MUGYUU!ロゴ

学資保険は必要?不要?メリットデメリットを抑えて子供の将来に役立てよう!

子どもが生まれると、あるいは生まれる前から学資保険には加入しようと漠然と考えるようになる人は多いのではないでしょうか。

でも、子どもの教育費は一人当たりどのくらいかかるのか…高いとはわかってはいるものの、よくわからないというのが現状ですよね。そこで今回は学資保険の必要性やメリット、デメリットやかかる教育費などをご紹介していきます。

学資保険とは

6bf862a00462fac02aa702c8adf324fb_m
学資保険とは、子どもにこれからかかってくる教育費の負担を少しでも抑えるための積み立て型保険です。子どもが小さい頃から保険料を積み立てていくことで、ドンと高額な費用がかかる大学入学時などに合わせて保険料が支払われるというシステムなのです。

また万が一保険契約者の身になにかがあったとしても、その時点で保険料の支払いはしなくても満期の保険金がいただけます。何があるかわからない人生のために、子どものために是非入っておきたい保険が、学資保険ということなのです。

学費はどれくらい必要なの?

d5ff64fffe8bcf40eaf6894a65ca0073

引用:http://hoken-kyokasho.com

子どもが生まれると、何にしてもお金がかかるのが教育費です。よく「我が家は全て公立に行かせるから大丈夫」などというセリフを聞きますが…。実はあまり大丈夫ではなく、こちらの表を見る限りでは全て公立に通ったとしても1000万はかかってしまうということがわかります。

私立に至っては、その1.5倍はかかってしまうというものすごい金額になってしまうのです。全て公立で…とは思っていても、成績が振るわず止むを得ず私立を選択しなければならないというケースもありますからね。教育費は計画的に、多めに予算を組んでおくことが大切なのです。

また、この表は純粋に学費だけの費用を表しています。これに習い事もプラスすると、習い事の種類にもよりますが年間で300万ほど準備しておかなければならないこともあります。

特に芸術系はお金がかかりますからね。このような、純粋に教育費のみの計算ではなく習い事なども頭に入れておくと安心です。

学資保険のメリット

64c6103a1092189520590f3148659262_m

それでは、学資保険に入ることによって得られるメリットについて主に5つご紹介します。

生命保険保障(払い込み免除特約)

先ほどもチラッとお話ししましたが、学資保険は生命保険機能も備わっていて契約者に万が一のことがあった場合はそれ以降保険料の支払いをしなくても満期の保険金が振り込まれます。これが、学資保険の最大のメリットなのではないでしょうか。

自分は大丈夫とは思っていても、人生は何があるかわからないのが世の常というものです。

確実な貯蓄

8c0822942c24ab5bf27703cbc1267dc6_m

子どもの教育費を学資保険に頼らずとも自分たちで貯めようとは思いつつも、なかなか現実はうまくいきません。
子どもも成長していくにつれてお金がかかっていき、半ば強制的に支払っていく学資保険でないとなかなか確実な貯蓄は難しいものです。

返戻率などの貯蓄より増える

満期まで保険料を納めた場合は、最終的にもらえる返戻金が納めた金額よりも高くなります。
そのため、最終的に支払ったよりも多くのお金が入ってくるということになるのです。

返戻率に関しては保険会社によって、また学資保険のプランによって異なりますので、よく確認していきましょう。

50万円以上の差額は税金外

返戻率が振り込まれると、税金がかかってしまうのではないかと不安になってしまう人も多いです。
しかし、受取人を契約者本人にしておけば贈与税の対象にはなりませんし、50万円以上の差額が発生しない限り所得税の対象にもなりません。

税金に関しては、受取人さえしっかり設定しておけば心配は要りません。

保険控除など

学資保険は生命保険控除の対象となりますので、申告をすれば住民税や所得税が少なくなるというメリットもあります。
会社員は年末調整のための書類が会社からもらえると思うので、しっかり記入して確認しておきましょう。

また自営業の方は確定申告を忘れずにおこなってくださいね。

学資保険のデメリット

90787cbc0ba3f3f548f203ba46bd4b52_m
学資保険は良いことだらけではあるのですが、やはり良いところもあれば少し心配になるところもあります。
そこで、学資保険のデメリットについて2つ説明していきましょう。

途中解約で損をする

学資保険は満期まで保険料を支払って初めてそれぞれ記載されている返戻率が適用されます。
これが途中で解約するようなことがあると、どうしても払い込んだ保険料よりも圧倒的に損になる金額しか解約返戻金として戻ってこないのです。

解約するなら何年かは続けて行かないと、短い期間では返戻金がない場合もありますので注意しましょう。

保険会社の倒産

世知辛い世の中ですから、保険会社もいつ倒産してしまうかわからない時代ではあります。
特に小さい保険会社の学資保険に入ってしまうとこのようなことが起こりやすく、満期になっても保険金が戻ってこないなどという悲劇が起きてしまいます。

なるべく保険会社は、大手の会社を選ぶようにすることも大切です。

学資保険加入者と非加入者の教育費の貯金は?

haebnfgqa

引用:http://hokensc.jp/gakushi/chokin.html

学資保険に加入している人は、47.4%とおよそ半数近くの人が当てはまります。もう半分のうち自身で教育費を捻出している人は20.5%、何もしていないという人は32.1%にのぼるなど、割とその場しのぎで生活している人も多いということがこのデータからもわかりますよね。

だいたい学資保険に加入していない人の教育費の貯金額は、月額で10000~15000円くらいがほとんどです。大学入学時には200~250万円の貯蓄額に達しているのが平均的です。

学資保険が必要ではない人

471f593d4a549d95b76d8229730ab8cc_m

学資保険が必要ない人も、もちろんいます。それはズバリ、学資保険に頼らなくても十分な財力がある人です。

資産がある人や株や投資などでお金がどんどん入ってくるような人、そして貯金が得意な人には学資保険は必要ないかもしれません。ただ、貯金が得意で今現在で数千万円の貯金があれば話は別ですが、万が一のことがあったときには何も保障がないということを頭に入れておくと良いでしょう。

学資保険利用者の体験談

私の両親は学資保険を利用して、実際私を中学校から私立に行かせて大学まで入れさせてくれました。高額な費用がかかる私立の学校の入学時には、学資保険の保険金が支払われてかなり助かったと言っていました。

ただ、友人の家は学資保険に入っていたものの離婚で解約せざるを得なくなり、解約返戻金がほとんど戻ってこず苦い思いをしたそうです。学資保険を利用して良い教育を受けさせることができる家庭から、トラブルによって解約をして損をしてしまった人もいるということですね。

無料相談や各保険会社の学資保険比較(それぞれの保険会社特徴を比較・まとめ)

学資保険は様々なタイプのものがあり、それぞれ返戻率なども異なって保険金を受け取るタイミングも異なります。そこで、代表的な2つの学資保険についてプランやサービスを比較していきましょう。

かんぽ生命

166464arfaerf

引用:http://jp-life.japanpost.jp

かんぽ生命には、学資保険の種類が3パターンあります。

大学入学時に費用を準備できるコース

保険料は17~18歳まで払い続けていきます。
この他にも、保険料は高くなりますが12歳までに払い終えるタイプもあります。
大学入学時の満期に、300万円が振り込まれます。

小、中、高校、大学それぞれの入学時に費用を準備できるコース

小学校入学時に15万円、中学校入学時に30万円、高校入学時に45万円、そして大学入学時の満期に300万円が振り込まれます。
このプランは、子どもが0~3歳までに加入することができます。

大学入学時と在学中に費用を準備できるコース

お金がかかる大学生活を少しでも楽にするコースです。
大学入学時から4年間、毎年75万円が振り込まれます。
かんぽ生命では、定期的にライフプラン相談会を無料でおこなっています。
補償内容などがよくわかるライフプランシートも無料でもらえるので、人気となっています。

フコク生命

166464arfaerf654

引用:http://www.fukoku-life.co.jp

フコク生命では2種類の学資保険があり、それぞれ返戻金をもらえるタイミングが異なります。

ステップ型

30歳男性が子どもが0歳のときから加入して、毎月9493円の保険料で22歳が満期です。
受け取り総額は210万円で、返戻率は108.4%となっています。

ジャンプ型

30歳男性が子どもが0歳のときから加入して、毎月8897円の保険料で22歳が満期です。
受け取り総額は210万円で、返戻率は110.1%となっています。
フコク生命では、お客さまアドバイザーが責任を持って対応してくれるので、安心して見積もりなどを計算してもらえます。

まとめ

学資保険の必要性を感じていただくために、メリットなどのポイントを5つご紹介してきましたが、いかがでしたか?学資保険は生命保険も込みで、契約者本人に万が一のことがあったときにも保障をしてくれる便利なものです。自分たちで貯金する自信がなかったり、よほどの資産家でない限りはなるべく加入しておいた方が良いでしょう。

ただ、学資保険に加入したからには、満期まで払い続けるという気持ちを持って行かなければなりません。そこだけ注意して、しっかり子どもの教育費を捻出しましょう。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER