MUGYUU!ロゴ

ようやく1歳!でもイヤイヤ期真っ最中の育児のコツとは?

妊娠前によく育児雑誌を読んでいた人であれば1歳を過ぎるころに、赤ちゃんには「イヤイヤ期が訪れる」ということを事前に把握していることでしょう。逆に、妊娠していても臨月近くまで社会人として職場で過ごしていた人にとっては事前に、学習をするチャンスよりも現状の仕事を優先されていることが当然のことだと思います。

いずれにしても、両方のママさんたちが迎える赤ちゃんの1歳時期には、様々なイヤイヤ期が待ち受けている場合があります。少々の覚悟と心構えが必要であることは先にお伝えしておこうと思います。

1歳の頃に迎えるイヤイヤ期とは?

fb6b5cb4a45a81bf4eb688d6bc94be97_m
イヤイヤ時期を迎えると、何をする場合にも「イヤイヤ」を表現するようになることです。そう考えると本当に単純なことですが、ママにとっては一大事です。

赤ちゃんの二人で過ごす時間にイヤイヤ期を迎える場合、実際にイヤイヤ期とはどのようなものかを知っておきましょう。自分でできることが少しずつ増えてくる1歳の頃には、ちょっとしたことがきっかけになってイヤイヤ状態に陥る赤ちゃんが多いのです。

例えば機嫌よく遊んでいたのに何かのきっかけでその遊びがうまく行かなくなった場合を想像してみてください。ほんの些細なきっかけで、自分の思い通りにおもちゃを扱えなかったという理由がきっかけになることがほとんどです。

次に訪れるイヤイヤ期独特の赤ちゃん行動は火が付いたように泣き始めるということです。軽いかんしゃくという捉え方をすれば、よしよしと抱きしめてあやしてあげれば済むのでは?と思うのですが1歳の頃に迎えるイヤイヤ期は
厄介なことに、一筋縄ではいかないことも多いのです。

1歳のイヤイヤ期の特徴

赤ちゃんには言葉という表現方法がないので、とにかく感情が爆発してしまうとしきりに泣き続けるほかないのです。それだけ表現の手段を持たない月齢だということをまずは理解してくださいね。ひとしきり、大泣きをした後にママ甘えて抱っこしているうちに寝てしまうというのが1歳のイヤイヤ期の大まかな特徴です。

赤ちゃんによってはイヤイヤをオーバーアクションで表現をして、泣き続ける時間もその泣き叫ぶ声も甲高い場合があります。そうなってしまうとママの側がパニックを起こして平常心をなくしてしまいます。それは無理もないことです。

また違う場面では、遊びの中で赤ちゃんが危険なことをしようとしたことを親として制御したとします。「ダメ!」という一言に火が付く場合があります。赤ちゃんにとっては自分の遊びを否定されたような気持ちで、感情が爆発する瞬間なのです。

やはり、すべてのことに対して「イヤイヤ」を表現してまるで親を困らせているかのように一瞬は思えますが、それは違います。

赤ちゃんは脳の発達もまだまだ未熟です。理解も納得もできないのが当たり前です。感情のまま毎日を暮らしていると考えてあげてください。ちょっとしたことで、上手く行かなくなると泣いて自分の感情を発散させることが唯一の表現手段なのです。

1歳のイヤイヤ期の乗り越え方

69e1c7ec8f0328f28b145df3e9c4caea_m
実際に1歳のイヤイヤ期をどのように乗り越えればよいのかということには正解はありません。ただ一つ言えるのは、この時期の赤ちゃんを受け入れてあげることの大切さです。否定したり親の側までも感情的になって心無い言葉を吐いてしまったり、怒りの感情を爆発させては本末転倒であることだけはお伝えしておきます

何をおいてもまずは赤ちゃんを抱っこしてあげてください。まだしばらく泣いてイヤイヤを表現しているかもしれません。でも、ママの体温を感じると急に落ち着きを取り戻して安心して、イヤイヤの感情が沈静化することもあるのです。

対処のポイント

04325baca298da810578917a12d94a1c_m
危険なこと、不潔なことなどをした場合にはまずは「ダメよ」と叱ることは大事です。これがきっかけでまたイヤイヤモードに入ることは覚悟してください。仕方ありません。そこで、まず言葉がわからない時期であっても何がいけないのかを簡単に伝えてあげましょう。

そのうちママの表情を見分けることができる時期がやってきます。この怖い顔は怒っている時の顔だ、と赤ちゃんが理解する日が来ると思うとそれさえ愛おしいと思えるものです。そしてダメなことをなかなか止めない赤ちゃんに対応するときには、さっと他のおもちゃを用意してすり替えるなど、小手先を使った対処をお勧めします。

おむつを替えるとき、洋服を着替えるとき、離乳食を食べるとき、すべてにイヤイヤ状態があるかもしれません。それに、めげないことも重要ですよ。成長の証であることを前提にとにかく、イヤイヤをしている1歳児を愛でてください。「そうだね~いやだね~」と一度は共感してあげましょう。

聞き入れてもらうことは1歳の赤ちゃんにとっては心の安定につながるのです。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER