MUGYUU!ロゴ

哺乳瓶ケースは必要?利用者100人の体験談から選ぶおすすめ人気10選

哺乳瓶ケースって本当に必要なの?いつ使うの?という声をよく耳にします。
そこで、哺乳瓶ケースを使っていた先輩ママ100人に「どんなケースを使っていたか」「必要だったか?」などアンケートを取ってみました♪
もし哺乳瓶ケースを買うか迷っている方は是非参考にしてみて下さいね♪

哺乳瓶ケースや専用ポーチは必要?いらない?

一番気になるのは、実際に使ってみて哺乳瓶ケースは必要だったのか?いらなかたのか?と言うことですよね♪
早速アンケート結果を見てみましょう!

必要と言う声が59%と若干多かったです。
ただ、いらないという人も40%と多いので人それぞれの用途に応じて必須なグッズというわけでもないようですので、用途に合わせて選びましょう!

哺乳瓶ケースはどんな時に必要ですか?

完全ミルクや混合で育ててるママであれば、主に哺乳瓶ケースは外出する時に保温や保冷機能の哺乳瓶ケースがあることで、水筒を持つ必要がなくなりスティックミルクも一緒にケースに入れておけばすぐ取り出せますし、かばんもかさばらなくて済みます。
完全母乳や混合などで育てていても、白湯やお茶などストローマグやコップがまだ使えない赤ちゃんの水分補給用の哺乳瓶を持ち歩く事もあるので1本あると便利です。
実際に先輩ママたちの体験談も見てみましょう!

  • 外出時に沸騰したお湯を哺乳瓶に入れて、ケースに入れると外出2~3時間後には適温(50度前後)になっていてすぐに粉ミルクを入れて飲ませられるのが便利でした。保温効果はそこまで高くないかなとは思いますが、やけど防止や衛生面(←哺乳瓶を直にバッグへ入れることの)を考えれば必要なアイテムだったと感じています。ポケットにミルクステックなどを入れることができたのも便利でした。

    とらこ/38歳/必要

  • ケースがないと落としてしまった時、哺乳瓶をひっくり返してしまった時などには、ケースがあって良かったと思いました。鞄の中に入れて持ち歩く時も安心でした。あと直射日光が哺乳瓶に当たらないところ。
    総合的にみて、やはり私には哺乳瓶ケースは必要でした。

    うっちー/30歳/必要

  • お湯がないとこなどは、ミルクが作れないので、事前に作って高温のまま入れていました。
    そうすると欲しがる時には、ちょうど適温になっており、少し暑いとおしぼりで冷やしたりして使っていました。
    何も用意してないより、用意してる方が安心しますし、ちょっと泣いた時も、ミルクを与えるだけで、落ち着いたりするので、出掛ける時は必ず、哺乳瓶にミルクを作って、哺乳瓶ケースに入れて持っていってました。
    使わなかったら冷蔵庫に保管して、使うときに湯銭で温めて飲ませていました。

    れみ/33歳/必要

保温・保冷の機能はもちろん便利ですが、他にも赤ちゃんが口にする物なので、ケースに入れて置くとホコリや汚れから守られたり傷付く心配もないとの意見がありました♪
更に防水、撥水機能のものを利用すればバックの中での漏れなども防げますし、クッション性のあるものであれば哺乳瓶の傷予防や保護にもなります!
その反面、いまはデパートや外出先にも授乳室があり、給湯器やポットなどで温かいお湯が手に入るので、わざわざミルクを作って持ち歩く必要もなく、100均の物で代用出来るのではないか?との意見もありました。

POINT
  1. 保温や保冷の役割を果たしてくれるので水筒がいらなくなりかばんがかさばらない。
  2. かばんの中の汚れなど衛生面で役立つ
  3. 防水加工タイプなら落とした時やひっくり返した時に漏れない
  4. 外出時、母乳をあげられない時やちょっと泣いたときにミルクをすぐあげられるので便利!
  5. 完全母乳でも水分補給用に1本あると便利
  6. 哺乳瓶の保護としても役立つ

哺乳瓶ケースの選び方

色々と口コミを見て頂きましたが、ここでは「哺乳瓶ケースの選び方」をご説明させて頂きますね。

保温・保冷で選ぶ

哺乳瓶ケースには「保温」「保冷」タイプがあります。
近場の外出には高温のミルクを作って、保温タイプの哺乳瓶ケースに入れて置くだけで、2~3時間後にはミルクが飲めるようになり、哺乳瓶と別にミルクや水筒などを持って行かなくて良いので、保温機能があると非常に便利です。
また保冷機能があれば夏場の外出時の衛生面にも有効です。
哺乳瓶卒業後も保温・保冷ともに食べ物や飲み物を持ち運べるので長い間活躍できそうです。

では、保温、保冷タイプを選んでる方はどのくらいいるのでしょうか?アンケート結果を見てみましょう!

半数以上のママが「保温」タイプを選んでいるみたいですね♪

  • 外出する前に、あらかじめ哺乳瓶に熱めのお湯を入れておき、哺乳瓶ケースに入れて持ち運べば、保温効果によりミルクを飲ませる際にお湯が冷えていないので、そのままミルクの粉を入れて混ぜ、温かいミルクを赤ちゃんに飲ませる事が出来ました。ミルクの温度が熱すぎる場合は、外出先の授乳室などの水道を借りて丁度良い温度に冷やしていました。また、保冷効果もあるケースだったので、夏場も、常温の麦茶など持ち運ぶのに便利でした。

    まめちび/33歳/保温・保冷

  • ある程度時間は決まっていても、外出していると時間通りではなかったりするときに、家から作って持って言ったり、外出先で作ったりする時にお湯を入れておくと冷めずに作れるので重宝してます!
    ただ少しの時間なら保冷保温で大丈夫だけど、長時間はやはり持たないので冷めてしまうことも。

    haru/34歳/保温・保冷

  • 保温保冷のきくものを買いました。夏は飲み物を衛生的に守ることができますし、これから冬には飲み物を長い時間温かく保つことができるので便利だと思い購入しました。外出時、どうしても赤ちゃんを連れて出ると荷物が多くなります。そのため、重い水筒を一緒に持ち歩く必要がなくなるのも嬉しいです

    ありりん/27歳/保温・保冷

  • 保温の機能は魔法瓶ほど強くないので、遠出すると冷めてしまったりという経験がありますが、すこしぶ厚めにクッション性のあるタイプだったので、外からの衝撃などからまもれる利点がありました。すこし気になるとこは 保温タイプで特殊な生地だったので、洗濯がしにくいのが衛生面で気になりました。ましてや ミルクなどよく汚れ、そして清潔にしなくてはならない赤ちゃんにつかうものなので、ジャブジャブあらえる保温生地だったらよかったかな?とおもいます。

    tartar/44歳/保温

メーカーによって保温効果の目安は違うのでホームページなどで確認して見てくださいね。

保温効果はどれぐらいでしたか?

哺乳瓶ケースを使用しているママに保温時間はどれぐらいだったか聞いてみました♪

  • 見た目が可愛くてドクターヘッダの哺乳瓶ケースを購入しました。出かける前に熱々のミルクを作ってケースに入れておけば、2~3時間後にはちょうど飲み頃になっていました。ですが、それ以降の保温効果があまりなかったので結局あまり使用しませんでした。近場のお出掛けには良いかも知れませんが、遠出には向いていないと思います。

    メイ姫/33歳/2~3時間

  • 出かける前に90度のミルクを作り哺乳瓶ケースの中に入れて持っていきました。2時間位で適温になるので1回分はこれで終わりです。別で水筒にお湯と新しい哺乳瓶を用意して持って出ていたので、1回分を飲み終わったら、新しい哺乳瓶にミルクとお湯を入れて、また新しく作り再度哺乳瓶ケースに入れていました。だいたいのお出掛けはこれで充分でした。哺乳瓶ケースに入れることによって、外出先でバタバタと慌ただしくミルクを作ったり冷ましたりする事も少なかったです。

    しゅんママ/40歳/2~3時間

  • 出掛ける時、母乳をあげられる環境にない時や、長時間の外出で母乳が足りなくなりそうで心配な時に哺乳瓶ケースにミルクを入れて持って行っていました。使用方法は哺乳瓶ケースに熱々のミルクを入れて3時間後には飲み頃でした。荷物になるし、帰ってから哺乳瓶の消毒が面倒なので母乳オンリーに切り替えました。

    いっちゃんママ/38歳/3時間

大体2~3時間後には飲み頃になるようです♪「母乳よりミルクの方が良く眠るのでお守り代わりにミルクを持ち歩いていた」と言う声もありました。近場へのお出掛けで母乳があげられない時などは哺乳瓶ケースにミルクを持って出掛けると安心かも知れませんね。

POINT
  • 保温効果は2~3時間を見ておきましょう

大きさと使い方で選ぶ

哺乳瓶ケースも様々な大きさがあります。
1本用ですと、カバンに入れてもかさばらないですし、哺乳瓶を卒業した時にペットボトルなどを入れられて便利です。
2本用の幅広タイプですと、高温のミルクを入れた哺乳瓶と、もう一本調乳用の水などを一緒に入れられるので温度調節をする時にも便利です。哺乳瓶を卒業した後もマグを入れたり離乳食を入れたり様々な使い道があります。
利用用途や目的によって自分にあったサイズを選んでくださいね。

POINT
  • 哺乳瓶がいらなくなっても食べ物や飲み物の保温保冷に使える

メーカーやデザイン、キャラクターで選ぶ

今は哺乳瓶メーカーやファッションブランドなどからも色々な哺乳瓶ケースや哺乳瓶ポーチが販売されています。デザインもシンプルな物からカラフルな物、可愛い物から人気のキャラクターまで様々です。
口コミにもありましたが、ママの好きなデザインで選ぶと育児が楽しくなったり、外出するのが嬉しくなったりします。
自分のお気に入りの1品を見つけて見てくださいね♪

人気キャラクターは?

メーカーやブランドも多いですが、可愛いキャラクターの哺乳瓶ケースもいっぱいありますよね♪
続いては、どんなキャラクターを選んだか聞いてみました!

こちらもメーカー同様「その他」と言う意見が1番多かったです。
2番目に多かった意見は皆さんご存知の「ディズニー」でした!
では、口コミを見てみましょう!

人気キャラクターの口コミ

  • スヌーピーの哺乳瓶ケース(ピップベビー)を愛用していました。適温のミルクを保温することができ、車の中などですぐミルクを与えることができるので非常に便利でした。ケース無しでは、気づいたらミルクが冷たくなっていたなんてこともあり、ケースの存在はとても良かったです。また哺乳瓶を卒業してもペットボトルケースとして使用ができるので、長く使うことができます。

    ひなあたるまま/37歳/スヌーピー

  • ディズニーのベビーミッキー、ベビーミニーが描かれている哺乳瓶ケースを使っていました。
    使っていて良かった点は、デザインがかわいくて母子手帳ケースとマグマグケースとお揃いが出来た事です。
    哺乳瓶を卒業した後もペットボトルケースに使えるような大きめなものを選んだら良かったなと思いました。

    ぴーちゃん/28歳/ディズニー

  • ディズニーのものを使っているんですが、外側にポケットがあっていいです。外出の時などにミルクが必要なのでスティックの粉ミルクを1本は余裕ではいるのでミルクの外出用の入れ物をもって行かなくていいのでいいです。また粉ミルクの外出用のものも1つであれば入る(きっちりチャックが閉まりませんが)ので良いと思います。デザインも可愛いのでお勧めです

    ななん/28歳/ディズニー

  • 私が使用しているケースは、クマのプーさん柄で、子供の男女問わず使えるデザインです。作りがしっかりしていて、保温・保冷効果はよく長続きします。またある程度の厚みもありますので、ガラスタイプの哺乳瓶の場合、破損防止のクッションがわりにもなって持ち歩きに便利です。

    hamiru1/44歳/ディズニー

こちらも、ママのお気に入りのキャラクターでデザインを選んでいると言う意見が多かったです!
やっぱり可愛い物を持ちたいですもんね♪

哺乳瓶ケース人気投票ランキングTOP10

実際に哺乳瓶ケースを使用している先輩ママ100人に聞いた各アンケートの結果を見てみましょう!

人気メーカーは?

今は色々なメーカー・ブランドから哺乳瓶ケースが出ていますよね。
先輩ママ達の人気メーカーはいったいどこでしょう!
投票結果を見てみましょう!

[哺乳瓶ケースに関するアンケート結果]

※アンケート実施数 : 100

哺乳瓶ケースは色々な種類が売っているので一番多かったのは「その他」と言う結果になりました。
2番目に人気なのは哺乳瓶も大人気のピジョンでした!哺乳瓶と同じメーカーで揃えるママが多いのかもしれませんね♪

メーカーの口コミを見る

閉じる


では、口コミを見てみましょう!

人気メーカーの口コミ

  • ピジョンの哺乳びんケースを使っていました。良かった点は、外出は荷物が多くなりがちなので、哺乳びんがカバンの中で迷子にならないこと、近場のお出掛けの際にベビーカーの荷物フックに掛けて気軽に外出できたことなどです。悪かった点は、保温、保冷機能がついていますが、外出先でその都度調乳するので、あまり意味が無かったことです。

    さっと/37歳/ピジョン

  • soldyというブランドです。
    サイズが少し大きめでどんな哺乳瓶の形でも入るし保温性もあるので作ったけど飲まなかったミルクを一時的に保存できます。
    哺乳瓶ケースにカバンなどに取り付けられるチャームが付いているのでベビーカーの持ち手に取り付けたりカバンの持ち手につけてぶら下げたりできるのでカバンに少しでもスペースが出来てオムツや着替え、予備の哺乳瓶などが入れれるのでお出かけや旅行の際に凄く助かります。ケースの側面にはポケットもついているので持ち歩きタイプの小さいミルクやお茶のパックなども入れれます。

    ぽん/24歳/soldy

  • ハンナフラのマグポーチを、哺乳瓶ケースとしても使っていました。ハンナフラは、まずデザインがかわいい。周りのママたちとは差をつけられるようなオシャレさがありました。そしてたくさん容量があること。哺乳瓶ケースとしてはもちろん、離乳食が始まってからも食べ物を一緒に持ち歩くことができて便利です。大人の飲み物も一緒に入れて、保温させておくこともできます。哺乳瓶ケースを使っていれば、カバンの中で飲みかけのミルクや飲み物がこぼれてしまうことを防止することができます。さらに、季節ごとの外気温に左右されないので、温度を保つことができます。

    ななん/30歳/ハンナフラ

  • 長時間お出かけする場合に、外出先でミルクが必要になることも何度かあったので、そういう時はドクターベッタの哺乳瓶と専用の哺乳瓶ケースを持ち歩いていました。保温性のある哺乳瓶ケースでしたが、熱々のお湯を長時間キープするのは難しかったので、魔法瓶にお湯を入れて共に携帯していました。保温という点ではあまり効果がなかったと思いますが、ケースの形やデザインがオシャレで可愛かったので、お出かけするときにウキウキしながら持ち歩きができたのは良かったと思いました。

    さくり/41歳/ベッタ

保温・保冷の機能や使い勝手はもちろんの事、ママの好きなブランドやデザインなどで哺乳瓶ケースを選んで、持っている時にテンションを上げると言う意見が結構ありました!
楽しく育児した方が良いですもんね♪♪

では、早速人気ランキングを見てみましょう!

pigeon

ピジョン 哺乳びんポーチ

吊り下げに便利なワンタッチバックル付、大きな開け口で出し入れ簡単。汚れがつきにくい撥水加工の裏生地。丸洗いできるので衛生的にご使用いただけます。哺乳びんを卒業しても、500mlペットボトル用の保冷ポーチとしてご使用できます。

詳細
キャラクター・柄: ディズニー
タイプ: 保温・保冷
サイズ容量: 26.2×8.8×5.5cm
素材: 表生地:ポリエステル 中芯:ポリエチレン 裏生地:ポリエステル ベルト:ポリプロピレン バックル:ポリアセタール
価格: 1,236円

口コミ

閉じる

  • 出掛けたいけどあと30分でミルクの時間だ!という時に作って入れておけば冷めずに飲ませられるので便利でした!夜も夜中ミルクの時間になって起きて作ってってやるよりは、少し熱めに作ってケースに入れておけば時間になっても冷めることなく、子供もお腹が空いてミルクを作っている間グズることを考えるととても助かります。ただ、何時間も入れておくと冷めてしまうので遠出の時などは、使えませんでした。

    さえぴ/ママ26歳/必要

  • 保温だけでなく、ケースに入っているのでバッグの中が汚れることもなかったです。上の子の時にはハンドタオルやビニール袋を使っていたので、とっても楽で便利です。今は、子供のペットボトルホルダーとして使っています。保温・保冷両方使えるので夏など暑い時期には少し凍らせてケースに入れて外出しています。

    あおママ/ママ39歳/必要

  • 保温できるのですが、あまり長くもたないところが良くなかったです。出かける際に利用したのですがすぐに冷めてしまい飲む時には冷めていました。保温時間が長くもう少し使いやすければ頻繁に利用できたと思います

    とむ/ママ32歳/いらない

conbi

コンビ Combi 哺乳びんポーチ

中身に合わせて3段階のサイズ調整ができて(留め位置が3カ所変えられます)かさばらない新形状。
哺乳びんを卒業した後も、500ml以下のペットボトルが入るので、飲み物の温かさや冷たさが長持ちします。携帯用ポーチとしても長く使えます。(高さ21cm以下のボトル・哺乳びんに限る)スティックタイプの粉ミルクも収納できます。
使わない時はスリムにたためる、こだわりの「哺乳びんポーチ」です。

詳細
キャラクター・柄: ストライプグレー
タイプ: 保温・保冷
サイズ容量: W90×D90×H190~240mm
素材:
価格: 1,236円

口コミ

閉じる

  • 外出時にあったら便利かなと思って購入したのですが、家からミルクを作って保温ケースにいれていき、お店や出先でミルクをあげようと思ったらもうすっかり冷めていました。なのでそれからは、お店のベビールームでお湯を貰ってミルクを作るようにしました。

    しおりん/ママ21歳/いらない

  • ガラス哺乳瓶も安心して入れられました。持ち手もあり、ひっかけられるし、型崩れもせず、使い終わった今でもキレイなままです。あえて言うならしっかりしているがゆえに哺乳瓶サイズとジャストじゃないとバックの中で嵩張ってしまうかな、という程度でした。

    でこ/ママ31歳/必要

betta

ベッタ (Betta) ドクターベッタ哺乳びん専用 保温ポーチ

嬉しい保温機能付き。哺乳びん以外にも500mlのペットボトルに対応。卒乳後も長くお使い頂けます。哺乳びんにお湯を入れ、それを保温ポーチに入れてお出かけすれば、お出かけ先でミルクを作るのに便利です。
ストラップは片側取り外し可能です。保温時間は季節やご使用環境により異なりますが、あくまで目安として1~2時間後に授乳できるくらいです。

詳細
キャラクター・柄: ストライプ&ドット
タイプ: 保温
サイズ容量: 55×95×240mm
素材: 表地:綿100%、中綿:ポリウレタン100%、裏地:ナイロン100%、ストラップ・ワッペン:牛革
価格: 2,592円

口コミ

閉じる

  • 熱々のお湯を長時間キープするのは難しかったので、魔法瓶にお湯を入れて共に携帯していました。保温という点ではあまり効果がなかったと思いますが、ケースの形やデザインがオシャレで可愛かったので、お出かけするときにウキウキしながら持ち歩きができたのは良かったと思いました。

    さくり/ママ41歳/必要

  • キャンディドット柄でかわいくて赤ちゃんと外出する時に気分も上がります。保温機能があまり良くなくてプラスチック製哺乳瓶にお湯を入れてケースに入れて持って出かけても1時間ほどで適温まで冷めてしまい、結局保温機能付きの水筒を持って出かけていました。

    pinkmama/ママ45歳/いらない

  • 買ってみてからの感想ですが哺乳瓶ケースには若干のスペースがあり、固形ミルクや、小包装の粉ミルクを入れて持ち運びができました。

    ひろちん/ママ31歳/必要

hannahura

ハンナフラ(Hanna Hula) 保温保冷 ツインマグポーチ

240mlの哺乳瓶が2本入るたっぷりサイズのマグポーチなので双子ちゃんママにもおススメ(500mlのペットボトルも2本入ります)インナーに保温保冷機能がついています。背面にポケットが付いているので、ガーゼやウェットティッシュを入れるのに便利。ランチバッグとしてもお使いいただけます

詳細
キャラクター・柄: ブラックドット
タイプ: 保温・保冷
サイズ容量: 横15cm×縦22cm×奥行き11cm
素材: ポリエステル、内側:アルミフィルム
価格: 3,132円

口コミ

閉じる

  • 持ち運び用の取っ手付きで、がま口式のファスナーが付いているので、開閉しやすかったです。使い勝手はいいのですが、値段も安くなく、そこまでして必要かなと思い始めてからはあまり利用しなくなりました。水筒にお湯を入れておき、ポーチに入れる方が正直便利でした。容量も大きいので長時間遊びに行く場合は、水筒の方が使いやすいと思います。

    たんたん/ママ31歳/いらない

  • そしてたくさん容量があること。哺乳瓶ケースとしてはもちろん、離乳食が始まってからも食べ物を一緒に持ち歩くことができて便利です。哺乳瓶ケースを使っていれば、カバンの中で飲みかけのミルクや飲み物がこぼれてしまうことを防止することができます。さらに、季節ごとの外気温に左右されないので、温度を保つことができます。気に入るものが見つかるといいですね。

    ななん/ママ30歳/必要

fafa

fafa マグケース

ベビーのマグマグを入れるケースなのですが、保温保冷機能付きで底部分もしっかりしているので、哺乳瓶や離乳食・紙パックジュースを入れたり、おやつや果物を入れて持ち運ぶのにも最適です。
お子様がマグマグを卒業しても、おにぎりや小さなタッパーを入れてちょっとしたお弁当ポーチとしたり、手提げバッグ好きのお子様のミニバッグにもぴったりです。

詳細
キャラクター・柄: ラベンダードッグ
タイプ: 保温・保冷
サイズ容量: ACC FREE,たて:17cm,よこ:17cm
素材:
価格: 2,990円

口コミ

閉じる

  • 哺乳瓶やマグが小さなゴミや埃から守られ、傷がつかないことが良かったです。哺乳瓶のふたがゆるかったり閉まってなかったことがありましたが、ケースに入れていたので、鞄の中には漏れずに済み安心したこともありました。多少かさばりますが、ケースは必須アイテムでした!

    baby chick/ママ33歳/必要

skaters

SKATER 不織布 ほ乳瓶 ポーチ

240mlまでの哺乳瓶に対応、内側に保温保冷効果のあるアルミ蒸着フィルムを使用。
外側にはスティックミルクなどが入るポケット付き。ベビーカーなどへの取り付けが簡単なバックル付き。持ち手開口部が大きいサイドオープン仕様。ペットボトル500mlも入るので、授乳期が過ぎてもペットボトル用のポーチに使えます。

詳細
キャラクター・柄: ミッキーマウス
タイプ: 保温・保冷
サイズ容量: 約70×60×240mm
素材: 表地/不織布、ポリプロピレン、持ち手/ポリプロピレン、パイピング/ポリウレタン、内側/アルミ蒸着フィルム
価格: 858円

soldy

Solby ほ乳びんポーチ

スリムで持ち運びしやすいほ乳びんポーチ。ほとんどのほ乳びんや(500mlまでの)PETボトルにフィット!
ストラップ付でベビーカーにもつけられます。スティックミルクも入るポケット付き。

詳細
キャラクター・柄: アニマルリーフ/ホワイト
タイプ: 無し
サイズ容量: W9×D8×H22cm
素材:
価格: 1,404円

ninita

ninita(ニニータ) 哺乳瓶ケース

哺乳瓶だけでなく、ペットボトルを入れて使う事も出来るのでお出かけの必需品です!
生地にはラミネート加工を施しているので汚れにくく、水に濡れても安心です!内側は保温・保冷機能のある素材を使用しています。
ストラップはボタンで取り外しが可能です♪500mlのペットボトルもすっぽり入り哺乳瓶のほかにも、粉ミルクのボトルなどが入れられます!

詳細
キャラクター・柄: MIX柄レッド
タイプ: 保温・保冷
サイズ容量: 28×9.5×7.5cm
素材: 裏地綿100%(ラミネート加工)別地アルミ素材
価格: 3,218円

mikihouse

MIKIHOUSE FIRST(ミキハウスファースト)BBB カラフル水玉ミルクボトルケース(哺乳瓶ケース)

哺乳瓶から水気が多少こぼれても撥水されているので、バッグ等が汚れにくく安心です。 哺乳瓶専用のミルクボトルケースは、哺乳びんをしっかり保護します。 内側は保温仕様ではございませんが、持ち運びの際に多少こぼれても撥水されます。 持ち手はバックルでしっかりと開閉でき、安定して持ち運びができます。 持ち手の長さが調節できるので、バックに付けたり、持ち歩いたり、色々なシーンで役立ちますね。

詳細
キャラクター・柄: アイボリー
タイプ: 無し
サイズ容量:
素材:
価格: 3,898円

口コミ

閉じる

  • 使って良かった点は、ケースに入っているので衛生的に安全なことです。悪かったことは、かさばるので出かける時、荷物になることです。100円均一の保冷のペットボトルを入れるものでも代用できるなと思いました。

    まな/ママ40歳/いらない

  • 出産祝いでいただいたので、デザインもかわいかったので使用していました。正直、絶対に必要とは思いませんでした。なぜならミルクは、水筒でお湯を持っていき外出先で作っていたため、こぼれる心配等なかったからです。

    キャサリン/ママ33歳/いらない

conbi teteo

コンビ テテオ 哺乳瓶ケース

保冷機能付きの哺乳瓶 保温ケースです。外側にはスティックタイプの粉ミルクを入れるところがついており調乳グッズをひとまとめにできて便利。

詳細
キャラクター・柄: ベージュ
タイプ: 保温・保冷
サイズ容量: 25.8 x 9.4 x 9.2 cm
素材: 表地:ポリエステル、裏地:ナイロン・ポリエステル、中芯:ウレタン
価格: 1,083 円

メリット、デメリットは?

では、哺乳瓶ケースのメリット・デメリットはなんでしょうか?
口コミを見てみましょう!

メリット・デメリットの口コミ

  • ケースを利用してよかった点は、ママ友達と一緒にいても間違えずにすぐに見分けることができたことです。
    悪かった点は、ガラスタイプではなく、プラスチックの哺乳瓶を使っていたので、とくに守る必要もなかったし、保温もとくに必要かどうかよくわからなかったので、結局必要なかったように思います。

    はとむぎ/27歳/いらなかった

  • 使ってよかったことはカバンの中に入れておいても割れたりふたが外れてこぼれたりする心配をしなくてよくなったことと、カバンに直接空の哺乳瓶を入れておくと細かいゴミがついたりするのでイライラが解消した。
    ちょっとした外出時にお湯がなくて作れない場所では非常に役に立ちますが、ミルクは作ったらすぐ飲ませたほうが衛生的にもいいと思うので保温機能はちょっと不安。

    カナ/27歳/必要

  • 利用して良かった点は、外出先に持ち運ぶのに便利でした。このケースは、ひもがついているので鞄につけたりでき、赤ちゃんがミルクがほしいときにすぐに使うことができます。さらに今回購入したのは、保温、保冷が可能なものでした。夏場の出産で、母乳はでなかったので、すぐに哺乳瓶でミルクをあげることになったわたしは、温度管理がなかなかできずにミルクを作るのに時間がかかってしまい、その間に赤ちゃんが寝ちゃうことがかなりありました。しかし、ケースにいれていたら、温度がキープできるので、起きてすぐにミルクをあげることができました。悪き所と言うのはあまりなく、私的にはかなりお世話になっているケースです。

    ゆらら/23歳/必要

  • キャラクターものが嫌いなのでハンナフラの保温できる哺乳瓶ケースにしました。良かった点は、子どもが大きくなっても水筒やペットボトル入れになるので使えます。悪かった点は短いサイズを購入したことです。長いサイズにしておけば、500mlのペットボトルも入ったかな~と後悔しています。

    みと/37歳/いらなかた

メリットは、やはり保温機能が付いていると温かいミルクを飲ませてあげられる事や哺乳瓶が傷付かないという事ですね。
デメリットはプラスチック製の哺乳瓶の場合は傷が付きにくいのでケースが必要ではなかったり、本当に保温機能が必要なのか?と疑問もありました。

まとめ

今まで哺乳瓶ケースについて見て頂きましたが、如何でしたか?哺乳瓶ケースの購入を迷っている方の参考になりましたでしょうか?
哺乳瓶ケースは持っていると非常に便利ですが、プラスチック製の哺乳瓶の場合や長時間の外出の際にはあまり必要ないのかな~とも感じました。哺乳瓶の使用頻度や素材に合わせて、購入してみるのも良いかも知れませんね。

  • ガラス製の哺乳瓶を使用している場合は、外出の際 落として割れてしまう可能性があるので哺乳瓶ケースがあると良い!
  • 外出時、哺乳瓶のホコリ・傷・カバン内の水滴が気になる場合は哺乳瓶ケースがあると良い!
  • 近場へお出掛けの場合は哺乳瓶ケースがあると、温かいミルクを赤ちゃんに飲ませることが出来るのでおススメ!
  • 長時間の外出の際は、哺乳瓶ケースに入れてもミルクが冷めてしまうのでケースは必要ない!
  • 今はショッピングモールなどの施設の授乳室も充実しているので、無駄な出費を抑えたい人には必要ない!

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER