MUGYUU!ロゴ

突然の奇声をあげる原因は?赤ちゃん返りで奇声をあげる子への原因と対処法

赤ちゃん返りはパパやママにとって大変なものですが、奇声をあげられるとさらに辛いですよね。
ご近所迷惑になるのでは…と不安になりますし、電車内やお出かけ先で困ってしまうパパやママも多いはずです。

今回はそんな赤ちゃん返りで子供が奇声をあげる原因、対処法などを詳しくご紹介します。

赤ちゃん返りで奇声をあげる理由

c49e1166df836f4d2e04e295c8e8112a_m

赤ちゃん返りとは、幼児期に向けて成長していた子供が、再び乳児期の赤ちゃんのように逆戻りする事を言います。
例えば、ミルクは終わったはずなのに哺乳瓶を欲しがる、自分で歩けるのに抱っこをせがむなどです。

そういった赤ちゃん返りになった時に、奇声をあげる子が多くいます。
家でも外でも時間を問わずに奇声をあげられると、パパやママは本当に困ってしまいますよね。

上の子が赤ちゃん返りで奇声をあげるのは、「パパやママを下の子を取られてしまった」と本能的に感じてしまう事が多いからです。
今までは周囲の目線は全て自分だったのに、兄弟が出来てから突然パパやママが自分に構ってくれなくなったと感じてしまいます。

実際に、お世話の面でも自分である程度出来る上の子よりも、下の子の方に手が掛かってしまう事がほとんどですよね。

このように、赤ちゃん返りによる奇声は、ある意味子供の成長なので喜ばしい事とも言えます。

赤ちゃん返りでの奇声対処法

5910ca692ae673e237e5fdbc6823991c_m

子供が赤ちゃん返りで突然奇声をあげた時は、無理にやめさせようとしない事が大切です。

特に言葉の分かってくる1歳~2歳の子供に「静かにしなさい」や「やめなさい」は、奇声をさらに出してしまう原因にもなります。
子供が奇声をあげたら、まずは本人の希望をしっかり見極める事が大切です。
抱っこして欲しい、もっとおやつを食べたい、絵本を読んで欲しいなどになります。

その時、何か構ってほしい事があるから奇声をあげてアピールしているはずです。

外出先での対処法

739a6ed80aae8f17d279e71f1d63e0a8_m

もしも外出先なら、ある程度騒いでも迷惑にならない場所に移動しましょう。
電車なら降りるのが一番ですし、静かな店内や飲食店でも迷惑になってしまうかもしれません。

言葉の解らない0歳~1歳くらいの子供なら、まずは子供と一対一で向き合える場所に移り、ゆっくりと抱きしめてあげると、気持ちも落ち着いてくるはずです。

奇声が激しすぎて対処出来ない時は

e3f533cb6f70e36993dea19b0f5a381f_m

奇声が激しすぎて対処出来ない、という時もあるでしょう。
中には癇癪をあげてママやパパを困らせる事もあります。

そんな時は、奇声や癇癪が収まるまで待つしかありません。
抱っこ出来るのならまずは抱っこをし、子供が落ち着くまで抱き締めます。
それも無理な場合には、床で寝かせて置いても構いません。

あまりにも奇声が激しくて嘔吐をするなど心配な症状が出てきたら、病院で診てもらうと安心です。
ほとんどの場合、時間が経つと収まり、疲れて寝てしまう子もいます。
奇声が激しくて対処出来ない時には、ママやパパが焦らずに冷静に対処する事で、次第に落ち着いてくるでしょう。

おやつやテレビなどで誤魔化すのは難しいので、安全な場所で落ち着くまで見守ってあげて下さい。

赤ちゃん返りの奇声いつ終わる?

1dc7a9a5c015781130b61d19506c3784_m

一般的に、赤ちゃん返りは2歳頃が最もピークだと言われています。
新しい家族の誕生や、成長と共に赤ちゃん返りの奇声をあげる子供が多いようです。

しかし、赤ちゃん返りの奇声はあくまでも成長の段階なので、一時的な事がほとんどです。
今悩んでいるママにとっては「いつまで続くんだろう」と不安になる事ですが、実際には1か月、長くても半年程度で奇声をあげるのは収まります。

もちろん子供によって個人差はありますが、赤ちゃん返りも奇声も、必ず終わります。
「今だけなんだ」という前向きな気持ちで過ごせるように心掛けましょう。

赤ちゃん返りの奇声を防ぐ方法

55a1c43b9c358ed62cce9ed8b58120a0_m

赤ちゃん返りによる奇声を防ぐには、上の子とのコミュニケーションが大切です。
子供だからと言って、上の子との会話をしないでいると、子供は欲求不満で奇声をあげてしまう事が多いです。

些細な事でも良いので、普段から子供との会話を楽しむ事は、奇声を防ぐ為にも大切です。
「今日は良い天気だね」「お腹空いたね、おやつ食べようっか」など、どんな事でも良いので声を掛けてあげましょう。
会話が成立しなくても問題ないので、ママが子供に優しく話しかける事を意識して下さい。

それだけで「自分は構ってもらっているんだ」という意識になり、赤ちゃん返りも少なくなってきます。

下の子ではなく、上の子を優先する

60490fd4a3ae114b77ff7f8ec54c14ac_m

下の子が出来ると、ママもパパもつい下の子ばかりに気を取られてしまいます。
何をするのも下の子優先で、上の子には「ちょっと待ってね」。
これでは、上の子が赤ちゃん返りをしたり奇声をあげてしまうもの仕方ありません。

基本的には下の子ではなく、上の子を優先するようにしてあげましょう。
オムツや着替えなどのお世話は仕方ありませんが、食事を出す順番やジュースを飲む順番、抱っこの順番など、まずは上の子からしてあげて下さい。
これだけで、「自分はお兄ちゃん・お姉ちゃんなんだ」という意識が芽生え、ある程度の満足感が子供の中で発生するようです。

何でもかんでも下の子からにするのではなく、少し手間でも上の子を先にしてあげる事。
これこそが、赤ちゃん返りの奇声を予防するのに効果的な方法です。

下の子のお世話を、上の子と一緒にする

オムツを替えたり寝かし付けたり、生まれたての赤ちゃんのお世話はとても大変ですよね。
さっさと終わらせたいママは、上の子につい「あっちで待っててね」と言ってしまいますが、お世話も上の子と一緒にするのがおすすめです。

オムツ替えなら「〇〇ちゃんのオムツ取ってきてくれる?」など、上の子に出来るお手伝いをお願いしてみましょう。
下の子のお世話に関わる事で、自分にも出来る事があるんだという自信に繋がります。

また、上手に出来たらたくさん褒めてあげましょう。
「すごいね」「お姉ちゃんだね」「さすがお兄ちゃん、かっこいい!」と、オーバーなくらいで構いません。
下の子のお世話を上の子と一緒にするのはママにとって時間も手間も掛かってしまいますが、「構ってほしい」という赤ちゃん返りや奇声を防ぐには非常に効果的です。

ママの目が全て下の子に行ってしまわないよう、上の子と一緒にお世話を楽しんでみましょう。

赤ちゃん返りの奇声による病気の可能性は?

7f418be16ff229275d0670150ea529e0_m

子供の奇声はとても大きいので、パパやママは「どこか体の調子がおかしいのでは」と不安になる事でしょう。

しかし、赤ちゃん返りによる奇声は病気ではありません。
大きな声で喚くという事は、それだけ元気な証拠とも言えます。
「この子は元気だな」と褒め、不安にならずに見守ってあげましょう。

ただし、あまりにも泣き止まない時や、奇声をあげすぎて喉の調子がおかしくなってしまった、などという時には一度病院を受診してみましょう。
奇声以外にも不調が続くのは心配なので、パパやママが不安に感じる部分は病院で相談するのが一番です。

多くの場合、赤ちゃん返りの奇声は病気ではありませんが、気になる症状があるのなら受診をするのがおすすめです。

赤ちゃん返りの奇声で苦情が来てしまった時

91162798137ab660539f4a54e0be49ec_m

赤ちゃん返りの奇声で多くのママが心配になるのが「ご近所に迷惑になっていないか」という事ではないでしょうか。
赤ちゃん返りによる奇声は仕方がない部分も多いので、ご近所には理解していただくのが一番です。

マンションなら、両隣のお部屋には軽く挨拶をしておくと良いかもしれません。
「最近夜泣きが酷くて」などと言っておけば、ある程度の理解をしてもらえるでしょう。

苦情が来たら早めの対処を心掛ける

あらかじめ挨拶をしていても、時には苦情を言われてしまう事もあるかもしれません。
赤ちゃん返りの奇声で苦情を言われてしまったら、なるべく早めに謝りましょう。
その際、必ず子供も一緒に連れて行くようにして下さい。

子供の奇声は、声が見えない程うるさく感じてしまうものです。
「あの子が泣いているんだな」「お母さんも大変だろうな」と、顔を知ってもらうだけでご近所からの目線も大きく変わるはずです。
気を遣わせない程度の菓子折りも持参し、子供を連れて謝ります。

また「これくらいの時間は、なるべく外に出るようにします」など具体的な対策もお伝えしておくと良いですね。
ただただ「うるさい」という印象を与えるのではなく、こちらの大変さもある程度理解してもらう事も大切と言えます。

パパも一緒に行けるのなら、家族全員で挨拶に行きましょう。

上の子の赤ちゃん返りの奇声による下の子への影響

82250cba41cc261415c5d44eb085f970_m

上の子の赤ちゃん返りの奇声が続くと「下の子に影響が出てしまうのではないか」と心配になる事もあるでしょう。
大きな声で喚くと「下の子まで不安になってるのではないか」と気になりますね。

しかし、上の子の赤ちゃん返りの奇声は、下の子には影響はほとんどありません。
確かに奇声によって起きてしまったり、泣く事もありますが、気にしなくても大丈夫です。
下の子の成長に影響を与えたり、不安にさせる事はありませんので安心して下さいね。

赤ちゃんや子供は、泣く事も仕事です。
2人が同時に泣いてしまうとママは大変ですが、悪影響はありませんので気にしない事が一番です。

ママがストレスを溜めないように

06e543d4e789da7f2e8d7265e3ebec2f_m

赤ちゃん返りの奇声を聞いていると、ついイライラしてしまいますよね。
「どうして泣き止まないの!」「お願いだから、静かにして!」と、駄目だと分かっていても口に出してしまう事もあるはずです。

しかし、ママがイライラしていては、赤ちゃんの奇声はなかなか収まりません。
まずはママが大らかな気持ちでリラックスする事が大切です。
子供が赤ちゃん返りで奇声をあげてもストレスを溜めないようにする為に、普段からストレス解消を心掛けて下さい。

パパが休みの日には1時間でも自分の時間を持つなどし、イライラを溜めないようにして下さい。
保育園に通っていなくても、自治体による一時預かりなどもありますので、うまく利用してみましょう。

子供と付きっ切りではストレスが溜まるのも仕方のない事なので、ママ自身の気持ちに余裕を持てるよう、周囲のサポートも必要です。

まとめ

9ca129c15edaeb06466fbca611fcc685_m

赤ちゃん返りの奇声はどんなに辛くてもも必ず終わりが来ます。
下の子のお世話や家事も大切ですが、上の子とのコミュニケーションを忘れてはいけません。
まだまだたくさん甘えたい年頃なので、たくさん抱っこをしてあげましょう。

上の子の気持ちが満たされるごとに、赤ちゃん返りの奇声は落ち着いてくるはずですよ。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER