MUGYUU!ロゴ

妊活中にフォアグラはどんな効果があるの?食べる際には注意が必要!!

この記事の監修 管理栄養士

井澤綾華

管理栄養士、栄養教論第一種

葉酸は通常の生活にはもちろん、妊活中の女性から妊婦さんまで必要な栄養素で、胎児の神経管閉鎖障害のリスクが少なくなると有名ですよね。
出来ればサプリメントに頼るのではなく、食品から摂りたいと思っている方も多いのではないでしょうか?
そこで、今回は高級食材「フォアグラ」にスポットを当てて「葉酸が妊活にどんな効果があるのか?」「フォアグラを食べる際の注意点は何か?」など色々調べてみました!

フォアグラにはどれぐらい葉酸が含まれているの?

shutterstock_154341764

フォアグラは、ガチョウやカモなどの鳥の脂肪肝です。「肝臓」ということは、言い方を代えれば「レバー」。レバーには妊活中に必要な鉄分や葉酸がたっぷり含まれています。
フォアグラに含まれている葉酸の量は100gあたり220μgです。
厚生労働省では1日に480μgの葉酸を摂取することを勧めていますが、フォアグラは高カロリーで100gあたり510kcalもあります。
フォアグラだけで1日の葉酸を摂取しようとせず、ほかの食材をバランスよく食べましょう。

フォアグラは妊活にどんな効果があるの?

shutterstock_637274113

フォアグラの栄養価が高い事は何となく分かるけど、妊活にはどんな効果があるのでしょうか?
さっそく見てみましょう!

貧血を予防してくれる銅が含まれている

shutterstock_594856076

赤血球中のヘモグロビンは鉄を成分としていますが、銅はこのヘモグロビンを作るため鉄を必要な場所に運ぶ役割を持っています。
そのため、体内に鉄が十分にあっても銅がなければ赤血球が上手に作れないので貧血になってしまいます。

血液を正常化してくれる不飽和脂肪酸が含まれている

shutterstock_404084629

フォアグラは半分以上が脂肪と言われていますが、一番多いのはオリーブオイルなどに含まれる不飽和脂肪酸です。
この不飽和脂肪酸は血液の濃度を正常化したり、悪玉コレステロールを下げる作用があるので、動脈硬化の予防、高血圧の予防などに効果があります。

免疫力をupさせてくれるビタミンAが含まれている

shutterstock_157498331

ビタミンAは、免疫機能を維持するほか、皮膚や口・鼻・のど・肺・胃・腸・粘膜などの健康を保つ働きがあります。不足するとのどや鼻から細菌やウイルスが侵入しやすくなり、風邪やインフルエンザなどにかかりやすくなります。
ただし、妊娠中にビタミンAを多く摂りすぎると胎児に奇形などの悪影響が報告されているので、過剰摂取に注意して下さい。

冷え性やホルモンバランスを整えてくれるビタミンB12が含まれている

shutterstock_499280881

ビタミンB12の重要な働きは、骨髄内で正常な赤血球をつくりだすことです。
この造血効果は血行を良くしてくれるため、冷え性の改善やホルモンバランスを整えてくれます。
また、流産予防や貧血の予防・胎児の発達をサポートする効果もあります。

妊婦さんがフォアグラを食べる時の注意点

shutterstock_618979907

栄養価が高いフォアグラですが、妊婦さんが食べる時に注意が必要です!
どんな事に気を付けたら良いのか見てみましょう!

先天性トキソプラズマ症に注意

shutterstock_637626565

トキソプラズマ症とは、人間を含めた多くの哺乳類や鳥類に感染する寄生虫です。
健康な人が感染した場合はほとんど症状が出ないか、出てもリンパ腺の腫れや発熱といった軽い症状のみで回復することがほとんどですが、妊娠中に初めてトキソプラズマに感染し、それが胎児に感染すると「先天性トキソプラズマ症」を発症する場合があります。
流産や胎児死亡などの原因になりますし、無事に生まれてきたとしても、水頭症や発達が遅れ視力に障害が起こったりすることや、 黄疸、肝臓や脾臓の腫れ、皮下出血などの症状が出ることもあります。

ビタミンA(レチノール)の過剰摂取は先天性異常につながる

shutterstock_401541511 (1)

妊婦さんがビタミンA(レチノール)を過剰摂取すると胎児の心臓や血管などに異常が起きたり、先天性異常などの影響が起きることがあります。
妊婦の1日のレチノール上限摂取量は2700μgですが、推進量は650~780μgとされています。
フォアグラ100gあたりには1000μgのビタミンA(レチノール)が含まれているので、1日の推進量を遥かに上回ってしまいます。

ただし、フォアグラは高級食材なので毎日食べる訳でもないですし、1回上限量を超えたからと言ってすぐに先天性異常などのリスクが起きる訳でもないので、そこまで気にしなくても大丈夫ですが、お店などで食べる量には注意しましょう

生活習慣病のリスクを高めるパルミチン酸が含まれている

shutterstock_537732718

フォアグラは飽和脂肪酸のパルミチン酸が多く含まれています。
パルチミン酸を摂り過ぎるとコレステロールや中性脂肪を増やし生活習慣病のリスクを高めると言われています。

妊活に効果的なフォアグラのレシピ

shutterstock_478883737

お家で☆フォアグラと牛ヒレ肉のステーキ♪

本格フレンチをお家でも☆
贅沢だけど、以外とソースの材料など簡単

材料 (2人分)
牛ヒレ肉100g×2切れ
フォアグラ50g×2切れ
塩コショウ少々
小麦粉適量
サラダ油・バター少量
■ 【ソース】
★バルサミコ酢 大さじ3
★しょうゆ大さじ3
★ハチミツ(または砂糖) 大さじ3

引用:レシピはこちら

フォアグラステーキ☆ザクロソースかけ

油っぽくなくざくろのサッパリステーキソースです!

材料 (2人分)
フォアグラ2切れ
しょうゆ大さじ2
ザクロエキス大さじ1
レモン汁 大さじ1
フォアグラを焼いたときに出た油少々
にんにく 1かけ
バター大さじ1
ブラックペッパー少々
焼き野菜好きなものを

引用:レシピはこちら

まとめ

妊活中や妊娠中でも、たまには息抜きに贅沢してランチやディナーへ行きたいですよね♪
コースなどではフォアグラが出て来ることもあると思います。
ですが、フォアグラは妊娠中には注意が必要ですので、食べる際には気を付けて下さいね。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER