MUGYUU!ロゴ

哺乳瓶の洗い方と電子レンジ消毒の方法は?

赤ちゃんが毎日使う哺乳瓶。抵抗力が低い赤ちゃんが使う物だからこそ、清潔に安全に使用したいですよね。
キレイに洗っているつもりでも、菌が残ってないかな?消毒出来ているかな?と不安に感じるママもいると思います。
そこで、哺乳瓶の洗い方と消毒の方法を解説したいと思います!

電子レンジ消毒の方法と手順

では、電子レンジ消毒の方法と手順をご説明します。

電子レンジ消毒は電子レンジの電磁波でケース内の水を加熱し、発生する蒸気で消毒する方法です。
100均のタッパーやジップロックなどで代用も出来ますが、ここでは専用ケースを使用した場合の手順をご説明しますね。
電子レンジのワット数・電子レンジ庫内寸法・哺乳瓶の素材によっては使用出来ない場合があるので、事前に必ず確認して下さい。

また、ケースによっては1本しか入らないもの、3本入るものなどがあります。
電子レンジ消毒の場合は消毒が終わった後はかなり熱くてやけどの恐れがあるため、冷ましてからでないと哺乳瓶が使えないので、1本用でしたら授乳した後すぐに消毒し次の授乳に備える・3本用でしたら授乳後洗って置いて後でまとめて消毒するなどの使い方が出来ます。

《電子レンジ消毒の手順》

  1. 授乳が終わった哺乳瓶を各部品に分解し、洗剤で洗浄する
  2. 流水で流してしっかりそそぐ
  3. 哺乳瓶や乳首などのパーツはばらした状態で専用ケースにセットする
  4. 指定された量の水をケースに入れて指定時間電子レンジで加熱する
  5. 消毒が終わったら、そのまま電子レンジ内でケースごと哺乳瓶を冷まし、触れる程度に冷えたら庫内から取り出す
  6. 専用ケースの場合は除菌後そのまま保管ケースになるものが多いので、授乳するまでそのまま保管する

加熱時間は?

電子レンジ消毒ケースを使用して、消毒する時に何分かかるかアンケートを取りました。
「3分」と「5分」に分かれましたが、5分と言う意見が圧倒的に多くて83.3%と言う結果になりました!

メーカー名(商品名) 加熱時間 収納数 水の量
コンビ(除菌じょ~ずα) 5分 3本 60㏄
ピジョン 電子レンジスチーム 薬液消毒ケース 5分 3本 50ml
レック Dream Collection 電子レンジ用 ほ乳びん 消毒器 3分 1本 50ml
アップリカ 赤ちゃんの気持ち 哺乳瓶消毒器 3分~5分 3本 50㏄
蝶プラ工業 電子レンジ用スチーム殺菌容器 3分 2本 50㏄~70㏄

1回で何本まで消毒出来ますか?

☆3本と答えてくれた人が75.9%とかなり高い数字になりました!
やはり、哺乳瓶は毎日使うものですし、新生児の時は哺乳瓶の使用頻度が高いので何本か哺乳瓶を使いまわしているママも多くいるようで、3本まとめて消毒出来ると言う便利さで人気なのかも知れません♪

消毒するタイミングは?

電子レンジ消毒をした後は哺乳瓶がとても熱くなっていて、やけどの危険があります。なので哺乳瓶を使う直前に消毒すると熱くて危ないですし、哺乳瓶を冷ますまでに赤ちゃんを待たせてしまう事になるので、使用後すぐに洗浄・消毒しておくと、次の授乳の時にすぐに使用出来て便利だと思います。

消毒はいつまですれば良いの?

生まれたばかりの赤ちゃんはお母さんから貰った抵抗力があり、生後6ヵ月頃までまで続くと言われています。生後3カ月頃を過ぎた頃から自分で免疫を作れるようになりますが、1歳になってもまだ大人の半分程度です。抵抗力の弱い赤ちゃんのために、1歳ぐらいまでは消毒する事をお勧めします。

また、1歳を過ぎても具合が悪くて免疫力が落ちている時や、湿気が多く雑菌が繁殖しやすい梅雨時や夏場は消毒した方が安心です。

アンケート結果まとめ

使用していたママ達の口コミを見てみましょう!

  • Pigeonのレンジ消毒ケースを使っています。メリットはとても楽に消毒ができるので助かっています。中には段もあるので乳首や哺乳瓶の蓋など小さい物はその上に置いて消毒できるので隅までしっかりできてるなと思います。
    デメリットはマグマグなど大きめの物を入れると段が入れられず、乳首や哺乳瓶の蓋など小さい物も哺乳瓶と一緒の所に入れることになってしまうのでしっかり消毒としては欠けてしまう部分が出て来てしまいます。

    kumatyan/20歳

  • Combiの「除菌じょ~ずα」を使用。中には240mlの哺乳瓶3本と、乳首や蓋など小物を入れるケースが1つ付いており簡単に使い始めることができました。電子レンジで加熱後はそのまま哺乳瓶を保管できるので、哺乳瓶の置き場にも困らず便利です。大きさもそれほど場所を取らないサイズ。ただし、加熱前に水を入れるのですが、入れ口が小さく毎回こぼれてしまうのが難点。また、電子レンジに入れる際横に倒すのですが、水が横から漏れてびちょびちょに。大雑把な性格なのであまり気にしませんが、細かいことが気になる方には不向きかもしれません。

    たけちゃんまん21/35歳

  • 深夜や手助けしてくれる人がいないときは電子レンジ消毒ケースを使いました。煮沸と同様に高温で消毒出来るので安心です。そして使った後に消毒液を洗い流す手間が掛からず、伏せて乾かしておけば良いのも便利です、ただ電気代が結構かかったように思います。

    ももちゃん/43歳

  • 電子レンジと水があればすぐ使用できるので、薬剤など買い足す必要がなく、経済的だと思います。ただ、電子レンジから出す際はかなり熱くなっているので、ヤケドに注意する事と、熱いので冷めるまでは使えないというのが難点だと思います。

    ちーさん/35歳

【メリット】
・3~5分で消毒が出来るので簡単で楽ちん。
・ミルクが足りなかった場合でもすぐに消毒して飲ませてあげられる。
・薬液や煮沸消毒よりコストも手間もかからない
・水たけで出来るので安心

【デメリット】
・消毒後は哺乳瓶がかなり熱いのでやけどしそう。
・電気代がかかる
・電子レンジがビチョビチョになる

  • 薬液の臭いが気になる人は電子レンジ消毒がおススメ!
  • コストや手間を考えるなら電子レンジ消毒がおススメ!
  • 消毒グッズと保管ケースが1個で済むのでスペースを考えるなら消毒・保管ケースが1つになる電子レンジケースがおススメ!
  • 電子レンジから出して冷まさないと使えないので、急いでいる人には電子レンジ消毒は向かない!

専用ケースを買わずに代用出来る?

赤ちゃんが生まれると、色々とお金がかかり、なるべく安く出来るものは安く済ませたいですよね。そもそも電子レンジで消毒するなら専用ケースはいらないんじゃないか?代用出来るものがあるんじゃないか?とも考えるママもいると思います。
電子レンジでの消毒方法は水蒸気の熱で殺菌するので、哺乳瓶が入る耐熱性の物で代用することが出来ます!

ジップロックでの消毒方法

外出する時や旅行の時など荷物をあまり持って行きたくないけど、消毒はしたい!と言う場合は電子レンジさえあれば、ジップロックで代用する事も可能です。
やり方は専用ケースと同じで水を適量いれて電子レンジで3~5分程度加熱するだけです。

タッパー(100均)での消毒方法

こちらもジップロック同様、耐熱の蓋つきタッパーがあれば代用できます。
その際、必ずタッパーも蓋も耐熱であることを確認して下さい!あとはそのタッパーに哺乳瓶と水を入れて電子レンジで3分~5分加熱すれば専用ケースを使わずに消毒出来ます。

洗い方のコツやポイントは?

では、早速洗い方のコツやポイントを見ていきましょう!

《洗剤で洗った方が良いの?》

ミルクには脂肪分が含まれていて、脂肪分は洗剤を使わないと落ちないので、哺乳瓶は洗剤を使って洗って下さい。
また、基本的に普段使用している食器洗い洗剤で問題はないと思いますが、出来れば優しい成分で作られている哺乳瓶専用洗剤を使うと安心です。

《スポンジは家庭用と一緒で平気?》

哺乳瓶を洗う時に、普段使っているものと一緒で良いのかな?と悩むママもいると思います。粉ミルクは栄養価が高く雑菌が繁殖しやすいため、洗い残しなどがあると哺乳瓶が雑菌だらけになっていまいます。隅々まで洗う為に、哺乳瓶専用スポンジ・乳首専用ブラシを使用することをおススメします!

《洗い方は?食洗器で洗えるの?》

哺乳瓶を使い終わって時間が経つと汚れが落ちずらくなるので、なるべくすぐに洗うようにしましょう。もしすぐに洗えない場合はぬるま湯か水に漬けて置きましょう。
また、食洗器を使って哺乳瓶を洗っている方もいるかも知れませんが、メーカーによっては哺乳瓶が洗えなかったり、ミルクの汚れが落ちない場合があるので、なるべく手で洗いましょう

《消毒方法は?》

ミルクを入れる哺乳瓶は雑菌が繁殖しやすいので、使用した後は毎回消毒しましょう!
でも、昼間は出来ても夜中の授乳の度に眠い目をこすりながらキッチンまで行き消毒するのは本当に大変ですよね。。。
そこで、1本の哺乳瓶を使いまわすのではなく、哺乳瓶を数本用意するとその都度消毒する事もなく、まとめて消毒出来ますよ♪

また、哺乳瓶の消毒方法は、鍋などに哺乳瓶を入れ3~5分沸騰させる【煮沸消毒】
専用の容器に薬液を入れ一定の時間浸けて置く【薬液消毒】
専用ケースに哺乳瓶と水をいれ電子レンジで3分~5分加熱するだけの【電子レンジ消毒】があります。哺乳瓶の素材によっては使用出来ない場合もありますし、各方法にはメリット・デメリットがあるのでご自分に合う方法で消毒して下さいね。

《乾燥はしなくちゃいけないの?》

せっかくキレイに洗浄・消毒しても哺乳瓶に水滴が付いていると雑菌が繁殖していまうので、洗浄・消毒した後は哺乳瓶専用スタンドなどでしっかり乾燥し、フタ付きのタッパーなどに保管しましょう。消毒方法によっては乾燥させず使用出来るもや、消毒ケース自体が保管ケースになっている物もあるので、確認して見て下さいね。

《外出時はどうしたら良いの?》

赤ちゃんに同じ哺乳瓶を繰り返し使って何回もミルクをあげるのは衛生的にも不安が残ります。調べて見ると哺乳瓶を3~4本持ち歩き、その都度哺乳瓶を変えて、帰ってからまとめて消毒すると言うママが多い見たいです。
持って帰ってから消毒するなんて面倒だわ!と言うママは使い捨ての哺乳瓶も売っているので参考にして見てください。
また最近はショッピングモールやデパートなど授乳室やキッズスペースが充実してる所も多くなって来たので、そう言う場所は哺乳瓶を洗う場所もありますし、電子レンジが置いてあればジップロックなど密閉出来るもので消毒も出来ますので、事前に調べて置くと安心ですね。

《洗い方の手順》

  1. 【哺乳瓶と乳首・パーツを分ける】隅々まで洗えるように、哺乳瓶と乳首部分に分けましょう
  2. 【哺乳瓶を洗う】哺乳瓶の溝や底の部分は汚れやミルクの飲み残しが残っている場合があるので、念入りに洗いましょう
  3. 【乳首を洗う】外側・内側・先端部分を洗いましょう
  4. 【すすぐ】哺乳瓶・乳首部分を洗ったら洗剤が残らないように、しっかりすすぎましよう

乳首の洗い方は?

哺乳瓶の乳首部分は赤ちゃんが直接口をつける部分なので念入りにあらいましょう。
とは言っても、小さくて洗いずらいですよね?そんな時は、乳首専用スポンジやブラシがあると便利です。
乳首専用スポンジは家庭用スポンジでは届かない乳首の先端部分まで届きますし、柔らかいシリコンを傷付けずに洗えます。
また見落としがちなのが、ミルクが出て来る穴の部分です。穴の部分はミルクのカスが溜まりやすく、カビの原因にもなります。この穴が清潔でないと、ミルクと一緒に雑菌を飲んでしまうことになりますので、専用ブラシで穴の部分も丁寧に洗いましょう。

POINT

乳首は外側・内側・先端部分を念入りに洗いましょう!

まとめ

哺乳瓶の洗い方と消毒方法を見て頂きましたが、如何でしたか?
赤ちゃんが毎日使う物なので、きちんと洗浄・消毒して安心・安全に使用してくださいね。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER