MUGYUU!ロゴ

ご飯を食べない時はどうしたら良いの?赤ちゃん返りによるご飯時のわがままはこう対処!

今まで好き嫌いなくたくさん食べていたのにいきなり食べなくなってしまった。
お菓子はよく食べるけど、ご飯はあまり食べてくれない。
自分で食べられるのに、食べさせてと甘えてくる。
赤ちゃん返りによる食事の問題は何が正しいのかお母さんも頭を悩ませますよね。
特に栄養面で心配しているお母さんは多いようです。
だからといって要望を聞かないと、余計に駄々をこねる始末。
今回は赤ちゃん返りが原因による食事面での問題解決の対処法を紹介します。

赤ちゃん返りによるご飯時の問題

b1bd239f288f3fb8e6259196e08c2d27_m

赤ちゃん返りによって起こるご飯時の問題は様々なものがありますが、原因を辿っていくと実は皆同じ目的だったりします。
お母さんからするとただの我がままにしか見えませんが、子供はとにかく「大好きなママに自分の事をに気にしてほしい!」ただそれだけなんです。
その為、お母さんを困らせようとか、ご飯が食べたくないという子はほとんどいません。
上の子は「ご飯中にお菓子を食べる!」という我がままによって親を試しているのです。
だからこそ、無理やり食べさせようとしたリ、「ダメ!」と大きな声で怒鳴ったりする対処法は思ったような効果を望む事が出来ないのです。

赤ちゃん返りが原因によるご飯時の問題の対処法

0cf87bee50668871c12c237d001b9a52_m

赤ちゃん返りによってご飯を食べない、お菓子ばかり食べるという子への対処法で大切になってくるのが子供の気持ちが満たされる事になります。
その為、お菓子を欲しがる子にはたとえ食事中であってもお菓子を与え、その欲求を満たしてあげる必要があるのです。
そして満たされる事で子供は気持ちのコントロールの仕方を学んでいき、それが結果として自立を促す事になるのです。

対処法を行ううえで大切な事

この問題での大切な事はお菓子を与えるか与えないかで悩む事ではなく、お母さんが子供ときちんと向き合えるかどうかになります。
下の子が産まれて下の子ばかりに手が掛かるようになると、自然と上の子の優先順位は下がっていきます。
更に、今までたくさん与えられていた愛情表現も徐々に減っていき、上の子のストレスへと繋がるのです。
そんな時上の子が考えるのは自分の事を見てくれているのかどうかになります。
もちろん親としては、上の子も下の子もどちらも大切に育てているつもりでしょう。
それが赤ちゃん返りをあらかじめ予測していたお母さんなら、尚の事上の子を優先している事だと思います。
ですが、それでも起こってしまうのが赤ちゃん返りなのです。
その為、上の子が欲しいのはお母さん自身が自分に関わるという事実です。
お母さんが「こうにしたら良いのかな?」や「これだとどうかな?」など一生懸命に考えて関わる事そのものが赤ちゃん返りしている子にとっては必要な事になってくるのです。

ご飯時に甘えて自分で食べない

deaaac62eaeb62c9c7982fd589e4446b_m

今まではきちんと自分でスプーンを使って食べていたのに、いきなり甘えてくるという症状の子もいます。
下の子が産まれる前は手が掛からなくなっていた問題ある為、お母さんとしては下の子に手が掛かる分自分で食べて欲しいものですよね。

ご飯時に甘えて自分で食べない場合の対処法

この症状は、実は赤ちゃん返りによって歩かなくなったり、靴を履かせて欲しいとせびったり、抱っこして!と駄々をこねる子と同じ気持ちだったりします。
赤ちゃん返りは一般的に、甘えさせる事が対処法として使われます。
今回の場合も赤ちゃん返りが原因である為、例外ではありません。
「食べさせて」と甘えてきたら食べさせてあげると良いのです。
親からすると「甘えさせて悪化するんじゃないのか」と心配になるとは思いますが、これはむしろ逆になります。

受動的能動を使った対処法

誰かに頼ってそれをしてもらう事によってやる気が出てくる事を受動的能動と言うそうです。
これは、親にスプーンを持って食べさせてもらう事で、子供が「お母さんが食べさせてくれておいしかったな。次は自分で食べてもおいしいかもしれない」とやる気が出るという事になります。
その為、子供のやる気を出す為に、あえて甘えさせて食事に対して積極的になってもらう方法になります。

赤ちゃん返りが原因で全くご飯を食べない時の対処法

48fbe838073e7749fb0083600aa1df39_m

赤ちゃん返りが原因の食事の問題で全く食べないという子もいます。
それだとお母さんも心配になってしまいますよね。
更に、その心配と食べないストレスからイライラしてしまいがち。
だからといって無理強いをして食べさせる、というのも間違っています。
その為、まずご飯を食べさせる事よりも、食事の時間を楽しいものにしていく事を目標にしてみましょう。

ご飯を一緒に作る

日頃、子供と一緒にご飯を作るというお母さんは少ないのではないでしょうか?
特に忙しいとスピードの事も考えて買い物もテキパキと済ませて一人で料理をこなしている状況だと思います。
その為、あえて一緒に食事を作るのを手伝ってもらうのはいかがでしょうか?
旦那さんが休みの日や、お手伝いをしてくれる友達についてきてもらい、下の子を見て貰いながら一緒に買い物をし、料理の手伝いをしてもらいます。
もちろん出来る事が限られていたり、時間もいつも以上に掛かってしまいますが、子供にとっては普段は体験できない楽しい学習の時間となりますよ。
また、自分の作ったご飯だと「自分が用意したものだから」と食べてくれるかもしれません。
更に、その料理がまた違う日に並んだ時に「あの時一緒に作ったね」という会話にも繋げる事が出来ますよ。
この方法は子供への愛情表現にも繋がるコミュニケーションになりますので、普段下の子の育児に追われて2人だけの時間を確保出来ないお母さんにぴったりの方法です。

家庭菜園を一緒にする

4bdf52cb5602bec270a2e034657097f0_m

普段使っている食材を家庭でも気軽に育てる事が出来る野菜。
赤ちゃん返りする前から野菜嫌いで食べなかったという子に特におすすめの方法です。
子供は不思議なもので自分の作ったものだとたとえ苦手でも食べられてしまうのです。
また、先程の方法と同じように一緒に何かをする事によってコミュニケーションの一環にもなり、一石二鳥です。

赤ちゃん返りが原因で食べなくても怒ってはいけない

be805ff5b2718c5c64fbd263e5d9a952_m

自分で作った食事を残されるというのはやはり悲しく、「なんで?」という気持ちになります。
初めのうちは仕方ないかなと我慢が出来ても日を重ねるごとに何をしても食べない姿はイライラに変わっていってしまいます。
ですが、たとえ食べないからといって怒ってはいけません。
怒ってしまうと上の子にとって食事がどんどん嫌な事へと変わってしまいます。
その為、無理やり食べさせるのではなく子供が食べたくなるように「これを食べられたら〇〇君はかっこいい!」など褒める事を意識しましょう。

まとめ

530c9199996a4ab72d921f4a7872057c_m
いかがでしたか?
子供の精神面はかなりデリケートなものです。
それが食事という形で表れてしまうとお母さん自身も不安になってついつい無理やりしてしまいがちですが、まずは子供のとって楽しみになるような食事の時間を心掛けないといけません。
特にイライラしてしまいがちなこの時期は、食事の時間も子供にとっては苦痛になっている可能性があります。
その為にまずはお母さんが一人で抱え込まずに、心の余裕を作る所から始めましょう。
お母さんがにこやかな雰囲気で食事をしていると、つられて食事をするようになるかもしれませんよ。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER