MUGYUU!ロゴ

新生児ニキビになってしまった時の対処法と予防法

生まれたばかりの赤ちゃんは、肌がツルツルで一見肌トラブルとは無縁なように見えます。
ですが、実は生まれてから3か月程は、赤ちゃんの肌は特に刺激に敏感で様々な肌トラブルが起こってしまう時期なのです。

その中の一つに「新生児ニキビ」があります。
ニキビは、思春期や大人だけにできるものではありません。
新生児ニキビは、赤ちゃんの新陳代謝が活発なので、一つできたらあっという間に広がってしまいます。
そのようなときに、どうすれば良いのか。

ここでは、新生児ニキビの原因や症状、具体的なケアの仕方についてご紹介します。

新生児ニキビになる原因とは?

新生児ニキビは思春期の子どもや大人と同じように、毛穴に皮脂や汚れが詰まってできる炎症反応です。
赤ちゃんの肌を見ていると、大人と比べて皮脂の量が多いとは思えませんが、なぜニキビができてしまうのでしょうか。

お母さんのホルモンの影響

原因の一つは、お母さんから受け取る男性ホルモンの影響です。
男性ホルモンは皮脂の分泌を促す作用がありますが、赤ちゃんの毛穴は未発達なため、皮脂や汚れが毛穴にとどまってしまい、ニキビができやすい状態になってしまうのです。
特に男の子は男性ホルモンの影響を大きく受けるので、女の子よりも約5倍も新生児ニキビができやすいと言われています。
しかし、生後3か月を過ぎるとホルモン分泌も落ち着くため、自然とニキビは治まっていきます。

環境による影響

また、環境による要因もあります。赤ちゃんは布団の上で寝る時間の多く、寝返りをうてないため肌がずっと布団に接している状態になります。
そのため、ちょっとした布団の汚れでも、敏感な赤ちゃんの肌では新生児ニキビの原因となってしまいます。

13cdaeb1411119ffdfba38038c5fcc34_m

新生児ニキビの症状はどんなもの?

新生児ニキビは、最初は白いポツポツしたものがおでこや頬、顎などの顔に現れます。最初は顔の一部ですが、頭皮にまで広がってしまうこともあります。
炎症を起こすと赤くなって範囲が広がり、全体が赤っぽく腫れて見えることがあります。
新生児ニキビは、初めのうちは痛みはほとんどありません。しかし赤く腫れてくると、赤ちゃんも気になり嫌がるようになります。

また、外部からの刺激、例えば布団とこすれたり、爪で引っかいてしまったりすると、化膿して水ぶくれのようになってしまいます。
そうなると赤ちゃんも不機嫌になりますし、見ていても痛々しい肌になってしまいます。

そうなる前に、毎日のケアはもちろんのこと、普段からしっかり観察して、早めに対処してあげることが大切です。

d683b1aff18eb4eaff98c611b352f5a1_m

自宅でできるケア方法や予防法

丁寧にしっかり洗う

新生児ニキビの対策で一番大切なのは、肌を清潔に保つことです。
余分な皮脂をしっかり取り除き、ニキビを刺激しないようにすることが必要です。
1日に1回は丁寧に体を洗ってあげましょう。

どのような洗浄剤を選ぶべき?

お風呂のとき、お湯だけでは洗い流せない皮脂汚れがあるため、ベビー石けんを使って洗ってあげましょう。
では、どのような洗浄剤を選べばよいのでしょうか。

赤ちゃんの肌は皮膚が薄く、外部からの刺激に弱いという特徴があります。
また、皮脂は角質層の潤いを逃さないように守っているため、全ての皮脂を落としてしまうと肌が乾燥しやすくなってしまいます。

汚れなどを洗い流しつつ、肌の潤いは守る適度な洗浄力があり、低刺激なものが理想的です。
無香料、無添加のベビー石けんを選ぶようにしましょう。

入浴、洗顔の方法(洗い方のポイント)

お風呂ではベビー石けんを使って体全体を洗ってあげましょう。
特に顔は皮脂分泌が盛んで、お湯だけでは皮脂が落ちにくいので、泡立てた石けんで洗って、ガーゼで拭いてあげましょう。

また、顔以外にも首の裏や、手首などのしわが深くなっている部分などは、皮脂が溜まりやすいところです。
ゴシゴシこするとニキビが悪化してしまうこともあるので、石けんをしっかり泡立てて、優しく丁寧に洗うことを心がけましょう。

石けんカスが残ると、雑菌が繁殖しやすい環境となってニキビの悪化につながることになるので、しっかり洗い流すことも忘れないでください。

cc8925a8f8149b3f741d489947fbed19_m

しっかり保湿する

赤ちゃんの肌はいつでもプルプルに潤っている、というイメージを持っている方も多いと思います。
ですが、特にお風呂で余分な皮脂や汗を落とした後の赤ちゃんの皮膚は、すぐに乾燥してしまいますので保湿をしてあげることが重要です。

皮脂を洗い落とした肌は、油分の不足を感じて皮脂の分泌をどんどん増やしていきます。
せっかく洗い流しても、過剰に分泌される皮脂によって新たなニキビができてしまうことになるので、肌が油分の不足を感じないよう、潤いを与えてあげましょう。

夏は冷房、冬は暖房を使うことが多いと、赤ちゃんの代謝能力が低下するとも言われています。
そのため季節に関係なく、たとえ夏の暑い時期でも必ず保湿をしてあげる必要があります。

どのような保湿剤を選ぶべき?

保湿剤は赤ちゃんの肌にバリアを作ることが目的です。
デリケートな肌を刺激しないよう、保湿剤は無添加で低刺激のクリームやローション、オイルなど、使いやすいものを選びましょう。

不純物の少ないワセリンや馬油などは副作用もなく、新生児にも安心して使うことができます。
ワセリンは皮膚を保護する働きがあり、にきびを外部の刺激から守ってくれます。

ワセリンや保湿剤のヒルドイドは、病院で処方してもらえるので、自分で決めるのが難しい方は、医師に相談すると良いでしょう。

効果的な保湿剤の使い方

保湿剤は、お風呂上りに塗ってあげるのが最も効果的です。赤ちゃんの肌はすぐに乾燥してしまうので、できるだけ早く、5分以内に保湿剤を塗ってあげましょう。
また、保湿剤には特に回数制限はありませんので、お風呂上り以外にも乾燥が気になるときにこまめに塗ってあげることが大切です。

塗り方は、赤ちゃんの肌にこするように塗りこむと、肌を刺激してニキビが悪化してしまうので注意が必要です。
一度お母さんの手に出して、こするように伸ばしてから、赤ちゃんの肌を刺激しないように優しく丁寧に伸ばしていきましょう。

保湿剤の中で、特に不純物がなく使いやすいワセリンですが、べたつきがあるので塗り心地が悪く赤ちゃんが嫌がったり、汚れが付きやすく気になる方もいると思います。
ワセリンを使うときは、入浴後「少し肌に水分が残っている状態」で塗ると上手に塗ることができます。

d6e2f5b0bb2087c92830512fe7868efb_m

爪を切る

赤ちゃんの顔の皮膚の厚さは大人の10分の1と言われています。
赤ちゃんが自分で引っ掻き傷を付けてしまうなんてことは日常茶飯事です。

かゆみが出た場合に伸びた爪でかきむしると、お肌を傷つけたり、ブツブツを潰してしまう事があるので、こまめに切ってあげることが大切です。
爪を切るときは、寝ている時など赤ちゃんが暴れない時を見計らって、赤ちゃん用の爪切りで短く切ってあげましょう。

清潔を保つ

赤ちゃんは、ほとんどの時間を布団の上で過ごします。
布団や服が汚れていると、ニキビの炎症が悪化してしまって、膿が出てくることがあります。
シーツやタオルケットなど、洗濯できるものは定期的に洗濯し、布団はできるだけ干してあげて、いつも清潔なものを使用しましょう。

膿が出た状態で赤ちゃんが引っかいてしまうと、傷がつくだけでなく、とびひして体にもニキビの症状が出てしまうことがあります。
肌を引っかかないように、ガーゼ素材でできたミトンを赤ちゃんの手に付けてあげるのも良いでしょう。

ただし、どうしても舐めたり口に入れたりしてしまうため、何セットか用意しておき、こまめに交換してあげましょう。
また、布団も赤ちゃんにも優しい素材のものが多く売られていますので、それらを使うのも良いですね。

80643d5e7615d482827812fc86af23e5_m

汗をこまめに拭く

赤ちゃんは体温調節のためによく汗をかきます。
赤ちゃんの体は、実は汗腺の数が大人とほとんど変わりません。つまり、汗腺の密度が大人と比べて高いので、非常に汗っかきです。
ニキビができてしまったところに汗をかいて、放置していたら悪化してしまいます。

特に夏場は汗をこまめに拭いて、必要なら着替えさせてあげましょう。

病院にいったらどんな治療、薬を処方される?

新生児ニキビは普段のケアをしっかりしていれば、それほどひどい状態にはならないので、まずは自宅で対処しましょう。
それでもなかなか治らなかったり、膿んで悪化した場合には、小児科や皮膚科を受診しましょう。

赤ちゃんの肌荒れは新生児ニキビだけではなく、様々な症状がありますので、原因も違ってきます。
当然原因によって使う薬も変わってきますので、自己判断で市販薬を使うのはできるだけ避けて、医師に相談するようにしてください。
病院では、前述のケアについてしっかり指導をしてもらえます。

また、保湿に関しては「ヒルドイド」などの保湿剤を処方してもらえることがあります。
その後は経過観察となることが多いですが、症状がひどいようであればステロイド剤などの炎症を抑える塗り薬を処方してもらえます。

d55d3fe2ed2d5c7e581b53a62612c52f_m

ステロイド剤は大丈夫なの?

ステロイド剤は作用が強いので、症状が軽ければ使われることはありません。
しかし、炎症が広がってしまったり、症状が酷くなった場合に処方されます。

ステロイド剤は強さのランクが5段階あり、部位や重症度によって使い分けられます。
赤ちゃんの顔は、皮膚が薄くステロイドの吸収が良いので、副作用が出やすいとされています。
そのため、赤ちゃんの顔には「ロコイド」や「アルメタ」など、大人より強さを1段階下げた弱めのステロイドが使われます。
ステロイド剤は副作用が心配で、使うことに抵抗のあるお母さんもいらっしゃいます。

ですが、塗り薬は正しく服用すれば、ほとんど影響はないと言われています。
塗り方やなど、医師の指示を守って使いましょう。

また、赤みが引いたからといって自己判断でやめてしまうと、治りきらず再発してしまうこともあるので、やめるときは必ず医師に相談してからにしてください。

まとめ

新生児ニキビは、赤ちゃんに起こりやすい肌トラブルの一つです。
放っておいたら赤く腫れてしまったり、膿が出たりして悪化してしまうことがあります。
普段からお風呂で丁寧に洗ったり、こまめに保湿をしたりして、しっかりケアをしてあげることが大切です。

ただ、赤ちゃんは肌トラブルが起きても、代謝が良いので治るスピードはとても速いです。
悪化させないように気を付けていれば、それほど神経質にならなくても良いものです。

もしも自宅でのケアだけで治らなかったり、悪化する場合には、病院を受診するようにしましょう。

8230f3fd41519888831882d18b324a86_m

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER