MUGYUU!ロゴ

こんな物にもなっちゃいます!ベビーベッドのリメイクで使用後も有効活用!

ベビーベッド、最近使っていますか?
赤ちゃんの頃は毎日使っていたけれど、子供が1歳も過ぎてくると、お母さんと同じ布団で一緒に眠るようになりますよね。

だんだんとベビーベッドを使う機会も少なくなってくるのではないでしょうか?

思い出のあるベビーベッドをリメイクして、これからもずっと使ってみませんか?
今回はベビーベッドのリメイク法をご紹介します。

ベビーベッドを使ったリメイク法

9b38472eaa1da9f63398df20deb1bca5_m

簡単でおすすめなのは、ベビーベッドの柵の部分を使ったゲートです。
蝶つがいを取り付けて、キッチンに取り付けたらベビーゲートの完成です。

ロックも、市販のフックを活用すれば簡単に作れます。
他にも、柵の長い部分を外して壁に立てかければ、タオルかけの完成。

子供がいるとタオルをたくさん使いますよね。
子供の手の届く所にタオルを置いてあげたいときや「これはあなたのタオルよ」と自分のタオルを使わせたい時に便利です。

他にも、100均のフックをたくさん取り付けて、お母さんのアクセサリースタンドにしても良いですね。

女の子なら、お母さんと一緒にアクセサリーを飾っても楽しいですよ。
他にも、蝶つがいで長い柵2つをくっつけてしまって、ハンガーラックにしても良いですし、帽子掛けなどにも利用出来ます。

壁沿いに立てて使えば、場所も取らないので便利ですよ。
冬にアウターや帽子、手袋などの小物をかけて置く一時置き場としても使えます。

手の込んだリメイク方法

984340f8d27afa03552c307358d45461_m

後は少し手のこんだリメイクとして、子ども用の机や棚、ままごとラックに作り変えてしまう事も出来ます。

子供用の机は、座る位置の柵を取り外し、ベッドマットも外して、そこに天板を取り付けるだけと簡単です。

天板に黒板塗料を塗って、チョークで好きな時にお絵かき出来るようにしてあげると、お子さんも楽しいですよね。

柵の所に、クレヨンや色鉛筆を立てる箱、折り紙入れなどを取り付けたり、コルクボードを取り付けて出来た作品を貼りつけて飾ってあげたりするのも良いですよ。

子供用のおもちゃ

79380a9b479d8234bfb123d8630ba6b9_m

棚にするなら、お子さん用のおもちゃ棚がおすすめです。
ベッドマットは布でくるんで可愛くして、上にぬいぐるみなどのおもちゃを乗せる棚にします。

そして、足元はお店でキャスター付きのボックスを買ってきて、中に入れるだけ。
丁度いいサイズがなければ、板とキャスターを買ってきて自作しても良いと思います。

おもちゃ箱があれば、お片付けも勉強出来ますし、家の中もすっきり片付いて一石二鳥です。

ままごとラックはベッドをそのまま使う方法と分解して作り変える方法がありますが、どちらも作り甲斐があるので、作っていても楽しいですよ。

そのまま使用

そのまま使う場合は、ベッドの形を活かして、真ん中をくりぬく形に天板を切るか、すのこ上になっているなら全部外して新たに板を取り付けます。

短い方の柵はそのままフックを取り付ければ、お鍋やフライ返しなどを吊り下げる事が出来ます。
黒板を取り付けてもカフェっぽくなってオシャレになりますね。

長い方の柵は下に下せるタイプなら下ろすだけでOK。
下ろせないタイプなら、取り外して棚の下の段にくっつけてしまいましょう。

足代わりになるので、しっかり支えてくれます。

せっかくのキッチンですから、ボウルを1つ用意して、天板の一部を丸くくりぬいて、シンクを作ってあげたり、端材を買ってきてコンロを作ってあげると本格的になって、お子さんにも喜ばれますよ。

大きさもそこそこありますので、お友達とお店屋さんごっこをしても良いですし、お母さんと一緒に柵の中に入って一緒にお料理ごっこも楽しめます。

意外な物へのリメイク法

3092b594387976da880f943cf9ebad9b_m

ベビーベッドをソファに変身させましょう。
作り方も簡単です。
使う物は、のこぎりと布くらいです。

まずは、座る面の柵を取り外します。
子どもたちでも登れるように、足を24センチくらいに切り揃えます。

低いタイプのベッドなら、足を切る必要はありません。
次に、好みの布でマットカバーを作り、赤ちゃん用のマットレスをくるめば完成。

可愛いクッションを乗せたら、素敵なソファーの出来上がりです。
天気の良い日には外に置いても良いですね。
家族みんなでくつろげます。

余裕があったら、ペンキを塗り替えて好みの色に変えても素敵なソファになりますよ。

リメイクをする際に最低限あったほうが良い道具

c3f23d2d047d8795856a0463acefcc09_m

ベビーベッドをリメイクするのにあった方が良い道具をご紹介します。

のこぎり

これは足が長いものを短くしたり、ベッドの柵を切り落としたりする時に使います。
DIYするには必ず必要になってくるので、用意しておくと良いでしょう。

やすり

のこぎりで切った切断面を滑らかにする為に必要な物になります。
切っただけだと断面が荒くなってしまって、場所によっては子供が怪我をするといけません。

子供の触りそうな部分は、やすりをかけて滑らかにしてあげましょう。
金物のやすりではなく、紙やすりで充分です。

準備する時は、目の粗いものと細かいもの2種類準備すると、より滑らかに仕上がるのでおすすめです。

足の部分など、直接子供が触らない部分なら床傷防止の小さなシール状のマット売っていますから、それを張り付けても良いですね。

塗料

034ce9113b24609efd81813f32484878_m

ペンキなどの塗料は、家に合ったデザインの家具に変えるときに必要になります。
でも、もしそのままの色を活かしたいのなら、必要ないかもしれませんね。

ペンキだけでなく黒板塗料もありますので、必要に合わせて準備すると良いでしょう。

釘と金槌

マガジンラックや子供用テーブル、椅子、ゲートなどを作る時、他の木材や金具を取り付ける時などに必要になります。

釘と金槌があれば、リメイクの種類も無限大に広がりますよ。
リメイクがお好きなら、持っていれば必ず役に立つ道具ですので用意しておくと良いでしょう。

時間がなくてリメイクが難しいときは?

1a96186461ce173294fc0ae0408fa68a_m

時短リメイクとしては、ベビーベッドから柵を取り外すだけでも立派なリメイクになりますよ。

この外した柵を、テレビ周りに設置して、子供がテレビやブルーレイデッキに触らないようにガードする柵としても使えます。

また、冬にはストーブガードとして使うのも良いですね。
コの字型になっている場合は、置き場所は壁際が良いでしょう。

壁際にはコンセントもあるので、石油ストーブやガスストーブなどにおすすめです。
ただし、ストーブと柵の距離があまりに近いと危ないので、そこは気を付けて下さいね。

サークルの状態での使用

サークルの状態でそのまま使うという方法もあります。
ベビーサークルです。

床にクッション材を敷いて、その上に外したサークルを乗せるだけ。
簡単ですよね。

柵の隙間から出ないサイズのボールをたくさん入れて、ボールプールにしても楽しいですよ。

他にも、外した柵を立てかけるだけで、新聞や雑誌を置く事も出来ますし、キッチンの壁に取り付ければお鍋や調味料、鍋のふたなどを壁掛けにする事が出来ます。

リメイクに関する経験談の紹介

e7c04a7c1dd4638c6fb4828864451c2c_m

リメイクをして良かった体験談をご紹介します。
ベビーベッドをリメイクして、子ども用の椅子を2つ作成しました。

ちょうど2人子供がいるので、2人で仲良く使ってもらって踏み台代わりにしたり、ままごとに使ったり、折り紙や粘土遊びで使ったりと活用しています。

リメイクして子供用の机を作りました。
椅子は市販の小さな椅子を買ってきて使っています。

天板を黒板塗料で塗って仕上げたのが子供のお気に入りで、お絵かきを楽しんだり、たくさん遊んでくれます。

たまにここでピクニック気分でおやつを食べたりして、楽しんでいます。

大きくなったら使えなくなってしまうので、今のうちにたくさん使ってほしいと思います。

ベビーベッドのリメイクでベビーサークルを作りました。

子供が歩けるようになったら、キッチンに入ってくるようになったので、サークルが欲しいと思っていました。

そんな時に思い付いたのが、ベビーベッドのリメイク!

頭の部分に来る短い方の柵が、キッチンの幅にぴったりだったので、蝶つがいを付けて取り付けました。

高さもちょうど良く、丸みのあるデザインで、色もキッチンにぴったりだったのでちょうど良かったです。

ベビーベッドとしての役割は終わっても、これからは子供を守る為に役に立てる事が出来るので嬉しいです。

逆にこんな体験談もありました。
ベビーベッドを解体して1から子供用のままごとセットを作ったのですが、子供が遊んでいるうちに壊れてしまいました。

子供は力の加減がわからないし、親が思いも付かないような遊び方をするので、棚が外れてしまったり、フックを掛ける為に取り付けた棒を取ってしまったり。

今では棚として使っていますが、やはり素人のDIYでは限界があったのかも。
もっとベビーベッドの形を活かしたリメイクをすれば良かったです。

色々な体験談がありますね。
もともとベビーベッドは丈夫に作られているので、子供が使う物を作るのなら、それを活かしたリメイクをしてみるのが良いのかもしれません。

まとめ

8dfec9f1bf6295c150eb4955d86bd8a8_m

ベビーベッドのリメイク方法についてお伝えしましたが、いかがでしたか?
ベビーベッドにも色々な種類の物があります。

背の高い物や低い物、足にローラーのついている物や、高さの変えられる物など。

中にはベビーベッドとして使わなくなった事を想定して、最初から半分のサイズに分かれる仕組みになっている物も。

ベビーベッドのタイプと、自分の作りたい物がマッチするかをよく検討して、今後もずっと使えるのもをぜひ作ってみて下さいね。

作る前のベッドの写真を撮っておいて、子供が大きくなった時にこれは「あなたのベビーベッドだったのよ」と写真を見せながらお話ししてあげるのも良いですね。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER