MUGYUU!ロゴ

チャイルドシートは年齢によってタイプが違う?タイプ別の特徴まとめ

子供が生まれる前から、チャイルドシートの購入やレンタルを考えているママさんも多いのではないでしょうか。

産後から乗用車に乗る事があるママさんなら、退院する日から必要になります。

チャイルドシートは高価な物なので、いざ買おうと思っても慎重に選びたい物ですよね。

ここでは、年齢によってどのようなタイプがあるのか、タイプ別にご紹介したいと思います。

年齢によってタイプが違う?

074882

チャイルドシートは、6歳未満の幼児を乗車させる場合、法律で義務付けられているので、必ず必要になります。

そのため、生まれてすぐの赤ちゃんを乗車させる場合は、新生児から乗せられるタイプを選ばなくてはなりません。

また成長に合わせてチャイルドシートの形も変わるので、どのような違いがあるのか見ていきたいと思います。

チャイルドシートのタイプとは?

dc53449aa5ab21c9dc648de22ca4739b_s
チャイルドシートのタイプには、大きく分けてベビーシート、チャイルドシート、ジュニアシートと3つあります。

また、新生児からジュニアサイズまで対応できるチャイルドシートも販売されています。

価格も使用する期間や機能によって、お手頃な物から高価な物までと幅広いので、色々と比べて見極めたいですよね。

では、この3つのタイプは実際どのような特徴があるのかご紹介したいと思います。

ベビーシート

ベビーシートとは、新生児から1歳頃まで使用できるタイプです。

一番の特徴は、赤ちゃんが寝やすい形状になっているので、寝かせたまま乗車させる事が出来ます。

多くのベビーシートは、赤ちゃんの体重が10kg未満となっているので使う期間は限られます。

チャイルドシート

チャイルドシートとは、体重が約9kgから18kg未満の乳幼児が乗るタイプで、生後9ヶ月頃から4歳前後まで乗れるタイプです。

ベビーシートより、もう少し椅子の形に近い形状になっています。

また、ベビーシートは後ろ向きのタイプが多いのですが、チャイルドシートに切り替わると前向きになるので、外の景色を見ながらドライブを楽しめるようになると思います。

ジュニアシート

ジュニアシートとは、体重が15kgから36kg未満の4歳から10歳前後の子供が使用するタイプです。

シートベルトは、車のシートベルトをするので、きちんと着用出来るように高さを調節して乗せるタイプです。

チャイルドシートに似たデザインの物からコンパクトな椅子の物とあります。

子供の成長によっては、12歳頃まで使用できるタイプもあります。

ロングユース

チャイルドシートには、新生児からジュニアシートまでが一つになっているタイプも販売されています。

成長と共にシートを変えられるのが特徴です。

他のチャイルドシートに比べて、高価な物にはなりますが、長く使用できるので、車に乗る機会が多いご家庭にはおすすめです。

助手席に取り付けるのは?

143cf2825ef52ccc478bd632fb59ee91_s
チャイルドシートをいざ取り付けようと思った時、何処に取り付けるか迷ってしまいますよね。

特に、日常で車を運転するママさんなら赤ちゃんと二人で車に乗る機会が多いと思います。

子供がまだ小さい頃は、チャイルドシートに乗る事を嫌がってしまい、大泣きしてしまう子もいる為、近くで乗せたい気持ちになりますよね。

助手席にチャイルドシートを設置するのは違反ではありません。

しかし、子供を助手席に乗せる事は避けたい理由があります。

エアバッグの衝撃

万が一、正面衝突等の事故が起きてしまった場合、衝撃から頭や胸部を守る為にエアバッグが自動的に作動します。

エアバッグが作動すると、大人でも強い衝撃を感じます。

その為、まだ小さい子供の頭などに強い衝撃があった場合は、大事故に繋がってしまう可能性があります。
やむを得ない場合以外は、後ろに設置して乗せましょう。

どうしても助手席に設置しないといけない場合は、助手席を後ろに下げてから設置する事をおすすめします。

何歳まで使うべき?

194430
チャイルドシートを購入する際、対象年齢によってタイプが異なるので、成長と共にいつまで使うべきか悩む事はありませんか。

先ほどもお伝えしたように、6歳未満の幼児には、チャイルドシートが法律で義務となっています。

それは、まだ小さい体に大人用のシートベルトが合わないので、きちんと保護ができるチャイルドシートに乗せる必要があるからです。

6歳以降はチャイルドシートの義務はありませんが、大人と同じシートベルトを着用します。

その時に、シートベルトが体に合っていないと、着用していても事故が起きてしまった場合、その役目を果たせません。

その為、お子様の成長に合わせてシートベルトがきちんと着用できるように10歳から12歳頃までは、必要に応じて使用をおすすめします。

何よりも、命を守る為にきちんとシートベルトの着用を習慣づけるようにしましょう。

まとめ

91d5b7a99a0edf8b314ad04fcf923024_s

ここまで、チャイルドシートのタイプには、どのような物があるのかご説明させて頂きました。

私も実際に、出産前の準備で様々なチャイルドシートがある事を知り、機能や長く使える物などあり、高価な買い物なので色々と迷っていました。

初めの頃は、チャイルドシートに乗る事を嫌がり、乗車の度に大泣きでしたが、成長と共にだんだんと景色を見て楽しむようになった事やおもちゃで遊びながら大人しく乗ってくれるようになりました。

今では、自分はここに座ると分かっているので、自分からチャイルドシートに乗ってくれるようになりました。

今までチャイルドシートの重要性について、あまり意識しないでいましたが、子供が生まれると、一層守る事の大切さについて改めて感じました。

きちんと安全を確保して、快適で楽しいドライブを楽しんでくださいね。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER