MUGYUU!ロゴ

排卵検査薬おすすめ4選!特徴や選び方を知って妊娠確率UP♪

みなさん、妊活に一番大事なことは何だと思いますか?

体調を整えること?
生理周期を整えること?
食生活を整えること?

勿論、上記の3つも大事ですが、妊活に一番大事なことはズバリ!「排卵日を知ること」です!

排卵日を制する者は妊活を制す!と言っても過言ではありません!

では、排卵日はどのように予測できるのでしょうか?

基礎体温を測る方法やオギノ式が有名ですが、ここでは手軽で簡単に排卵日を予測できる「排卵検査薬」について、正しい使い方や選び方・おすすめの排卵検査薬をご紹介したいと思います!

ぜひ、購入の参考にしてみてくださいね♪

排卵検査薬ってなに?

排卵検査薬とは、尿の中に含まれる「LH(黄体形成ホルモン)」の濃度を測定し、最も妊娠しやすい時期である排卵日を予測する検査薬です。

排卵日を確実にとらえ、タイミングを合わせてセックスすることで妊娠の確率を高めることができます。

排卵検査薬の仕組みは?なぜ排卵日が分かるの?

尿の中に含まれる黄体形成ホルモン(LH)は女性ホルモンの一種で、排卵を促す作用を持つホルモンです。
普段から少量分泌されていますが、排卵直前になると脳下垂体前葉から大量に分泌され、排卵を起こす働きがあります。

この黄体形成ホルモン(LH)の大量分泌を「LHサージ」と呼び、LHサージから約24~48時間以内に排卵が起こります。
排卵検査薬は尿中の黄体形成ホルモン(LH)を検出し、LHサージをとらえ排卵日を予測することができます。

排卵検査薬の種類は?選び方はどうすればいい?

排卵検査薬には、唾液で排卵日を予測する方法と、採尿して排卵日を予測する方法があります。
また採尿する方法も、ペーパータイプ・スティックタイプ・デジタルタイプと種類が様々あります。

下記で詳しく説明しますので、ご自分で使いやすい方法を選んでくださいね。

検査方法

唾液排卵検査薬(唾液チェッカー)

排卵期に変化する唾液の結晶を見ることで、排卵期を予測する検査法です。

女性の体はホルモンによって唾液の状態も変化します。
特に排卵が近づくと唾液中にシダ状の結晶が現れてきます。
このシダ状の結晶が現れるかどうかを顕微鏡のようなレンズを利用して、排卵日を予測する方法です。

半永久的に何度も使えるので経済的ですが、シダ状の結晶を確認するのにコツが必要なため、慣れるまで分かりにくいと言う一面もあります。
また、排卵期の特定はできますが、排卵日の特定は難しいと言うデメリットもあります。

採尿排卵検査薬

尿中の黄体ホルモン(LH)の値で排卵日を予測する検査法です。

スティックなどの形状のものに尿を数秒かけ、尿中の黄体形成ホルモン(LH)の濃度を測定し、陽性・陰性で表します
一般的に陽性反応が出てから24~48時間以内に排卵します。
線の濃さを判断できるようになるまで2~3周期が必要ですが、慣れてくれば誰でも判別しやすく、唾液チェッカーよりも排卵日の特定がしやすいと言うメリットがあります。

しかし、1回1回の使い捨てなので、経済的ではありません。

タイプ

排卵検査薬のタイプは「ペーパータイプ」「スティックタイプ」「デジタルタイプ」の3種類があります。
それぞれ、どんなメリット・デメリットがあるのか見てみましょう!

ペーパータイプ

普通紙を細い短冊状にカットしたような形状のペーパータイプ。

海外製の排卵検査薬に多く、検査手順は、容器に取った尿に検査紙の尿吸収体部分を5秒間~15秒間浸し、判定結果が出るまで平らに置きます。
判定ラインの濃さで判断するものが一般的です。

日本製品より、1本当たりの単価が低いので、コストパフォーマンスが良いと言うメリットがあります。

ただし、濃いのか薄いのか分かりづらかったり、検出感度が低いものもあると言うデメリットがあります。

スティックタイプ

プラスチックのスティックタイプで、持ち手部分と判定部分にプラスチック性のカバーが付いています。

日本製の製品に多く、使い方は簡単で、採尿部に直接尿をかけるだけで検査することができます。
判定結果が出るまでの間は、採尿部に付属のキャップを付けることができるので、清潔を保つことができ、扱いやすいです。

また、海外製品とは違い、陽性・陰性が分かりやすいと言うメリットがあります。

ですが、海外製品より値段が高いというデメリットもあります。

デジタル式タイプ

スティックタイプの排卵検査薬と使い方は同じで、採尿部に直接尿をかけるだけで検査することができます。

スティックタイプの検査薬はラインの濃さで判定しなければいけないので、使い慣れていないと判定結果を読み取るのが難しいですが、デジタル式は検査結果がデジタルで表示されるため、正確に状態を把握することができると言うメリットがあります。

ですが、スティックタイプより価格が高いと言うデメリットがあります。

日本製・海外製

排卵検査薬には日本製と海外製があります。
各特徴を下記の表にまとめてみましたので、参考になさってください。

製造元 日本製 海外製
値段 高い

安い
判定のしやすさ 判定ラインと基準ラインがあったり、ラインの本数が増えるものがあり、分かりやすい

ラインの濃さで判断するので分かりづらい
判定の感度 尿中濃度が20mIU/mL~50mIU/mLで検出できるよう、検知感度が定められている

検査薬によって検知感度が異なる
購入のしやすさ 薬局・ドラックストア・ネットで購入可能 ネットで購入可能
衛生面 採尿部にキャップを付けられるので衛生的 採尿部がむき出しなので、不衛生に感じる人もいる
説明書 日本語表記 英語の場合がある

日本製の方が品質が優れていると思われがちですが、海外製のもと品質に大きな差はありません。

ただ、製品によって感度が異なるため、感度が高い製品だと、LHの分泌量が少ない人でも対応でき、逆に分泌量が多い人が感度が高いものを使用すると、早いタイミングで陽性反応が出てしまう場合があります。

そのため、自分の体質に合った製品を使用することが重要です。

  • コストパフォーマンス重視の人は海外製がおすすめ!
  • 使いやすさ、判定のしやすさ重視の人は日本製がおすすめ!

排卵検査薬はどこで購入できるの?

以前は医療用医薬品として販売されており、調剤薬局でしか購入することができませんでしたが、2016年9月より「第一類医薬品」となり、年齢や氏名、医薬品の使用状況を確認することで、薬剤師がいるドラッグストアや薬局・ネット通販でも販売が可能となりました。

海外製品は、ネット通販で個人輸入という形で販売されています。
日本製品と違い、薬剤師による書類のチェックがないので、買い求めやすいですが、偽物や粗悪品が混ざっている場合もありますので、必ず信頼のおけるサイトから購入するようにしましょう。

排卵検査薬おすすめ4選!

妊活にいざ排卵検査薬を買おうと思っても、たくさん商品があって、どれを選べば良いか迷っちゃいますよね!

そこで、おすすめの排卵検査薬を4種類ご紹介したいと思います!
ぜひ、購入の参考にしてみてください。

ロート製薬(株)【第1類医薬品】ドゥーテストLHa排卵日予測検査薬 12本

LH(黄体形成ホルモン)の変化をとらえ、最も妊娠しやすい時期(排卵日)を約1日前に予測する検査薬です。
たった2秒尿をかけるだけの簡単操作。見やすく分かりやすい判定窓で、基準ラインと見比べるだけで簡単に判定ができます。
広い採尿部で尿ハネせずにしっかり尿をキャッチすることができます。

詳細(税抜)
通常価格: 3,800円
内容量: 12回
尿中LHの検出感度: 30mlU/mL
採尿時間: 2秒
判定時間: 5分

(株)アラクス チェックワンLH・Ⅱ排卵日予測検査薬 第1類医薬品

もっとも妊娠しやすい排卵日が約1日前に分かります。
尿を2秒かけ3分待つだけでなので簡単に検査ができます。
大きな窓でラインが比較しやすいので、判定結果がわかりやすいのが特徴です。

詳細(税抜)
通常価格: 3,780円
内容量: 10回
尿中LHの検出感度: 40mlU/mL
採尿時間: 5秒
判定時間: 3分

武田薬品工業(株)【第1類医薬品】ハイテスターH 10回用

ラインの濃淡ではなく、ラインの本数で判断する独自技術による「トリプルライン検出法」で判定がしやすくなっています。
また、検査薬に直接検査日の記入ができるので、いつ検査したのか記録して置くことができます。

詳細(税抜)
通常価格: 4,380円
内容量: 10回
尿中LHの検出感度: 30mlU/mL
採尿時間: 5秒
判定時間: 10分

オムロン【第1類医薬品】クリアブルー 排卵日予測テスト 12回分

最も妊娠しやすい時期(排卵日)を約1日前に予測可能。
5秒間尿をかけるだけの簡単操作で、わずか3分間ですぐに判定できます。

詳細(税抜)
通常価格: 4,800円
内容量: 12回
尿中LHの検出感度: 40mlU/mL
採尿時間: 5秒
判定時間: 3分

排卵検査薬の正しい使い方は?

正確な排卵日を予測するためにも、排卵検査薬は正しく使いましょう!
下記に使用方法やおすすめの使い方が書いてあるので、参考にしてみてください。

使用方法

排卵検査薬の使用方法はとても簡単でスリーステップでできます。

  1. スティックタイプとデジタル式タイプは、キャップを外し直接尿をかけるか尿を容器にとって浸す。ペーパータイプは尿を容器にとって浸す。
  2. 採尿が終わったら、キャップがある場合はキャップをし、無い場合はティッシュの上など、平らなところに置く
  3. 規定時間が経過したら、判定ラインを確認する

毎日同じ時間帯に検査しよう!

排卵検査薬の説明書を見ても「〇〇時に検査しましょう」と時間が決められている訳ではないので、いつしたら良いか迷っている人も多いと思います。

排卵検査は尿中のLH濃度を測るための検査なので、尿の濃度が薄すぎても濃すぎても上手に計測することができません。

朝一番の尿は濃度が高まっているので、偽陽性が出る場合がありますし、黄体形成ホルモン(LH)は起床後しばらく経ってから生成されるので、朝起きてすぐに検査するのではなく、しばらく経ってから検査した方が良いと言われています。

また、使用する尿は時間を置いたものではなく、排出されたばかりの新しいものを使い検査するようにしてくださいね。

かける尿量に注意しましょう!

排卵検査薬にもよりますが、尿をかけるタイプの検査薬は、尿の量が多すぎると正しく検査できない場合があるので、必ず説明書を確認し、書かれている秒数で検査するようにしましょう!

逆に尿の量が少なすぎても、尿量確認ラインや基準ラインが表示されないことがありますので注意が必要です。

正しく検査できないと再検査しなければいけないので、はじめて使う場合は容器にとって採尿した方が正しく検査できるかも知れませんね。

1日2回検査するのがおすすめ!

LHサージは開始からピークに達するまで14時間かかり、ピークの状態が14時間続き、20時間かけて下降していきます。

朝に検査した時に陰性でも、夜には陽性になることがあります。
1日1回朝だけしか検査をしないと、排卵のタイミングを逃してしまう可能性がありますし、いつから排卵のタイミングが来ていたのか分からないので、チャンスを逃さないためにも朝・晩2回検査することをおすすめします。

POINT

検査結果は、判定ラインの本数やラインの濃さで陽性か陰性かを判断します。そのため、前日の結果と今日の結果を比較する必要がありますので、検査薬を保管したり、写真を撮ったりメモをするなど、比較するための工夫をしましょう。

妊娠の確率がより高くなるタイミングは?

少ない妊娠のチャンスを逃さないためにも、自分の生理周期を把握していることがとても大事です!

排卵検査薬を使い正しく検査するためにも、まずは毎日基礎体温を測り、自分の体について知ることが重要です。

生理周期が規則的な人のタイミングは?

月経周期が一般的な28日周期の女性の場合、次の生理開始予定日の約14日前が排卵日と言われています。
月経周期によって、排卵日は異なってきますが、基礎体温をしばらく測り続け、自分の生理周期が分かったら、その日数から考えて排卵日を予測しましょう。

排卵が起こる日を排卵日と呼びますが、この前後を排卵期と言い、最も妊娠しやすいと言われています。
特に排卵日の1~2日前が一番妊娠しやすい時期ですので、チャンスを逃さないためにも、排卵予定日の数日前から排卵検査薬を使うようにしましょう。

また、排卵検査薬で初めて陽性になった時から、排卵が起こる可能性が高いのは約40時間以内と言われています。

さらに、精子が女性の体内で生き続けるのは2~3日で、動きの早い精子は5~6時間で受精が行われる卵管に達します。
一方、卵子は排卵後、24時間しか生殖能力がありませんので、排卵当日のセックスでは、多くの精子がたどり着く前に卵子の寿命が尽きてしまうので、排卵の数時間以上前から女性の体内に精子をスタンバイさせましょう♪

できれば、検査薬が陽性反応を示してからから3日間連続でセックスするのが、妊娠率を高める最も確実な方法です。

生理周期が不規則な人のタイミングは?

生理周期が不規則な人は、生理周期から排卵日を予測しにくいため、排卵検査薬を使用する際に少し注意が必要です。

まず、最近の2〜3周期の中で、一番短かった周期をベースに計算し、次回生理開始予定日を決め、予定日より17~20日前から排卵検査薬を使いましょう。
早ければ数日うちに陽性反応がみられるでしょう。

検査薬が陽性反応を示してからから3日間連続でセックスするのが、おすすめです♪

排卵検査薬を使用する際の注意点

排卵検査薬の結果は尿の中に含まれるLH(黄体形成ホルモン)の濃度で決まるので、正確な判定と正しい判断をするための使用上の注意点があります。

薬を服用している場合は?

風邪薬や頭痛薬など一般的に市販されている薬については、検査前に摂取しても問題ないとされていますが、不妊治療のために投与されている薬剤の中には、検査結果に影響を及ぼすものが含まれている場合があるので、必ず医師や薬剤師に相談しましょう!

お酒は大丈夫?

適度な飲酒や運動は問題ないとされていますが、お酒をたくさん飲むとトイレが近くなりますし、激しい運動は汗をかきやすくなるので、体の水分量が変わってしまいます。
体内の水分量が変わると、尿の濃度に影響を及ぼすことがあるので、排卵検査の期間中は飲酒や運動はほどほどにしましょう!

また、水やお茶も飲みすぎると尿中のLHホルモンの値が薄まってしまい、正しい判定ができない場合がありますので、摂りすぎに注意しましょう!

トイレはどうしたら良いの?

検査結果は尿の濃度と関係しているので、前回の排尿から検査までの時間が短いと、尿の濃度が薄くなってしまうこともあるので注意が必要です。
どうしてもトイレが近くて時間を空けるのが難しい場合は、毎日の排尿間隔を一定にして測るようにしましょう。

まとめ

妊娠のカギを握る排卵日を知るのはなかなか難しいですが、排卵検査薬を正しく使うと体の変化が分かるので、排卵日を予測することができます。
また、基礎体温を記録したり、おりものをチェックすることで生理周期や排卵のリズムなどをより正確に把握することができます。

自分の体を正しく理解し、妊娠の確率をUPさせましょう♪

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER