困るのよね。」
という経験、ありますよね。
これは、赤ちゃんが、自分と周りとの距離を測っているのです。
目で見ただけで、正確な距離を測れるようになるための練習なのですね。
また、この頃になると視界に入ったものと赤ちゃん自身の距離を正確に測れるようになり、自分の手の届く範囲が見ただけでわかるようになります。
親指と人差し指を使って、小さなものをつまむことができるようにもなってきます。

手指の発達を促す

IMG_2342
また、物を触り、実際に手に取ることで、手指の発達を促しています。
乳児から小学校入学頃まで、子供の体はまず、中心に近い部分から発達します。
「物をつまむ」という動作は、肩の関節、肘の関節、手首の関節、それぞれについている筋肉の発達を経て、できるようになるものなのです。
ママの悩みの種の「何でも触ってみる」という赤ちゃんの行動が、実は成長には欠かせない、とても大切な過程だったのですね。
実はこの手の発達、食事にも大きく関わってくるのです。

「手づかみ食べ」について

306e4fbd1cf37428ec9e4ad43e049859_m
「手づかみ食べ」のはじまりは、一般的に離乳食中期から後期が多いといわれています。
この時期は、ペースト状が中心だった離乳食が、少しずつ固形にシフトしていく時期です。
また、だんだんと離乳食にも慣れ、食べることが好きな子は、食事への興味も強くなる時期でもあります。
このように見てみると、離乳食の形状と、赤ちゃんの心とからだの発達段階がピッタリとリンクして、「手づかみ食べ」が始まることがわかります。

「手づかみ食べ」はママやパパにとっては悩みの種かもしれません。
汚れるし、後片付けが大変です。
でも、この行動も、赤ちゃんの大切な機能を育てているのです。

五感を育てる

まず、食材の温度や手触りを肌で感じ、五感を育てます。
それまで触ったことのない感触に触れることで、好奇心も旺盛になります。
この好奇心は、知能の発達に影響してきます。
また、直接自分で食べ物を口に運ぶことにより、食べ物と口との距離を測り、これから先の「おさじを使って自分で食べる」ための基盤作りにもなるのです。

またとないチャンス

aoyuさん(@aoyu_m)が投稿した写真

「手が汚れるし、不衛生な気がする。」というママもいらっしゃるでしょう。
少し考え方を変えてみてください。
食事の前に、清潔なおしぼりやウェットティッシュで手を拭く、洗面所で手を洗う、などの習慣をつけるまたとないチャンスなのです。

我が家の場合は、食事の時、毎回おしぼりを準備して、食事の前後で手と口を拭いていました。
ちょっと汚れた時にもすぐに拭けるので、とても重宝しました。
食べこぼしで床や洋服が汚れるのも気になりますよね。
そんな時の転ばぬ先の杖。
我が家はすぐに床が拭けるように、おしりふきを常に机の下にスタンバイさせていました。
すごく便利でしたよ。

新聞紙を敷くのも一つの方法です。
汚れてもすぐに処分できるので、後が楽ですよね。
いずれにしても、汚すのは当たり前のことなので、「自立への第一歩!」と思って温かく見守ってあげましょう。

「手づかみ食べ」しなくて大丈夫?

さて、ここまでくるとますます「手づかみ食べしなくて、ホントに大丈夫?」と思ってしまいますよね。
「うちの子が手づかみ食べしないのは、発達が遅れているの?」
と、不安になったそこのママ!
大丈夫ですよ。

赤ちゃんが「手づかみ食べ」をしたがらない理由は色々考えられます。

●まだ手づかみできる時期ではない
●おっぱいやミルクも一緒に飲んでいて、まだお腹が空いていない
●大好きなママに食べさせてもらいたい
●食材のベタベタやネチョネチョなどの感触がいや
●見たことないものを触るのが恐い
●まだ遊びたい
●形が持ちにくい・食材が熱い

こうして見ると、一番初めの「まだ手づかみできる時期ではない」以外、発達が関わっているものはありません。
体の機能の発達は、個人差が大きく、生活環境にも影響を受けますので、すべての赤ちゃんが離乳食後期に手づかみができる状態であるとは限りません。
1歳過ぎてからやっと手でつかめるようになった…なんて子もいますから、気にする必要はありません。
では、その他の例について、解決策を探ってみましょう。

空腹ではない

離乳食をスムーズに食べさせるために、授乳は食事のあとにしてみましょう。
次の食事までの間隔も考慮し、ミルクの量をあらかじめ少なめにしておくのも良いでしょう。
おっぱいの場合は量の調節は難しいですが、離乳食にスープやお茶を加えてお腹を満たしておいてから授乳すると、大量には飲みません。

ママに食べさせてもらいたい

ANJ88_ookiiokuchidegohan_TP_V
赤ちゃんはママが大好き。
いつまでもママに食べさせてもらいたい子もいます。
そんな時は無理に自分でさせようとせず、ママが食べさせてあげてください。
「ママはいつもそばにいてくれて、自分が求めればいつでも応えてくれる。」
ということがしっかり分かるようになれば、自然に食事にも興味を持つようになります。
手づかみレシピの離乳食を、ママが実際に食べて見せるのも良い方法です。
やってみせた上で、
「美味しいなぁ!○○ちゃんも一緒に食べてくれたら、ママ、とっても嬉しいのになぁ!」
と言ってみてください。
手づかみし始めるのが遅ければ遅いほど、ママの言葉がわかりますから、効果があります。
赤ちゃんだってママの喜ぶ顔が見たいのです。
自分がママを喜ばせられるなら、それ以上の幸せはないのです。
それは、ママが自分を必要としてくれている証拠だから。
食事を通して、自己肯定感も育める、一石二鳥の方法です。

感触がいや

大人の私たちでも、好きな感触と苦手な感触がありますよね?
赤ちゃんも同じです。
汚れるのを極端に嫌がり、外で砂遊びが出来ない子もいます。
それは個性です。
汚れるのを嫌がる子なら、あまり汚れないパンなどで試してみるといいですね。
それでもだめなら、「手づかみ食べ」の時期を飛ばして、思い切ってスプーンやフォークを持たせてみましょう。
意外とうまくいくかもしれません。
育児書や発達の段階表通りに進まなければならない、という決まりはないのですから、赤ちゃんの個性に合わせて楽しく食事ができる方法を優先させましょう。

触るのが恐い

8c7fd10d82c685c0112b975ae3aaf4e6_m
これも個性です。
好奇心旺盛な子もいれば、ちょっとのことでびっくりして泣き出してしまう子もいます。
まず、ママが食べて見せて、大丈夫だとわかれば、自分から手を伸ばす子もいます。
ママの手からなら受け取る子もいます。
先天的な反応で、大人が食べているもの=安全でおいしいもの、ということを赤ちゃんは知っていますから、安心すれば食べてくれます。
ママが笑顔を見せ、安心させてあげることから始めてみましょう。

まだ遊びたい

ed4aacb904a7b873436fe171cee08b69_m
つまり、お腹が空いていない、ということです。
「手づかみ食べ」をする、しない、以前の問題なので、好きなようにしばらく遊ばせておきましょう。
お腹が空けばそのうち食卓に戻ってきます。
その時も、ママが美味しそうに食べていれば、より効果的ですよね。

形が持ちにくい・食材が熱い

赤ちゃんが食べやすい形状はスティック状や、小判型です。
おにぎりなら平たく、野菜や果物は少し長めの拍子切りにしてみましょう。
赤ちゃんが握って(もしくはつまんで)自分の手から食材がはみ出し、かじる部分がある状態にしておきます。
温度は少し冷まして人肌ぐらいにしておきましょう。
一度「熱くてびっくりした」という経験をさせてしまっても、赤ちゃんはまたチャレンジしてくれますから、あまり気にしなくて大丈夫です。

どちらも赤ちゃんの個性

uriuriさん(@uriuri.diary)が投稿した写真

手づかみをするのも、しないのも、どちらも赤ちゃんの個性です。
いずれ自分から食べる時期が必ずきますから、ママはゆったり構えて、「食べることは楽しい」ということをしっかり伝えてあげてください。
「自分で食べる」という行動は、それまで誰かから与えられないとできなかったことが、自分でできるようになる、というとても素敵な成長の証です。
「手づかみ食べ」はそこへ行き着くプロセスの一つではありますが、必ず通らないとその後に大きな影響を及ぼすものでもありません。
大好きなママと楽しく過ごす食事の時間は、赤ちゃんの心も体も健やかに育んでくれます。
「ねばならない」というしばりを捨て、赤ちゃんとの今しかない大切な瞬間を、ママも楽しんでくださいね。
赤ちゃんとママが囲む食卓が、笑顔いっぱいの幸せな時間を紡ぐ場所になりますように…。

\\ 『離乳食』の全てがわかるまとめ記事 //

READ MORE

2016/10/12

離乳食

赤ちゃんのはじめての離乳食!これさえ読めばあなたも離乳食マスター

まーしゃる

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER