MUGYUU!ロゴ

赤ちゃんに出来たブツブツの正体は何?赤ちゃんに出来やすい湿疹の原因と対策とは

赤ちゃんのお肌にジワジワと現れるブツブツ。
その正体は、湿疹です。
「こまめにケアしているのに何で?」と、疑問に思うママも多いのではないでしょうか?
特に、夏にできやすい「あせも」は悩みの種ですよね。
赤ちゃんに出来やすい湿疹にはいくつか種類があり、それぞれ原因があります。
原因を知り、正しく対処できるように、赤ちゃんの肌の特徴から湿疹の種類、その対策法までをまとめてみました。
赤ちゃんの「あせも」についての情報も盛りだくさんです!

赤ちゃんの肌の特徴

私達の皮膚は様々な働きがあり、中でも、外からの異物の侵入を防ぎ、水分の蒸発を防ぐ「バリア機能」と呼ばれるものは、肌トラブルの防止にとても大切な役割を持ちます。
このバリア機能を担っているのが、肌の一番外側にある「角質層」と、体内から分泌されて皮膚をコーティングする「皮脂膜」になります。
赤ちゃんの角質層は、大人の1/3の薄さしかなく、皮脂の分泌も生後2~3カ月を過ぎると減ってくることからバリア機能が崩れやすい状態です。
また、新陳代謝が活発で汗をかきやすい赤ちゃんの肌は、肌トラブルを起こしやすい状態です。

赤ちゃんにできやすい湿疹と対策

新生児ニキビ(新生児座瘡〈ざそう〉)

赤ちゃんは生まれる前にお母さんからもらったホルモンの影響で、生後3カ月くらいまでは皮脂分泌が盛んです。
一方で、皮脂腺は未熟なため詰まりやすく、詰まった皮脂が炎症を起こしニキビができます。
おでこやほっぺた、頭皮や首の後ろに多く、赤いニキビや白いニキビ、少し膿を持って黄色く見える場合もあります。
特に治療は必要なく、皮脂分泌が減ってくる生後3ケ月くらいまでには自然に治ります。

▼時期:生後1週間~3カ月くらい

▼対策:泡だてた石鹸(赤ちゃん用の低刺激のもの)でしっかり洗ってあげましょう。
ゴシゴシこすらないこと、石鹸はしっかり洗い流すようにしてください。

また、お風呂の後はしっかりベビーローションやクリームでしっかり保湿することが大切です。
衣類や寝具もこまめに変えてきれいなものを使いましょう。
赤ちゃんの爪は短く切り、ニキビを触るようならミトンを使うのも効果的です。
大人の手や爪にも雑菌がたくさんいます。
赤ちゃんに触れる大人も爪を短く切り、しっかり手を洗いましょう。

脂漏性湿疹

原因は新生児ニキビと同じです。
首から上にできることが多く、湿疹がかさぶたになり、おでこや頭皮に付着していることもあります。
肌のバリア機能も強くなる約1歳くらいまでには改善します。

▼時期:生後1ヶ月~1歳くらい

▼対策:新生児ニキビと同じです。
かさぶたは無理にはがさないで下さい。

また、汗や食べこぼしなどを拭くときも、皮膚を強くこすらず、押さえ拭きをして強い刺激を与えないようにしで下さい。
乾燥を悪化させないように、保湿を十分にして、ひどくなる時には一度皮膚科を受診しましょう。

接触性皮膚炎

皮膚に触れたものに対して炎症反応を示す状態、つまり「かぶれ」です。
尿や便による刺激やオムツのテープや衣服の刺激、よだれや食べこぼしなどが原因となる湿疹です。
原因となるものに触れた所だけが赤くブツブツなります。
オムツかぶれではお尻、よだれが原因だと口周りにできますが、全身にどこでもできる可能性がある湿疹です。

▼時期:通年

▼対策:原因となるものに触れないようにするのが一番です。

よだれはこまめに拭いてあげましょう。
おむつもこまめに変え、尿や便はしっかり拭いて下さい。
オムツかぶれがひどい時には、オムツを変える毎にお尻だけシャワーで流して洗うのも効果的です。
おむつかぶれで注意したいのが、ただのかぶれではなく、カンジダ菌という常在菌が原因の場合もあります。

この場合はカンジダ菌に対する塗り薬が必要ですので、なかなか治らない場合には一度、皮膚科を受診しましょう。
アレルギーによる湿疹が疑われる場合には原因の特定に血液検査やパッチテストが必要な場合もあります。

アトピー性皮膚炎

特定の部位に、長く続く痒い湿疹がアトピー性皮膚炎の特徴です。
原因は皮膚のバリア機能が極端に弱いことで、皮膚が乾燥し、乾燥した皮膚の隙間からアレルギーの元(ダニ・汗・細菌等)が入ることによって炎症を起こし、湿疹ができるとされています。
体全体に左右対称に出ることが多いです。
また、特に肘や膝の裏に湿疹が出たり、特に耳の付け根が乾燥し、ジクジクすることがあります。
赤ちゃんの頃のアトピー性皮膚炎は、1歳頃まで約80%は治るといわれています。

▼時期:生後1ヶ月~1歳まで。
乾燥する冬場に悪化することが多い。

▼対策:保湿をすることで乾燥を防ぎ、皮膚のバリア機能を保つことが大切です。

皮膚の清潔や衣類や寝具を清潔を保ちましょう。
痒みを伴う湿疹なので、ひどい時には小児科か皮膚科を受診をおすすめします。
また、かき壊して感染を起こさないように、爪の手入れやミトンの使用なども必要です

あせも

赤ちゃんは大人より汗腺が密集している上に、体温調整も上手にできないため汗かきです。
また、汗腺の発達も未熟なため、汗が詰まって常在菌が繁殖し炎症を起こしたのがあせもです。
あせもには白いあせもと赤いあせもがあります。
白い汗疹は汗腺が詰まって汗が皮膚の内側に停滞している状態です。
赤いあせもは痒みを伴います。
かき壊した所に菌が入ると「とびひ」になるため注意が必要です。
背中からお尻、首と頭によく出来ます。

▼時期:通年

▼対策:こまめに汗を拭き、汗で濡れた衣類は着替えをしましょう。
大量に汗をかいた後はシャワーで流してあげるのも効果的です。

赤ちゃんの体はムチムチしていてシワだらけですよね。
首の前後、手首や足首のしわ、足の付け根などは汗が溜まりやすいですので、しっかり伸ばしてキレイにしましょう。
洗いすぎると乾燥してバリア機能が弱まりますので、洗った後は保湿をしっかりしてあげましょう。

衣類は吸水性と通気性の高い綿素材のものを選び、何枚も着せないようにします。
(「大人より1枚少なく」が目安です!)
体温調節ができない赤ちゃんの代わりにエアコンや除湿器で気温の調節をしてあげることも大切です。
(夏場は室温26~28℃、冬場は室温22~24℃、湿度40~60%、が理想です。)

赤いあせもは痒いため、範囲が広い場合、炎症が強い場合は皮膚科を受診しましょう。
かゆみ止めや抗生剤、ステロイドの軟膏を使用した方が良い場合もあります。

あせもは放置すると「とびひ」になる?

「とびひ」とは、皮膚に細菌が感染することでできる皮膚炎です。
あせもをかき壊し、皮膚が傷ついた状態で菌が入ることでも発症します。
水ぶくれやかさぶたができ、そこから出た濃から次々と感染を引き起こします。

とびひは伝染力が強く、他人にもうつしてしまうこと、小児腎炎やブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群といった重症の合併症を引き起こす可能性があるため、初期の段階で適切な治療を受ける必要があります。
とびひを発症させないためにも、あせもの対策は大切です!

あせも対策グッズ

ベッドやチャイルドシート、ベビーカーで、ほぼ同じ大勢でいることが多い赤ちゃん。
汗がたまりやすい赤ちゃんのために、汗とりパットや保冷シート、保冷剤を入れられるベストやバンダナ等、あせも対策グッズも増えているようです。

あせも対策の際に注意すること

注意して欲しいのは、「冷やしすぎ」です。
赤ちゃんは体温調整が上手に出来ないので、体温が下がりやすくもあります。
また、一か所を冷やし過ぎすぎると凍傷になる可能性もありますので注意が必要です。

あせも対策グッズを使う時には説明書をよく読み、赤ちゃんの様子をこまめに見てあげながら、上手に取り入れるとよいと思います。
あせもの市販薬を使う際は、使用上の注意をよく読み、薬剤師と相談することが大切です。

パウダータイプ、ミストタイプ、クリームタイプと様々な市販薬がありますので、使用感で選ぶのもよいでしょう。
赤ちゃんの月齢が浅い場合、あせもなのか分からない場合は自分で判断せず、医療機関を受診するほうが安全です。

赤ちゃんのあせもに関するQ&A

Q.あせもはいつ頃からできますか?

A.あせもが出来やすい月齢はなく、いつでもなる可能性はあります。
高温多湿で汗をかきやすい季節によくできます。

Q.あせもと湿疹の見分け方はありますか?

A.新生児・乳児の湿疹は専門家でも見分けがつきにくいことがあります。自然に治らない湿疹は、一度受診をすることをおすすめします。

Q.赤ちゃんのあせもは何科を受診すればいい?

A.小児科も皮膚科も、最初の相談はどちらも大丈夫です。
かかりつけの病院があれば、そちらに相談するのが良いでしょう。
症状や治療経過によっては他の科の受診をすすめられることもあります。

Q.湿疹軟膏やクリームの効き目はあるの?

A.塗り薬の吸収は、塗った直後から始まります。
皮膚のバリア機能が弱まっている皮膚では吸収率も高まりますので、塗った直後に汗をかいても効果はあります。
(これはオムツかぶれの軟膏を塗った直後に尿や便で汚れるのも同じです)
軟膏やクリームはお風呂やシャワー等で皮膚を清潔にしてからになりますが、部屋の気温を調整して汗をかきにくい環境を作ったり、汗が落ち着くのを待ってから塗るなどの工夫もできます。

Q.赤ちゃんにステロイド剤は少し怖いけど、大丈夫?

A.ステロイド剤は炎症を抑える作用があります。
強い炎症を起こして感染を起こす可能性がある場合には処方される場合があります。
長期間使用することにより副作用が起こる可能性がありますが、医師の指示のもと、使用法・回数を守り短期間使用する場合には害はないとされています。

まとめ

新陳代謝が活発でバリア機能が弱い赤ちゃんのお肌。
原因によって湿疹の種類は様々ですが、湿疹トラブルは避けて通れません。
予防と対処の基本は、「清潔を保ち、保湿をして皮膚のバリア機能を崩さないこと」です。

「このくらいで病院に行ってもいいのかな?」と一人で悩まずに、心配な時は一度受診をして湿疹の原因を見つけてあげるのも大切です。
特に、あせもに関しては赤ちゃんの時期に始まり、幼児、学童期と、いつまでも続く皮膚トラブルの一つです。

初期の段階で正しい対応をすれば短期で治ります。
「たかがあせも」と放置していると重症な合併症を起こす可能性もありますので、きちんと対処してあげましょう。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER