MUGYUU!ロゴ

3歳児なのに赤ちゃん返り?3歳児の赤ちゃん返りの特徴と原因、対処法を詳しく教えます

2人目の妊娠、出産で必ずと言っていいほど耳にする赤ちゃん返り。
一般的には2歳が多いと聞きませんか?
実は赤ちゃん返りは3歳でも起こってしまうんです。
しかも2歳と3歳の赤ちゃん返りは中身が異なる部分がたくさんあります。
3歳児ならではの赤ちゃん返りで戸惑っているお母さん、これから3歳児の赤ちゃん返りに遭遇するであろうお母さん。
そんな方々のために、今回は3歳児の赤ちゃん返りについてわかりやすく解説していきます。

3歳児の赤ちゃん返りの特徴

3歳児というと2歳児よりもおしゃべりが上手になったり、意思疎通もはっきりとできるようになります。
また、食事の面でもこぼさずに自分一人で食べることが出来るため、少しづつ手がかからなくなってくる年齢でもあります。

2歳児と3歳児の違い

721a28a3f5cecac96578d27dc2df27dd_m

では一体、2歳児と3歳児の赤ちゃん返りの違いはどんなことがあるのでしょうか?

2歳児

82250cba41cc261415c5d44eb085f970_m

2歳児は「魔の2歳児」と呼ばれるほど扱いが難しく、お母さんを悩ませることが多いようです。
一見成長しているように思われる年齢でもありますが、まだまだ子供になりきれていないため下の子とほとんど変わらないことが多いようです。

赤ちゃん返りの特徴

この年齢の子はあまり出来る事も多くはなく、お母さんに甘えていたい時期になります。
更に、赤ちゃんから見れば成長しているように見えても、まだまだ子供であるため子供というよりもまだ赤ちゃんに近い年齢という事になります。
ただし、自分の置かれている状況、身の回りの環境などは少しづつ理解出来てくる年齢でもあるため世間ではよくこの年齢のことを「魔の2歳児」と呼び、赤ちゃんから子供へ成長する年齢であるとも言えます。
赤ちゃん返りをする際の大きな特徴としては、赤ちゃんが2人で来たようだと感じるお母さんが多いようです。
まだ赤ちゃんという存在をきちんと理解できず、赤ちゃんの存在によって「ママをとられてしまった」と不安を感じる子が多いため、これが赤ちゃん返りの大きな原因とも言われています。

症状

2歳児の子の赤ちゃん返りの症状は特に多く、先ほども説明したように赤ちゃんが二人いると考えなくてはなりません。
症状としては以下のものが例として挙げられます。

・赤ちゃんとあまり変わりがない
・赤ちゃんに対してあまり理解が出来ていないため、ママがとられた気分になり寂しさ、不安からママにべったりとくっつく様になる
・今まではほとんどなかったのに、常に抱っこの要求をするようになる
・今まではトイレトレーニングがスムーズにできていたのにオムツをつけたがるようになる
・夜泣きがひどくなる

570452

対処方法

2歳児の子の赤ちゃん返りに対しての対処方法で一番大切になってくることが「甘えさせること」になります。
この年齢の子はまだまだ甘えていたい年齢です。
そのため、「まま~できない」と言ってきたらやってあげたり、「まま~抱っこ」と言ってきたら抱っこをしてあげるという具合です。
ただし、下の子で手が離せないときは、下の子を少し落ち着かせてからきちんと上の子を対応してあげるよう心がけましょう。

更に、上の子が何か話しかけてきた時も「今忙しいから」と曖昧な返事をせずに「いついつやるからね」と明確な返事をしてあげることも大切なことです。
また、なかなか言うことを聞かずイライラしてしまいがちですよね。
そんなときはまず一旦、深呼吸をしてみてください。

2歳児の子は赤ちゃん返りというものをきちんと理解できていません。
そのため一つ一つの行動にイライラし怒ってしまうと「怒られるのは赤ちゃんがいるせいだ」と感じ、赤ちゃん返りの症状はさらにエスカレートしてしまいます。
なのでまずは深呼吸で自分を落ち着かせ、子供を怒る回数から減らしてみる事が対処法の第一歩になります。

3歳児

3歳児は2歳児よりも周りの状況を理解し、意思の疎通もスムーズに行えます。
そのため、それゆえの赤ちゃん返りの原因を作ってしまうようです。

3acde36e0911e215c5679afc7e65502a_m

赤ちゃん返りの特徴

この年齢の子は2歳児の子よりも意思疎通がはっきりとできるようになり、おしゃべりも上手な年齢です。
また、学習能力も高くなってきている年齢であるため、周りのことも今まで以上に見えています。
そのため、周りの状況が理解できるがための不安な気持ちがあっても我慢してしまいいい子であり続けることで、急激な赤ちゃん返りの原因を作ってしまうことが多いようです。
また、「赤ちゃんが産まれる」「赤ちゃんが大事」ということが理解できていてもママをとられた気がして赤ちゃん返りをしてしまう子もいるようです。

症状

3歳児の子は主に今までできていたことが出来なくなる事が多く、「ママ出来ない~」とお母さんに頼ることが増えるようです。
症状としては以下のことが例として挙げられます。

・着替えやトイレ、食事など今までできていたことが出来なくなる
・甘えやわがままがひどくなる
・幼稚園の登園準備を渋る

花粉症

対処方法

3歳児の赤ちゃん返りで一番の対処法となるのが「ありのままの姿を受け止める」ことです。
この年齢の赤ちゃん返りの特徴として、今まで出来ていたことが出来なくなるという所があります。
そのため、このことがお母さんにとって一番のイライラの原因にもなり、まるで子供そのものが変わってしまったような気がしてしまうのです。
ですが、その子自身は無意識に赤ちゃん返りをしているのであって、決して変わってしまった訳ではありませんし、わざとやっている訳でもありません。
むしろ、お母さんに見てほしくて、赤ちゃんと同じように大切にしてほしくてしてしまっているのです。

こう考えるだけでも少し気が楽になりませんか?
実際にこう考えて子供と接してみるといつもよりイライラせずに済むはずですよ。
また、急激な赤ちゃん返りの原因としていい子であり続けた結果ということもあります。
今まではいい子だったのにと思うことが増えたような気がしませんか?
もしそうでしたら、その子は今まで自分なりの「いい子」を演じていた可能性が高いのです。
普段はなかなか子供の目線に立つことも少ないと思います。
そのため、もう1つの対処法としては「子供の目線に立ってみる」これも必要なことになります。

3歳児の子の赤ちゃん返りによるお漏らし

fb6b5cb4a45a81bf4eb688d6bc94be97_m

いままでトイレをきちんとできていた子が出来なくなるという話は多々耳にしますよね。
更にそれらには様々な原因が含まれていることが多いです。
水分の摂取量が増える、寒くてお腹が冷えてしまっている。
ですが、赤ちゃん返りによるお漏らしは環境や身体の不調が原因というよりも、精神面から来ていることがほとんどです。

原因

では、赤ちゃん返りによるお漏らしの原因は一体何なのでしょうか?
特に多い理由としては、「なんとなく寂しい」「ママに見てもらいたい」という不安な気持ちです。
子供からすると「お漏らしをしたらママが見てくれる」「お漏らしをするとママが飛んでいてくれる」こんな気持ちなのだと思います。
今まで1人で様々なことが出来るようになってきていた分お母さんとの接触が減り、さらには赤ちゃんが産まれたことによってもっと接触がなくなってしまうのです。
そのため不安からのお漏らしというのは十分にあり得る原因になります。

対応方法

赤ちゃん返りで大切なことはそれに対して怒ったり、叱ったりしないことです。
今回のお漏らしも例外ではなく、とにかく叱ってはいけません。
まずは「次からは先に言ってね~」や「今度からは気をつけようね」など優しく声をかけてあげることが大切です。
ここで怒ってしまうと逆効果になり、心のバランスが更にずれてしまうため赤ちゃん返りを長引かせる原因にもなってしまいます。
また、そのあとの掃除も「〇〇ちゃんも一緒にやってくれる?」など手伝ってもらうことにより、お母さんと自分だけで何かを行っているという状況になると自然と治まっていくはずです。
もしそれでもなかなか治らない場合は、いっそのことおむつを付けてしまうのも1つの手です。
赤ちゃん返りというのはずっと続くものではありません。
赤ちゃん返りの近道は子供の愛情不足の解消です。
そのためには、まずお母さんが落ち着くところから始めましょう。
そうする事により、子供の行動にイライラせず、冷静に受け止めることが出来ますよ。

3歳児の赤ちゃん返りによるトイレトレーニングの拒否

27d72465b108fd2b5a9250057ea5889b_m

最近順調に進んでいるなと感じていたトイレトレーニングがいきなり失敗し始めた、なんてことはありませんか?
また、あと一歩の所だったのに下の子が産まれた影響で赤ちゃん返りをしてしまってトイレトレーニングを拒否しているなんて方もいますよね。
実は赤ちゃん返りによるトイレトレーニングの拒否にはきちんとした原因と対処法があるのです。
いったいどのような原因と対処法が隠れているのでしょうか?

原因

主な原因としては、やはり赤ちゃん返りの一種であるため、ほかの方法とそこまでの違いはありません。
そうです、「寂しい」という不安から来ているのです。
もともと赤ちゃん返りは自我の目覚めでもあるため、今まで無意識に受け入れていられたことが出来なくなることを指します。
トイレトレーニングも同じです。
「赤ちゃんが産まれてうれしいな」と思ってはいても、お母さんが赤ちゃんにつきっきりなのを目の前で見てしまうと「なんか最近のママ、赤ちゃんばっかり相手にしてる」という考えに変わってしまうのです。
更に、今までトイレトレーニングがスムーズにいっていると、失敗をしたときに余計お母さんもイライラし強く怒ってしまう。
それが原因でその子が寂しさを感じ、不安ががさらに増加、という悪循環が出来上がるのです。

対処方法

ただし、この年齢の子はトイレで用を足すこと自体はきちんと理解が出来ているためそこまで焦ることはありません。
むしろ、多少の後戻りはよくある事なのです。
しかしただ後戻りするだけではトイレトレーニング失敗脱出への道は短くはなりません。
ここで大切なことは、お母さんの愛情をきちんと言葉にしてその子に伝えてあげる事です。
「赤ちゃんもあなたも同じように大切に思っているよ」この気持ちがきちんと伝わることによって、その子の不安は安心へと変わることが出来ます。
また様々な面で甘えさせてあげることも同様に必要です。
そしてその安心感によって、ある日突然オムツ卒業という状況へと繋げることが出来ます。

下の子がいない3歳児の赤ちゃん返り

d8af6f838a124f2acabeed235cfc38cb_m

赤ちゃん返りと聞くと下の子の妊娠、出産を機にというのが一般的に聞くものではないでしょうか?
ですが、下の子がいない一人っ子の子でも赤ちゃん返りをしてしまうことがあるのです。
更に一人っ子の赤ちゃん返りは珍しくはないのです。

原因

一人っ子の赤ちゃん返りの主な原因は環境の変化になります。
ただし、その原因が大人であるお母さんがはっきりとこれと見つけることは難しい場合が多いです。
なぜなら、子供は私たちよりも感受性がとても強いのです。
特に環境変化には敏感であるため、私たち大人が些細な事だと思っていても、子供にとっては大事件なんてこともあります。
例えば、家でその子が大切にしているおもちゃがあったとします。
それが壊れてしまったため新しいのを買い与えようとしたが壊れたおもちゃで一生懸命遊ぼうとする。
少し思い当たる節がある方もいるのではないでしょうか?
子供の感受性が強い理由としてあげられるのは私たちよりも感情や思考の制御が未発達で様々なことを受け止めきれない事にあります。
今回挙げた例の場合だと、このおもちゃはその子にとっては世界でたった一つのおもちゃということになります。
まだまだ心も体も考え方も小さな子供。
大人にとっては些細な環境の変化でも子供にとっては大きな出来事なのです。

対処方法

a80e91df1d141684438822032dd10b6f_m

下の子がいない場合の赤ちゃん返りの対処法は原因となる部分が違うため、普通の方法とは少し異なります。
今回は注意するときのポイントも一緒に紹介しますので、良かったら参考にしてみてください。

原因の特定

では、一人っ子の赤ちゃん返りの原因がわかった所で、次は対処法を紹介していきます。
今回の赤ちゃん返りの特長としては原因がわからない場合が多いということです。
そのためまずは原因を突き止めるところから始める必要があります。
もちろん、お母さん自身でなんとなく想像のつく原因であればそちらを参考に手を打っていけばいいのですが、わからない場合は想像だけで動くことはできませんよね。
そのため、保育士さんに聞いてみるなど直接わかりそうな方法をとるようにします。
更に聞いた内容でこれだなと思う原因を紙に書いて特定をしていきます。
結構普通の方法になりますが、意外と気づけないパターンが多いのです。

原因を緩和させるために

原因が特定出来たら、今度はそれに対して安心出来るような接し方をします。
「最近何かあった?」「なにか辛いことある?」など聞いてみる方法です。
もし何も答えてもらえなかった場合、保育園に原因があるとすれば保育園に相談してみるのも一つの手になります。
その他に家庭でできることは、褒めるところはきちんと褒める事。
基本的には怒らず、子供の目線に立って話すということです。
ですが、親も人間です。
叱るべきところはきちんと叱る必要があります。
もし、この方法で1か月間何も変化が起きなかった場合は原因が違っている可能性があります。
その場合はまた原因の特定からはじめ、同じ手順を繰り返すと良いでしょう。

子供に注意するときのポイント

0dc73ae7b913bb826cbcf819e18020e7_m

赤ちゃん返りだからといってすべて許していいわけではありません。
ですが間違えた怒り方をしてしまうと赤ちゃん返りが長引いてしまう原因にもなります。
そのため、赤ちゃん返りをしている子を怒る際のポイントをまとめてみました。

子供と目線を合わせて注意をする

必ず子供の目線と合うところまでしゃがみ、子供問目線を合わせて注意をします。
なるべく目を見て話すことが望ましいです。
子供が目線をそらしてしまったり、違う方向へ行こうとしたら「ママの方を見て」と言って合わせるようにします。

大声で怒鳴らない

子供は大声で怒ってしまうと余計に泣いてしまいます。
それでは事の終始がつきません。
大抵の子供は大人が冷静にゆっくりとした口調で話をすると静かになります。
お互いに落ち着けていない状況ではきちんと伝わらないので、まずはお母さんが落ち着きましょう。

なぜだめなのか理由を明確にする

怒るときにただ「ダメでしょ!」といっても子供にはなぜだめなのかわかりません。
更に怒られたショックで余計に赤ちゃん返りが悪化してしまいます。
そのため、怒るときはなぜ赤やん返りがダメなのかきちんと理由を明確にしましょう。
更に子供の気持ちが引き立つように言うと子供も納得がしやすいです。
例えば「スプーンが僕を使って食べてほしいよ」「自分で〇〇したほうがかっこいいよ」などになります。

まとめ

31472db54c8850b6fd10324d2304d39d_m

いかがでしたでしょうか?
3歳児の赤ちゃん返りは2歳児よりもできることが今まで多かった分、余計にイライラしてしまいがちになりますよね。
特に一人っ子のご家庭だと「兄弟がいないのになんで・・・」と混乱してしまいます。
ですが、どちらも共通して言えるのは子供は不安な気持ちを抱えてSOSを出している時に赤ちゃん返りをするということ。
子供の赤ちゃん返りはSOSの証、こう考えると赤ちゃん返りは大切だなって思いませんか?
また、日々子育てで大変なお母さんだからこそ、イライラしてしまうことも多いですが、赤ちゃん返りは可愛い我が子の赤ちゃん時期がもう一度楽しめる、と考えると少し気が楽になりますよ。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER