MUGYUU!ロゴ

11,197

繰り返す便失禁は何が原因なの?知らないと怖い慢性便秘との関係性

小学生に上がったのになぜか毎回うんちを漏らしてしまう、こんなことはありませんか?
あるいは少量のうんちが毎回パンツについているなど、
普段、普通にトイレにいけているのになんで?
と疑問を持つ方も多いでしょう。

何度もお漏らししてしまうことから、イライラして怒ってしまった方も中にはいるではないでしょうか。

便が出ているから便秘とは無縁に思ってる方、実は「便秘が重症化した症状」の中には便が漏れてしまうことがあるんです。
ただのお漏らしと思っていて適切な対応をしていないと、いつまで経っても治らず、症状が悪化して大変な事態になってしまうかもしれません。

今回は子供の便失禁について、その原因や対処法などをご紹介します。

便失禁とは

便失禁とは、4歳以上の子供が下着に便をしてしまうことです。
病気や身体の異常によって起きるものではなく、何かのはずみで、自分の意志とは関係なく便が漏れてしまう症状のことです。
消化機能や排泄器官があまり発達していない子供では、便失禁は4歳児の約3%に起こると言われています。

成長するにつれ自然に治る子が多いですが、トイレトレーニングや小学校への就学時など、環境の変化に関連して起きることがよくあります。
便失禁は臭いの問題もありますし、学校に行き始めるようになると、精神的なストレスにも気を付けなければなりません。
学校で一度でも漏らしてしまうと、からかわれたり、それがもとで不登校になることもあり、子供だけでなく親にとっても深刻な問題です。

59ef44577e5331be5d6d6add161f6201_m

なぜうんちを漏らしてしまう?慢性便秘との深い関わり

子供の便失禁の原因はいくつか考えられます。
神経障害や肛門括約筋の障害などの病気の可能性もありますが、最も多いのは「便秘」によるものです。
うんちが出ているので一見すると便秘が原因とは考えづらいですが、実は大きな関わりがあります。
便秘はうんちの回数が少ないとは限らないのです。

子供は大人よりも快便という印象がありますが、子供は排泄機能が未熟なので、ちょっとしたことがきっかけで便秘になってしまいます。
実際、小学生以下の10人に1人は便秘と言われています。

一度便秘になると便が溜まったことに気づきにくくなってしまい、便秘が慢性化する傾向にあります。
子供の便秘は重症になってから気づくことが多く、便失禁を起こしている場合も、便秘の症状がかなり悪化している状態になっています。

子供はなかなか自分では気づかないので、お母さんが早めに気づいて対処してあげることが大切です。

ba1cb781d1160324aa4a23af44e0359c_m

便秘なのになぜうんちが漏れるの?

便秘が長引いて直腸に便が溜まった状態が続くと、便が水分を吸収され、徐々に固くなっていきます。
便が固くなってしまうと、排泄のときに痛みを感じるようになります。
すると子供は、「うんち=怖い」というトラウマを持つようになり、排便を我慢するようになってしまいます。

その結果、直腸にますます便が溜まっていき、最終的には詰まっている便の隙間から柔らかい便が勝手に漏れ出るようになったり、溜まっていた便の一部がポロっと出てきてしまう、便失禁を起こすようになってしまうのです。
このような症状が続くと、直腸の刺激を感じにくくなるので、子供は便意を感じずに無意識にうんちを漏らすことを繰り返すようになります。

74d7f5b6f9d4939b2b853a3dabea9f7a_m

便秘と気付かれないことも多い

このように便失禁は便秘が原因で起こる可能性が高いので、しっかり病院に行って便秘症を治療する必要があります。

しかし、便失禁が見られても、なかなか病院に連れてこないお母さんも多くいらっしゃいます。
その理由は、普段とは異なる状況とはいえ少なくとも便が出ているので、便秘が重症化して起きていると気づかないためです。

便失禁のときは、固まってしまった便の隙間から新しい便が出ているだけで、固まった古い便は排出されていませんので、うんちが出ているからと放置していては、いつまで経っても改善されません。

また、子供にとっても、無意識に痛みもなくうんちが出てしまうので、便秘とは気づかず、非常に便意に鈍感な状態になっています。
すでにトイレトレーニングを終えて一人でトイレに行けていた子供で、便失禁が続くようなことがあれば、まずは早めに受診することが大切です。

27d72465b108fd2b5a9250057ea5889b_m

便秘かどうか見分ける方法はある?

うんちの回数には個人差がありますが、一般的には3日出なければ便秘と言われます。
ただし、子供の場合は成長の度合いによって回数も変化しますので、毎日出なくても元気があって食欲もあるのであれば、さほど心配はいらないでしょう。
一般的な便秘症のサインとしては、以下のような症状が見られます。

・おなかが張っている、排便をするとき苦しそう
・食欲がなくなる
・吐き気がある
・便がコロコロしている
・3日以上便が出ていない
・肛門が切れて出血している

しかし、慢性化してくると痛みなどにも鈍感になるため、小学生くらいになると症状はほとんど現れず、便秘の発見が遅れてしまうことがあります。
特に便失禁では上記のような症状が見られず、無意識に便が漏れてしまうので、便秘と判断するのは非常に難しくなります。

便秘が重症化して便失禁が続くようになって、そこで初めて病院を受診して便秘だとわかるケースも多くあります。
便秘が重症化してしまうと、治療も難しくなりますので、悪化する前に治療を開始する必要があります。

少しでも便秘に似た症状が出ている場合には、自己判断で放置するのではなく、一度受診するのが良いでしょう。

b583fd50fd83d67c8121e735deaad525_m

便秘を引き起こす原因は?

便秘の原因は生活習慣や食生活が大きく関係しますが、子供の便秘には、それ以外にも原因があります。
子供が便秘になりやすい時期は、主に以下の3つになります。

①乳児期:離乳食を始めたとき

離乳食になると、これまでの母乳やミルクに比べて水分が不足気味になるため、便の水分量も減り、一時的な便秘が起きることがあります。

②幼児期:トイレトレーニングを始めたとき

なかなか一人で上手く排便ができなかったり、お漏らしをしてしまって叱られたなどのトラウマから、排便が嫌なものという印象を持ってしまったり、叱られないように我慢することで便秘になってしまいます。

③学童期:通学開始や、学校でうんちを我慢してしまったとき

それまでは自由にトイレに行けましたが、学校ではそうはいきません。
ある程度決まった時間にしなければならなくなります。
特に多いのは、授業中になかなかトイレと言えなかったり、学校のトイレで排便するのが恥ずかしい、という理由で、トイレを我慢してしまうことです。
家まで我慢するということを続けていると、便が溜まりやすくなり、便秘になってしまいます。

排泄の痛みが原因になることもある

便が固くなってしまい、排便の時に肛門が切れてしまうと、痛みを避けるためにうんちを我慢してしまい、便秘になる場合もあります。
これらがきっかけとなって、「便が溜まる」→「便が固くなる」→「排便時に痛みを感じる」→「我慢する」→「さらに便が固くなる」という便秘の悪循環になってしまいます。
このような悪循環が長い間続き、腸に便が溜まったままの状態が続くと、腸が鈍感になってしまい、便失禁につながります。

b5dc635839ed0259b97df29088a86847_m

子供の便失禁を治す方法は?

便失禁はどのように治療すれば良いのでしょうか。
便失禁は便秘が原因となることが多いですが、その便秘はストレスやこころの問題からくる場合があるので、一人一人にあった適切な対処をすることが大切です。

自宅で出来る治療法としては、主に以下の3つがあります。

①食事療法

水分をとる

水分不足は便秘の原因になります。子供は体は小さくても汗腺の数は大人と同じだけあるので、大人と比べて汗っかきです。
夏冬問わず脱水を起こしやすくなりますので、こまめに水分補給をしてあげましょう。
幼児期を過ぎたら、朝起きたらコップ1杯の水を飲む習慣をつけて、腸を動かすようにしましょう。

食物繊維を摂る

また、食物繊維を摂ることも、便の流れをよくするためには大切です。
食物繊維は腸で吸収されず、水分を含んだまま便とともに排泄されますので、便を柔らかくする効果があると言われています。
食物繊維は野菜、果物、海藻、芋類、豆類など様々な食べ物に含まれていますので、好き嫌いせずしっかり食べるようにしましょう。

オリゴ糖も効果的

また、オリゴ糖も、子どもの便秘の原因となる腸内環境の乱れを改善します。
それはオリゴ糖が腸内に棲むビフィズス菌のえさとなるからです。
オリゴ糖は、胃や小腸では消化吸収されずに大腸まで届くという特徴をもっています。

朝ご飯をしっかり食べる

朝ご飯を食べない子供は便秘になりやすくなります。朝ご飯を食べることで腸が動き、うんちが出ます。
便は朝が最もでやすいと言われますので、3食決まった時間に、しっかり食べさせるようにしましょう。

631cfa49307be38a3ee6ee0cdd25c3a2_m

トイレトレーニング

子供がトイレに対してトラウマを持ってしまっているときには、トイレトレーニングを行って、自分の力でコントロールできるように訓練をしましょう。
トレーニングを始める際は、オムツを外したら直接パンツにするのではなく、その前にうんちが漏れてもいいトレーニング用のパンツを使うと良いでしょう。
上手くいかない場合でも、決して叱らず、焦らず無理のない範囲でやることが重要です。

カウンセリング

トイレのトラウマが原因で便失禁をしてしまう場合には、心理面でのカウンセリングを受けることも必要です。
叱られた経験があったり失敗して嫌な思いをした経験があると、排便に対して自信を失っていたり拒否反応を示すことがあるので、子供の自信を取り戻すために、専門医に相談してみましょう。

222cab21f74caaa584fe09abb480ad6b_m

病院での治療法

何度も便失禁を繰り返すようなら、病院を受診しましょう。
便失禁は便秘が原因となることが多いので、専門的な治療は消化器内科になります。
もし近くに消化器専門の小児科があればそちらに、なければ小児科のかかりつけ医に相談すると良いでしょう。

小児科では子供の便秘に対する一般的な治療は受けることができますし、もし専門的な検査が必要な場合は専門科を紹介してもらうこともできますので、スムーズに治療を進めることができます。
便失禁が起きている場合、病院ではまず便失禁の状態を問診にて診察します。

次に、排泄機能と排泄機能をコントロールする神経系に異常がないかを検査します。
肛門、直腸の検査や神経機能、骨盤底の検査が行われることもあります。
機能に異常がないことが分かり、便秘による便失禁と診断されれば、便秘の治療が行われます。

治療の基本は、腸にたまった大量の便を取り除いて排便リズムを整えることになります。
まずは下剤が処方されて様子をみますが、便が出ないようなら浣腸を使って便を排出します。

ただし、一度便が出たからといって便秘が改善されるわけではありませんので、生活習慣の改善も重要です。医師と相談しながら、少しずつ改善していく努力を続けていきましょう。

617900368ad5628a7790284e9a3ca221_m

まとめ

便失禁は、その多くが便秘が原因で起こります。
しかし、うんちが出ているとなかなか便秘だと気付くことができません。
普段から子供を注意深く観察して、早めに気付いてあげることが大切です。

便秘は子供の生活習慣を見直す良い機会です。
便失禁になったら、信頼できる小児科医に相談し、食生活や生活リズムなどを見直してあげるようにしましょう。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

WRITER