MUGYUU!ロゴ

1,042

ベビーカーに付けとくだけで、ぐずった赤ちゃんが静かになるおもちゃ4選

重たい赤ちゃんを抱っこしなくても快適に移動させることのできる、便利なベビーカー。しかし、そんなベビーカーに乗せているときに赤ちゃんがぐずってしまった!そんなとき、お母さんはどうしたら良いか困ってしまいますよね。

わたしも、そんなシチュエーションは何度も経験があります。そこでオススメなのが、ベビーカーに付けるおもちゃです。

赤ちゃんの興味を引くおもちゃで、途端に機嫌が良くなって静かになってくれることもあります。そこで今回はそんなベビーカーに付けるおもちゃについて、選び方やオススメのオススメ4つをご紹介していきます。

どんな時に使用すればいいの?

45bd6540538f2b8d122f983c31f0fe2e_m
1歳や2歳になると、今まで静かにベビーカーに乗ってくれていたのがだんだんと嫌がるようになってくることもあります。ちょっとした拍子にぐずってしまって、ベビーカーの上で大暴れしてしまうこともありますよね。

おもちゃはそんなときに、赤ちゃんの気を反らす目的で使用することができます。赤ちゃんがずっとベビーカーに乗っていて飽きてきてしまった時、電車やバスなどの公共交通機関に乗っていて静かにしていてほしいとき…あらゆるシーンで役に立つのです。

私もハンドル部分に付けられるおもちゃを今でも愛用していて、いつも助けられています。しばらくの間おもちゃに夢中になっているので、なるべくあげたくないお菓子やスマホを渡さずに済んでいます。

1歳を過ぎると自分の足で行動できるようになってくる赤ちゃんも増えてくるために、特にこうしたベビーカーに付けるおもちゃは重宝するのです。

ベビーカー用のおもちゃの選び方はどこを重視する?

0b71650566e024dbffecb05f2cff34a70541f57b_l

引用:http://kiddiesite.com/

ベビーカー用のおもちゃを選ぶにあたって、赤ちゃんに気に入ってもらえるようになるべく良質なものを手に入れたいところですよね。
そこで選び方のポイントを5つご紹介します。

価格が安くて人気なもの

やはり価格が安いということは一番に皆さん考える項目ですよね。それでいて人気が高いものであれば、きっと多くの赤ちゃんが満足しているということなのでアタリである可能性が高いです。

また価格が安いものは素朴なおもちゃが多く、ベビーカーに付けていても邪魔にならないものが多いのです。
意外と長く遊べているおもちゃは素朴でシンプルなものが多かったりしますので、人気があるものの中でも価格が安いものに絞って選んでみるのも良いと思います。

見た目が可愛いもの

パッと見て見た目が可愛いと、つい手を伸ばしたくなりますよね。赤ちゃんも同じで、見た目が可愛いおもちゃだとそれだけ興味がわいておもちゃに集中してくれます。特にベビーカーを嫌がっておとなしく乗ってくれないという1歳半~2歳くらいのイヤイヤ期の時期は、見た目重視で選ぶことも大切です。

我が家でも、最初はとにかく見た目重視でベビーカー用のおもちゃを購入しました。結果、お気に入りになったようで飽きずに遊んでくれているので良かったと思っています。

人気のキャラクターもの

1歳2歳になってくると、お気に入りのキャラクターが定まってきますよね。ディズニーやアンパンマン、いないいないばあっ!のキャラクターなど人気の高いものはたくさんあります。特にいつも親しんでいるキャラクターであれば、ぐずったときにおもちゃを見ればご機嫌が直ってくるのではないでしょうか。

ただ、キャラクター物は割と他のおもちゃに比べて値段が高いという特徴があります。予算と相談しながら、本当にそのキャラクターが好きなのであれば購入すると良いと思いますよ。

知的好奇心を刺激するもの

布でできた絵本や鏡が付いたものなど、赤ちゃんの知的好奇心をくすぐるものも人気が高いです。一度興味を持つとしばらくは熱中してくれるので、ここぞというときに役に立ってくれるのがありがたいところです。

ハンドルにつけられるタイプで様々な操作ができるものや音が鳴るものもあり、バラエティに富んでいるのも選んでいて楽しいポイントです。

選ぶときの注意点

ベビーカー用のおもちゃを選ぶときに注意したいポイントは、常時つけている普段使いのものといざというときに付ける緊急用と分けておくことが大切です。また、緊急用に付けるものは持ち歩いても苦にならないくらいの大きさと重さのものを選ぶことが大切です。

基本的にはシンプルなおもちゃは普段使いで常にベビーカーに装着しておいて、ちょっと凝ったおもちゃはぐずったときにだけつけるようにしましょう。そうしないとおもちゃ自体に飽きてしまい、また新しいものを購入しなければならない…ということになってしまうこともあります。

なるべく長い間赤ちゃんに新鮮さを感じてもらうためにベビーカーに付けるのをローテーションで変えていくというのも効果的ですよ!

これでぐずった赤ちゃんも静かに!人気のおもちゃ紹介

da1a0ba72c98662d4340bbbae1f523ba_m
お待たせしました、それでは早速ぐずった赤ちゃんもご機嫌になってしまう人気のおもちゃを4種類見ていきましょう。

大人気のディズニーシリーズ

ミッキーマウス おでかけサウンドハンドル

¥1,454

対象年齢…1歳~2歳
大きさ…W210・H220・D100mm
遊び方…単4形アルカリ乾電池2本は別売りです。
ベビーカーのハンドル部分に簡単に取り付けることができるので、ぐずった時に素早く対応ができます。
ハンドルがついていて回すこともできますし、ボタンを押すことで英語の歌が流れて楽しい気分になれます。
英語の歌に自然と親しむことができるので、良いお勉強にもなりますね。

アンパンマン

アンパンマン おでかけメロディハンドル

¥1,993

対象年齢…1歳~2歳
大きさ…W130・H250・D150mm
遊び方…単3形アルカリ乾電池2本は別売りです。
ベビーカーのバーに付けられる赤ちゃんが大好きなハンドル付きで、ご機嫌を取り戻します。
音楽がなったりアンパンマンがしゃべってくれたりするので、きっと夢中になれること間違いないですよ!
アンパンマンの鼻の部分はクラクションがなるようになっているので、まるで自分でベビーカーを運転しているような感覚が楽しめます。

安くて口コミの評価も高い

TINY LOVE サニー・ストロール

¥2,769

対象年齢…1歳~2歳
大きさ…W450・H300・D60mm
遊び方…ベビーカーのサイドに簡単につけることができます。
お花のミラーやビーズ入りのボールなど様々な仕掛けは、赤ちゃんの注目を集めます。
アーチの角度は手で簡単に動かすことができるので、操作性も十分です。

女の子にオススメ

メルちゃんのいもうと おめめぱちくりネネちゃん

¥2,318

対象年齢…1歳~2歳
大きさ…W400・H290・D220mm
遊び方…1歳、2歳になったらお人形に興味を持つ女の子も多いのではないでしょうか。
いつもおでかけするとき持ち歩くことで心が安定して、ぐずることが少なくなります。
ネネちゃんはネルちゃんと同じサイズなのですが、より小さい子向けの容姿をしているのでおすすめです。
着替えセットもさまざまなバリエーションがあるので、お人形が1つあるだけで長く楽しめます。
ベビーカーに付けるタイプなどではないですが、ベビーカーのお供として欠かせないおもちゃです。

知的・好奇心を伸ばしたい

はらぺこあおむし ミラーティーザー

¥1,026

対象年齢…1歳~2歳
大きさ…W150・H180・D40mm
遊び方…1歳や2歳なら、はらぺこあおむしの絵本を一度は読んだことがあるのではないでしょうか。
その絵本から出てきたそのままのキャラクターがベビーカーに付けるおもちゃとして活躍します。
デザインは赤ちゃんが大好きなカラフルなもので、鏡や様々な素材の布がついています。
いろんな感触を得ることで知的好奇心を刺激し、ぐずった時に集中してくれることが多くなります。
ちなみに我が家でも愛用していますが、毎回鏡に夢中です。

ベビーカー用のおもちゃを手作りしてみよう!

20130710_1371766

引用:http://felt.teyney.com

わたしもおもちゃなどを手作りすることがあるのですが、ベビーカー用のものだと上からぶら下げるタイプのおもちゃを手作りしたことがあるので今回は作り方をご紹介します。シンプルですが、見た目もポップでかわいいのでぜひ作ってみてください。

今ひそかに話題になっている「羊毛フェルト」を使ったおもちゃなのですが、もし道具などを持っていない場合は市販の大きめのフェルト玉で大丈夫です。ただ、自分で作ったほうが好きな色を組み合わせることができるのでおすすめです。

作り方はとっても簡単!リボンの先端にフェルト玉をくっつけて、もう片方のリボンの先端にクリップを付けるだけで完成です。クリップやリボンは100均で売られているのでそこまでコストはかかりませんし、ベビーカーを押すたびにフェルト玉がポンポン跳ねるので赤ちゃんの視線はおもちゃに釘付けです。

手作りおもちゃの押さえておきたいポイント

手作りおもちゃを作るにあたっては、いくつか押さえておきたいポイントがあります。

安全性は十分かどうか

赤ちゃん用のおもちゃなので、第一に安全性がしっかりしていないといけません。
先ほど紹介したフェルト玉のおもちゃも、赤ちゃんの口に入らないくらいの大きいサイズのフェルト玉を使うと良いでしょう。
また、ピンを使ったものなどは赤ちゃんがけがをする恐れがあるので使わないようにしましょう。
細くて長いひも状のものは、何かの拍子に赤ちゃんの首に巻き付く恐れがあります。
これらの安全性をしっかり確認しつつ、手作りを楽しんでくださいね。

簡単に作れるものかどうか

手作りでも簡単に作れなければ育児に支障が出ることもありますし、お母さんの負担になってしまいます。
そのため、最低でも1週間以内に作れるようなおもちゃにしましょう。

コストがかからないかどうか

せっかくの手作りなのにコストがかかってしまっては、市販を買った方が手間もかからないし良い…ということになってしまいます。
今は100均など便利なお店も増えているので、ぜひ低コストで手作りができるようなおもちゃを作っていきましょう。

まとめ

いかがでしたか?赤ちゃんがベビーカーに乗っていてご機嫌斜めになってしまった時のおもちゃを、4種類ご紹介してきました。また手作りのおもちゃも、簡単にできるものをピックアップしてみましたが、参考にしていただけると嬉しいです。

ベビーカーのおもちゃは長く遊べるものを選んでいってもいいですし、その時に気に入っているものを選んでも赤ちゃんの機嫌が直れば御の字ではないでしょうか。うまくおもちゃを活用しながら、ベビーカーに乗るのが好きになってほしいですね!

RANKING

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

WRITER