MUGYUU!ロゴ

赤ちゃんの頭がどんどんガザガザに!?頭皮の湿疹はこれで安心 対処法まとめ

突然赤ちゃんのスベスベの顔にポツっと赤い湿疹ができ、だんだんと広がり頭皮にまで・・・。
頭にフケのような黄色いベタベタしたようなものやカサカサしたかさぶたのようなものができると何かの病気にかかってしまったのかと不安になりますよね。
どうしたら症状が良くなるのか分からなくて困っているママも多いはずです。
一日でも早く赤ちゃんのお肌が綺麗に戻るように、ここでは頭にできた湿疹の症状やケア方法についてご説明していきます。

頭皮にできる湿疹とはどんな症状?

ac02b3c5e9dea92359ac4a0ccd96da2d_s
はじめ顔などにポツっと赤い湿疹ができてから、だんだん広がってしまい、やがて頭皮にまで湿疹が広がることがあります。
赤ちゃんの湿疹症状も様々で黄色い皮膚がベタベタしたようなものやカサカサしたフケのようなものができることがあります。
赤ちゃんの頭皮にできる湿疹の多くは脂漏性湿疹の可能性が高いです。
重症化する恐れが少ない湿疹なので、日頃のケアでよくなる事が多いです。

脂漏性湿疹の特徴や原因

赤ちゃんの身体にできる湿疹の症状を乳児湿疹と言います。
脂漏性湿疹は生後間もなくして症状が出始めます。
まだ産まれて間もないのに突然湿疹が出てしまったら心配になりますよね。
ここでは頭皮の湿疹と考えられる脂漏性湿疹について見ていきましょう。

d1aea0e7c481453355803c0535ae0155_s

特徴

黄色い皮膚がベタベタしたようなものやフケのようなカサカサしたようなものが頭皮に出るのが特徴です。
頭皮以外にも顔や顔周りのおでこや頬などにも症状が現れます。
赤いポツっとしたものも、できることがありますが痒み症状はほとんどありません。
しかしその患部が炎症を起こしてしまい、悪化しジュクジュクしてしまった場合は痒みを感じることもあります。
発症する月齢としては生後間もない頃から生後4ヶ月くらいが多いです。

原因

赤ちゃんは生まれて間もない時から新陳代謝が盛んで汗を掻きやすい状態にあります。
その汗や皮脂が毛穴に溜まって汚れやすい状態になっていきます。
そして、汚れた状態の所に常在菌などが入り込み空気中の酸素と結びついて発症すると考えられています。
また、ママのお腹にいた時からあるママの女性ホルモンの影響で湿疹が出てしまいます。
特に生後3ヶ月頃が一番多く、その後成長していくにつれ落ち着いていきます。

頭に湿疹ができたら病院にいくタイミングは?

b6f50951b64a8f9c51a06a4d81f38dae_s

突然顔や頭などに湿疹が出てしまったら何かの病気ではないかと心配になりますよね。
頭皮に湿疹が出てしまいジュクジュクしていても、脂漏性湿疹の場合基本的には自宅ケアで良くなることが多いです。
しかし、痒くて掻きむしってしまい傷ができてしまうと、悪化し膿んでしまう事もあります。
そして、その患部からばい菌が入り込み悪化する場合があります。
そのような場合は早めに小児科あるいは皮膚科で軟膏を処方してもらいましょう。
症状がまだ軽い場合は保湿剤での治療になりますので、ヒルドイドローションなどの保湿剤が処方される事があります。
また湿疹が悪化してしまい、ジュクジュク膿んでしまったり、炎症してしまっている場合は一時的にステロイドの弱い外用薬を処方されることがあります。
その際は使用方法など医師の指導のもと正しく行ってください。

頭皮の湿疹を予防する対処法

f46ff66b3d6ba2c86bacfe9470f008ca_s

頭皮をケアしようとしても髪の毛にも付いてしまってケアの仕方が難しいと感じてしまったり、どのようなケアをすればよいのか分からないママもいるかと思います。
ここでは赤ちゃんの頭皮ケアについて、やり方など詳しく見ていきたいと思います。

各ケアの方法を紹介します。
どの方法も自宅で簡単に出来るので、ぜひやってみてください。

入浴

092f526f34458cc3de29df4e21b0639e_s

刺激の少ないベビーシャンプーをたっぷりの泡にして円を描くように優しく洗ってあげましょう。
その際、入浴前に塗ったオイルなどや毛穴に詰まった汚れをゆっくりとしっかり洗い落しましょう。
ただし、爪を立てたり、強くゴシゴシと洗わないように注意してください。
そして優しく洗ってあげた後はシャンプーが残らないようにしっかりと洗い流しましょう。
その際お湯の温度は熱すぎないように注意してください。
熱いお湯をかけてしまうと、皮脂が落ちやすくなり、余計に皮脂が落ちて乾燥の原因になってしまう事があります。
また石鹸で何度も洗ってしまう事も皮脂を余計に落としてしまい乾燥の原因になりますので、一日一回を目安にし、あとはぬるま湯で流してあげたり、濡れタオルで優しくふき取ってあげて清潔にしてあげましょう。

皮膚を剥がさない

4c5a5dbe9f2ccd297f2121146871c60c_s

頭皮に付いたかさぶた等が気になって剥がしたくなると思いますが、無理に剥がそうとすると頭皮を傷つけてしまう事があるので、自然に剥がれるまで焦らずにそのままにしておくか皮膚を柔らかくして優しくふき取ってあげてください。
塊のある湿疹には、入浴前にベビー用オイルやオリーブオイル、ワセリンなどを少量つけて少し時間をおいていくと皮脂の塊が柔らかくなり取れやすくなります。
目安としては入浴する約30分前くらいに優しく塗ってあげてください。
またオイルの種類によっては赤ちゃんの肌に合わない場合がありますので低刺激なものを選んであげてください。
そして常に皮膚を清潔に保つようにして無理に剥がさないでください。

保湿

a5bae3bc5f5afafa34a65ef027efa4db_s

保湿剤の種類もローションタイプやオイルタイプ、クリームタイプと色々ありますが、赤ちゃんのデリケートな肌でも使える刺激の少ない保湿剤を選んでください。
そして入浴後は早めに保湿剤を塗ってあげましょう。
赤ちゃんの肌を乾燥や刺激から守るために保湿剤をしっかりと塗ってあげます。
頭皮に保湿剤を塗る時は擦り込むように塗るのではなく、手のひらや指でポンポンと優しく塗ってあげましょう。
また、保湿剤でのケアだけでなく、家の中の乾燥も防ぐために加湿器などを使って家の中も乾燥しないようにしておきましょう。

こまめに汗をふき取り清潔を保つ

04f20ea384ef422bf3f627a7f7844fa7_s

赤ちゃんの身体は新陳代謝が盛んで、汗をたくさん掻きます。
そのため、すぐに汗が毛穴に溜まってしまい詰まりやすくなってしまいます。
これが原因で湿疹を引き起こしてしまったり、悪化させてしまう場合もありますので、こまめに綺麗なタオルやガーゼで優しく汗をふき取ってあげましょう。
また衣服も汗で汚れてしまった時はこまめに着替えをしましょう。

帽子なども避ける

e6ef1855c25489c528323eefb2a6e845_s

日差しが暑い時は帽子は欠かせないですよね。
しかし頭に湿疹ができているときはなるべく帽子の着用も避けるようにしましょう。
お出かけの際に帽子をかぶせてあげると、体温が上がり血行がよくなるので痒みを感じるようになります。
また汗で蒸れてしまい炎症を起こす可能性もあるので、症状が落ち着くまでは通気性をよくしてあげましょう。

寝具や衣服なども清潔にする

c5ef3d282a783962955809f78762060f_s

頭に湿疹ができている場合は、寝具などについている雑菌などにより症状を悪化させて炎症を引き起こしてしまう場合もあります。
赤ちゃんは寝ているときもたくさんの汗を掻きますので、枕やタオル、肌着など皮膚が直接触れるものはこまめに洗濯をして清潔を保ちましょう。

毎日の予防法はあるの?

4ba342ff1cdf67250326251b400d469d_s

赤ちゃんのお肌は大人の肌と比べ薄く、とてもデリケートです。
入浴の際も身体をゴシゴシと強く洗いすぎないように注意しましょう。
また引っ掻いて傷つけてしまわないように日頃から爪を短く丸く切っておきましょう。
そして赤ちゃんは汗を掻きやすく、眠っているときも汗を掻くので室内の温度を適温に保ち、空調調節で赤ちゃんの体温を調節してあげてください。

まとめ

脂漏性湿疹の場合、どんなに気を使って予防をしようとしてもママのホルモンバランスによる影響で湿疹が出てしまうことがあります。
しかし、自宅で慌てずにケアをしてあげれば必ず症状は良くなっていくと思います。
すぐに効果は出なくても、毎日のケアで状態は改善されます。
また一度湿疹が出たら二度とかからないものではなく、赤ちゃんの時期は何度も繰り返す子もいます。
あまり心配しすぎず優しくケアしてあげましょう。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER