MUGYUU!ロゴ

2,012

哺乳瓶の消毒方法は?先輩ママの体験談から最適な方法をまとめました!

哺乳瓶の消毒方法ってどんな方法が一番いいの?電子レンジ消毒や煮沸消毒(熱湯消毒)、液体消毒などさまざまな方法がありますよね。
節約を意識する人もいるでしょうし、手間を意識する人もいるのではないでしょうか?

先輩ママの体験談を織り交ぜながらどの方法があなたにとって一番良い方法なのか紹介していきますね♪

哺乳瓶の消毒をする必要はある?

shutterstock_503252401
赤ちゃんを雑菌から守るために消毒は必要です。母親から受け継ぐ免疫力は生まれてから徐々に減少していき、3か月を過ぎたころから自分で免疫を作れるようになります。6ヶ月頃には母親から受け継いだ免疫力はなくなり、1歳になってもまだ大人の半分程度と言われます。

口に触れるものの中でも、特にミルクを入れる哺乳瓶は雑菌が繁殖しやすく、赤ちゃんの口から雑菌を取り込むことになってしまいます。口から入った雑菌は胃腸に達して、嘔吐や下痢を引き起こしてしまうこともあります。

哺乳瓶に入れるミルクは栄養価がとても高く、それは雑菌にとっても絶好の繁殖場所となります。使い終わったらすぐに水ですすぎ、なるべく早く消毒しましょう。

他の食器と同じように洗剤で洗うだけではいけないの?と思ってしまいすますが、細かい溝や乳首のくぼみや穴に汚れが残ったままになってしまうことになりますので、必ず消毒しましょう。薬液つけ置き、煮沸、電子レンジ、と消毒の方法はいろいろありますが、重要なのはしっかり乾燥させるということです。

哺乳瓶の消毒はいつまでするべき?

消毒をする大切さは分かったけど、いったいいつまで消毒しなきゃ行けないのかな?と疑問にも思いますよね。
そこで先輩ママ達に「何か月まで消毒していましたか?」と言うアンケートを取ってみました!
その結果が下記のグラフです♪

[哺乳瓶の消毒に関するアンケート結果]

※アンケート実施数 : 85

アンケートの結果を見ると6ヶ月頃から消毒を終わりにするという方が多いです。この頃は離乳食が始まる時期で離乳食が始まれば消毒は哺乳瓶の利用頻度も減るせいか必要ないという方もいます。
1歳になっても大人の半分程度の免疫力と言う事を考えるとアンケートで一番多い11ヶ月~12ヶ月(1歳頃)まで消毒をしてあげられれば間違いはないでしょう。
ただ、あまり神経質になりすぎてママが辛くなってしまってはもともこもありませんので、赤ちゃんの体調を見ながら程よくバランスをとるようにしましょう。
梅雨や夏場は雑菌が特に繁殖しやすくなりますし、赤ちゃんが体調不良のときは感染症にかかりやすくなりますので、そのときは消毒しておくといいですね。
では、口コミを見てみましょう!

  • 出産後病室で液体消毒の方法を教わり、自宅でも液体につけていました。約8ヶ月まで続けたのですが、手軽さが一番よかったです。軽く洗ってつけておくだけなので、次のミルクの時も取り出して使え、とても便利でした。やめた理由は、離乳食も順調に進み、錠剤も無くなったからです。試しにやめてみても、子供に異常はなかったので、今は専用の洗剤で洗った後、食器乾燥機で乾かして使用しています。

    rolling/29歳/7ヶ月~8ヶ月

  • 完全に離乳食に移行するまで、哺乳瓶を完全に使用しなくなるまで消毒し続けました。3つの哺乳瓶を順番に使っていましたが、3日に1回煮沸消毒、1週間に1回液体消毒だったと思います。哺乳瓶だけではなく吸い口の部分ももちろん一緒に消毒していました。

    pengin/46歳/9ヶ月~10ヶ月

  • 子供用のスポンジと子供用の洗剤で哺乳瓶や離乳食用のお皿、スプーン、コップ等口に入るものすべてをミルトンで消毒しました、包丁・まな板は煮沸を毎回していました。何歳までやったらいいのかわからなかったのですが1歳の誕生日を過ぎたあたりから徐々に消毒の回数を減らしていきました。

    Dumbo/37歳/それ以上

中には1ヶ月でやめたというママから、使ってる限り続けたというママまでいろいろですが、生後4ヶ月~6ヵ月ころまではしっかりと消毒しておくと安心ですね。

  • 最低でも生後6ヵ月頃までは消毒をしよう!それ以降は子供の体調をみながらしていきましょう。
  • 梅雨時や夏場は雑菌が繁殖しやすいので月齢に関係なく消毒をしよう!
  • 子供の体調が悪く免疫力が低下している時は消毒をしよう!

消毒の前に注意しなければいけないポイント

shutterstock_353473379
消毒をする際も、ただ手順に沿って消毒すればいいというわけでもなく注意しておいた方がいいポイントもありますのでご紹介していきます。

スポンジは哺乳瓶用に分けましょう

スポンジは哺乳瓶用に分けましょう。特にお肉や魚などの生物で使った包丁やまな板などで使用するスポンジは確実に分けてください。

ミルクの残りかすや溝など細かい部分も注意

哺乳瓶専用ブラシも哺乳瓶を洗った後にしっかり洗っておかないと洗剤やミルクカスなどが残ってしまう場合があるので使用後はしっかり洗い流しましょう。
また、哺乳瓶の乳首や細かい溝などもミルクのカスや汚れが残りやすい箇所です。こういった箇所も雑菌が繁殖しやすいのでしっかり洗えて流せているかチェックしましょう。

POINT

哺乳瓶や乳首は洗った後には水できるだけでなく、できるだけふき取るようにしましょう。自然乾燥で乾ききらないと雑菌が繁殖しやすくなります。

消毒の方法は何がオススメ?

消毒方法には「煮沸消毒」「液体(薬液)消毒」「電子レンジ消毒」があります。
実際ママ達はどんな方法を選び、どの方法がおススメなのか聞いてみました♪
アンケートの結果を見てみましょう!

液体(薬液)消毒が一番多く、44.3%と言う結果になりました!
ではそれぞれの消毒の手順や特徴などをチェックしてみてください。

消毒方法を解説

消毒の方法は主に煮沸消毒(熱湯消毒)・電子レンジ消毒・薬液消毒(消毒液)と3つの方法があります。それぞれの特徴とどんなシーンで活躍できるか?どんな方にオススメか?なども含めやり方を解説していきます。

煮沸消毒(熱湯消毒)の方法

shutterstock_380681467

消毒の手順

  1. 哺乳瓶、乳首、キャップ部分をそれぞれ洗剤であらい水洗いします。

  2. 鍋にお湯を沸かし、哺乳瓶がしっかり浸かる程度の量を沸騰させます。

  3. 洗い終わった哺乳瓶や乳首を入れて3~5分ほど沸騰させながら漬けます。

  4. 最後にしっかり自然乾燥させます。

これで消毒は終わりです。
取り出すときは哺乳瓶がとても熱くなっているので、やけどに気を付けましょう。哺乳瓶や乳首の素材によって熱に強いもの弱いものなどあるので乳首と哺乳瓶のつける時間を変えるなど商品によって調整してくださいね。

取り出す時は哺乳瓶も熱くなっているのでトングは準備しておきましょう!

ピジョン消毒ハサミ

ピジョン 消毒はさみ

薬液・煮沸両方の消毒に使える消毒はさみ。薬液消毒ケースの底まで届く長さ。分解できるので、洗いやすく衛生的。

詳細
メーカー: Pigeon ピジョン
サイズ: 28cm

ピップベビー哺乳瓶ハサミ

ピップベビー 哺乳びんハサミN

薬液・煮沸両方の消毒に使えます。握りやすい大きめのハンドル。少ない動作で開閉ができ、ベビードリンクや離乳食のビンのフタ開けができます。

詳細
メーカー: ピップ株式会社
サイズ: 外装 106×18×290(mm)

煮沸消毒経験者のママのコメントもピックアップさせて頂きました!
是非参考にしてみましょう!

  • 沸騰したお湯を容器に注いで、哺乳瓶の先(口を咥える部分)を逆さまにして容器に浸けおきし、湯が完全に冷めるたら清潔な布巾で水滴をとりました。おっぱい搾乳器を使った時付属で電子レンジでたった10分で煮沸消毒できるケースが付いてきましたが、レンジの電磁波などの危険性や健康被害を考えると手間はかかってもやかんでわかして煮沸消毒した方が安心だと思います。

    monte /32歳/煮沸消毒

  • 鍋で煮沸消毒をして哺乳瓶バサミでザルにあげてそのまま食器乾燥機に入れ乾燥という方法で消毒していました。どこの家庭にもある少し大きめの鍋と、ザルがあれば簡単にできる方法でした。哺乳瓶用の消毒用セットを買わなくていいのでコスパはよいと思います。デメリットはお湯を沸かすまでに急いでる時は少し待ち長いところと、火傷に注意しないといけないところです。

    のん/28歳/煮沸消毒

これを踏まえて煮沸消毒のメリットデメリットをまとめると下記になります。
手間や時間はかかる印象ですが経済的に済ませたい人はオススメです!

メリット

・1度に数本消毒出来る
・毎回沸かすのに時間や手間がかかるので哺乳瓶を使用する回数が少ない人にオススメ
・旅行や外出時の消毒用品がない場合にオススメ
・わざわざ消毒液や消毒用品を買わなくて済むので経済的

デメリット

・毎回お湯を沸騰させるのに時間がかかる。
・消毒が終わるまで手が離せない

電子レンジ消毒の方法

shutterstock_264710612

専用ケースでの消毒の手順

  1. 哺乳瓶を洗剤で洗い水洗いします。

  2. 専用のケースを用意し、哺乳瓶と規定量の水と哺乳瓶、乳首、キャップを入れます。

  3. あとは電子レンジをまわすだけ。

※ケースによりかかる時間は異なりますので確認をしておきましょう。

コンビ 除菌じょ~ずα

combi

電子レンジで5分で消毒ができます。除菌後もそのまま保管ケースとして利用できるのもオススメ。哺乳びんが3セットまで収納できます。

詳細
サイズ: W253×D125×H205mm
重量: 570g
有効庫内寸法: 幅26.5cm以上×奥行26.5cm以上×高さ13.0cm以上

ピジョン 電子レンジスチーム薬液消毒ケース そのまま保管

pigeon

2種類の消毒方法に対応できるケースです。電子レンジス消毒と薬液消毒の2つ対応できるものなので、色々なシーンに活躍できます。保管ケースとしても利用できるのが魅力的です。

詳細
サイズ: W248×D211×H134㎜
重量: 762g
有効庫内寸法: 幅・奥行 270mm以上、高さ 135mm以上

専用パック(袋タイプ)の手順②

  1. 袋の中に哺乳瓶と乳首を一緒に入れてそのまま5分ほどチンします。

袋に水を入れて電子レンジ消毒する方法もあります。

電子レンジ消毒ケースを利用したことのある先輩ママ方の口コミもピックアップさせていただきます!
是非先輩ママの意見も参考にしてみてくださいね!

  • 哺乳瓶を洗い終わったら電子レンジ用の哺乳瓶消毒ケースに哺乳瓶等と水を少々入れて500Wで4分加熱するだけです。
    一度にまとめて短時間で消毒できるのがメリットです。完全ミルク育児で毎日哺乳瓶を使うのであれば、消毒用薬剤を買うよりも電子レンジ消毒のほうが必要なときにすぐ消毒できてオススメです。

    けいちゃん/26歳/電子レンジ消毒

  • メリットはとにかく時間が短くすむし、楽な所です。哺乳瓶が三本まで入るタイプだったので、外出して溜まった哺乳瓶も帰宅後一気に消毒出来たので便利でした。デメリットは三本も入る容器だった為、収納に苦労した所です。大きい上に頻繁に使うので、置く場所に困り、早く消毒を終わらせられる時期になって欲しいと思っていました。

    ソフィア/28歳/電子レンジ消毒

何と言っても電子レンジ消毒の魅力は、手間が掛からないというところがオススメです。
育児の疲労を少しでもなくしたいという方にはオススメですが、ケース代(2,000円前後が相場)と電気代がかかるので経済面にはちょっとと痛いかもしれません。

メリット

・消毒後も保管ケースとしても使えるのでめんどくさがりの方にもオススメ
・専用ケースさえあれば消毒液の買い足しなどはないので楽
・電子レンジのスイッチを押すだけでいいので目をはなしても大丈夫
・消毒パックとして袋タイプのものであれば外出にも利用可能

デメリット

・電子レンジ専用ケース(2,000円程度)が必要なのでの出費が発生する
・電気代がかかる
・消毒後は熱くてすぐには使えない

液体消毒の方法

96874

消毒の手順

  1. 哺乳瓶を洗剤で専用スポンジなどで洗い水洗いする。

  2. 液を入れる用の容器に薬液を入れる(錠剤のものもある)

  3. 薬液に記載されている時間哺乳瓶を漬ける

  4. 薬液から取り出し水洗いし乾かす

液体・錠剤タイプの特徴

液体タイプは誤って液体がこぼれた場合に注意が必要な点はありますが、液体などですぐ解けやすいところが特徴です。
錠剤タイプは場所を取らないという点と錠剤が袋に入ってるので赤ちゃんの手では空けられないようになってる点で安全性も高いでしょう。

POINT

商材によりつける時間や専用容器などがあるものがあるので、購入前にチェックが必要です。

Milton消毒液

ミルトン 液体タイプ【第2類医薬品】

水で約80倍に薄めて溶液をつくります。
溶液は24時間を目安に交換してください。
1時間以上浸けて消毒できます。
取り出して、溶液をよく振り切って使います。
キャップの内側に25mLラインを入れ、計量しやすくしています。

詳細
メーカー: Milton ミルトン
容量: 1,000ml

ミルトン錠剤

Milton CP チャイルドプルーフ

軽くてスマートな錠剤なので、持ち運びや保管にも最適。水2リットルに対し1錠を溶かすだけ。漬けておくだけで簡単に衛生管理ができます。溶液から取り出した後は、水ですすがなくてもすぐに使えます。

詳細
メーカー: Milton ミルトン
容量: 60錠入

Pigeon消毒液

ピジョン 哺乳びん除菌料

哺乳びん・乳首を、1時間以上のつけおきだけでしっかり除菌。1日1回溶液をつくれば、24時間使用できるので、簡単。除菌後は、すすがずにそのまま調乳できます。

詳細
メーカー: Pigeon ピジョン
容量: 1,050ml

Pigeon顆粒

ピジョン ミルクポンS 顆粒タイプ

哺乳びん・乳首を、1時間以上のつけおきだけでしっかり除菌。1日1回溶液をつくれば、24時間使用できるので、簡単。除菌後は、すすがずにそのまま調乳できます。サッと溶ける顆粒タイプ。1回1包で計量の手間がない個包装スティック形状だから、お出かけ先など持ち運びにも便利です。

詳細
メーカー: Pigeon ピジョン
容量: 60包入

液体消毒利用者からのコメントをピックアップさせて頂きます!
是非参考にしてみてください!

  • 液体消毒は作れば24時間液体の交換はしなくていいのでとても楽でした。消毒液もたくさん入っているので1ヶ月はもちました。液体消毒を選んだ理由は昔からあるししっかり消毒しているというのが分かるので安心して使えると思いましたし、1番ラクかなと思い液体消毒にしました。

    kanya/22歳/液体(薬液)消毒

  • メリットは消毒液作成後一日程度使用でき長持ちする。また煮沸消毒やレンジ消毒と違い電気代、ガス代等がかからない、やけどの心配がない。
    デメリットは肌の弱い人はそのまま素手でさわると手荒れを起こす可能性がある、手に独特な臭いがつく、上の子が居たり赤ちゃんがつかまり立ちをするようになった際に保管場所や取り扱いに注意しなければいけない。

    まい/24歳/液体(薬液)消毒

消毒液を置くスペースに困らなければ消毒液の使いまわしがきくので一番楽な方法です。ただ電子レンジ消毒と同じく買う手間や費用は電子レンジ消毒と同じく掛かります。

メリット

・24時間程度であれば使いまわしがきくので準備の手間が省ける。
・外出時にもタッパーがあれば利用できるので便利

デメリット

・液体や錠剤を買うコストがかかる。買い足しの手間がかかる。
・1時間程度つけておかないといけないのですぐ使えない
・消毒用の薬液に一定時間つけ置く方法です。液のつくり方、つけ置き時間などは薬液によって違うので、よく確認してください。
・匂いが気になる

殺菌・除菌効果が一番あるのはどれ?

3つの消毒方法の中で薬液消毒が一番殺菌力が強いと言われています。薬液以外では死なないと言われている菌もあるようです。
またミルトンは消毒効果が得られにくいと言われているノロウイルスに対し効果が得られる薬液として医療現場等で用いられています。
以上の事から薬液消毒が一番効果があると考えられます。

引用:ミルトンホームページ

注意点

哺乳瓶の素材によっては電子レンジ消毒が出来なかったり、薬液消毒で劣化しやすいなどの特徴があるので、消毒をする前に哺乳瓶の素材を必ず確認しましょう!
また消毒をする前には必ず哺乳瓶をキレイに洗うのが基本です!その際、家庭用のスポンジでは汚れが落ちない場合があるので、哺乳瓶専用スポンジ・乳首専用ブラシなどを使うことをおススメします。
せっかく消毒した哺乳瓶もそのまま置いて置くだけではホコリや汚れが付く可能性があるので、乾燥させたのちフタつきのタッパーなどに保管しておくと安心です♪

メリット・デメリットまとめ

それぞれの消毒の方法を説明してきましたが、消毒方法も様々あるなので、「短い時間で消毒がしたいなら電子レンジ消毒」「経済的に特別な道具を買わずに消毒がしたいから煮沸消毒」「いちいち準備するのが面倒だから24時間使える薬液消毒」など自分にあった消毒方法を選んで下さいね♪
赤ちゃんの哺乳瓶の消毒はちょっと面倒かもしれませんが、いつまでも続くわけではありません。成長したわが子を眺めながら「あの頃は忙しかったなあ」と思い出す日はそう遠くないですよ。今だけの育児を楽しんで毎日を過ごせるといいですね。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

WRITER