MUGYUU!ロゴ

通常の赤ちゃん返りとは原因が違う?養子の子の赤ちゃん返りの原因と対処法とは

子供は愛らしい存在ですよね。
でもたまに、憎らしい行動をとったり、そうかと思えばベタベタと甘えてきたりする事もあります。
今まで普通に生活していたのに、急に甘えん坊になったり、怒りんぼになったりして困った事はありませんか?

もしかして、それは赤ちゃん返りかもしれません。
赤ちゃん返りで悩んでいるお母さんはとても多いんです。
環境の変化についていけなかったり、自分がお母さんにとって大切な存在なのかを確かめる為に、子供は赤ちゃんのような行動をとってお母さんの気を引こうとします。

そんな赤ちゃん返りの中でも、今回は養子の場合についてご紹介します。
養子縁組をした家族のドラマが話題になった事もありましたね。
ご覧になられた方も多いと思います。

あんな事が、現実に起こっていて、養子の赤ちゃん返りに悩む人もたくさんいるんです。
でもそれを乗り越えて、愛情をお互いに確かめ合い、本当の家族になっていきます。
まずは、赤ちゃん返りがどういうものなのか、養子の場合はどう違うのかを知っておく事が大切です。

では詳しく見て行きましょう。

養子の子の赤ちゃん返りの原因

82cc2693d5850e29477e0de90204ea23_m

養子の子が赤ちゃん返りをするのはなぜでしょう?
それは、愛情を確認する為です。
でも赤ちゃん返りは養子の子に限った事ではありません。
実子でも赤ちゃん返りはほとんどの子が1度は経験します。
養子だからと言って特別な事はありません。

養子とは?

49a8199ddbd0f9185e31afafd63c5891_m

まずは、養子について簡単に説明しておきましょう。
養子というとのは、血の繋がりのない親と子が養子縁組をする事によって親子になるという事です。
子供にとっては、産みの親と育ての親が存在する事になります。

養子縁組をすると、本当の家族と同じように養育や扶養の義務が発生し、責任を持って子供を育てなければいけません。
親は子供を迎え入れる心の準備が出来ていますが、子供には「突然違う環境に連れて来られた」「自分はどうなってしまうんだろう」という思いを心のどこかに抱えています。
その思いが、赤ちゃん返りという形で表れてくるのです。

自分は家族として認めてもらえているのか、愛されているのか、必要とされているのか、それを確かめる為の行動なんですね。
生まれた時からずっと一緒にいる実子と比べると、単純にお母さんがすべてで、お母さんがいれば安全という環境とは違う環境で育っているかもしれません。
その子によって育ってきた環境は異なりますが、新しい環境を受け入れ、そして自分も受け入れてもらわないと生きていけない事は、なんとなくわかっています。
自分が必要とされている事、愛されている事を確認する為に、親を試すような行動をするのです。
ただの甘えではないので実子の場合とは違い、子供の心の中に葛藤がある分、複雑かもしれませんね。

また年齢については多くは幼児期のうちに起こりますが、両親との関係性や本人の性格などによって、小学生や中学生に起こる事があります。

養子の子が赤ちゃん返りをしてしまった場合の対処法

df27d9e00205268a86a35b12a3619077_m

養子の子が赤ちゃん返りした時の対処法としては、まずその不安を取り除いてあげる事が肝心です。
安心感をもって家族としてお互いに認めあえるまで、「あなたの事が大好き」と伝えてあげて下さい。
もし悪い事をしても、たとえ良い子じゃない時があっても、その子を受け入れる気持ちがあるという事を何度でも分かるまでしっかり伝えてあげましょう。

養子の子が赤ちゃん返りした際に必要な事

e271c274fc94d2ade7b920388b1f9a12_m

ありのままの子供の姿を受け入れる気持ちを持つ事が大切です。
そしてそれが、きちんと子供に伝われば、赤ちゃん返りはなくなります。

また、良い事と悪い事ははっきりと伝える事も大切です。
親の態度としては、基本的に子供の行動は受け入れるのですが、子供は悪い事をする事もあれば、良い事をする時もあります。

赤ちゃん返りと解っていても、子供の悪い事まで全て受け入れてしまうと、解決を先延ばしする所か悪化させる可能性があります。

良い事と悪い事のラインははっきりとさせて子供に関わるようにしましょう。
そうする事で、子供の中に「お母さんは僕(私)の事は好きだけど、ダメな事はダメなんだな」と理解出来ます。
この積み重ねが親子の信頼関係を強くしていく為の近道です。

子供は親の思い通りに動いてはくれないし、言う事をきかずにぐずぐずしている事も、よくある事です。
もし、お母さんの感情がかき乱されるくらい、子供の行動にイライラする時は、もしかしたら子供の行動に振り回されているのかもしれませんね。

赤ちゃん返りと似た「試し行動」について

3fbdcb6363823d0d3bd1d646f31e0215_m

養子の子が赤ちゃん返りする事を試し行動と言う事があります。
今まで出来ていた事を急に出来ないと言い出したり、新しい事を極端に怖がったりする行為です。

一般的な赤ちゃん返りの原因の多くは、弟や妹など新しい家族が増える事で、お母さんの愛情が自分だけに向かなくなる不安がきっかけになる事が多いようです。
一般家庭にもよくある事で、お母さんを困らせたいというよりも、赤ちゃんだけでなく、自分にも構って欲しいと思う子供の行動です。
今までお母さんは独り占め出来ていたのに、急に赤ちゃんにお母さんが取られてしまうように感じてしまうんですね。
そう思うと、子供が不安になる気持ちは察してあげる事が出来ると思います。

試し行動のおもな症状

eea41595911bbeee34c08178588d8328_m

養子の子は、一緒に暮らし始めるとしばらくは良い子にしているのですが、少し環境にもなれてくると、親を困らせるような「試し行動」をするようになります。

これは、これまでと住んでいた環境が大きく変わった事による不安や、心に傷を持つ子供が、新しい環境の中で自分の好き勝手な事をして、それに対するお母さんの反応を見て、自分への愛情を確かめようとするのです。

例えば「もっと食べたい」と言い出したりする事があります。
子供は、これらの欲求を自分では止められません。
こんな時は、おもいっきり大量に、山盛りに目の前に積んであげるのが効果的なのだとか。

一瞬これでいいの?と思える対応ですが、満足感をくすぐるように、目に見える形にしてあげると子供に効くようです。
これを見た子供は驚いて、いくつか食べると後はもう欲しくなくなり、食べたいとは言わなくなります。

手に負えない試し行動の症状を起こした時は

b892399efac58b3cab1b86a2265bdf25_m

他にも試し行動には数々のいたずらがあります。
子供によってやる事は多少違いますが、床に飲み物や食べ物をわざとぶちまける、風呂場でくん出来た水を廊下にぶちまける、棚に入っているあらゆるものを部屋中に散らかす。

他にも、噛みつくようになる、おんぶや抱っこをずっとせがむ、出来るはずの事が急に出来なくなる(出来ないふりをしてしなくなる)、突然泣き出したり、我儘を言ったり、暴力を振るうようになるなどの行動もあります。

これをされると、親の身としては本当に辛いですよね。
でも、子供の心の底にある思いを考えてあげてここはぐっと我慢しましょう。
今が勝負です。
子供のやりたい事を存分にさせて、満足させてあげて下さい。

試し行動は、お母さんが自分の事をどのくらい受け止めてくれるのかを探る為に、わざと困らせるような事をする行動の事です。
大人の事を信じる事の出来ない子供に、よく見られます。
新しい環境に来たばかりで、すぐに大人を心から信頼するのは難しいですよね。

子供も、悪い事をしているのは分かっています。
お母さんの顔色をそっと伺いながら、アピールするかのように問題行動をするのです。
これは成長と共に自然になくなるものではなく、お母さんの愛情が確認出来るまで続きます。
甘えたがっているんだと捉えて、存分に甘えさせてあげましょう。

「試し行動」への対処法

c6c1ecc0b4f8df06f757bec30a29241a_m

1つ理解しておいて欲しいのは、試し行動は決して悪い事ではないという事です。
この経験をする事で、人間関係の作り方を学んでいるとも言えるでしょう。
成長過程の1つなのです。

これはもしかして試し行動なのかな?という気持ちでお母さんが見てあげるだけで、子供のいたずらの本当理由が見えてきます。

甘える事で、子供は心を癒す事が出来ます。
それがいたずらという行動であっても、その裏に隠れている本当の気持ちを察して受け入れてあげて下さい。

子供はお母さんが受け入れてくれれば、自分は愛されているんだと実感する事が出来ます。
親に愛されているという思いは、行動の基本になるものです。
お母さんが子供をよく観察し、どうしてその行動をしているのかを見極めて対応する事が大切です。

子供の行動が試し行動である事に気が付けないと、悪い事を繰り返す子供を見ても、つい叱ってしまい、また試し行動を誘発して悪循環に陥ってしまいます。
子供の本当の気持ちは、自分が必要とされている事を確認し安心したいのです。
その為、お母さんから怒られれば怒られる程、試し行動は酷くなる傾向があります。
悪循環を繰り返すと、親子の信頼関係が崩れてしまいます。

そうならない為にも、子供の様子をよく観察して、試し行動ではないか?と冷静に考えてみて下さい。
もしかしたら、今まで見えていなかった、子供の行動の本当の理由が分かってあげられるかもしれません。
試し行動が小さいうちに、子供との信頼をしっかり回復する事で、悪循環を断ち切りましょう。

子供は自分が愛されていると思えば、辛い事があっても乗り越えられますし、愛情はその為の元気を与えてくれます。
落ち着くまでお母さんは大変だと思いますが、子供が自分の事を心から信頼してくれる日々を手に入れる為です。
結果的に親子関係も良くなりますので、今だけだと割り切って頑張って乗り切りましょう。

精神的に限界を感じた時は

a20edad0f55755f0cfa8619763a82139_m

養子の子供が試し行動を繰り返す日々が始まってしまうと、お母さんは参ってしまいますよね。
しかし、子供の困った行動に対していちいちお母さんが感情的になってしまっては、試し行動をさらに悪化させてしまいます。
かといって、その状態を放置しても、子供は満たされる事がありませんので、試し行動は止みません。

何度話しても伝わらない時は、お母さんも悲しい気持ちになりますよね。
感情的に怒ってしまった後には、罪悪感に包まれてお母さんも辛いと思います。
そこにさらにタイミング悪く子供が追い打ちをかけて悪い事をしてくる。
その瞬間、親としてのあり方が試されています。

試し行動の裏にある思い

6264548ee27fe5d9afafbfd2770af5ec_m

子供の試し行動の裏にある思いは、ただ1つです。
「こんな僕(私)でも愛してくれる?必要としてくれる?お母さんは僕(私)を嫌っていない?」

お母さんからの愛情が、自分が何をしても変わらないものなのかを確認しているんです。
この人は信頼しても大丈夫なのかを試しているんです。
子供はお母さんの愛情を確認し、安心したくて試し行動を行います。
ですから、その行動を無視してしまうと、受け入れられていないと捉えて、信頼関係が崩れてしまいます。

精神的に限界を感じた時の対処法

0a7bf7ae7c6be8f71d72b5c1e0be97ac_m

まずは、お母さん自身が冷静になり、深呼吸しましょう。
お茶を飲んで一息入れましょう。
子供の様々な行動が気になってしまい、イライラもすると思います。

「受け入れなきゃ、でもイライラする」わかっていても板挟みになって苦しいですよね。
とりあえず、自分の気持ちが収まるまでは、子供の安全さえ確認出来ていれば、他の部屋で過ごしても良いと思います。
そして落ち着いたら、お母さんはがあなたのすべて受け入れるという事、大好きである事を伝えましょう。

その上で「悪い事ダメなのよ」と感情的にならず冷静にしっかり教えます。
子供を受け入れる事は大切ですが、物事の良し悪しは別にして考え、教えていきましょう。
子育ては思うようにならない事が多いものです。

子供がお母さんの事を困らせるような事をしたら、つい感情的に叱ってしまいがちです。
どうしてかしら?思える子供の行動も、赤ちゃん返りや試し行動なのかもしれないという見方を持っていれば、いつもとは違って見えてくるはずです。
ついつい叱ってしまいがちになりますが、なるべく受け入れてしっかり信頼関係を築いていきましょう。

まとめ

fe1e36a96b6773ba53c79b8f86b05da5_m

養子の子供の赤ちゃん返りについてまとめてみましたが、いかがでしたか?
実子に比べて、生まれてからずっと一緒にいてくれる、言葉にしなくても分かり合える信頼感がない分、難しい一面もあります。

ですが、子供の持つお母さんに愛して欲しいと思う気持ちは、みんな同じです。
お互いに理解しあい、愛されている事がわかれば、お母さんほど強い味方はいません。
今は辛い時期かもしれませんが、いつか分かり合える日が来る事を信じて今の試練を乗り越えていきましょう。
辛い時は必ず終わる時が来ます。
その時には、本当の意味での心から信頼しあえる家族になっていますよ。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER