MUGYUU!ロゴ

573

ハーフバースデーを手作りの離乳食でお祝いしよう!

赤ちゃんがこの世に生まれてから6ヶ月。
あやすとにっこり笑ってくれたり、首がすわってしっかりしてきたり寝返りが出来るようになったりと、日々赤ちゃんの成長を感じられるのではないでしょうか。
パパやママもようやく少し赤ちゃんとの生活に慣れてきた頃かと思います。

そんな6ヶ月の赤ちゃんをお祝いするハーフバースデー。
ハーフバースデーをお祝いする習慣は日本にはありませんでしたが、SNSの普及の広がりからか、海外のセレブママの間で定着していたハーフバースデーが日本のママ達の間でも広がりを見せ、今ではずいぶん定着しました。
ハーフバースデーの頃は離乳食も始まったばかり。
まだまだ食べられるものは限られていますが、せっかくのお祝いですから記念になるようなおしゃれで可愛い離乳食を作ってあげたいですよね。

ここでは6か月の赤ちゃんが食べられるものや食べられないもの、ハーフバースデーのお祝いにぴったりの離乳食メニューなどをご紹介します。
ではまず最初に、そもそもハーフバースデーとは一体何なのかということをご紹介させていただきますね。

ハーフバースデーとは?

ハーフバースデーは元々イギリスやアメリカが発祥のお祝いです。
夏休みなどの学校が休みの時期に誕生日を迎える子どもは、友人たちと誕生日を一緒にお祝いできないですよね。
このことから、誕生日の半年前か半年後にハーフバースデーとしてお祝いする風習が出来たそうです。

b88d5921aa3371161be4d974a6c67e42_m

この風習が海外のセレブママ達から日本に流れて、赤ちゃんの生後6ヶ月のお祝いとして広く知れ渡りました。
また赤ちゃんだけでなくパパやママも親になって6ヶ月の記念日ですので、今はそれも合わせて記念日として家族みんなでお祝いをする日となっているようです。

お祝いに使える食材(食べられる物)

生後6ヶ月の頃は離乳食を始めたばかりで、食べられない食材がたくさんあります。
ここでは食べられるものと食べられないものをご紹介しますね。

離乳食を始めた月

主食になるもの

≫10倍がゆ、うどん、米粉、片栗粉

野菜

≫じゃがいも、さつまいも、にんじん、小松菜やほうれん草の葉先、湯むきして種を取ったトマト、とうもろこし、かぼちゃ、ブロッコリー、大根、かぶ

果物

≫りんご、みかん、いちご、桃、メロン、すいか、梨、バナナ

5621acc00ca403a7d1ab7278e2fa84f6_m

大豆製品

≫加熱した絹ごし豆腐

≫たい、ひらめ、たら、かれいなどの白身魚、塩抜きしたしらす干し

乳製品

≫調理した牛乳

離乳食を始めてから1ヶ月後

主食になるもの

≫8倍がゆ、そうめん、パンがゆ(食パン)、小麦粉

油脂

≫バター、植物油

野菜

≫はくさい、キャベツ、玉ねぎ、なす

3e2fc63090c933399121a06a36a631d1_m

大豆製品

≫木綿豆腐、きなこ(風味付け程度)

乳製品

≫チーズ(カッテージチーズなどの脂肪分が少なく塩の入っていないもの)

お祝いに使えない食材(食べられない物)

玄米

≫柔らかくつぶれにくく、繊維が消化しきれない為

もち、もち米

≫のどに詰まる恐れがある為

食パン以外のパン

≫砂糖や塩、卵などが使われている為

6f93569f5bb263a2101d54401f001a3e_m

マカロニ

≫柔らかくつぶれにくい為

そば

≫アレルギーによるアナフィラキシーショックを起こす可能性がある為

大豆、湯葉、高野豆腐、枝豆、おから

≫ペースト状にしづらいことと、アレルギー20品目食品である大豆濃度も高い為

≫のどに詰まりやすい為、アレルギーを起こしにくい卵黄でもスタートは7ヶ月頃から

d388b71e77c7ac1dc9dc649c3ca0ab65_m

まぐろ、かつおなど赤身の魚

≫脂質が多く、加熱すると硬くなってしまい食べづらい為

さけ

≫アレルギーの心配もあり、脂質が多い為

あじ、さばなどの背の青い魚

≫脂が多い上に加熱すると硬くなってしまい食べづらい為

かき、えび、かに

≫アレルギーによるアナフィラキシーショックを起こす可能性がある為

ff70c5109b585dd863ec040032ed3203_m

ほたて、あさり

≫アレルギーの心配がある為、離乳食期には与えない

いか、たこ

≫かたくて噛み切りにくい為

刺身

≫生ものは食中毒の恐れがある為

ツナ缶、サケフレーク、はんぺん、かまぼこ、ちくわ、あじなどの開き、ソーセージなど加工品

≫塩や脂、食品添加物などが多く含まれている為

肉類、レバー

≫脂質が多く、加熱して硬くなってしまう為

99237516767e96889d22f63540df3a1b_m

ごぼう、たけのこ、きのこ、わかめ、切干大根など

≫繊維質が多く消化しづらい為

キウイ、パパイヤ、マンゴー

≫アレルギーの心配がある為

ぶどう

≫すりつぶせない為

はちみつ

≫ボツリヌス菌の心配がある為、1歳までは与えない

509aa079bae812f2016c76307acbed92_m

調味料

≫油や塩、砂糖などが多く含まれる為

6ヶ月の頃は基本的に味付けはなしで、素材の味をいかした離乳食を作りましょう。

ハーフバースデー・離乳食体験談

まだまだ赤ちゃんのお世話にもようやく慣れてきた頃。
離乳食作りは手探り状態ですよね。
そんなハーフバースデーの大変だったことや、あると便利な離乳食グッズをご紹介しますね。

▼ 大変だったのは毎日毎日すりつぶすこと。
そして我が子は好き嫌いが最初からあって、食べられるくせに嫌がって食べないものがありました。

▼ 手で離乳食初期の赤ちゃんが食べられる状態にまですりつぶすのは本当に大変。
離乳食作りにはブレンダーは必須アイテム。

▼ 赤ちゃんの離乳食用のスプーンを嫌がって食べてくれなかったのですが、サーティーワンのスプーンを使ってみたら食べてくれました。
舌触りが良くて底が浅いし、大きさも赤ちゃんの口にちょうど良いみたいです。

▼ バナナを早いうちからあげすぎたからか、おかゆを嫌がるようになってしまい、バナナばかり食べるように。
甘くて味が濃いから、味の薄いものが嫌になったのかもしれません。

56Ayanoさん(@ayanoow)が投稿した写真

▼ 野菜のペーストはあまり食べてくれなかったので、ハーフバースデーのお祝いは果物のペーストで作りました。

▼ その頃はまだ離乳食を作ること自体に慣れてなくて、つぶす大きさもどれくらいなのかわからず悩んでいました。
手ですりつぶすのは大変なのだったので、ブレンダーを購入したら楽になりました。
おかゆに少しだけ野菜を加えたい時や色どり良くしたい時はベビーフードを活用しています。

▼ 野菜をゆでる時の柔らかさがわからなかったですね。
手探りで進めていました。食べられるものが少ないので、メニューもどうアレンジしていけばいいかわからなかったです。
毎食作るのは大変なので、まとめて作って氷の型などで凍らせて、ジップロックに入れ替えて保存しています。

▼ じゃがいもやかぼちゃは潰しやすいですが、にんじんは本当に柔らかく煮てからじゃないと裏ごししにくいです。
なのですりおろし機ですってから煮てました。

まとめ

パパ・ママ歴もようやく6ヶ月。
毎日が初めてのことだらけの赤ちゃんのお世話に慣れてきた頃に始まる離乳食は、赤ちゃんがミルク以外で初めて口にするものです。
最初はミルクくらい滑らかに、とろとろの状態にしてあげないと、赤ちゃんはとっても食べにくいです。

そこまですりつぶすのは本当に大変な作業ですし、それを毎日その時に作ろうとすると、赤ちゃんがぐずってしまったりととっても大変です。
つぶすのが楽になるブレンダーやミキサーは離乳食作りには必須アイテムのようですね。

0909573b3d3d96e9667506e2af438a3b_m

離乳食初期は食べられるものが制限されていて、特に食べられない食材にはアレルギーの指定食品も多いので、きちんと把握しておくことが大切です。
ハーフバースデーのお祝いの時には、食べられる食材の中でも赤ちゃんの好みに合わせて、好んで食べてくれる食材で作ってあげると、赤ちゃんも楽しんでくれるのではないでしょうか。

お皿に描く絵はワンワンやアンパンマン、スヌーピーなどいろいろとアレンジができそうですよね。
ご紹介させていただいたメニューが少しでもハーフバースデーのお祝いメニューの参考になればと思います。
ママの愛情いっぱいの離乳食で、赤ちゃんのハーフバースデーをお祝いを心に残るものにしてあげましょう。

\\ 『ハーフバースデー』の全てがわかるまとめ記事 //

READ MORE

2016/07/12

ハーフバースデー

お手軽・簡単ハーフバースデー!タレントママのキュートな装飾方法とは?

りなぎしゅはるる

1,445

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

WRITER