MUGYUU!ロゴ

192

母乳育児ってメリットあるの?母乳不足の対策と月齢別の授乳回数

あなたは、母乳であかちゃんを育てたいですか?母乳で育てる=完全母乳だと思っていませんか?お仕事で授乳できない方は初乳だけでもいいんです。思うように出なくて悩んでいる方は今出る分だけで、後はミルクでも構いません。
 
母乳は、あかちゃんの体にとって一番いい栄養素ですが、心の栄養に必要なのはママの笑顔です。無理せず、あなたに合った母乳育児を見つけましょう。
 

母乳育児のメリット

まずは母乳はあかちゃんにとっていいのか、簡単に説明します。 

赤ちゃんが病気にかかるのを防ぐ

b1fd9c02683156a88caae58dfa92ab0b_m
初乳(生後1週間の母乳)には、たくさんの抗体が含まれています。インフルエンザや溶連菌、ブドウ球菌などたくさんの菌から赤ちゃんを守ってくれます。母乳育児が続けることができない方も初乳だけはあげたいですね。
 

赤ちゃんのあごの発達を促す

748b24fb809172a58151851130cd85f1_m
母乳を飲むことは、小さな赤ちゃんにとってはなかなか体力のいるものです。飲むごとに、あごの発達が促されます。

母子の絆を深める

a0fb1057f89f304fdd3c75dbc0a874cc_m
赤ちゃんにとって、授乳タイムはママが自分だけをみつめてくれる大切な時間です。飲みながらも、ママの匂い、温もり、優しい声・・様々なものを五感で感じているのです。ゆったりとした気持ちで見つめてあげたいですね。
 

ママの体の回復を促す

d361952964be3aba5182ca0977fc8c44_m
母乳を出すホルモンであるオキシトシンは子宮の収縮を促し、産後のママの体の回復を助けてくれます。
   
 

母乳が出るしくみ

1f962481
赤ちゃんを妊娠しているときから、母乳を出すホルモンは動き出す準備をしています。しかし、出産したからといって、すぐに母乳が出る訳ではありません。では母乳はどのように出るのでしょうか?
  
母乳は赤ちゃんがママのおっぱいを強く吸う事で母乳を作るプロラクチンというホルもンが動き出し、ママの脳に「母乳を出す」という指示が伝わり、分泌が促されます。つまり、実はあかちゃんが、母乳を出すスイッチを押してくれているわけです。

そして、逆に赤ちゃんに吸ってもらう刺激がなければ、プロラクチンは1、2週間で出産前の量に戻ってしまうと言われています。また、ストレスが多いと母乳が出にくいと言われています。出産によるの疲労が影響しているかもしれません。なかなか初めての母乳が出ないという方は、ひとまず、自分の体をゆっくり休めましょう。
  
赤ちゃんがおっぱいを吸うのがまだ上手じゃなかったり、乳くびの形が赤ちゃんの口ととうまく合わなかったりするのも母乳がなかなか出ない原因になることもあります。しかし、最初は母乳が出ないほうが普通です。あかちゃんと一緒に頑張るつもりで気長に待ちましょう。
  
では、母乳が出るようになったら、赤ちゃんの基本的な授乳回数や、授乳時間、赤ちゃんの体重を目安に母乳の量が足りているか確認しましょう。
     

月齢ごとの授乳の回数と授乳時間

 
dd1e921cf445b387887b2254ce973850_m
基本的に、母乳は欲しがるだけあげて構いません。欲しがって泣くたびに授乳することを自律授乳といいます。飲ませるだけ、母乳が出やすくなります。

あまりにもよく泣いたり授乳時間が長いと、母乳不足のことも。ですが母乳不足であっても、今すぐミルクを足さなくちゃ!と慌てなくても大丈夫。まずは、月齢ごとの授乳の回数の目安と授乳時間を知りましょう。  
   

生後1、2週間

1時間~2時間ごとに、1日10~15回の授乳をします。多いのではないか・・と心配しているママも多いかもしれませんが、普通の回数です。あかちゃんも、吸う力が弱く上手に飲む練習をしているので、お腹いっぱいになる前に疲れて眠ってしまう事もしばしば。

夜中も起きなくてはいけないので大変な時期ですね。夜中にも授乳することで、安定した授乳ができるようになり  ます。夜は眠ってほしいからミルクをあげるという事もよく聞きますが、この時期にはおすすめできません。
  
まずは、授乳をして、必要であれば、ミルクをあげるのが、基本です。授乳時間は、左右それぞれ10~15分ずつが目安です。

生後1、2ヵ月

それぞれのペースがあると思いますが、徐々に3時間ごと、1日8~10回の授乳に移行してきます。まだまだ、まとまった量を飲めない子も多い時期。1、2時間で飲みたがっても心配しないでください。

夜中は、3時間ほどまとめて眠れるようになり少しずつ授乳間隔が開き始めます。授乳時間は、左右それぞれ5~10分ずつが目安です。
   

生後3カ月以降

飲み方も上手になり、まとめて飲めるようになってくるため、4時間ごと、1日6~8回の授乳回数になってきます。夜、よく眠る赤ちゃんは1日5~6回の授乳回数になる子もいます。徐々に授乳リズムも整ってくるので、ママも家事の見通しなどがつき、生活も落ち着いて感じるでしょう。

満腹中枢が発達するこの時期、「おなかいっぱい」と自ら口にくわえたおっぱいを離したりします。授乳時間は、左右それぞれ5~10分が目安です。
   
   

おっぱいが足りてる、足りてないの目安

e67ef15c7ffe4f38b61ef3ca20eda948_m
おっぱいは、ミルクと違って目で飲んでいる量が分からず、ママも本当に足りているのか不安になりますよね。目安として一番分かりやすいのが赤ちゃんの体重の増加です。0~1か月目の間は1日30~40g、2ヵ月目以降は25g~30gが目安です。

母乳での体重の増加は、動くようになると落ち着くので、これよりも多い場合は心配いりません。1週間で体重のチェックをして、30g×7日=210g増えていれば大丈夫ということです。先に記した、授乳時間と間隔も参考になります。

もし、授乳が頻繁すぎる、1時間以上おっぱいを吸っているとなれば、母乳不足の疑いがあります。また、うんちやおしっこの回数も注意してみてください。うんちは便秘気味の子もいるので、個人差がありますが、おしっこが1日に6回より少なくなったら注意しましょう。

母乳不足かなと感じた時の対策

母乳不足を感じた時の対策を5つにまとめました。
   

おっぱいマッサージ

o0640048012783869760

引用:http://ameblo.jp

母乳は血液から作られています。おっぱいのまわりをマッサージして血液の循環をよくすることで、母乳の出を促します。乳首を柔らかくするマッサージも、赤ちゃんが吸いやすい乳首をつくるのでおすすめです。

授乳前に3分ほど行うものが多いですが、授乳前は赤ちゃんが泣いている事が多く落ち着かない・・・という方もいるかもしれませんが、赤ちゃんには泣いてもらっていていいんです。焦らず、「もうすぐおっぱいタイムだからね~。」と優しく声をかけながらマッサージしてもいいですね。

インターネットで検索しても方法はでてきますが、自己流で心配な方は産院の助産師さんに聞いてみましょう。
    

授乳後、搾乳をする

授乳後、おっぱいに母乳が残っていると、「こんなに母乳をつくらなくていい」と脳が勘違いして、次に分泌する母乳の量が減ってしまいます。赤ちゃんの飲み残した母乳を搾乳して、おっぱいを空の状態にしましょう。空にすることで、「母乳が足りなかった!」と次はもっと母乳を作り出してくれます。

母乳がよく出るようになったら、分泌過多になってしまうので控えてください。
      

食事の改善

df2a3ba926d7f9c4aab02ff7ac0091c9_m
授乳中に必要な摂取カロリーは、その人の身体活動レベルにもよりますが、活動量が平均の人でも約2500kcalです。妊娠出産前の摂取カロリー+450cal必要になります。成人男性と同じくらい食べなければいけないので、普段少食の人は辛いかもしれません。

栄養源としては、鉄分、タンパク質、カルシウムなどをしっかりととりましょう。お肉、あさり、ほうれん草、小松菜などを意識して摂ってください。慣れない育児が大変でしょうから、スーパーのお惣菜でもかまいません。

水分を摂る

2a66bca9e43085131b3dae7e3d34fbfc_m
おっぱいを作り出すには、多くの水分を必要とします。赤ちゃんのお世話が忙しく、水分補給を忘れている方もいるかもしれません。水やお茶以外に、あたたかい飲み物もスープなどで、意識してとりましょう。胃腸をあたためることも、母乳の出にかかわるとされています。

また、タンポポの根を煮出して作られたタンポポ茶もおすすめです。鉄分やミネラルが豊富で血流を良くする効果があります。
      
タンポポコーヒーといわれることもあり、コーヒーに似た香ばしさのある飲み物です。ノンカフェインで、安心して飲むことができます。赤ちゃん用品店で、妊婦さん用のコーヒーやサプリメントと一緒に置いてあることが多いです。

専門家に相談する

535bacdbcfbbc63501f05b170d8aadcd_m
専門家に相談というと、腰が重くなってしまいますよね。そこまでしなくても・・・と母乳育児を諦めてしまう方も少なくありません。専門家といっても、まずは地域の保健師さんに赤ちゃんの体重の増加量を計ってもらうとか、出産した産院の助産師さんに相談するなどでいいんです。
      
近くの母乳外来のある病院を探してみてもいいと思います。母乳の悩みをもった人を何人も見てきているプロですから、的確なアドバイスをくれることでしょう。
      
      

まとめ

いかがでしたか?母乳は、赤ちゃんにとって最適な栄養源であることは間違いありませんが、はじめに記したように母乳育児=完全母乳ではありません。足りない時は、ミルクを足せば大丈夫!

授乳のペースは人それぞれ。ママとあかちゃんにとって心地よい時間が作れるといいですね。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

WRITER