MUGYUU!ロゴ

ベビーバスの代用には不向き?!ベビーバスとしての洗面台使い方まとめ

ベビーバスといえば、プラスチックタイプかビニールタイプかで悩むママが多いのではないでしょうか?

しかし、もう一つ、とっても便利といわれているのが洗面台での沐浴です。

最近のおうちは洗面台が大きく、新生児の赤ちゃんの沐浴が十分できるものが多くなっています。

わざわざ、ベビーバスを購入しなくても洗面台でできるなら経済的にも助かります。

しかし、毎日大人が使っている洗面台は衛生的に問題がないか心配ですよね。

毎日消毒するならかえって手間がかかるのでは?
など疑問点も多いので、洗面台での沐浴について詳しく解説します。

なぜベビーバスは必要なの?

shutterstock_510714148

新生児の赤ちゃんのお世話の中でも、沐浴はママがちゃんとできるかとても不安になることの一つですよね。

沐浴って難しそうだと感じるかもしれませんが、まだ新生児の赤ちゃんは、大人と別の清潔なお風呂に入れてあげる必要があります。

「1ヶ月もたてば大人と一緒に入れるなら、最初から一緒に入っても大丈夫なんじゃないの?」と思うかもしれませんが、生まれて間もない赤ちゃんのおへそはまだ乾燥していなくて、じゅくじゅくしています。

そこから細菌が感染する可能性がある、という訳なんです。

まだまだ免疫力のない赤ちゃんですから、面倒でも病院の許可が下りるまでは沐浴をさせてあげたいですね。

しかし、代用品があるのなら絶対にベビーバスを準備しないといけない訳ではありません。

shutterstock_503283805

大きなたらいや衣装ケースで代用している方もたくさんいます。

洗面台もベビーバスの代わりになりますね。

どんなベビーバスでも、衛生面に気を付けて赤ちゃんもママも使いやすいものを選ぶようにしましょう。

ベビーバス選び…悩む理由

shutterstock_501262411

ベビーバスの種類を決めて、購入するまでには結構時間がかかる、というママが多いんです。
その理由としては、そもそもベビーバスって必要なのかという疑問があるからではないでしょうか。

ベビーバスの購入をためらう理由には以下のようなものがあります。

●ほんの1ヶ月程しか使わないので、もったいない。
●使い終わった後に保管する場所がない。
●大きなたらいや衣装ケースと差がないのでは?

このような理由があげられます。

ほんの1ヶ月程度しか使わず、使い終わったら収納スペースを取られると思うと買うのをためらってしまいますよね。

ちょうどいい代用品があればいいのですが、どんなものが代用品に向いているのかをみていきましょう。

ベビーバスの代用品

shutterstock_479014156

ベビーバスの代用品としてよく例にあがるのが、たらいと衣装ケースです。

最近はたらいが家にないという方も多いと思いますが、お母さんやおばあちゃんに聞いてみるとあるかもしれませんよ!

生まれたての赤ちゃんなら、そこまで特大のたらいじゃなくても沐浴に使うことができます。

もう一つ代用品としてよく使われるのが、衣装ケースです。

大きさ的にはちょうどよく、家にあることが多い衣装ケースですが角があり沐浴しにくいと感じるママもいます。

他にも、大きめのバケツで赤ちゃんのお尻を底に付けた状態で入れることもできますが、まだ首が座っていないと支えるのが難しいかもしれませんね。

代用品でも沐浴はできますが、本来違う目的で使うものなので、ベビーバスほど使い心地がいいということはありません。

ほんの1ヶ月程度だし、代用品で十分というママと、初めての沐浴は不安でいっぱいだし、ベビーバスで安心して沐浴したいと思うママとで、意見が分かれそうですね。

ベビーバスを洗面台で代用するメリットとデメリット

shutterstock_549871072

洗面台で沐浴できるなら収納場所もいらないし、お湯をためるのも楽そうなのでやってみたいですよね。

しかし、ベビーバスを使わずに洗面台で沐浴するデメリットはないのか気になるところです。

洗面台を使った沐浴のメリットとデメリットについてみてみましょう。

洗面台沐浴のメリット

8271e82cd2960e42fb82886f4d0099b7_m

洗面台は大人が使うのに楽な高さに作られているので、沐浴をするのも立ったままできて、腰への負担が軽く済みます。

また、ベビーバスは沐浴をしている間にお湯が冷めてしまいますが、洗面台だったら蛇口からいつでもお湯を足すことかできます。

お湯を捨てるときもとっても楽ですよね。

洗面台は固いので、赤ちゃんが動いたときに頭や手足を打ったら痛そう、と心配な場合は、洗面台に敷くことができる沐浴用のマットをおすすめします。

赤ちゃんのお風呂タイムがより快適になりそうですね!

洗面台沐浴のデメリット

洗面台で沐浴をするデメリットは、家族がみんなで使う洗面台を、沐浴をするときには清潔に保たなければならないことです。

9bd6dd6bc6775eca92cbcfd092f70897_m

朝歯磨きや洗顔をした後に、洗剤などでしっかり洗ってよく拭き取り、乾燥させておくのはけっこう面倒ですよね。

日中でも手洗いや洗濯物のつけ置きなどに洗面台を使いたい、と思っても、沐浴のためにきれいにした後だと、使うのをためらってしまいそうです。

その点では、沐浴だけのために使うベビーバスの方が楽に感じるでしょう。

うちの洗面台は使える?

d852fc72d8572bbbff1367b0a5cdf75b_m

洗面台で沐浴したいと思っても、
「うちの洗面台は小さいし無理かな?」
「蛇口がシャワータイプじゃないけどできる?」
など、ご家庭によって心配もあるのではないでしょうか。

最近のご家庭では、大きな洗面台が設置されていることが多く、カーブもゆるやかで沐浴にも使いやすい形が多いです。

しかし、小さな洗面台で、赤ちゃんを入れるには窮屈な場合は、ベビーバスを準備した方がいいかもしれません。
赤ちゃんが頭をぶつけてけがをしてしまったら大変ですしね。

cc81631933a58fe6475868d3a9c33c8e_m

蛇口もシャワータイプがついていると仕上げのあがり湯もとても楽ですが、ついていなくても小さなコップなどであがり湯もできます。

ある程度のスペースがあればどんなタイプの洗面台でも沐浴は可能です。
自宅の洗面台で、一度イメージトレーニングをしてみましょう。

具体的なやり方

では、イメージしやすいように、洗面台での沐浴の手順を具体的に見ていきましょう。

準備

沐浴は始まってしまうと手が離せなくなるので、事前の準備は大切です。
しっかりチェックしましょう。

d35f9a538272c8f930e139e4ed9d6ea2_m

洗面台を洗う

沐浴する前に、洗面台を洗剤などできれいに洗いましょう。
しっかりすすいで、よく拭き取って完全に乾燥させておきます。

家族の生活リズムに合わせて、毎日の赤ちゃんの沐浴の時間も決めておくと、洗面台の掃除をしておくタイミングが掴みやすいですね。

洗面台は洗うだけで消毒はしないという方もいますが、気になる場合はドラッグストアなどで売っている逆性せっけん液でも消毒可能です。

eaf7274f03eade8e41dceacd7d4b90e7_m

お風呂用洗剤を使う場合は、しっかり洗い流さなければいけませんが、もし流しきれていなかったら大変ですので、おすすめできません。

沐浴用のマットなどを使う場合も、毎日洗ってしっかり乾燥させておきましょう。

沐浴用品の用意

ガーゼや石鹼など、沐浴に必要なものはひとまとめにして、洗面台の近くに保管しておくと便利です。

洗面台の上に物がたくさん置いてあると沐浴中に赤ちゃんに落ちてきては大変ですので気をつけましょう。

温度調節

341b305fdfd80bd1b64939a2cd880289_m

そして、赤ちゃんを入れる前には洗面所の室温が寒すぎたり熱すぎたりしないか確認しておきます。

着替えの準備

shutterstock_530060269

沐浴が終わったらすぐに洋服を着ることができるように、バスタオルや洋服も広げてセッティングしておきましょう。

沐浴

ベビーバスの種類が違っても、沐浴の手順は概ね同じです。

  1. 赤ちゃんを入れる前に必ずお湯の温度を確認します。
  2. 赤ちゃんの体に沐浴布をかけて、頭をしっかり支えてゆっくりお湯に入れてあげましょう。
  3. 清潔なガーゼで、顔から順番に丁寧に洗っていきます。
  4. お湯がぬるくなった場合は、洗面台の蛇口から足し湯をします。
  5. シャワータイプの蛇口ならそのまま体にシャワーをかけます。
    普通の蛇口でも、コップなどにお湯を入れて最後にかけてあげましょう。

沐浴後

shutterstock_322856486

素早くバスタオルで体を拭きます。

赤ちゃんがぐずっていると焦ってしまいますが、肌トラブルの原因になるのでわきの下や首など隅々までしっかり拭きましょう。

素早く服を着させます。

片づけ

08326e0d12a86355d16070842d187014_s

洗面台は簡単にお湯を抜くことができるので楽に片付くができます。

湯垢や石鹸カスが残らないようにお湯が抜けた後はスポンジなどで汚れを落としておきましょう。

沐浴用のマットも洗って干しておきます。
 
慣れるまでは大変ですが、手順が頭に入ればスムーズに進められるようになります。
しかし、予想できないことが起こるのが子育てです。

沐浴中のトラブルでママを困らせるのが、沐浴中のうんちです。

洗面台の場合は簡単にお湯を抜くことができるので、うんちが出てしまったらお湯を抜いてシャワーで体についた汚れを流してあげましょう。

洗面台で沐浴させるときにあると便利なもの

9869260ce6920c13c2fc78ef2adee9d0_m

洗面台で沐浴をするときにあれば便利なものをご紹介します。

  1. 沐浴マット
    洗面台は固いのでスポンジ素材の柔らかい沐浴マットがあれば安心して洗ってあげられます。
  2. 小さな洗面器やカップ
    上がり湯をかけるために小さな洗面器やカップもあると便利ですよ。
  3. 温度計
    洗面台は冷たくてお湯が冷めるのも早いので温度計もあるといいでしょう。

まとめ

洗面台での沐浴は実践したいと思いながら、初めての出産では慎重にベビーバスを選んだという方が多いようです。

家族みんなで使っている洗面台で、まだ免疫力のない赤ちゃんの沐浴をしちゃってもいいのか、心配になりますよね。

しかし、ちゃんと清潔にしていれば問題ありませんし、沐浴マットを敷けばベビーバスと変わらない、快適な沐浴ができますよ。

ママ以外にパパやおばあちゃんが沐浴をしてくれる場合も洗面台での沐浴がいいといわれる方が多いみたいですよ!

ベビーバスの置き場所に困ると悩んでるなら、洗面台での沐浴を考えてみてはいかがでしょうか。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER