MUGYUU!ロゴ

使う期間が限られているからこそ比較したい!チャイルドシートのレンタル

子供を迎える為に、出産準備品を揃えるとなると、細かい物から多めに用意しておく物等たくさんありますよね。

いざ揃えようとなると、何十万円もかかってしまう場合もあります。

少しでも節約になればと、お値段が高いチャイルドシートは、レンタルの方が良いのか悩みますよね。

ここでは、出産準備品で悩んでいるママさんにチャイルドシートのレンタルについてご説明したいと思います。

チャイルドシートって必要なの?

ベビー用品で、ベビーベッドやベビーカー、肌着、オムツ、授乳用品等、赤ちゃんを迎える為に揃える物がたくさんあります。

大きな物は、1点のお値段も高いですし、細々と揃える物も、積もれば結構お値段がいってしまいますよね。

だからといって、大切な赤ちゃんの物なので、ママも色々と比較しながら揃えていると思います。

その中でも、チャイルドシートは普段の生活で乗る事が多いママさんなら、迷わず購入を選ぶと思いますが、里帰り出産の期間や帰省、旅行の時だけと、たまにしか使わない物だと必要な物なのか悩みますよね。

では、チャイルドシートが必要な理由について見ていきたいと思います。

短期間でも付けなくてはダメ?

90787cbc0ba3f3f548f203ba46bd4b52_s
ベビー用品は、使う期間が限られていて、家に全て置くとなると結構なスペースをとりますよね。

チャイルドシートも、新生児から使うタイプの物だと結構な大きさです。

特に、普段は車に乗る事がなく、実家の帰省などの時だけ車に乗るという場合、少しの時間だけなら抱っこして乗せれば、必要ないのではと思う事もあると思います。

しかし、乗用車に子供を乗せる場合、チャイルドシートが義務になっている事をご存じでしょうか。

実は6歳未満の幼児を乗車させる場合は、チャイルドシートが義務づけられています。

もし、少しの時間でもチャイルドシートに乗せず、乗車した場合には、運転者は1点減点の違反となってしまいます。

車を運転する人にも、迷惑をかけてしまう事も・・・。

その為、新生児から車に乗る機会がある時は、必ずチャイルドシートに乗せましょう。

いつまで使うの?

6cc8d685c2ff7a3f5a41479636322bd7_s
先程もお伝えしたように、6歳未満の幼児を乗せる場合は、法律で義務となっているのでチャイルドシートは必要になります。

では、6歳以降は義務になっていないのに、量販店やインターネット等で10歳前後まで使用できるタイプを見た事はありませんか。

実は、6歳以降からは大人と同じシートベルトの着用になります。

しかし、まだ体の小さい子供に大人と同じシートベルトでは、きちんと付けられない場合があります。

その為、ジュニアシートという高さを調整できるタイプがあります。

きちんとシートベルトが付けられなければ、万が一、事故が起きてしまった場合、子供を守る事ができません。

その為、乗車する場合は、子供の成長に合わせてジュニアシートを取り付けてあげましょう。

購入とレンタルの違いは?

659385
チャイルドシートは結構なお値段なので、どれが良いのか迷いますよね。

お手頃な価格の物でも1万円以上しますし、長く乗れるロングユースタイプの物であれば、4万円前後から8万円程してしまう場合があります。

機能などによっても価格が様々なので、私も本当に悩みました。

では、チャイルドシートが購入とレンタル、どちらが良いのが見ていきたいと思います。

購入のメリットは?

4622a475831db3bbbfa90a870f11ad52_s
日常で車を利用するなら、迷わず購入の方が良いです。

チャイルドシートにも、ベビーシート、チャイルドシート、ジュニアシートとタイプがあり、それぞれ使用できる期間は決まっています。

使用する期間が限られていますが、価格はお手頃な物も販売されています。

もし、大きくなってチャイルドシートを切り替える場合でも、2人目でそのまま使える事も出来ます。

また、お値段は4万円前後としますが、新生児から長く使えるロングユースのタイプが多く販売されています。

子供の成長に合わせて変えられるので、長く使える為人気ですね。

金額はかかってしまいますが、一年以上使う場合はレンタルよりもお得です。

また、必要がなくなってしまったら、友人に譲ってあげる事やリサイクルに出品する事も出来ます。

レンタルのメリットは?

244876
1年以上継続してレンタルを考えている場合は、購入と比較した方がよいと思いますが、一時的に必要な場合は、レンタルの方が良いですね。

チャイルドシートは、大きくて重い物が多いので、持ち運びには荷物がかさばってしまいますよね。

レンタルの良さは、使う場所に送ってもらえれば移動も楽にできますし、お値段も短期間であれば断然お得です。

人気のチャイルドシートや高価なチャイルドシートもお手頃な価格でレンタルされています。

その為、里帰り出産などで一時的に帰省する時や夏休み、年末年始等の帰省で車に乗る場合は、人気のチャイルドシートが借りられない場合もあるので、早めに予約をしておく事をおすすめします。

また、レンタルで注意したい点があります。

それは、借りたチャイルドシートが、いざ車に取り付けようとしたら合わなかったという事です。

レンタルする前に、乗車する車に取り付け可能のタイプか確認をしてから予約をするようにしましょう。

レンタルの相場ってどれくらい?

f22aa995f363e15bfb9c0dde3e17fbbe_s
では、短期間でレンタルをしようと思っても、実際どれくらいかかるのでしょうか。

使う期間によってレンタル代は異なります。

ちょっとした帰省や旅行などで1週間のレンタルをする場合は、2000円代から3000円代で借りる事が出来ます。

里帰り出産等で1ヶ月程レンタルする場合でも、3000円代から5000円前後で借りる事が出来ます。

また、子供が大きくなってジュニアシートをレンタルする場合だと、1000円代から借りる事が出来ます。

レンタルは延長が可能な場合もあります。

まずは、使う期間を決めましょう。

レンタル代に返却の際の送料を合わせても購入するより安くなるなら、早めに気に入ったチャイルドシートを予約する事をおすすめします。

他にもこんな選択も?

48d552fc49ae27f62802c2cf108f3716_s
新品の購入はちょっと高すぎるけど、レンタルだと使いたい期間が長すぎて逆に高くなると悩んでしまったら、他にも選択肢はあります。

それは、中古のチャイルドシート選びです。

チャイルドシートのレンタルを行っている所でも、中古販売をしている事もあります。

またリサイクルショップやオークション、フリマサイト等でも多く出品されています。

その際、購入前に確認したい事をお伝えします。

・乗車する車に取り付け可能か確認する
・故障や破損など、きちんと使える物か確認する
・耐久年数を確認する

せっかく安く購入しても、きちんと使えなければ無駄になってしまいます。

検討する際は、事前に確認をしておきましょう。

まとめ

3878f690dd9fe9d9d574be322cb3ff3d_s
ここまで、チャイルドシートのレンタルについてお話させていただきました。

子供の物って使う期間が限られているからこそ、購入するかレンタルするか色々と考えてしまいますよね。

チャイルドシートもご家庭によって使用する頻度も違うので、色々と比較されて決められてはいかがでしょうか。

また、車に乗る際は、チャイルドシートを子供が嫌がってしまっても、大切な命を守る補助装置なので、きちんと乗せて、楽しいドライブを送ってください。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER