MUGYUU!ロゴ

赤ちゃんからでも食べられる雛祭りレシピ集まとめ

3月3日は桃の節句。
女の子の健やかな成長を願う行事、 「ひなまつり」ですね。
雛人形を飾って、みんなでひなまつりパーティー!
でも、いざパーティーをするにしてもどんなメニューを用意したらよいの?っと戸惑うママさんも多いのではないでしょうか?
ここでは、ひなまつりで食べたい縁起が良いとされるメニューをその由来などを交えてご紹介していきます。

ひなまつりに食べたいメニュー

ちらし寿司

f61df51bc5de52f7d8a8c968668134dd_m

ひなまつりといえば華やかなちらし寿司でお祝いするご家庭も多いですね。
このちらし寿司をひなまつりに食べるようになった由来はいろいろな説があります。
そのひとつは、平安時代、「なれ寿司」という今のお寿司の起源ともいわれている料理に、彩を良くするエビや菜の花などを食べるようになったという説です。

「なれ寿司」自体は見た目が地味だったので、具材をプラスすることで華やかさを出していたんですね。
これが現代まで受け継がれる中で、より見栄えや豪華を求められ現在のちらし寿司ができたとされています。
ちらし寿司の具材の一つ一つにも意味があります。
たとえば、エビは「エビのように腰が曲がるまで長生きできるように」、
豆は「健康でまめに働く」、レンコンは穴があるので「先が見通せるように」などがあります。

はまぐりのお吸い物

650c686de6a8704dbd9cf879a397ace9_m

2枚貝のはまぐりははじめに対であった貝同士でなければ絶対に合わないといわれています。
それははまぐりの蝶番がはまぐりの個体ごとで異なるためです。
このことから、はまぐりは「夫婦の象徴」とされています。
女の子が良い人と結ばれて、良い夫婦となり幸せになれるよう、願いが込められています。

菱餅(ひしもち)

8e5c3c50614db0f738b9095e29bdbb95_m

菱餅といえば現代では3色のものがメイン。
ですが実は江戸時代には白と緑の2色で、明治時代に赤も加わり3色になったそうです。
それぞれの色にも意味があり、その説はいくつかありますが、緑は「大地」、白は「雪」、赤は「桃の花」という説と、緑は「健康」、白は「清浄」、赤は「魔除け」という説の2つの説が主流です。
また、地域によっては3色ではなく5色や7色のところもあります。

ひなあられ

3e89d03d9b89e3e0303075d0a9e2fcce_m

ひなまつりを代表するお菓子であるひなあられ。
ピンク、緑、黄、白の4色でそれぞれ四季を表しているといわれています。
これには「1年を通して女の子の幸せを願う」という意味があります。
ちなみにひなあられは地域ごとで違い、関東で一般的なひなあられはお砂糖をまぶしたものであるのに対して、関西では塩や醤油で味付けされたものが一般的なんですよ。

まとめ

いかがでしたか?何気なく食べていたひなまつりのお料理も意味や由来を正しく知れば、また違った味わいが楽しめそうですね。
お祝いの主役となる赤ちゃんも大人もそれぞれが楽しめるメニューを用意して、ひなまつりを一緒に楽しんでくださいね!

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER