MUGYUU!ロゴ

875

私の子は平気?赤ちゃん返りをしている子が抱えているもの

下の子が産まれるとほとんどのお母さんが悩むであろう上の子の「赤ちゃん返り」。
出来る事が出来なくなったり、下の子で手が掛かるのに抱っこをせがんできたりとお母さんを困らせます。
お母さん自身も赤ちゃん返りと分かっていても、ついついイライラしてきつく当たってしまいますよね。
ですがふと我に返った時、上の子がどんな気持ちで赤ちゃん返りしているのか考えた事はありませんか?
今回は、赤ちゃん返りしている子が抱えている気持ちや心理状態を紹介していきます。

赤ちゃん返りとは

199f13c5301e2435efa2db4285b79452_m

赤ちゃん返りとは幼児期の子供が実年齢の半分くらいの赤ちゃんのようになってしまう状態の事を指します。
よく下の子が産まれる=赤ちゃん返りと言われる程赤ちゃん返りをする子は多く、ほとんどの場合は一時的な期間で治まると言われています。
更に、赤ちゃん返りには様々な原因がある為対処法が難しく、頭を悩ませるお母さんが多いようです。

赤ちゃん返りの一番の原因

b892399efac58b3cab1b86a2265bdf25_m

赤ちゃん返りをする原因は様々ですが、一番の原因とされているのはやはり下の子の出産ではないでしょうか?
今までお父さん、お母さん両方の愛情を独り占めしてきた上の子は、下の子の出現と共にそれが必然的に下の子へと移ります。
その為、今まで当たり前のように受けていたものがなくなる訳ですから、不安からストレス更には敵対心へと変わっていき赤ちゃん返りへとなるのです。
赤ちゃん返りをする子のほとんどは下の子が産まれた場合が多いのはこの為です。
その為、赤ちゃん返りをする事自体は誰が悪いのではなく、自然的なものなので仕方のない事なのです。

赤ちゃん返りのその他の原因

その他の原因としてあげられるのが、環境の変化によるストレスです。
例えば引っ越しなどの新しい場所への不安や、誕生日などの一つ大きくなる事への不安などがあげられます。
更に環境によって起こるストレスは一人っ子でも起こりうる為、予想してなかった赤ちゃん返りに戸惑うお母さんも多いそうです。
また、環境によるストレスが原因だと、きちんとした原因が把握できない場合が多い為、対処法も慎重に行っていく必要があります。
ですが、どちらの原因も共通してあげられるのが何かしら子供にとっての変化による不安が原因であるという事です。
その為、赤ちゃん返りで原因がわからない際は、まず子供にとって大きな変化がなかったか見つける必要があります。

赤ちゃん返りをしている子の気持ち

790cd69f06614422c985ad9c23fce024_m

赤ちゃん返りは子供の不安な気持ちから来ている為、子供の心の状態はとても複雑なものになります。
また、大人が考えているよりも子供の精神状態はデリケートなものなのです。
赤ちゃん返りをする子の目的はほとんどの子が親の気を引く為ではないでしょうか?
親からすると、上の子は今まで一心に愛情を受けてきたのだから、今度は下の子に譲るべきと考える方もいるでしょう。
ですが、この状態は私達が自分の旦那さんが見知らぬ女の人を連れてきて可愛がり、挙句一緒に住み始めるのと同じ事なのだそうです。
そう考えると、子供の気持ちも少し理解が出来てきませんか?
お母さんの注意をこちらに向けたい=赤ちゃん返りなのも納得がいきますね。
その為、赤ちゃんをいじめていたとしても赤ちゃんが可愛くない、嫌いという訳ではないのです。

赤ちゃん返りをすることしない子の違い

d42d33aabc714bd1312dc3cf45de61dc_m

赤ちゃん返りをする子が大半を占める一方で、赤ちゃん返りをしない子というのも勿論います。
赤ちゃん返りをしている子をお持ちのお母さんからするとなぜ?と疑問に思いますよね。
実はきちんとした赤ちゃん返りへの事前対策があるのです。

上の子と下の子の年齢差

赤ちゃん返りは上の子と下の子の年齢が近い程起こりやすいと言われています。
特に2~3歳の子が起こりやすい理由として、まだまだ甘えていたい年齢であるという事が挙げられます。
その為、下の子にお母さんを取られてしまうという事がどうしても我慢出来ません。
親から見たら2~3歳というのは自分で出来る事が増えてくる年齢でもあるのでついつい赤ちゃんと比べて大きく見えてしまいますが、まだまだ子供になり切れていない赤ちゃんだったりするのです。

性別の違い

赤ちゃん返り自体は男の子女の子関係なくどちらにも起こりうる事なのですが、実際には男の子の方が多いようです。
その理由としては、女の子は生まれながらに母性を持ているという事になります。
赤ちゃんが産まれても子供ながらに可愛いなという気持ちと、面倒を見てあげたいなという気持ちが確かに存在するのだそうです。
その為、上手な対処法をとれると、敵対心よりも母性本能により良いお姉さんになってくれる可能性があります。
逆に男の子はそういった本能はありません。
確かに女の子と同じように赤ちゃん自体が嫌いなわけではありませんが、その気持ちよりも敵対心が勝ってしまうのです。
つまりは、下の子は上の子にとってお母さんを横取りした敵になってしまうのです。
その為、どうにか自分に関心を向けさせる為赤ちゃん返りという形で現れるのです。

赤ちゃん返り予防法

d90d10706eb606b2275a6fad83785cdd_m

赤ちゃん返リの原因は上の子が下の子に嫉妬する事から始まります。
また、いきなり現れた下の子にすぐに関心を向けるのは難しい為、その対策を妊娠中から行っていきます。

病院に一緒に連れて行く

お母さんは妊娠中、病院へと通いますよね。
その時大変だからと誰かに預けて1人で病院に行ってはいませんか?
もしそうでしたら、ぜひ上の子を連れて行ってあげて下さい。
その際に、お腹の赤ちゃんの今の状態やお母さんの身体がどんな状態なのかを説明してあげると良いでしょう。
そうする事により、徐々に興味を持つようになり、それが関心へと変わっていきます。
まずはお腹の赤ちゃんに興味を持ってもらう、という事になります。

下の子が産まれたらして欲しい事や、どんな事をしてもらえると嬉しいかなどを話す

子供はお母さんの事が大好きです。
その為、お母さんに喜んでもらいたくて頑張ってくれますよ。
その為、下の子が出来たらこうしたら嬉しいな~と伝えたり、下の子のグッズを一緒に買いに行っても良いでしょう。
「お母さんと一緒に下の子をかわいがろうね~」などと言うとそれまで不安に思っていた上の子も下の子の誕生を楽しみにしてくれるようになりますよ。

赤ちゃん返りの原因を作ってしまうお母さんの言動

4c5a5dbe9f2ccd297f2121146871c60c_m

赤ちゃん返りをしている子にとって言われてしまうと逆効果になってしまう事、ストレスになる行動があります。
ですが、それらはお母さんがついやってしまったり、無意識のうちに言ってしまっている事があります。

「お兄ちゃん、お姉ちゃん」と呼ぶ

下の子が産まれるまでは名前で呼んでいたのに、下の子が産まれ、気づいたら名前で呼ばなくなっていたというお母さんは多いようです。
特に「お兄ちゃん、お姉ちゃん」という呼び方で怒るのはもっての他です。
今までとは違う環境の変化に戸惑っている上の子に、追い打ちをかける事になります。
お母さんにとっては「お兄ちゃん、お姉ちゃんとしてしっかりしてほしい」という気持ちのあられかもしれませんが、これは上の子にとってしっかりしなきゃというプレッシャーになってしまいます。
また、その反動から急激な赤ちゃん返りの原因に繋がる事もあるようです。
上の子下の子平等に接する為にもきちんと名前で呼んであげる事を心掛けましょう。
逆に褒める時は「お兄ちゃんすごい!」などという使い方をすると上の子は嬉しいはずですよ。

「自分でやって!お母さんは忙しいのよ」と甘えさせない

今まで出来ていた事を甘えられてついついイライラしてしまいがちな時に言っていませんか?
子供からすると、下の子のお世話でこんな風に言われてしまってはどんどん自分の気落ちを言えなくなる原因にも繋がってしまいます。
また、赤ちゃん返りの対処法の基本は「甘えさせる事」になります。
この言葉は「甘えさせる」とは正反対の言葉ですよね。
イライラしてしまいがちでも、この言葉は子供にとってショックにしかならないので使わないようにしましょう。

まとめ

7dd57bd1160aaac513596699878df453_m

いかがでしたか?
子供は親が思っている以上に我慢をしている事が多いです。
特に下の子が産まれた上の子にとっては、僕が我慢しなきゃと自分の気持ちを押し殺してしまう子もいるようです。
まだまだ甘えたい盛りの幼児期。
赤ちゃん返りをしてしまうのは仕方のない事なのです。
ですが、子供は子供なりに頑張っているのです。
また、それらはずっと続く訳ではありませんよ。
今だけ味わえる可愛い時期でもあります。
ついついネガティブに捉えてしまいがちな赤ちゃん返りですが、上の子の赤ちゃん時期をもう一度楽しめる時期だとポジティブに捉えて、工夫をしながら対処していきましょう。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

WRITER