MUGYUU!ロゴ

プレママ必見!ベビーバスのレンタルは本当にお得なの?

そろそろ出産の準備をしようとしているプレママさん。
準備するものはたくさんありますよね。

その中でも、みんなが購入を迷うのが、ベビーバスだと思います。

使う期間も短いし、置く場所もいる。
レンタル期間が長くなると、結局購入するのと変わらない?!
結局、購入したほうがいいのか、レンタルしたほうがいいのか。

そんな悩みを持つプレママさんに、ベビーバスのレンタルについてご紹介します。

ベビーバスは絶対必要?

産まれたばかりの赤ちゃんに、ベビーバスを使うのはなぜだか、ご存知ですか?

shutterstock_510714148

赤ちゃんのへその緒は自然に取れますが、退院後もまだ消毒が必要な状態です。
でも、新生児は雑菌に弱く、抵抗力もありません。
そして、お風呂は意外と雑菌が多いもの。

新生児を大人と一緒にお風呂に入れてしまうと、おへそから雑菌が入ってしまい、腫れてしまったりすることもあるんです。

絶対にベビーバスが必要なのかというと、絶対という訳ではありません。

広い洗面台やお風呂に、赤ちゃん1人を入れてあげることさえできれば、なくても大丈夫だったりします。

ただ、それができるご家庭はそんなに多くはありません。

赤ちゃん一人を大きな浴槽に入れるのも、泡で手が滑ったりしたら怖いので中々できませんよね。

我が家は2人子供がいますが、1人目は実家でもベビーバスを使い、1ヶ月の里帰りが終わってもしばらくは使っていました。

2人目は実家が引っ越して洗面台が広くなったので、里帰りの間だけ洗面台で入れていました。

里帰りが終わり家に戻ったのが、1ヶ月検診の後だったので2人目の時は結局ベビーバスは使いませんでした。

ところで、ベビーバスは一般的に、いつ頃まで使うのでしょうか。

ベビーバスの使用期間

ベビーバスは基本的に、「新生児」と呼ばれる生後1ヶ月くらいを目安に使います。

前にも触れましたが、赤ちゃんは雑菌に弱く、抵抗力も弱い存在です。

お風呂は意外と雑菌が多いので、雑菌に触れさせないようにするためにも、ベビーバスを使う必要があるのです。

shutterstock_340094927

へその緒が取れ、きれいに乾けば消毒の必要がなくなりますね。

1ヶ月検診で先生に「もう大人と一緒に入っても大丈夫ですよ」と言われるくらいまでは、ベビーバスで沐浴させてあげるようにしましょう。

それ以降は、大人と一緒にお風呂に入っても大丈夫です。

我が家の場合、首が座るまでは一緒に入るのが怖かったので、3ヶ月くらいまではベビーバスを使っていました。

赤ちゃんが大きくなってくると、サイズ的にベビーバスだと入れにくくなりますから、お母さんと一緒にお風呂デビューしてもいいですね。

ベビーバスは買うものか、レンタルするものか、迷う方も多いですよね。
次はそのことについて触れたいと思います。

ベビーバスのレンタルについて

ベビーバスをレンタルすることを考えるママさんも多いと思います。

そこで、レンタルについてのメリットとデメリットをご紹介します。

レンタルのメリット

まずはレンタルによるメリットをみてみましょう。

必要な時だけに使える

shutterstock_446210572

レンタルは、必要なときだけ使えるのが一番のメリットですね。

実家の里帰りに新幹線で移動するような場合、ベビーバスは大荷物になります。

かさばるので、送るのも大変ですよね。

実家にいるときだけベビーバスを借りて、帰るときに返してしまえば楽ですよ。

もし家に戻ってからもベビーバスを使いたければ、またレンタルしてもいいでしょう。

置き場所を考えずに済む

shutterstock_418462189

赤ちゃん用とはいえベビーバスは結構大きいですから、置く場所の確保が必要です。

置き場所を考えなくていいのも、レンタルのメリットといえるでしょう。

使わなくなってゴミとして出すにしても、大きさによってはお金がかかる場合もあります。

自分で処分する必要がないのもメリットかも知れませんね。

レンタルのデメリット

次にレンタルのデメリットについてみてみましょう。

種類が限られてしまう

買う場合に比べて種類が少ないのは、レンタルのデメリットといえるかもしれません。

好みのタイプのベビーバスを探していても、希望のものが貸し出し中で、欲しい時期に借りることができなかったりすることもあります。

その場合は、他のタイプを選ぶしかありませんね。

手続きが面倒

42aef1ba0c1fd49ee69bd4d65208bc54_m

レンタルするには、探す、注文する、受け取る、返却する、などの手続きが必要になります。

産後で寝不足、赤ちゃんのお世話で手いっぱいの状態での手続きは面倒ですよね。

こういった点もデメリットかもしれません。

料金が買うより高くついてしまうことも

7a239331bf709d449914061a869d1fd8_m

レンタルだからといって、必ずしも購入するよりも安くなるというわけではありません。

借りる期間が長くなったり、複数回借りたりする場合は、かえって料金が高くついてしまうこともあります。

2人以上子どもを産むことを考えているのなら、買った方が安く済むかもしれませんね。

ベビーバスのレンタル業者を選ぶポイント

レンタル業者を選ぶときにインターネットを参考にする方も多いと思います。

もちろん、店舗を構えていてものを見て選ぶことのできる業者もあります。

その時、どこを見て借りる業者を選んだらよいのでしょうか?

品揃え

f5a7de6c774f32066a05ac19b4389992_m

ベビーバスといっても、タイプが何種類かあります。

赤ちゃんを入れるのに、使いやすいものを扱っているところを選びたいものですね。

種類を豊富に扱っている業者なら、その分選択肢も広がるので、おすすめです。

料金

898edacfb8a7c8f5c091854e06c4ba23_m

レンタルは料金も重要になってきますね。

一般的に1ヶ月で1000円から2000円くらいのところが多いようです。

レンタル期間は、1週間単位や1ヶ月単位と、業者によってさまざまです。

安いと思ったら、レンタル期間が長かった、というケースもあるので注意が必要です。

借りることで割高になったり、もう使わないのに返却まで家に保管しておかなければならなかったり。

これでは、せっかくのレンタルのメリットが生かせませんよね。

b11cfdc0b0760219797509d2031290ea_m

中には、長く借りれば、その分割引率が高くなる業者もあります。

例えばダスキンだと、基本料金1ヶ月972円、3ヶ月だと20%オフになります。

借りる期間が長くなりそうなら、割引率の高い業者を選ぶなど、自分の利用したい期間と料金を合わせて考えて選ぶのも、レンタル会社を選ぶポイントですね。

予約方法

2e55f531120c557ba37a6d2d3aa85d30_m

予約方法は、ホームページから商品を選択して選んだり、直接店舗を訪れて、実際に借りるものを見てから選ぶ方法があります。

店舗に行って直接借りれば、品物をよく見ることができるし、送料もかからないのでおすすめです。

その際に、どのくらいの期間借りるのか、いつから借りたいのかをきちんと把握しておくことが大切です。

商品の選び方

shutterstock_90428353

シンクにはめるタイプのもの、床に置くタイプ、高さのあるタイプ、いろいろな種類のベビーバスがあります。

私がおすすめするのは、プラスチック製で、お湯を抜く栓がついているタイプです。

さらにヘッドサポート、お尻ストッパーもついているタイプがおすすめです。

希望のものが見つかったら、いつから借りることができるのかを是非チェックしておきましょう。

期間の変更

赤ちゃんが予定日より早く生まれたり、急に帝王切開になったりして、予定よりも早くベビーバスが必要になることがあります。

また、1ヶ月の予定で借りたけれどもう少し長く使いたいと思うかもしれません。

28234b94a27b62b8792e3a6fc798a0b1_m

そんなときは、レンタル期間の変更ができると便利ですよね。

電話1本でレンタル期間を変更または延長できるところもありますので、借りるときにそこのところも確認しておきましょう。

次の予約が入っていると、延長できないこともありますので注意してくださいね。

ちなみに、予定より早く返却しても基本的にはレンタル料が戻ってくることはありませんので、早めに返すときは1度お店に確認するといいでしょう。

貸出、返却の配送方法

配送方法も業者によってまちまちです。

ヤマトなどの一般の宅配サービスを使うところもありますし、独自のシステムで貸出、返却を行うところもあります。

45a674620d598c13e112967956c57ae8_m

また、店舗型の業者だと、スタッフが取りに来てくれる場合もあります。

一番安くすむのは、自分で持っていくことですが、それができないときは、受取や返却がしやすいどうかを確認することも大切です。

破損などの賠償

5f7379ba2228551dd75e088c7fdfeade_m

普通に使用していて、ベビーバスが壊れてしまうことはまずないと思いますが、たくさんの人が利用しているものですから、万が一ということもあります。

もし壊れてしまったときは、まず一番に業者に連絡することが大切です。

一般的に不注意での破損、紛失などの場合は弁償が必要になることが多いようです。

修理代、紛失料、実費、ケースはさまざまですが、それぞれ規定がありますので、確認するようにしましょう。

キャンセル料について

ベビーバスを予約したけれど、急に必要がなくなる場合があります。

それは、お祝いやおさがりでベビーバスをいただいたときや、ご近所やお友達から借りることができたときなどです。

先ほどご紹介したダスキンでは、キャンセル料はとらない規定になっていますが、中にはキャンセル料が必要になる業者もありますので、事前に確認が必要です。

また、早すぎる予約にも注意が必要ですね。

レンタル以外の入手方法

shutterstock_479014156

レンタルする以外にも、市販のものを購入したり、大きな洗面器や衣装ケースなど、代わりに使えそうなものがあれば、そういったものを使うのもいいでしょう。

また、先に紹介しましたが、洗面台が大きなお宅なら、そこを使うこともできますね。

まとめ

shutterstock_267455333

ベビーバスも進化しています。

以前はプラスチック製の床置きタイプしかなかったのが、今はビニールプールのように膨らませて使うもの、家庭のシンクや洗面台にはめ込んで使うタイプなど、いろいろなものがあります。

もちろん、レンタルにもそういった商品を取り扱っているところはあります。

ベビーバスを選ぶときのポイントは
・誰が使うのか
・どこで使うのかです。
レンタルの場合は金額も重要なポイントですね。

あなたのスタイルにあったベビーバスを見つけるためにも、リサーチは大切です。

早めにしっかり調べて、良いものを見つけられるといいですね。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER