MUGYUU!ロゴ

2,448

ベビーパウダーを顔に塗って、乾燥肌やニキビ対策に!メイクにも驚きの効果を発揮!

昔からあるパタパタとはたく粉の化粧品であるベビーパウダーですが、その名前の通り赤ちゃんから使うことのできるものです。しかし、今は赤ちゃんだけではなく大人もベビーパウダーを使っている人が多いんですよ。

私も実は顔にベビーパウダーを使っているのですが、顔もテカりにくく気に入っています。そこで今回はそんなベビーパウダーの効果や成分、使い方や注意点についてご紹介します。

ベビーパウダーとは?

ベビーパウダーは赤ちゃんのデリケートな肌にも使える、優しい素材でできたお粉のことです。汗を大量にかきやすい夏場はもちろん、他にも季節問わずに使用することができます。そのため便利なベビーグッズのひとつとして、昔から親しまれています。

特に私たちの親世代では、ベビーパウダーをよく使っていたという方が多いのではないでしょうか。私もよく母に、ベビーパウダーを使うと良いと教えられてきました。

ベビーパウダーの効果とは?

赤ちゃんはオムツをしているせいで湿ってしまい、そこからあせもや湿疹ができやすいですよね。そこで、ベビーパウダーを使ってサラサラにすることであせもなどの皮膚症状を予防する働きがあるのです。

粉が汗や水分を吸ってくれるので、新陳代謝が活発な赤ちゃんでもいつもすべすべサラサラのお肌を保つことができるようになります。また、ベビーパウダーは粒子がとても細かいので水分量を調節することもでき、乾燥を防ぐ効果もあるのです。

ベビーパウダーは効果がないという話を耳にすることがありますが、実はこれは乾いた肌に使用していないからなのです。しっかりと肌を乾かしてからベビーパウダーを使うことで、汗腺をふさいでしまうのを防ぐことができます。正しい使い方をしてこそ、ベビーパウダーの効果が十分活かされるのですね。

ベビーパウダーの使い方について

ベビーパウダーは、赤ちゃんのお肌を守るために存在しているわけではありません。他にも様々なメリットがあって、赤ちゃんだけでなく大人にもどんどん使用できるのです。
そこで、ベビーパウダーのメリットについてシーン別に「使える」ポイントをご紹介します。

洗顔

ベビーパウダーを洗顔料に混ぜることで、泡立ちこそ少なくなるものの皮膚が柔らかくなるので汚れを浮き出しやすくしてくれます。さらに粉っぽさが肌に負担のかからないスクラブ代わりにもなるので、毛穴の奥の汚れまでかきだしてくれるのです。

これで毛穴の黒ずみや古い角質を、しっかり落としていくことができますね。

フェイスパック

なんとベビーパウダーはフェイスパックとしても使うことができてしまうんです。冷蔵庫や家庭にある材料とベビーパウダーを混ぜるだけで、簡単に肌に良いフェイスパックを作ることができます。そこで2種類のパックをご紹介しましょう。

ヨーグルトメイン

プレーンヨーグルトとはちみつをそれぞれ大さじ1、そしてベビーパウダーを小さじ1加えて良く混ぜます。

牛乳メイン

牛乳大さじ3とベビーパウダー大さじ1を混ぜていくと、だんだんヨーグルト状に固まってきます。
2種類とも、混ざったら清潔な肌の上に乗せて10分間そのまま置きます。時間が来たら、ぬるま湯で優しく洗い流してスキンケアをしていきましょう。

メイクとして

これは私も良く使用しているのですが、メイクの仕上げとしてルースパウダー代わりに使うこともできます。固形タイプのベビーパウダーなら薄くつきますので、白塗りオバケのようにはなりません。

皮脂を吸い取ってくれるので、テカリを抑えてサラサラなお肌をキープしてくれます。肌に優しいので、吹き出物などができて肌荒れを起こしていても安心ですね。

私自身は家にいるときは、ノーメイクでも何だか落ち着かないのでスキンケアの後にベビーパウダーを軽くつけています。それだけで毛穴も隠れますし、クレンジングの手間が省けるのでありがたいですね。

ニキビなどの肌荒れ

ニキビや吹き出物など、肌荒れが起きている場合には髪の毛や指などで触ってしまった時の摩擦を最低限に抑えていきたいですよね。そこで、スキンケアの後にベビーパウダーをはたいていきましょう。

ニキビが赤い時にはオロナインなどの軟膏をつけて、上からベビーパウダーを重ねることでより効果が高くなります。肌荒れに悩んでいる人は、朝や昼はベビーパウダーのみで夜はオロナインをプラスしたケアをしていくと良いでしょう。

汗のニオイを抑える

ベビーパウダーは汗の湿り気を吸い取ってくれますので、脇汗をかきやすい人はベビーパウダーを脇にもつけていくと良いです。

またベビーパウダーの殺菌作用により、脇のニオイの元をカットするので気になるニオイも同時に抑えることができます。
できればこまめに重ねて塗ると、汗をかいても気持ち悪くならないのでおすすめです。

ドライシャンプーとして

災害時や、体調が悪い時にはどうしてもお風呂で髪の毛を洗うことができない場合がありますよね。そんなときにはベビーパウダーを頭皮につけていって、頭皮から出てくる脂によって髪がベタベタするのを防ぎます。

髪が生えている根元や首筋、耳の裏は特にニオイを発しやすい場所なのでベビーパウダーを擦り込んでいきます。洗い流す際には、排水溝が詰まらないように注意しながら洗い流してくださいね。

ベビーパウダーの注意すべき点

ベビーパウダーは良いところが多くて便利なものなので、正しく使っていかないと逆に肌に良くないこともあるのです。
そこで、ベビーパウダーを使うにあたって注意したいところを説明していきます。

汗線をふさぐ

汗や水分などで濡れてしまっている肌にベビーパウダーを使うと、ダマになってしまってそこから汗腺が詰まることがあります。汗腺が詰まると、そこからあせもになってしまうこともあるのです。

あせもを予防するためにベビーパウダーを使っているのに、逆にあせもができてしまうのは本末転倒です。十分肌を乾かしてから、ベビーパウダーを使用するようにしてくださいね。

喘息を引き起こす

ベビーパウダーは粉の粒子がとても小さくて、目に見えないベビーパウダーを吸い込んでしまって喘息の原因になることもあるのです。
これを防ぐには、粉状のベビーパウダーではなくて固形のタイプを使うことで解決します。

目の炎症が起こる

ベビーパウダーの細かい粉が目に入ってしまうことによって、そこから細菌が繁殖して目に炎症が起こる場合があります。
ベビーパウダーを使うときには、優しく押さえるように薄くつけていくことが大切です。

おすすめベビーパウダーの比較・紹介について

※それぞれの特徴や値段などを記載(楽天・アマゾンサイトへリンク誘導)

ベビーパウダーとひと口に言っても様々な種類のものがあり、それぞれ特徴や値段なども異なります。
そこで、たくさんあるベビーパウダーの中でも人気の商品を紹介していきます。

ジョンソンベビーパウダー

192

ベビーパウダーというと、このジョンソンベビーパウダーを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。パフを使ってはたくと、粉が舞ってしまう可能性があるので手のひらを使えるようにパフは入っていません。

成分はタルクと香料で、中国が原産となっています。

シッカロールキュア 140g

564

和光堂のシッカロールは、ベビーパウダーという名前は付いていません。
でもなぜシッカロールなのかというと、そもそもベビーパウダーはシッカロールという名前で販売されたことが始まりなのです。

ピジョン 薬用ベビーパウダー ブルー缶 150g

358

ピジョンのベビーパウダーは、肌に優しいスクワランオイルとシリコーンオイルが配合されています。そのためただ単に肌のサラサラ感を出すだけではなく、より乾燥肌を改善していってくれるのです。

無香料なので肌により優しい成分となっています。

資生堂 ベビー ベビーパウダー(プレスド)

530

パウダーが飛び散ることが少ない固形タイプのベビーパウダーで、安全に使用できます。
パフも付いているので、すぐに使えるところが嬉しいです。

ベビーパウダーの裏ワザ体験談

ベビーパウダーを赤ちゃんの肌荒れ防止の目的以外で使用している人は、実はたくさんいるのです。
そこで、そんな私たちの生活に役立つベビーパウダーの裏ワザ体験談をご紹介します。

ボディマッサージに使っています

ボディマッサージといえば、ボディクリームやボディバターを使うのが定番だと思います。
でも、どうしてもケアするときにべたつくのが苦手で困っていたんです。
そこでベビーパウダーをクリーム代わりに使うことで、肌がスベスベになってベタつかずマッサージをすることができます。
サラサラとして滑りも良いですし、とても使いやすいので一度ハマるとこの方法でしかケアできなくなってしまいます。

日焼け止めと一緒に使っています

夏場はもちろん一年中欠かすことのできない日焼け止めは、塗った後多少ベタベタしてしまうのが悩みでした。
そこで日焼け止めを塗った後にベビーパウダーを薄くつけることで、ベタベタした感じが取れて非常に肌がスベスベになったのです。
肌に優しいので安心してつけられますし、日焼け止めと合わせて使うのは私の中でも定番ですね。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

WRITER