MUGYUU!ロゴ

ふかふかで気持ちいい!そんなビニールタイプのベビーバスはここに注意!

生まれてくる赤ちゃんのことを思い浮かべながら、ベビー用品を選ぶのは幸せな時間です。

でも、初めての出産となると、何が必要なのかもわからないし、どんな商品が使いやすいのかも謎だらけではないでしょうか。

そこで今回は、ベビーグッズの中でも悩むという意見が多い、ベビーバスに注目してみました。

その中で、価格の安さでも注目を集めているビニールタイプのベビーバスについて、詳しく調べてみました。

「安いから気になってたけど、すぐに破れてしまいそう…」
と、購入を迷っている方も是非参考にしてください!

ベビーバスは必要?

出産準備に必要なものとして必ず出てくるベビーバスですが、そもそも本当に必要なのかと疑問に思ったことはありませんか?

「買ったけど使わなかったよ」
「たらいのような大きな容器があれば代用できるよ」
という先輩ママの声も、気になりますね。

では、新生児の赤ちゃんにとってベビーバスはなぜ必要なのかを知っておきましょう。

生後間もない赤ちゃんは、おへそがまだ乾燥していないので、おへそから細菌感染してしまう可能性があります。

そのため、病院の許可が出るまで大人と一緒にお風呂に入ることはできません。

shutterstock_510714148

ベビーバス、もしくは代用品が必要、というわけです。

よく代用品として使われるのは、赤ちゃんが入れるサイズのたらいや、衣装ケースです。

しかし、たらいや衣装ケースなど普段使用している容器を使う場合は、雑菌が心配ですので清潔にした状態で使わなければいけません。

洗面台に直接お湯を張る場合も同じで、しっかり毎日清潔にする必要があります。

代用品にはないベビーバスの良さは、沐浴を目的として作られたものなので、ママが使いやすいように工夫されて設計されているため、負担が少ないことです。

また、衛生面でも沐浴でしか使用しないので、感染症などの心配も少なく済みます。

ベビーバスの使用期間

28234b94a27b62b8792e3a6fc798a0b1_m

ベビーバスを購入するのをためらう理由として、使用期間が短いことがあげられます。

では実際に使う期間はどれくらいなのでしょうか。

病院から大人と一緒にお風呂に入ってもいいという許可がおりるのは、だいたい退院後3~4週間後です。

つまり必ず沐浴しなければならない期間は、1ヶ月程度になります。

しかし、1ヶ月を過ぎてもママが一人でお風呂に入れなければならない場合は、沐浴の方がスムーズだと感じることが多いようです。

shutterstock_46733452

特にお風呂でぐずってしまう赤ちゃんは、ママが自分の身体を洗っている間中泣きっぱなしなんてことも考えられます。

実際に先輩ママでも、2~3ヶ月頃まで沐浴だったという方が多いんです。

しかし、赤ちゃんが大きくなってくると、さすがにベビーバスが窮屈になり、ママも支えるのがきつくなってくるので長く使っても、生後6ヶ月位まででしょう。

ベビーバスの種類と特徴

ベビーバスを選び始めると、種類の多さにびっくりするのではないでしょうか。

種類が多いと選ぶ時に悩んでしまいますよね。

そこで、ベビーバスの種類別に特徴をまとめてみましたので、選ぶ時の参考にしてみて下さい。

プラスチックタイプ

shutterstock_418462189

床置きタイプとも呼ばれる、昔ながらの定番のベビーバスです。

大きいので場所を取りますが、赤ちゃんもゆったり入れます。

丈夫なので破損したり倒れる心配もなく、ママも洗いやすいです。

折り畳みタイプ

プラスチックタイプのようなゆったり感もありながら、収納する時には折りたたんでコンパクトに片づけられる優れものです。

軽くて持ち運びも簡単です。

ビニールタイプ

5f9ec29157a8015fa3215addf9a6d2ea_m

収納する時には空気を抜けばコンパクトにたためて、低価格なところも人気のベビーバスです。

里帰りから自宅に帰るときなどの移動にも便利ですが、プラスチックタイプ程丈夫ではないので、「二人目以降も使いたい!」など、長期間の使用を考えている方には向かないかもしれませんね。

はめ込みタイプ

shutterstock_307408340

キッチンのシンクや、洗面台にはめ込んで使うことができます。

立ったまま沐浴ができるので、ママの腰などへの負担が軽減されます。

購入する際、自宅のシンクのサイズに合うか、などの注意が必要です。

マットタイプ

はめ込みタイプと同じようにシンクや洗面台に敷いて使うベビーバスです。

ビニールタイプのベビーバスについて

shutterstock_455998063

さて、ここから今回のテーマであるビニールタイプのベビーバスについて詳しく解説していきましょう。

ビニールタイプの一番の特徴は、やっぱりコンパクトに収納できるところではないでしょうか。

出産準備で、ベビーカーやベビーベッドなどの大型商品をたくさん購入していく中で、ベビーバスまで置く場所がない、というママの心を掴んでいる商品です。

プラスチックタイプに比べて安定感や丈夫さはないので、パパやおばあちゃんも沐浴を手伝ってくれるなら、家族とも何を重視して選ぶかを話し合って決めるといいかもしれませんね。

購入する前にビニールタイプのメリット、デメリットを知っておきましょう!

ビニールタイプのメリット

コンパクトに収納できるだけでなく、柔らかくてふわふわなので、赤ちゃんが沐浴中に動いて頭をぶつけても大丈夫です。

さらに、ベビーバスの中でも低価格なので、短期間しか使わないのに購入するのがもったいない、と考えているママにはうれしいですよね。

中には激安?!と思う程の価格の商品も出ています。

卒業後は夏場の水遊び用プールに使ったり、大人と一緒に入浴するようになった時に、赤ちゃんを待たせる場所として使ったり、という意見も多いので、意外と長く使えるかもしれませんね。

ビニールタイプのデメリット

デメリットはプラスチックタイプに比べて破損しやすいところです。

ビニールですので穴が空いてしまえば使えませんし、結局もう一つ買い直したなんてこともあるようです。

さらにはプラスチックタイプ程の安定感がないので、沐浴に夢中になって体重をかけたら「お湯が一気にこぼれてしまった!」なんてこともあるので、注意が必要です。

また溝が多くて洗いにくいのもデメリットです。

一生懸命洗っても、今度は乾きにくい部分にカビが生えてしまうなんてことも起こります。
新生児の赤ちゃんが使うのにカビだなんて心配ですよね…。

カビは、洗い方に注意したり、洗った後にタオルでふき取ったりすることで対処できますが、忙しい毎日に負担に感じるかもしれません。

おすすめのビニールタイプのベビーバス

ビニールタイプのベビーバスの中で、おすすめしたい商品を3点ご紹介します。

リッチェル ふかふかベビーバスW

リッチェル ふかふかベビーバスW グリーン

2,100

新生児~3ヶ月

やわらかクッションのふかふかベビーバス。

横空気層と縦空気層のW構造で、従来のビニールタイプよりも丈夫なベビーバスです。

安定感も増して、ママも赤ちゃんを支えやすくなっています。

赤ちゃんの足の間にストッパーがついているので、洗っている途中に赤ちゃんがずり落ちる心配もありません。

また、ひっかけフックもついているので簡単に干せて衛生面にも優れた商品です。

永和 ふんわりベビーバス

永和 ふんわりベビーバス パステルブルー

1,127

新生児~6ヶ月

空気で膨らませる、フワフワで赤ちゃんも安心な沐浴用バスタブです。

赤ちゃんがゆったりと入れるように、底も大きく広々しています。

ひっかけフック、水抜き栓もついていて、機能性も充実していますよ。

ビニールタイプのベビーバスの中では値段も安く設定されています。

インタイム ベビーバス

Intime インタイム ベビーバス

2,690

新生児~3歳

赤ちゃんの体にぴったりフィット。
ぶつかる心配もありません。

新生児の赤ちゃんから、なんと3歳まで使えるベビーバスです。

もちろん、ひっかけフックや大きい水抜き栓もついて、機能性もばっちりです。

足の間のストッパー、シャンプーポケットなどの便利な機能が付いているのもうれしいですね!

まとめ

ベビーバスは、赤ちゃんが生まれる前に購入しておく場合がほとんどです。

まだ実際に沐浴をしたことない時に選ぶため、どういうところに注意して選べばいいかわかりにくいですよね。

ビニールタイプは低価格なものもたくさんあり、コンパクトに収納できるので、新米ママ達にも人気があります。

実際に私もビニールタイプのベビーバスを使っていました!

千円以下のかなりお買い得な商品でしたが、一人目は生後1ヶ月、二人目は生後3ヶ月までしっかり使いました!

使ってみて、ビニールタイプにしてよかったと思いますが、できるだけ丈夫に作られているものを選んだ方がいいと感じました。

ひっかけフックもついていれば、使用後そのまま浴室に干せて、とても便利ですよね。

6d92cea88074b1ca370172b60328b1ee_m

私が購入したものはフックがついていなかったので、伏せて立てかけたりしていましたが、乾くのに時間がかかり、カビが生えないかひやひやしていた記憶があります。

プラスチックタイプのように保管場所に困ることもないので、初めて購入するベビーバスにはピッタリなのではないでしょうか。

ベビーバスの購入に迷っていたら、低価格のビニールタイプも検討してみてはいかがでしょうか?

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER