MUGYUU!ロゴ

改めて確認したい!チャイルドシートが必要になった道路交通法の話

新しい家族が増えると、赤ちゃんも車に乗る機会が増えると思います。
車で移動する場合、子供にはチャイルドシートを付けて乗せなければならないというルールを聞いた事はありませんか。

私たち大人がまだ小さい頃は、そのような事はなかったと記憶していますが、最近ではチャイルドシートが義務付けられています。
大切な子供の命を守るために、チャイルドシートは必要だと思います。

しかし、たまにしか乗らなかったりすると、嫌がって泣いてしまい、ママの膝の上に乗せてしまいたくなる時もあるかと思います。
そんな時、ふとこれって違反になるのでは?と疑問に思った事はありませんか。

ここでは、道路交通法で定められているチャイルドシートの義務について、一緒に確認が出来ればと思います。

道路交通法とは?

50293257b39157018f39fd5aea222d7b_s

道路交通法とは、運転免許証を持っている人だけが適用される法律ではないのです。

実は、道路を利用する上で、交通安全を円滑に図る法律なので、道路を利用する歩行者も含まれます。
そのため、チャイルドシートも運転をする人だけが気にするのではなく、運転免許証を持っていない方でも、子供を車に乗せる場合は、きちんと理解して乗車する必要があります。

では、チャイルドシートの義務とは、実際にどのような事なのか詳しく見ていきましょう。

チャイルドシートは義務の一環?

3edf31ed5ebfb33c37dd55ff92cab402_s

子供を交通事故から守るためにきちんとチャイルドシートを使用しましょう。
車での移動は、大人にとっても子供にとっても快適な移動手段ですよね。
まだ小さい赤ちゃんがいる家庭なら、大きな声で泣いてしまっても公共機関より気が楽に移動ができるかと思います。

しかし、子供は元気いっぱい!
長時間の移動ならずっと大人しく座っているのは難しくなりますよね。

パパやママが小さい頃は、チャイルドシートに乗る習慣がなかったと思うので、義務になった事を詳しく知らないパパやママもいるかと思います。
では、改めて道路交通法で定められている事について見ていきましょう。

チャイルドシートの義務化

382124
道路交通法上、6歳未満の子供を乗車させる場合、運転者は幼児用補助装置を使用しないで、運転する事はできません。

幼児用補助装置とは、チャイルドシートの事を指します。

つまり、新生児からチャイルドシートに乗せて乗車しなくてはなりません。
もし、チャイルドシートを設置せずに運転した場合、運転者は法律違反となってしまいます。
違反した場合、1点減点となります。

そのため、運転免許証を持っていない人も、チャイルドシートがない車を安易に乗せて行ってほしいと頼んでしまうと、運転者に迷惑をかけてしまうので気をつけましょう。

幼児の定義とは?

b2136bf671d695e9f5d2b5c75927b2fc_s
実は、道路交通法で定められているチャイルドシートの義務は、6歳未満の幼児と定められています。
そのため、新生児から6歳未満の幼児を乗車させる場合は、チャイルドシートが必要になります。

よくチャイルドシートを購入する際、6歳以上まで使用できるものも販売していますよね。
6歳以上はチャイルドシートの義務はありませんが、大人と同じようにシートベルトをきちんと着けなければなりません。

その際、身長が小さいと首のあたりにシートベルトがきてしまい、うまく付けられない時もあるので、安全のためジュニアシートなども販売されているので、そちらを使用して高さを調節してあげて下さいね。

チャイルドシートの認定マークとは?

実はチャイルドシートには、認定マークがある事をご存じでしょうか。
emark

引用:http://www.mlit.go.jp/index.html

国土交通省から、製造させているチャイルドシートが安全基準に適合されているものには、Eマークが付いています。

oldemark

引用:http://www.mlit.go.jp/index.html

2012年以前のものには、自マークが認定マークでしたので、このマークが入っています。

なかなか知っている方は少ないかと思いますが、チャイルドシートを選ぶ際、このマークが入っているものは、安全基準を満たしているものなので、安心して購入できるかと思います。

抱っこして乗るのは可能?

53a499fe0a0b5384f5a6f39ed97640b6_s

ここまで、チャイルドシートの法律についてお話してきました。
運転者には、違反をしてしまうと減点されてしまう事があるので、きちんと道路交通法を守り、安全に運転したいですよね。

しかし、子供はとても素直なので、チャイルドシートを付けられるのはどうしても嫌がってしまう子も多いのではないでしょうか。
はじめは大人しく乗れていても、身動きが取れないと嫌になって、大泣きしてしまう子供もいます。

しかし、チャイルドシートを嫌がり大泣きをしていても、万が一交通事故が起きてしまった場合、チャイルドシートに乗っていなかった場合の死亡事故が2.1倍と言われています。

大泣きをしていると、膝の上につい乗せたくなりますが、そこはぐっと堪えて移動中は、チャイルドシートに乗せていましょうね。

まとめ

518000
車はとても快適な乗り物ですよね。
家族でたくさん色々な所に出掛けて、思い出もいっぱい作れるので、車に乗る機会もこれから増えていくと思います。

移動が長距離の場合や、大渋滞で乗っている時間が長くなってしまうと、どうしても子供は飽きてしまい、チャイルドシートから降りたくなってしまいます。

子供もチャイルドシートを外してほしくて、大声を出してぐずり泣きをしてしまうと、つい外してあげたくなってしまう時もあると思います。

その際は、気が紛れるように歌を歌ってあげる事や、窓からの景色を見せてあげて気持ちを切り替えてあげましょう。

チャイルドシートは、危険な事故から命を守るための補助装置なので、車に乗る時は、子供もチャイルドシートに乗る習慣をつけてあげましょう。
そして、快適なドライブを楽しんでくださいね。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER