MUGYUU!ロゴ

赤ちゃんの予防接種と副反応、腕が腫れちゃった。熱が出たけどどうやって対処したらいいの?

沢山の予防接種をスケジュールを考えながら頑張って進めていっているママさん。赤ちゃんも本当に頑張っていますね。

予防接種は、重篤な病気を起こりづらくしたり、かかっても症状を軽くするメリットがありますが、予防接種後に熱を出したり、腕が腫れたりなど副反応がおこるデメリットもあるんです。熱が出ても、風邪なの?副反応なの?
など、いろいろ分からないことが多くて心配になりますよね?

そこで今回は、副反応ってどんな症状なのか、このまま様子をみて普通に過ごしてもいいのか、病院に行った方がいいのかなどを、詳しくご説明していきたいと思います。

副反応の症状ってどんな感じ?なぜ起こるの?

予防接種というものは、ウィルスや菌などを、ひどい悪さをしない状態にして、わざと一旦身体の中に入れて免疫反応を起こし、抗体をつくるという目的で行われています。それをすることによって、今度同じようなウィルスや菌が身体の中に入ってきたときに、自分で戦うことのできるような仕組みが出来上がっているというもの。

しかし赤ちゃんは無菌状態のおなかの中から出てきたので、母体からもらっていた抗体以外はウィルスや菌に抗体を持っていません。そこへ入ってきた予防接種のウィルスや菌。

本物のウィルスとは違い、少し加工してあって悪さを弱めてはいるものの、身体の中に普段と違うものが入ってきたぞ!というのには変わりません。赤ちゃんの身体はその異物に対して一生懸命戦います。その時に起こる免疫反応が副反応といいます。

副反応自体は、身体が正常に機能しているという証拠になりますので、悪いことではないです。それほど神経質にならなくても大丈夫です。しかし赤ちゃんの体質によっては気をつけなければならない場合もあります。

0b1a91274c85118a21f02bb905f91868_m

主な副反応には
・接種部位の腫れや赤み
・熱が出る
が大半ですね。
小児用肺炎球菌ワクチンや麻疹の予防接種では熱が出やすく、麻疹では20パーセントに発熱がみられるそうですよ。不活化ワクチンは症状が出にくいといわれますが、生ワクチンでも毒性をしっかり弱めたものを使うので、本当に特別な症状が出る子は稀です。
なかには一部、体質によってはその病気の症状が軽く出る子もいます。

他には、昔、生のポリオワクチンで本当にポリオにかかってしまった例(現在ポリオは症状が出ない不活化ワクチンに変わり、4種混合の中にはいっています。)や重い免疫の病気を持つ子供にはBCGをうったことによって全身に広がってしまった例も。

そのほかの副反応では、まれに合併症としておたふくの予防接種で0.05パーセントに無菌性髄膜炎になるケース。これは普通におたふくにかかった場合2パーセントの確率でかかる合併症です。

予防接種をしないでおたふくにかかってしまうともっと無菌性髄膜炎にかかる確率は高いです。しかも予防接種ではそれほどひどくならないことが多いです。

あとはアレルギー反応によるアナフィラキシーショックなどです。アレルギー体質があるなら要注意でしょう。しかし健康的な元気な赤ちゃんが予防接種を受けた時に、重篤な副反応がおこる確率よりも、予防接種を受けずに自然にその病気にかかって合併症が起きてしまう確率の方が何倍も高いということなので、あまり心配しすぎず、医師の指示に従って予防接種を進めて行きましょう。

これは受診すべき?または家で様子が見られる?対処法は?

副反応には、打ってすぐ反応が出るものと、しばらくしてから出てくるものがあります。よく、予防接種を受けた後30分は待合室にいた方がいいというのは、打った直後にまれに体質的に予防接種の成分が身体に合わず
急激な副反応(アナフィラキシーショックなど)を起こす子がいるためです。
この場合は医院や集団接種会場で、すぐに医師が対処してくれますので安心してくださいね。

家での対処法

3b6a7c3cb866806476e87060aff25e4d_m
家に帰ってから熱が出た等の反応があります。熱が出るのは、赤ちゃんは風邪でも出るのですが、予防接種の熱との見分け方がありますので参考になさってください。

予防接種の熱は、熱は37度台が多く、一緒に打った部位の腫れや、赤くなったりする症状がみられるのです。熱がそんなに高くなくて、水分もとれている、元気がいつもとそんなにかわらないというような感じであれば、受診せず様子を見て構わないです。

2~3日で熱が下がることが多いでしょう。外出は控え、水分を多めにとって、異物と戦っている最中の赤ちゃんの体をいたわってあげましょうね。

ただ、様子を見ていても熱の状態が38度を超えどんどん上がってくる、ぐったりする、水分が取れないなど何か一つ当てはまるものがあったなら、接種したかかりつけの小児科を受診しましょう。

集団接種の場合は、その自治体の予防接種担当の窓口に一旦連絡をしてかかりつけにかかるという方法が適しています。もしかしたら予防接種が原因ではなく、他の風邪やウィルスをもらってしまった可能性も否定できません。

もうひとつ頻度の高い副反応に、接種部位の腫れがあります。これはうちの子供達も結構腫れました。直径5センチくらいは腫れました。軽く熱を持って硬くなるような腫れです。中でも4種混合の時によく腫れた記憶があります。

まわりでも大きさはそれぞれ違いますが、腫れている子をよく見かけました。針を刺したところの周りが腫れているくらいなら、そこを触らないように注意して、冷やしすぎない程度に冷やしてあげ、家で様子をみるので大丈夫です。大体うちは4~5日くらいでおさまってきました。

痛くなるだけじゃなくそこがかゆくなるという訴えもありましたね。たまに、腕全体が腫れてしまうような腫れが広がってしまう子もいるので、そういうときにはかかりつけを受診しましょう。

対処法としては、腫れをとるような塗り薬が処方されます。接種部位の腫れは結構どのワクチンでも、みられやすい副反応の一つですのでそれほど神経質にならないで大丈夫です。

この症状の時は注意して!!

2028209906a58037b62708f2d7fbe267_m
いちばん注意をしなくてはいけないのが、先程お伝えしたアナフィラキシーショック。これはワクチンに対する重篤なアレルギー反応です。大体が接種した後、直後から数時間以内に症状が現れることが多いです。

症状としては、
・急に元気がなくなる
・おう吐を繰り返す
・呼吸が苦しそうになる
・ぜーぜーヒューヒュー音がする
のが主な症状となります。

原因としては一部のワクチンには微量ですが鶏卵を使用したものもあるため気をつける必要があります。実は食物アレルギーの鶏卵で引っかかる子も大半は接種可能な子が多いのですが、まれに体質として予防接種が身体に合わない例もありますので覚えておくといいと思います。

家族にアレルギー体質が多い、ママがアレルギーなど、なにか要素が考えられる場合は、赤ちゃんも体質を引き継いでいる場合がありますので、接種前に必ずかかりつけで相談してみましょう。

そのほかは、神経系に異常が出るギランバレー症候群などもあります。赤ちゃんの状態がいつもと違うとき、ぐったりしているとき、何か変だなと思ったらすぐ掛かり付けの病院に行きましょう。

単独接種と同時接種で副反応は違うの?

d391147032acbf0ed1df1c9f6a911d72_m
単独接種と同時接種では、同じ日に接種するワクチンの種類と数がかなり違います。しかし、海外では日本よりずいぶん早くから同時接種をどんどん進めていっていますが、単独接種と比較して腕の腫れや発熱などの差はほとんどなかったとの結果が出ているそうです。

日本でも、差があったという報告はなく、同時接種がどんどん推奨されてきています。ただ、アレルギー体質にある子、心配な赤ちゃんは、単独接種でワクチンを進めて行く方法も可能です。単独接種で進めて行くと、全部打ち終わるまでにかなりの時間がかかり、かえって病気にかかってしまう確率を高くさせてしまうというデメリットもあります。

かかりつけ医院の方針もあるかとは思いますが医師としっかり相談をしたうえで、予防接種を進めて行くといいと思います。

同時接種については、日本小児科学会では
・複数のワクチン(生ワクチン含む)を同時に接種してそれぞれのワクチンに対する有効性についてお互いのワクチンによる干渉はないこと、
・複数のワクチン(生ワクチン含む)を同時に接種してそれぞれのワクチンの有害事象、副反応の頻度が上がることはない、
・同時接種においての本数の制限はない
と言っています。ですので安心して予防接種を受けて行きましょう。

まとめ

予防接種の説明書きを読んでいると、副反応の記述にこれって自分の子にも起こったら?実際起こったらどうしたらいいの?といろいろ沢山考えているうちに不安になってしまうこともありますよね。

そういう説明書きは、あらゆる可能性を考えて書いてありますので、起こる確率の低い副反応までしっかり書いてあります。知識としてそういうこともあるんだなと、覚えておくのはいいとおもいますが、過剰に怖がる必要はありません。

いちばんいいのは、かかりつけの医院や、地域の健診や集団接種の際に保健師などにとことん聞くことかなと思います。子供の体質もそれぞれ違いますし、兄弟でも良く副反応が出るタイプの子とそうでない子がわかれるときもあります。

分からないことを明らかにして、副反応に対して正しい知識を持って、これからも予防接種を安全に順調に進めて行ってほしいなと思います。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER