MUGYUU!ロゴ

おすすめベビーバス!ベビーバスを賢く選ぶポイントは3つだけ

赤ちゃんを迎える準備は進んでいますか?
用意するものは、たくさんありますね。

中でも、悩むことが多いのがベビーバスではないでしょうか。
先輩ママさんのブログや口コミなどで、調べている方も多いでしょう。

選ぶ基準としては、誰がどこで使うのか収納スペースはあるのか、などになります。
それらを踏まえて、お母さんが使いやすものを選びましょう。

今回は、ベビーバスの賢い選び方についてお伝えします。

なぜベビーバスは必要なの?

shutterstock_510714148

生まれたばかりの赤ちゃんは、へその緒が取れたばかりで、乾くまでは消毒が必要です。
抵抗力が弱い赤ちゃんは、細菌に感染しやすい状態なのです。

ところが、浴室や浴槽は、意外と細菌の多い場所です。
このことから、生後1ヶ月くらいの間は、大人と別にして入浴させてあげる必要があります

ベビーバスを使って、清潔なお湯で洗ってあげることで、赤ちゃんのお肌のトラブルを未然に防ぐことができるのです。

このことを「沐浴(もくよく)」ともいいますね。
沐浴のために、ベビーバスやそれに代わる物が必要とされています。

ベビーバスはいつまで使う?

これは多くの方が疑問に思うポイントです。

1ヶ月健診で、おへその乾き具合や、成長具合などをチェックしてもらいますね。
そこで先生からOKが出たら、大人と一緒にお風呂に入ることができるようになっていきます。
おへそが乾いて、細菌に感染する可能性が少なくなってから、普通のお風呂に入れてあげましょう。

shutterstock_412822777

ただし、その判断も、お母さんによってさまざまです。
私は、赤ちゃんの首が座るまでは一緒に入るのが不安だったので、3ヶ月くらいになるまでベビーバスで入れていました。

時間帯も、午後3時~4時くらいに入れていたので、自分がお風呂に入るタイミングと違っていたこともあります。
先に赤ちゃんをベビーバスで入れておいて、夜に赤ちゃんが眠ったら急いで自分がお風呂に入る、という生活をしていました。

小さなビニールタイプのベビーバスなら、自分がお風呂に入りながら、赤ちゃんをベビーバスに入れて見ていてあげることもできますね。

ベビーバス選びを悩む理由

ベビーバスを買うか、どうするか、迷われる方も多いのではないでしょうか。
すごく高価なものではないけれど、使う期間が短い場合が多い、不要になった場合の置き場所に困る、などが悩む理由でしょう。

shutterstock_90428353

最初にも触れましたが、ベビーバスを選ぶときは、どこで誰が入れるのか、置き場所はあるのか、などがポイントになってきます。

私は2人子供がいますが、1人目は床置きタイプのベビーバスを使いました。
2人目は、実家が引っ越して洗面台が広くなったこともあって、洗面所で沐浴させました。

短い期間しか使わないベビーバスですから、購入を迷うのも無理はないと思います。
でも、赤ちゃんを清潔にしてあげるのが目的ですから、必要な場合は購入を検討されるといいでしょう。

プラスチックのしっかりしたものから、ビニールを空気で膨らませるタイプのもの、シート状のものまでいろいろありますので、必要に合わせて選ぶようにしましょう。

ベビーバスの入手方法

ベビーバスを手に入れるにも色々な方法がありますので、ご紹介します。

購入する

赤ちゃん用品のお店や、インターネットで、気軽になんでも購入できる時代です。
必要に応じて情報収集ができますから、自分にとって必要なベビーバスが買えますね。
新しいもの、最新のものが選べるというメリットもあります。

898edacfb8a7c8f5c091854e06c4ba23_m

利用期間が短い、すぐに使わなくなると荷物になってしまう、というデメリットもあります。
そんな時は、空気を抜けば小さくたためるビニールタイプやシートタイプのものを選ぶといいでしょう。

2人目、3人目を考えているのなら、購入したほうが安くつく場合もありますね。

レンタルする

shutterstock_418462189

購入することを選ぶ一方で、レンタルすることを選ぶ人も多いのではないでしょうか。
必要なものを必要な期間だけ借りることができるレンタルは、とても便利なものです。

使わなくなったら返せばいいのですから、場所も取りません。
しかし一方で、たくさんの人に使われてきたベビーバス、それを使うことに抵抗がある人もいます。

また、子どもは1人とは限りませんよね。
2人目、3人目が産まれたら、また借りなければいけません。
結果的に買うよりも高くついてしまうことがある、というデメリットも考えなければいけません。

リサイクル品を利用する

リサイクルショップでもベビーバスはよく見かけます。
こういったものを利用してみるのもいいかもしれません。

安いものだど数百円から手に入りますし、レンタルに比べれば使用された期間や頻度も、そう多くはないかもしれません。
きれいなものが安く売られていることもあります。

shutterstock_546333817

ただし、中古品なのでどのように扱われてきたのかがわからないことや、自分の希望条件に合っていなくても、妥協しなくてはいけないケースもあります。

中古品を探してから、使いやすさやデザインなどを求めて新品の購入を検討しても、遅くはないかもしれませんね。

代用品を利用する

先にも触れましたが、洗面台で代用できる場合もあります。
最近のマンションや戸建て住宅は、洗面台が広いお宅が多いです。

新生児なら余裕で沐浴できるサイズの洗面台を備えている家も、少なくありません。

わずかな期間だけですから、こういった場所を利用するのもいいでしょう。
その他、大き目のたらいや衣装ケースを利用する人もいます。

shutterstock_479014156

ベビーバスの種類と特徴

ベビーバスのタイプ別に、その特徴をみていきましょう。

床置きタイプ

shutterstock_525397495

プラスチック製の、直に床に置いて使うタイプのベビーバスです。
浴室が寒ければリビングにバスマットを敷いて、その上に乗せて使うこともできます。

取り外し可能な、頭を乗せる台がついている物や、お母さんの腕を乗せる場所があるタイプもあります。
大き目で頑丈、安定感があるのが特徴です。

栓がついているものを選べば、お湯を抜くのも簡単なのでおすすめです。

ただし、場所をとりますので、使い終わった後にしまっておく場所を確保する必要があります。

また、かがんだ状態で沐浴をすることになりますので、足腰が痛くなってしまいがちなのがデメリットかもしれません。

シンクタイプ

こちらは、洗面台やキッチンのシンクにはめ込んで使うタイプです。
柔らかく、ふわふわで赤ちゃんをしっかり包んでくれるので、安心して沐浴させてあげることができます。

また、洗面所やシンクで使えるので、お母さんの腰への負担が少ないのは、大きなメリットといえるでしょう。

shutterstock_322856486

ベビーバスとして使った後も、マットとして使うことができるので、しまう場所を考えなくていいのも嬉しいですね。
ただし、使う場所のサイズに合わせて買わなければいけないので、しっかりサイズを測ってから購入するようにしてください。

マットタイプ

マットタイプのベビーバスも、シンクや洗面台にはめ込んで使うタイプになります。
メッシュ素材のものが多く、水を良く通すのが特徴です。

こちらも、お母さんがかかまないで沐浴させてあげることができるので、腰への負担がありません。

赤ちゃんを柔らかく包み込んでくれるので、赤ちゃんは洗面台の冷たさや固さを感じることもありません。
ふわふわのマットは、赤ちゃんのお肌を守るのにぴったりです。

c36e702faaa6817b9fde490986c23775_m

また、収納性も良いです。
たためばスペースも取りませんし、使い終わったらすぐに干せば、水切れもいいのですぐに乾きます。

ビニールタイプ

f5a7de6c774f32066a05ac19b4389992_m

こちらは、プラスチックのベビーバスと同じように使うことができますが、ビニールプールのように空気を入れて膨らませて使います。

軽くて持ち運びも簡単で、小型のタイプが多いのが特徴です。
お風呂場でも、リビングでも使えます。

肌触りもふかふかとしていて、赤ちゃんのお肌に当たっても安心ですし、必要なくなれば空気を抜いてぺたんこになりますので、収納に困ることもありません。

ただし、ビニールなので、空気を入れすぎたり、穴があきやすかったり、経年劣化の影響を受けやすいなど、耐久性が低いのがデメリットかもしれません。

タイプ別おすすめベビーバス

これまでご紹介してきた各タイプから、おすすめのベビーバスをご紹介します。

ミッフィー ワン・ツーバス(リッチェル)

リッチェル ミッフィー ワン・ツーバス

2,627

新生児から

ヘッドサポート付きで新米パパ&ママでもラクチン。
場所をとらないコンパクトサイズです。
シンクでも使え、給湯・排水がラクにできます。

床置きタイプのおすすめです。
頭を置くためのヘッドサポートもついていて、背もたれには程よい傾斜もついており、使った後のお湯を抜くのに便利な栓もついています。

沐浴後のお湯を捨てるのは結構な重労働ですが、このタイプは栓がついているので、お風呂で沐浴すれば簡単にお湯を捨てることができます。
また、コンパクトサイズなのでそれほど場所も取りません。

ブルーミングバス(リトルプリンセス)

リトルプリンセス(Little Princess) Blooming bath ブルーミングバス カナリアイエロー

3,182

新生児~

かわいいカラフルなお花が咲いた様なデザインの沐浴マットです。
新生児時期の沐浴は、立って入浴させてあげるスタイルがラクですが、シンクに敷くタイプの沐浴マットは、薄く安定させることが難しいこともしばしばです。

ブルーミングバスは厚みがあるしっかりした素材で、ベビーをやさしく包みこみ、クッション性も抜群です。

シンクタイプのおすすめです。
ひまわりのような花のデザインの、可愛らしいシンクタイプのベビーバスになります。
厚みもしっかりあるので、安定感もありますし、クッション性も抜群です。

安心して赤ちゃんを沐浴させてあげることができますね。
ベビーバスとしての役割が終わっても、オムツ変え用のマットなどとしてお部屋で使うことができます。

安心やわらか沐浴マット(赤ん坊カンパニー)

赤ん坊カンパニー 安心・やわらか沐浴マット

1,880円

新生児~

洗面台が沐浴バスに早変わり!
お風呂のベビーマット、おでかけのマットにも使用可能。

透水性スポンジ使用なので、脱水機にかければスピード乾燥。
いつも清潔使用いただけます。

マットタイプのおすすめです。
メッシュ素材で作られている沐浴マットです。
メッシュなので通気性もよく、水も良く通します。
柔らかく、シンクや洗面台の形やサイズを選びません。
もちろん、赤ちゃんの体にも優しくフィット。
沐浴が終わったら簡単に干すことができますし、折りたためば保管に場所も取りません。
赤ちゃんと一緒にお風呂にはいれるようになったら、バスマットやお昼寝マットとして使ってもいいですよ。

ふかふかベビーバスW(リッチェル)

リッチェル ふかふかベビーバスW グリーン

2,100

新生児~3ヶ月頃まで

赤ちゃんにやさしいやわらかクッションのふかふかベビーバスです。
バスネットを使わなくてもOK!
ママの腕をやさしくサポート!
縁が丈夫なので、腕をのせてもつぶれにくく安心です。

ビニールタイプのおすすめです。
空気を入れて、小型プールのように膨らませて使うタイプのベビーバスです。
滑らないように、段がいくつもついていますし、クッション性も抜群なので、赤ちゃんのお肌をしっかり守ってくれます。

股のところに、ズレ防止の工夫もされているので、赤ちゃんが潜ってしまう心配もありません。
使い終わったらフックを使って風通しの良いところにかけておけば、簡単に乾かすことができます。

ベビーバスを卒業したら

ベビーバスを使う時期が終わったら、どうしましょうか。

ご出産の予定があるなら、ぜひそのままとっておきましょう。
予定がないなら、他の人に譲ってもいいし、リサイクルに出してもいいでしょう。

shutterstock_506764030

私の家では、2歳くらいまで子供用のプール代わりに使いました。
また、洗濯をするのに大きなバケツ代わりにも使っていました。

子どもは洋服を汚す天才ですから、洗い物は山のように出ます。
その中でも手洗いが必要な、食品汚れや泥汚れなどもたくさん。
これらの汚れ物をまとめて洗うのに、ベビーバスはとても役立ちました。

最終的には、ベビーバスはカメを飼う水槽になりましたよ。

まとめ

shutterstock_453438793

お母さんと赤ちゃんの状況、家の構造、家庭の環境によって、必要なベビーバスは変わってきます。

私はプラスチックの床置きタイプを使いましたが、栓がついていてお湯が抜きやすく、頭を支えるヘッドサポートも2段階でついていたので、長く使うことができました。
それに、ベビーバスとしての役割が終わった後も、いろいろと活躍してくれました。

ベビーバスとして使う期間は短くても、そのあとにいろいろな役割で使うことのできるマットタイプなども便利ですよ。
いろんな口コミや経験談をご参考に、選んでくださいね。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER