MUGYUU!ロゴ

2,884

「ダメでしょ!」赤ちゃん返りで下の子をいじめる上の子へのNG行動はこれ!

下の子が産まれて一緒に喜んでくれるかと思いきや、いじめだしてしまったという経験をお持ちのお母さんはいませんか?
赤ちゃんを叩こうとする、赤ちゃんをグーで殴ろうとする、授乳中に赤ちゃんをずり落とそうとする、いくら赤ちゃん返りと言えどもお母さんからすると一大事ですよね。
ですが、一度赤ちゃん返りをしてしまうと終わるまではなかなか改善されないのが現状です。
また、その対処法もどうにしたら良いのかわからないというお母さんは多いです。
更に違う対処法をとってしまい、余計に悪化してしまったというお母さんもいます。
今回は赤ちゃん返りで下の子をいじめる上の子への正しい対処法を伝授します!

赤ちゃん返りとは

88c2cce2f49a0f431e2c2eb2ffa84d8b_m

赤ちゃん返りとは下の子が産まれた、引越しをして友達が変わったなどの環境の変化が原因で実年齢の半分程の状態になってしまう症状の事を指します。
原因を大きく分けると、無意識に自分の身を守ろうとして実年齢の半分以下の行動をとってしまう「自己防衛反応」と、お母さんに見て欲しい、相手にしてほしいという気持ちから来る「注目欲求行動」の2つになります。

主に2~3歳が多いと言われており、その期間は平均で5.3か月になります。
ですが、誤った対処法をとってしまったり、その原因が上手に改善されないと長引く可能性もある為、注意が必要です。
また対象年齢は幅広く、症状も個人差が激しい為、頭を悩ませるお母さんはとても多いです。
主な症状として、赤ちゃんと同じ事をしたがる、下の子をいじめる、おねしょをするなどがあげられます。

上の子の赤ちゃん返りの特徴

820d4969e5600ab389fe67ad3f941b35_m

赤ちゃん返りで下の子をいじめてしまうというのをよく耳にしますが、この行動にはその子自身のきちんとした理由があります。
また、見つけた時にきちんとした対応をしてあげないと、事態は悪化をしてしまうのです。

赤ちゃん返りの主な原因

下の子をいじめる主な原因としてあげられるのが、大好きなお母さんが自分の方を向いてくれない寂しさになります。
これは赤ちゃん返りの症状全般で言える事ですが、下の子は上の子にとって突如現れてお母さんを取ってしまうライバルなのです。
その為、上の子からすると、下の子をいじめるのはお母さんを取り戻す為の唯一の手段の表れなのです。
また、今まで一人っ子だった上の子からすると、いきなりお母さんの関心が違う方にも向けられるというのはストレスにしかなりません。
初めは不安という感情で下の子に対して戸惑っていた上の子も、いつからかその気持ちは敵対心へと変わっていくのです。

下の子をいじめてしまう上の子の気持ち

52e983153d52c8bd70d0e5c8310c3023_m

赤ちゃん返りをしている子は様々な症状を表しお母さんを困らせますが、その目的はお母さん自身を困らせる為ではありません。
先程も少しお話ししましたが、赤ちゃん返りをしている子の原因は不安から来ています。
更にその不安は、今まで大切にされていればされている程大きくなっていくのです。
子供の気持ちからすると「ママは最近、新しく来たあの子ばかり気にしてる、自分の事は忘れちゃったのかな」という感じなのです。

いくらお母さんが優先している、大切に扱っているといってもその子からすると、以前とは環境もお母さんの接し方も異なるものになってしまうのです。
更にそこで赤ちゃん返りに対して、「1人でできるでしょ」「ママは忙しいの困らせないでよ!」などと言われてしまえば子供自身も余計に不安になってしまいますよね。
子供はいつだってお母さんが大好きなのです。
たとえ赤ちゃん返りで困らせていたとしても子供からすると「自分の事を見てほしい、お母さんを困らせる事が目的じゃないの。結果的にそうなってしまうの」というのが本音ではないでしょうか?
つい自分目線で考えてしまいがちですが、ひとたび違う目線から見つめ直してみると子供に対する接し方も自然と変わってくるはずです。

下の子をいじめてしまった時の対応方法

302a9b4f67d44f5a533c66fef9422653_m

赤ちゃん返りで下の子をいじめてしまう子は、結構危ない事をする子が多いですよね。
その為どうしてもお母さん自身も必死になってしまい、「ダメでしょ!」と下の子をかばい後々猛反省なんていうお母さんが多いそうです。
ですが、それを繰り返していてもその子のその症状はいつまでたっても改善されず、大きな声で注意された事によって余計にショックを受けてしまうなんて事にも繋がってしまいます。
その為、1つ間違えれば大きな事故になりかねないこの症状は1日も早く改善していきましょう。

上の子を叱っても良いのか

叱るというのは本来、その子が悪い行いや間違った事をした時にお母さんが教える為の行為、というのが正しいです。
その為、赤ちゃん返りしている子に対しては、基本的に叱って対処という事はありません。
赤ちゃん返り自体は元々その子自身が悪い訳ではありませんので、子供自身は自分のやっている行動が無意識な事が多いのです。
その為、むしろその子の要望をなるべく聞き、甘やかしてあげるという方法が正しいです。
もちろん、何でもかんでも言う事を聞き、甘やかすという訳でもありませんよ。
そこはお母さん自身のさじ加減が必要になってきます。

上の子のいじめを辞めさせる予防策

赤ちゃん返りは、起こった後よりも事前に防止をする方が簡単に行えます。
また、何かが起こってから対策するよりも事前に対策を行う事で、上の子が下の子をいじめるという行為そのものを防止できる可能性があります。

助手として頼る

588d14668d9351ccbc1e3a303064e664_m

上の子からすると下の子ばかり相手にするのは面白くはありません。
ですが、下の子のお世話を放棄するなんて事はもちろん無理な話ですよね。
そこで上の子を思い切って頼もしい助手としてお願いしちゃいましょう。
もちろん上の子が出来る事は限られているいるので大きな事は頼めない為、小さな事からお願いしていきます。

▼おむつ替えのおむつを持ってきてもらう
▼下の子が寝る時の布団をかけてもらう

大切な事は、育児への参加一緒にする事によって上の子も下の子も家族の一員だとアピールする事です。
更に、お手伝いが出来たら必ず「ありがとう、助かったよ」と笑顔でお礼を言う事も忘れないで下さい。

上の子と2人だけの時間を作る

上の子が一人っ子だった時はたくさん作る事が出来たお母さんと上の子だけの2人だけの時間。
何事も上の子が最優先で、ずっと目を離さず過ごしていましたよね。
ですが下の子が産まれて状況が変わった今、お母さんにとっての最優先は下の子であり、2人だけの時間はどうしても減少してしまいます。
自分自身の最優先が変わってしまった今、上の子は知らず知らずのうちにストレスを貯めてしまいます。
更には、お母さんも赤ちゃん返りをするその子に対して怒り、挙句に可愛いはずの上の子が憎くなってしまうという悪循環に繋がります。
その為、お母さんと上の子のストレス改善の為2人だけの時間を意識的に作りましょう。

▼下の子が寝ている時間を活用する
▼旦那さんやおばあちゃん、お友達などに下の子を預けて時間を作る

下の子をいじめる上の子に必要な事

93f00ba9a2e6b06b9ddd604bb16e0a9a_m

一見大きくなったように感じる上の子ですが、その中身はまだまだ子供になりきる事の出来ていない赤ちゃんだったりします。
そう考えるとまだまだ甘えたいのは当然の事なのです。
ですが、上の子のして欲しい事は下の子に手が掛かるうちはなかなか叶えてあげられない事が多く、上の子のストレスは貯まる一方になってしまいます。
ですが、そのストレスをゼロにする事はほぼ不可能でしょう。

その為大切になってくるのは、ある程度補える程の工夫になってきます。
それが親からのストレートな愛情なのです。
ですが、それを補うのもお母さん自身の心の余裕がないと難しくなってきます。
その為、まずは自分に余裕がないなと感じたら、1人で頑張りすぎず、協力をしてもらいましょう。
そのうえで子供たちの為にお母さん自身に心の余裕が出来るよう工夫をしていきましょう。

まとめ

fe1e36a96b6773ba53c79b8f86b05da5_m

いかがでしたか?
下の子をいじめる上の子への対処はなかなか難しいですよね。
だからこそ間違った対処法で悪化するのだけは避けたいもの。
今回紹介した対処方法は、お母さんも気軽に実践できるものばかりですので是非挑戦してみて下さい。
赤ちゃん返りの対処法は子供によって様々になります。
その為、赤ちゃん返り早期脱出の為に、まずは様々な対処法にチャレンジしていきましょう。
また、お母さん自身の心の余裕を作る為にも、楽しんで工夫をしながら赤ちゃん返りを乗り越えていけると素敵ですよね。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

WRITER