MUGYUU!ロゴ

1,245

お手軽・簡単ハーフバースデー!タレントママのキュートな装飾方法とは?

「ハーフバースデー」という言葉をお聞きになったことはありますか?
ブログでタレントママさんが報告されていたり、お友達がSNSに掲載していたりして目にされたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
とはいえ、初めてのお子さんをご妊娠、出産される方はまだご存知ではない方もいると思います。
何を隠そう著者自身も第一子を妊娠・出産するまでは「ハーフバースデー」への認識が全くなかった者の一人です。
ここでは最近広まりつつあるハーフバースデーについて、タレントママさんの紹介されている方法などを交えてご紹介させていただけたらと思います。

ハーフバースデーとは?

まずはハーフバースデーについてです。
ハーフバースデーとはその名の通り、1歳のお祝いに先駆けて、生後6か月の際に生後半年(1/2年すなわち1年のハーフと言う意味です)をお祝いするイベントです。
もともとはアメリカの習慣で、祝日や休暇と誕生日が重なってしまった子がみんなにお祝いをしてもらえるよう、誕生日の半年前や半年後に設定するものだったそうです。
これを赤ちゃんのお祝い事として日本流に取り入れたものがハーフバースデーなのです。
また、ハーフバースデーは、パパ・ママになって半年の記念日でもあります。
半年間育児を頑張ったパパ・ママに対して「お疲れさま」の意味を込めて行うことも多いようですよ。

ハーフバースデーはいつ行うの?

基本的には生後半年の日に行なうことが本来の意味通りになります。
しかし、パパのお休みやせっかくだからと、おじいさま・おばあさま等ご親戚のお家へ行かれる帰省の時期や、逆にお招きできる時期に合わせて6か月を過ぎてから行なうということもあるようです。
また、主役は赤ちゃんなので予定していても突然、当日に体調不良を起こして集まれる日を急きょ変更!というトラブルもあるようです。
半年のお祝いとはいってもあくまでもイベントなので、特にこの日にしなければいけないというわけではなく生後6か月の辺りで参加してほしい方(ご家族や親しいお友達)のご都合を優先されても良いのではないでしょうか。

ハーフバースデーのお祝いの装飾は?

まず皆さんもご存知だとおもいますが、ハーフバースデーと言ったら思いつくのがお祝いの際のお部屋の装飾です。
記念にお写真で残すことも大切ですし、ハーフバースデーのイベントに招待しなかったご友人にも報告を兼ねてSNSに掲載する方もいるでしょう。
バルーンアートでの装飾や切り紙でお部屋にペタペタするのも良いでしょう。
「HAPPY HALF BIRTHDAY!」や「HALF BIRTHDAY」と書いた文字や、ガーランドと呼ばれる三角形の布をひもでつなぎ合わせた飾りが一般的です。
もちろんお子さんの好きなキャラクターなどがあるようでしたら、そのイラストなどを可愛く飾ってあげるのもきっと喜ばれるのではないでしょうか。
6か月と言えばハイハイやズリバイなどで自分の意志で動ける時期です。
赤ちゃんの目に映る高さで色鮮やかに飾ってあげると視覚も刺激されて、手を伸ばしてみたり、お子さんの意外な反応も楽しめると思います。
また、装飾といえば最近人気なのが寝相アートやキューピー加工画像です。
寝相アートとは、綺麗なシーツやタオルなどを床に敷いて背景にして、オムツや布などで文字を描き、お子さんを寝かせて、上から写真を撮影し、まるで一枚の絵のようにしあげるものです。
タレントの藤本美貴さんもお子さんのハーフバースデーに撮影した寝相アートをブログに掲載しています。
halffujimoto.jpg
http://ameblo.jp/

「HALF BIRTHDAY」という文字を入れるのも良いですし、藤本さんのようにお子さんを「1」という数字に見立てて、「1/2」というようにまとめるのもかわいいですね。
キューピー加工画像とは、最近インスタグラム等のSNSで話題になっている、キューピーハーフを用いた加工画像のことです。
作り方はと言うと、まずスマートホンなどで画像加工アプリをダウンロードします。
このとき、背景やスタンプがかわいいものをチョイスするとより素敵な画像ができること間違いなしです!
最近では無料のものでもスタンプや文字、背景がかわいいものがたくさんあるので、じっくりお気に入りのものを見つけてみてくださいね。
そしてキューピーハーフの写真とお子さんの裸(オムツでの写真だと後でお子さんが見た時に恥ずかしくなくてよいかもしれないですね)の写真を用意し、それぞれを画像加工アプリで切り抜きます。
画像加工アプリで背景を選択し、そこに先ほど切り抜いたお子さんとキューピーハーフの画像を貼り付け、スタンプなどでデコレーションします。
最後に「キューピーハーフ」の「キュー」をお子さんの名前に置き換えます。(例えばナナちゃんだったら「ナナピーハーフ」、ショウくんだったら「ショウピーハーフ」)
するとこのような画像が出来上がります。
kyupihalf

ハーフバースデーを一緒にお祝いできなかったおじいちゃん・おばあちゃんやお友達に、写真で撮って送ったり、最近ではこういった写真をチロルチョコの包装紙にプリントしてくれたり、グッズへのプリントをしてくれる業者さんも多くあるので、オリジナルのグッズを作って記念にするのも良いかもしれませんね。

ハーフバースデーのお祝いのお料理は?

6か月と言えば離乳食が進んでいる子も多いのではないでしょうか。
とはいえ、食べられるものは限られていますので、お子さんのお食事を取り立てて豪華に!と言うのは難しいかもしれませんが、食べられる食材を可愛くデコレーションしてあげるのはいかがでしょうか。
例えば、ご飯をケーキに見立てて、トマトのすりつぶしたものなどを使って可愛く文字を書いてあげたり、色々な野菜のピューレで彩りを鮮やかに飾ってあげるのも良いでしょう。
デコレーションが苦手なママさんは、お子さんの好きな食材をその日は食べさせてあげると言うことでも充分な「ごちそう」になると思います。
halfcake01_hb

さて、半年間育児を頑張ったパパ・ママに対しての「お疲れさま」の意味ももつハーフバースデーですが、パパ・ママもこの日はごちそうにしても良いと思います。
なかなかこの時期のお子さんを連れての外食は難しいかもしれませんがお家でケータリングをしたり、パパさんもお休みが出来るならば、パパさんが料理を振る舞うというのもママさんは少しお休みもできて喜ばれるかもしれませんね。
また、その時期までは授乳事情もあってケーキなどの甘いものは控えていたママさんもこの日は特別に解禁して半年お疲れさまと言うお祝いをパパさんとしても良いかもしれません。

ハーフバースデーの写真撮影は?

そして記念として思い出に残すためにも必要なのが写真撮影です。
タレントの小倉優子さんは、ハーフバースデーの際に息子さんに新生児のころのベビードレスを着せて写真撮影をしたとブログに掲載しています。
ogurahalfbirth
http://ameblo.jp/

半年経つと身長もお肉のつき方もだいぶ成長して、なかなか体重や身長という数字以外のところで実感することはあまりないかと思いますが、当時着たドレスを着てみれば「この頃はこんなにぶかぶかだったのに…」だったり、「胴回りや腕周りがこんなに余裕があったのにしっかりお肉も付いてきて…」と、比べてみてより実感することが出来るのではないでしょうか。
「せっかくだからベビードレスではなくてきちんとおしゃれをして、写真を撮ってもらいたい」と言うママさんももちろんいらっしゃるでしょう。
そんなママさんたちにはスタジオアリスさんやスタジオマリオさんなどの写真館での撮影もおすすめです。
セットや衣装は写真館で用意をしてくれますし、撮影をしてくださる方たちはやはり皆さんプロで、赤ちゃんの目線をしっかりカメラに向けてくれるようにする技術は素晴らしいです。
私自身そういった写真館を初めて利用した際に、子供たちが私たちの撮影したときは全く見られないような笑顔の写真を撮影してくださり、その写真を見てびっくりしました。
撮影の様子を見守るのも楽しいですし、何枚も撮影して頂いた写真の中から現像する写真などを選ぶのも夫婦やご家族で、どの写真のお顔が好きかなどワイワイ盛り上がれて楽しいと思いますよ。
こういった写真館は全国にチェーン店があり、約3000円~の撮影料金と、追加するアルバムやフォトフレームなどの商品に伴い料金が加算されていくシステムになっているところが多いです。
また、クーポンなど、お得なセット料金も設定されているようですね。

写真館以外でも、出張カメラマンさんにお家や公園などに来ていただいて撮影をしてもらえるというサービスもあるようです。
全国にチェーン展開されている写真館と違い、少し価格は高めに設定されている傾向が強いようですが、写真館とは違い、いつもの表情をプロの方に撮影して頂くことで、パパ・ママさんが目にされる表情も違って見えて、新たな発見があるかもしれません。
お気に入りの場所、普段よく生活している場所で特別な日の一枚を撮影すると言うのもまた趣深いかもしれませんね。

体験談の声や質問

・ハーフバースデー撮影時の両親の服装は?

思い出に残りますので、あまりカジュアルなのは避けたいですね。
やはりパパはスーツまたはジャケット。ママはワンピースが良いのではないでしょうか。
お宮参りの時と同じようなイメージが良いのではないでしょうか。

・スタジオアリスなど写真撮影の料金はどのくらい?

各社色々とメニューはありますので、何とも言えないですが、
一般的には1万円~3万円程度(撮影料+写真代)かと思います。

・ハーフバースデーで赤ちゃんにプレゼントしますか?

プレゼントは人によって分かれますが、プレゼントするならば、ファーストシューズなどが
おすすめですね。1歳の誕生日におもちゃなどが良いかなと思います。

・キューピーハーフの装飾はどうやればできる?

スマホの写真アプリで合成して作っている方が多いようですが、
実際に作るのであれば、キューピーの赤い格子をテープで作って、横に1/2を作り、
その上に寝かせてあげて、マヨネーズのボトルを持たせている方法が人気ですね!

まとめ

ハーフバースデーについて、記事を書かせていただきましたが、すでにご存知だった方も、この記事で初めてハーフバースデーを知ったと言う方も、最近のハーフバースデーの一般的な傾向についてお知らせすることが出来たでしょうか。
このように書いてきましたが、必ずしもこのようにしなければならない!と言うわけではありません。
それぞれのライフスタイルがありますので、そのライフスタイルに応じて、タレントママさんたちのされている方法やご自身が憧れる方法をアレンジしてみたらきっと素敵なハーフバースデーになると思います。
もしトラブルなどがあっても、それもありなのではないでしょうか。
きっと思い出として話すころには笑い話にもなるでしょう。
一番はお子さんが大きくなって、その時に撮影したお写真などを一緒に見ながら、その当時の記憶がよみがえるような素敵なハーフバースデーを企画して頂けたらと思います。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

WRITER