MUGYUU!ロゴ

生理前の基礎体温は下がる?上がる場合も?正しく測って自分の体温を把握しよう

基礎体温を測っていると、自分の体の様々なことがわかってきます。生理前になるとだいたい下がる体温ですが、中には上がる人もいるようです。でも、そもそも生理前の基礎体温は一般的に何度くらいなのでしょうか。

またなぜ体温が下がるのかという、生理前の状態についてご紹介していきたいと思います。基礎体温の基本的な知識についても、同時におさらいしていきましょう。

生理前の基礎体温は何度くらい?

834b16f3f51ab326eba726635ecc326f_m
実は基礎体温というのは非常に微妙な数字で、個人差が大きいのが正直なところなのです。そのため、生理前だから◯度!とは断定できないんですね。しかし、だいたい0.3~0.5度体温が下がったら生理がくるサインだと言われています。

私自身も基礎体温を測っていましたが、やはり生理前は0.4度くらい下がっていました。今まで高温期で36.70度以上あった体温が、だんだん下がると言った感じですね。人によって普段の体温は異なりますので一概には言えませんが、私の場合はこうだったということで参考にしてみてください。

一般的・妊娠した場合などのパターン別をグラフなどで紹介

それでは一般的に生理がくる場合の基礎体温のグラフと、妊娠したときのグラフをそれぞれ比較してみましょう。

一般的に生理がくる場合

gaeb6afbse

引用:http://kisotaion.org/index.htm

一般的に生理が来ている周期の基礎体温は生理初日から14~16日、低温期という体温が低い状態が続きます。このときに卵胞ホルモン(エストロゲン)が分泌されて、排卵に向けて卵胞が育っていきます。そして低温期の終わりに基礎体温がガクッと下がる日、つまり排卵日が1~2日あります。

この体温が一気に下がるのがわかることで「排卵した」と認識することができるのです。そして排卵日が過ぎたら、高温期という体温が高い状態が14~16日続きます。高温期では黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌され、子宮内膜を厚くしていきます。排卵日でうまく受精できたときに、受精卵が子宮内膜に着床しやすくするためです。

しかし妊娠が成立しなかった場合は、不要になった子宮内膜を剥がしていかなければならなくなります。そのときに、だんだん体温が下がっていって生理が来るのです。そして、また低温期に戻る…というサイクルを繰り返します。

妊娠したときの場合

normal

引用:http://kisotaion.org/index.htm

一方妊娠した場合には、排卵日が過ぎて高温期が来るところまでは同じです。しかし、高温期で厚くなった子宮内膜に受精卵が着床しているので子宮内膜を剥がして生理を起こさせるということはなくなります。

その代わりに子宮内膜の厚さをキープして、受精卵が赤ちゃんへと育っていくための準備が着々と進められていくのです。この子宮内膜の厚さを維持するためには、高温期を維持していかなければなりません。

そのため高温期が長く続いて体温が下がらないというのが、妊娠しているときの基礎体温グラフの一番の特徴なのです。一般的に2週間以上、高温期が続く場合には妊娠の可能性があります。

生理前の基礎体温が下がる(低い)理由

2e0773337eb06153c22fe920fe432529_m
生理前に基礎体温が下がる理由は、実は黄体ホルモンにあります。排卵日後の高温期には、黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌されているということを先ほどお話ししました。黄体ホルモンは子宮内膜を厚くするために、体温を高める作用があります。

生理が来るということは、受精卵が着床するために子宮内膜を厚くするという役割が不要になるということになります。そのため、その時点で黄体ホルモンの分泌量が減ってくるのです。

そうなると体温を上げる作用のあるホルモン量が減るわけですから、自ずと体温がだんだん下がってくるんですね。体温が下がることで、その月経周期で不要になった子宮内膜を剥がして生理を起こさせて体外に排出するのです。そう考えると、女性の体は良くできているなと思いますよね。

いつ頃から下がる?

では、具体的に生理前に基礎体温が下がるのはいつ頃からなのかというのが気になります。基本的に高温期というのは14日続きますから、14日目を境にだんだん下がる仕組みになっています。基礎体温を長く測っている人だと、高温期になって体温がだんだん下がってくると「そろそろ生理が来るから準備しておかなくちゃ」と意識できるのだそうですよ。

2日ほどかけて体温がだんだん下がると、そのまま生理が来て低温期に切り替わっていきます。そうしたら、また新たな月経周期のはじまりがやって来るというわけですね。

生理前の基礎体温が上がる場合もあるの?

292fa4557e760262f49a98597b27431e_m
生理前に基礎体温が上がり、ずっと基礎体温が高い状態が続くという場合は、黄体ホルモンが分泌され続けているということです。妊娠の可能性がなくても基礎体温が高いままという場合に考えられるのが、PMS(月経前症候群)という症状です。

生理前に37.0度以上の微熱があったり、その他様々な体調不良が現れる非常に辛いものです。PMSは病院に行けば様々な改善のためのアドバイスや、ピルなどを使っての治療を受けることができます。

もし基礎体温を測っていてずっと生理前でも体温が高い場合には、基礎体温表を持って婦人科を受診しましょう。

基礎体温の正しい測り方と記録方法

4111d441ffb46b4a54770a3308d4bf50_m
それでは、基礎体温の正しい測り方と記録方法をおさらいしておきましょう。婦人体温計は、小数点第2位まで数値を出すことができる微妙な体温の変化がわかる体温計です。

測り方を間違えてしまうと、正確なデータが取れなくなってしまうのできちんと測ることが大切なのです。それでは、基礎体温の測り方の手順を確認していきましょう。

①夜寝る前、枕元に婦人体温計を置いておく
②睡眠時間を4時間以上取る
③なるべく同じ起床時間に目覚める
④体を動かさずに枕元の婦人体温計を取る
⑤体温計を舌の裏に当てて、舌で挟み込みながら測る(およそ5分)

以上が正しい測り方となります。

一方記録方法は、自動記録機能が付いているものはそのままでも大丈夫です。しかし一般的な婦人体温計では記録機能がありませんので、記録をメモするか携帯のメモ帳などに書き込んでおきましょう。時間のあるときに基礎体温表に日付を書き、該当する体温の位置に黒ポチをつけます。

もし何かきになることがあった場合には備考欄に書き込んで置いてください。例えば頭痛薬を飲んだ、睡眠時間が十分取れなかったなどです。

基礎体温でできること・わかること

c64a393f09e9b6348109ceba7bdcf36c_m
基礎体温を測ることでできることやわかることはたくさんあります。その中でも、代表的な3つの項目をチェックしていきましょう。

生理周期が予測できる

基礎体温を測っていると生理前に体温が下がることが多いので、それを目安に生理日を予測することができます。
また自分の月経周期は何日周期なのか、いつ頃排卵したのかなども知ることができるので、妊娠を希望している場合には基礎体温は欠かせないのです。

体調が分かる

基本的に卵胞ホルモンが分泌されている低温期には体調が良い場合が多く、また肌の調子やダイエットも成功しやすいと言われています。しかし黄体ホルモンが分泌されている高温期には、体調を崩すことが多いのです。

肌も荒れやすく、水分を溜め込みやすくなる時期なので太りやすいとも言われています。

妊娠しているか早めに分かる

基礎体温を測ることで低温期と高温期がわかるようになるので、高温期が長く続いていることから妊娠しているか早めに確かめることができます。
2週間以上高温期が続いたらまず妊娠検査薬を使ってみて、陽性反応が出れば早めに病院に行ってくださいね。

妊娠初期と生理前の症状の違い

cdce98519c99f356f2404a11491ac46b_m
妊娠初期症状と生理前の不調は、実は非常に見分け方が難しいのです。症状に個人差はありますが、頭痛や吐き気などが起こることがあります。

その他微熱や微量の出血など、ほとんど妊娠初期症状と生理前の不快な症状は変わらないのです。やはりしっかり見分けていくには、基礎体温を測ることが重要だということですね。

まとめ

いかがでしたか?生理前に基礎体温が下がるということについて、その仕組みや基礎体温の重要性などを説明してきました。細かい体温というのは、きちんと婦人体温計を使って計らなければわからないことです。

それをきちんと把握して、少しの体の変化に気づけるようになれば自分の健康意識も随分変わってくると思います。基礎知識を測ることでわかることはたくさんありますので、ぜひ習慣にしていきましょう。

\\ 『基礎体温』の全てがわかるまとめ記事 //

READ MORE

2016/11/17

基礎体温

基礎体温でわかる妊娠初期と排卵日の時期

ぽんず

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER