MUGYUU!ロゴ

赤ちゃんの予防接種、産まれてどれくらいから始まる?1歳までのスケジュールはどう進めるの?

赤ちゃんの1カ月検診も終わり、ホッと一息ついたのも つかの間、今度は2カ月のお誕生日から、予防接種のオンパレードになります。
予防接種は注射のイメージから、赤ちゃんがかわいそう・・と感情をお持ちになる方も多いかもしれません。

しかし実は病気になってしまった方がその何倍も赤ちゃんが辛くなることを考えると
ここはしっかりスケジュールをたてて、体調をみながら順調に進めていきたなと思いますね。ここでは定期予防接種と、任意予防接種に関して、スケジュールなどを中心にご説明していきたいと思います。

予防接種の目的って何?

いったい、痛い思いをしてまでやる予防接種の目的ってなんだろう?と思いませんか?赤ちゃんは生まれてきてから、まわりは沢山の菌やウィルスにさらされています。そして、人から人にうつる、いわゆる感染症にかかりやすい環境にもあります。

私たち大人は、感染症にかかっても、多少のことなら身体が免疫で防御してくれますが、おなかの中で無菌状態であった赤ちゃんはそうもいきません。生まれてすぐは、へその緒を通してもらっていたお母さんの免疫があり、産まれた後母乳をあげていれば免疫グロブリンの効果によってさらにそれが継続されます。

しかし6カ月を過ぎるあたりからそれも次第に弱まります。それを補うように、予防接種をしていくということになります。赤ちゃんの病気のなかには、予防接種で防ぐことのできる病気というものが沢山あります。

実際かかってしまうと、重症化してしまったり、命にかかわってしまう病気を予防接種によって、かかっても軽くすんだり、かかりにくくなったりという効果を目的として、しっかり受けた方が望ましいといわれているのです。

赤ちゃんの予防接種はいつから受けられるの?どこで受けたらいい?

yobousessyu

引用:http://www.city.kitakyushu.lg.jp/

さて、赤ちゃんの予防接種は実際何カ月から受けられるのでしょうか?一つだけ特殊な例をぬかして、生後2カ月ごろから予防接種がはじめられます。良く、2カ月記念日から予防接種のプレゼントなどと言われていますね。

特殊な例としてはB型肝炎の母子感染の予防を目的としたB型肝炎ワクチンは、生後12時間以内に受けることになっています。そのほかの、感染の恐れがないお子様は少し前まで任意の予防接種だったのが2016年10月より、定期予防接種に変わりましたので、普通にスケジュールを組んで他の予防接種とともに受けていくことになります。

赤ちゃんの予防接種には、自治体から無料券や、スケジュール表などが送られてきます。母子手帳に接種券が付いている自治体もあります。また、予防接種が受けられる医療機関の一覧表などの情報も一緒に送られてきますので必ず目を通しましょう。

そして、はじめて予防接種を受けるお子様は出来る限りかかりつけの小児科で受けてもらいたいです。普段からの赤ちゃんの様子がわかっている医師のほうが、なにかあったときの対処もスムーズだからなんですね。そして受けるならなるべく午前中か昼間のほうがいいかなと思います。

診察終了ぎりぎりに受けると、副反応などなにかあったときの対処が遅れてもいやですよね。接種後30分は副反応が起こらないか待合室でのんびり様子をみられるように、時間に余裕を持って接種しにいきましょう。
(副反応とは接種することによって5~10パーセントの確率で起こる身体の不快な症状です。接種部位が腫れたり、ぜんそくやアナフィラキシーショックを起こすこともまれにあります。)

予防接種で防ぐことのできる病気は?その病気ってどんなもの?

ワクチンで防げる病気をVPDといいます。実際の予防接種と、予防接種で防ぐことができる病気を紹介していきましょう。

B型肝炎ワクチン(不活化、定期)

bgatakanen

引用:http://blog.livedoor.jp/

【肝炎ウィルスによる感染症。がんを予防するワクチン】
2016年10月1日より、定期接種に変わりました。自治体からの補助で無料接種ができます。1回目の接種を1歳のお誕生日前日の20週間前までに行う必要があります。全部で3回の接種が必要です。

2回目と3回目の期間が開きすぎてしまうと公費の助成が受けられなくなってしまうこともあります。B型肝炎の抗原が陽性の妊婦さんから生まれた赤ちゃんは、生後12時間以内にB型肝炎ワクチンと免疫グロブリンを接種します。その後、抗体が付いてきたかどうか確認しながら、大人なるとともに3回接種していきます。

ロタウィルス(生、任意)

【冬に感染しやすい胃腸炎を起こすウィルスの予防】
おう吐下痢で便が白くなり、脱水症状になりやすいのが特徴です。ワクチンの種類によって2回接種、3回接種があり、任意なのでお金がかかります。1回の接種が1万円~16000円以上しますので結構高価です。

ヒブ(不活化、定期)

【この菌による細菌性髄膜炎の予防と喉頭蓋炎の予防】
生後2カ月から接種可能で、生後2カ月~6カ月の子は接種回数は4回に渡ります。(初回の接種月齢、年齢によって接種館買うと回数が変わります。ここでは主に1歳未満の接種について触れます)

小児用肺炎球菌(不活化、定期)

【細菌性髄膜炎や肺炎などの予防】
現在、13種類の肺炎球菌に予防効果のあるワクチンが使われています。肺炎球菌といっても、その数種類がとても多いので、的を絞ってワクチンにしているような感じです。

生後2カ月~6カ月のこの接種回数は4回で、こ月齢と接種開始月齢によって、回数がかわります。

4種混合(不活化、定期)「ジフテリア、百日咳、破傷風、ポリオ」

ジフテリアはその毒素で神経や心臓の筋肉を壊してしまう病気を引き起こします。百日咳は感染力が大変強く、細菌がのどについてひっきりなしに咳が出ます。

破傷風は菌が傷口から入って、体の中で増えて筋肉痙攣などを起こし毒素を出します。ポリオは感染すると1000人~2000人に1人の確率で、手足のまひなどが一生残ることがあります。
この4種類の病気を予防するために、4種混合があります。生後3カ月から接種でき、3回接種後もう一回追加し、更に小学校高学年になって2期にジフテリアと破傷風のワクチンだけⅡ種混合をします。

BCG(生、定期)結核の予防

9d6e706b08e3852c97841a13a765fee2_m
生後11か月までに1回接種。集団接種の場合が多く、案内が来てから同じような月齢の赤ちゃんが集まってうけることになります。医療機関で個別接種もできなくはないですが、その医療機関でBCGのワクチンがいつでも用意されているかはわかりません。

生ワクチンなので4種混合を3回受けた後ぐらいの生後5カ月ごろが受けどきです。腕に薬を塗ってから細い針が付いたスタンプのようなものでギュッと押すような接種方法です。

MR(生、定期)麻疹風疹予防

はしかと、風疹の予防です。最近ニュースで聞くことも多いですが、現在でもその年によって、感染力が強いはしかが流行することや、風疹が流行することもあります。このワクチンは1歳の誕生日から受けることができます。

地域で流行しているときは、自費になってしまいますが生後6カ月からでも受けることができますので、かかりつけの小児科医師とご相談してください。MRワクチンは麻疹と風疹2種類の混ざったワクチンですが、流行っている一つの種類だけ受けることもできますので事前に予約をしましょう。
(MRはおたふく水痘ワクチンとも同時接種ができます。)

水ぼうそう(生、定期)

mizubousou12

引用:http://kenko.karada555.info

1歳から接種可能です。回数は1回目の後3カ月後に2回目を受けることができるとしっかり免疫が付きます。

1回だけの接種だと、数年以内に20パーセントから50パーセントかかるといわれます。
症状は全く受けていない子に比べてかなり軽くはなるようです。

日本脳炎(不活化、定期)

アジアで多く流行する、蚊を媒体とする病気です。高熱や吐き気、おう吐、頭痛が主な症状です。
東南アジアなどに行く予定がある赤ちゃんは、生後6カ月から受けられますが、自治体では3歳から始めるご案内が来きます。

第一期は1~4週間間をあけて2回、その後追加1回と全部で3回。そのあと9歳で4回目を受けます。

おたふくかぜ(生、任意)

otahuku

引用:http://seasew.exblog.jp

おたふくは結構乳幼児に流行が見られます。1歳から1歳3カ月で、2回接種です。

ただ任意ですので、お金がかかります。医療機関によって料金が変わりますが、私が子供に受けさせたときは一人8000円かかりました。
ですが、男の子の場合は思春期に発症すると、将来不妊の原因になってしまう可能性もあるので、受けておいた方がいいといいます。

インフルエンザ(不活化、任意)

生後6カ月以降の毎年秋ごろに1回~2回受けることができます。これも任意なので医療機関で値段が変わるので、事前にお問い合わせをした方が良いと思います。

また、打ってもしばらくしないと免疫ができないので、流行する前に予防接種を受けることをオススメします。
他のワクチンとの同時接種もできますので、定期予防接種と同時にするのも良いでしょう。

定期接種ってなに?任意接種の違いって?

先程ワクチンの説明で、「定期」と「任意」と種類がありましたが、予防接種は法律に基づいて各自治体が受けるべきなので補助(無料のところと一部助成のところがあります)を出しますよ、だから必ず受けてくださいね
ということを決めて実施する定期接種と自分の判断で自己負担で受ける任意予防接種があります。

任意だからといって受けなくていいわけではなく、赤ちゃんの健康を考えると、予防接種は任意のものでも受けた方がいいとおもいます。

ただ、本当に料金設定が高いのが難点です。もう少し安くなるか、定期に組み込んでもらえるとありがたいですよね。なお定期予防接種は、予防接種後に健康被害があったときに、救済給付などを行うための制度があります。

実際のスケジュールについて

ef48c740f44c4791a0edb8fab6934ddd_m
これが答えではありませんがイメージとして考えるといいかもしれません。
◆2カ月目から受けた方がいいワクチン参考
B型肝炎①、ロタ①、ヒブ①、肺炎球菌①

◆3か月目に受けたらいいワクチン参考
B型肝炎②、ロタ②、ヒブ②、肺炎球菌②、四種混合①

◆4カ月目に受けたらいいワクチン参考
ロタ③、ヒブ③、肺炎球菌③、四種混合②
(ロタはワクチンの種類によって、2回で済むものと3回打つものがあるので注意)

◆5ヶ月目以降に受けたらいいワクチン参考
四種混合③→そのあと1週間以降早めににBCGを受ける
BCGは、集団接種が多いので、日にちの調整が必要かもしれませんね。
1歳になったら、同時接種で他の生ワクチンも一緒に進めていくといった感じです。

今は沢山の種類を同時接種して、予防接種をどんどん進めていくのが主流になっています。ここで間違えたらいけないのは、同時接種といっても、いろんなワクチンを混ぜて一回で打つのではなく、同時に数本の注射器を使って数回針を刺して打つということです。

月齢で受けたらいいワクチンを参考に書きましたが、同時接種の進め方については、その医療機関の医師と相談をして赤ちゃんの体調に一番合った方法の接種を選択しましょうね。
副反応も、単独であっても同時接種であってもあまり変わらないといわれています。

予防接種に行くときに実際ママたちがやっていたこと、持っていくものは?

d52aca774b57baa4a7996dfb4477d152_m
朝、体温を測ります。いつもと変わらずミルクやおっぱいを飲み、元気であるかも確かめます。赤ちゃんの体温は37度前後で少し高めなのが普通ですが、明らかに37.5度以上の発熱がある場合は受けることができません。
持っていくものは
・母子健康手帳
・接種券
・筆記用具
があればなおいいです。記入漏れがあるときに、すぐ書き込めます。

赤ちゃんはなるべく薄着で腕が出やすい格好がオススメです。一応水分補給ができるようにしておきましょう。また集団接種では待ち時間もあると思いますので、時間がつぶせるものがあればいいですね。

BCGなどは、接種した後、大泣きの赤ちゃんをその部位が乾くまでひたすらあやしている感じです。はじめての予防接種で自信がない方は、もう一人どなたか助けてもらえるように頼む方も。すでに経験した先輩ママさん、おばあちゃんなど一緒に来てくれる人を頼んだという方もいます。

荷物も沢山、赤ちゃんも抱っこしてないといけない、しかも泣く。慣れてくると、なんてことなく終わるんですが、最初は本当に分からないですよね。どんどんまわりにヘルプを頼んでもいいんですよ。医院のスタッフにも気軽に頼んでください。

まとめ

ここまで、沢山の予防接種についてご説明してきました。やっぱり、最初の予防接種スケジュールをみた途端頭が真っ白に・・というママさんが少なくないようです。

初回を済ませてしまうとあとは医療機関で次はいつに何をしましょうね。と説明してくれるところがほとんどです。分からないことはすぐに聞き、スムーズに進めていけるといいですね。

保育園に行っているお子様は特に、いろんな菌やウィルスにさらされるため、出来るだけ早めに予防接種を勧めていきたいのが本音。

でも、赤ちゃんって、そういう時に限って熱を出したり調子が悪くなったりしやすいです。焦らず、1歳になるまでに進めていけたらいいなと思いながら赤ちゃんのペースで進めてみてくださいね。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER