MUGYUU!ロゴ

子供の冬の肌着はどうすべき?赤ちゃんとは違った子供の冬の肌着の着せ方について詳しく解説します!

寒い冬の時期、子供にどんな物を着せたら良いのか悩むママも多いものです。

ママ世代の女性は冷え性、寒がりの人が多く、ついつい「子供も寒いのでは?」と思ってしまいますよね。
厚着をさせていたら、いつの間にか汗でびっしょりという経験をされた人もいるのではないでしょうか?

保育園に厚着をさせて行ったら、もっと薄着をさせるように指導を受けたという声も多く聞かれます。

今回は赤ちゃんとは違う、子供の冬服、肌着について見ていきましょう。

赤ちゃんと子供の冬服ってどう違うの?

436f267637787619b422438cc2c0ae44_m

では、赤ちゃんと子供それぞれの冬服の違いについて紹介していきます。

赤ちゃんの冬服

9d3a36724d2864ff0cc950f9ec9d1202_m

赤ちゃんの場合は、体温調節がほとんど出来ないので冬の季節は、温かな室内と寒い外出時と服装を変えた方が良いでしょう。

コンビ服やカバーオールのように、抱っこしてもはだけにくい物がオススメです。

また、日によっても気温は前後します。
細かい調節にはベストなどを用意しておくと良いです。

基本の例をあげてみます。

室内の場合

  1. コンビ肌着(裾が2つになっているもので、はだけにくい)とカバーオールなど
  2. 短肌着と長肌着を組み合わせ、長袖Tシャツやパンツなど

外出時の場合

  1. コンビ肌着にトレーナー、ズボンにアウター
  2. 短肌着と長肌着にカバーオールそしてアウター

子供の冬服

05863c3f0f4b66c3ce3445610816893d_m

子供は大人よりも体温が高く動き回っているので、基本は大人よりも1枚少なめという事です。

例え冬と言っても、ママと同じように厚着をさせてしまうと、汗をかき冷えてしまいます。

また動く事を考慮し、お腹が出ないような裾の長めの肌着や、ニット(リブ)付きのパンツ、スカートを選ぶようにすると良いでしょう。

基本の例を挙げてみます。

室内の場合

  1. 半袖の肌着と長袖Tシャツ、ズボン、スカート&スパッツなど
  2. 半袖の肌着とトレーナー、ズボン、スカート&スパッツなど

外出時の場合

  1. 半袖の肌着と長袖Tシャツ、ベスト、ズボン、スカート&スパッツにアウター
  2. 半袖の肌着とトレーナー、ズボン、スカート&スパッツにアウター

子供が冬に着るべき肌着は「半袖肌着」

b8e3ebdda94592e3705450c1147723d2_m

冬になると子供に長袖肌着を着せるべきか、半袖肌着を着せるべきか悩むママも多いものです。

しかし結論から言うと、子供は半袖肌着で十分です。
大人よりも基礎体温は高めで、汗をかきやすいのが子供です。

寒いだろうと思い長袖の肌着を着せると、汗をかき冷えてしまう場合もあります。

薄着の呼び掛け

ab790a8daac71a847b41d7e9bc184d2d_m

近年多くの保育園では、薄着を呼び掛けています。
薄着によって皮膚が寒さを感じる事が出来ます。

その事で人間が本来持っている寒さへの抵抗力を刺激し、丈夫な体を作っていく為です。

服装の調節

b3bec016fbeb6a8c2093fa89c005800c_m

寒い地域ではアウターを重ねるなどをして、調節をすると良いでしょう。

しかし服装によってニット系の物がチクチク感じるなどという場合は、長袖肌着を着せてあげても良いのではないでしょうか。

また袖の無いタイプの肌着は、脇にかいた汗を吸い取る事が出来ないので、理想は半袖の肌着という事になります。

冬に適した子供の服装とは

74681e519e5fec57a4b603de9540a6f0_m

子供の服は可愛いもので、せっかくだからお洒落をさせたいと思うのが親心です。

確かに見た目で服を選ぶ事も重要です。
ですが大切な子供が快適に健康に過ごす為に、おさえておきたい冬服のポイントを紹介したいと思います。

子供の成長に合わせて、適切な服を選びましょう。

1歳2歳の冬服

35a9889f0b2cda5799e8332b58ba8f63_m

1歳を過ぎるとオムツはテープ式の物を使用する人がほとんどです。
オムツを交換する時も、立った状態で行うケースもあるので、肌着は繋がっていない物が良いでしょう。

基本は半袖の肌着に長袖Tシャツ、ズボンやスカート&スパッツです。
薄手のTシャツなら、上に1枚カーディガンやシャツなどを羽織っても良いでしょう。

外出時にベビーカーを利用する際は、運動量もなく寒さを感じてしまうので毛布を掛けるなど寒さ対策を行いましょう。

3歳以降の冬服

c8462419f444605c88058bec3aa22e2a_m

3歳になると動きも活発になります。
冬でも汗を沢山かいて遊び回っているのではないでしょうか。

この時期の冬服は特に厚着にならないように気をつけましょう。

半袖の肌着に長袖Tシャツ、ズボンやスカート&スパッツという基本スタイルは変わりませんが、より伸縮性のある素材にしたり、気温の低い時は、腕の動きを邪魔しないようなベストを1枚プラスしても良いかもしれません。

外出時には、汗をかいて体を冷やさないように肌着の着替えを1枚持って行くと良いかもしれません。

子供が寒いのか、暑いのかの判断基準

14cc0e4fdb5a8f7958f69fb133d71655_m

子供は夢中になると寒くても暑くてもあまり気にせずに遊んでしまいます。

「寒い?」と聞いても生返事、という事もありますよね。
冬服を着せる際にどうやって調節しようかと悩んでしまうケースもあるものです。

では子供のどんな様子で見分ければ良いのかを紹介します。

暑すぎる、着せすぎの場合

9bf8a8898ca1325742b7b16b2242a50f_m

▼顔が赤くなって火照っている

▼頭や背中に汗をかいている

寒すぎる、薄着しすぎの場合

▼唇が紫色になっている

▼手、指の血色が悪くなっている

外気温が1つの目安に

また、外気温が1つの目安になる場合もあります。
冬と言っても地域やその日の天気によっても違ってきます。

気温を1つの目安にしても良いかもしれません。
外での大まかな目安は10度以下、5度以下と言った目安です。

5度以下の場合はアウターをダウン系の物にしたり、マフラーや手袋を付けましょう。

冬にオススメしたい子供の肌着素材

be1c03865c137653e51eb6b55a19d555_m

冬に着る肌着と聞くと、ママ達にとっては保温性が第一条件に来るかもしれません。
しかし子供の肌着の場合は通気性と吸湿性が大切です。

冬場なのに意外と感じるかもしれませんが、子供は汗をかくものです、通気性のないものは汗が冷え体を冷やしてしまうのです。

また直に肌に触れるので、敏感な子供の肌に優しい物を選びたいものです。
そこでオススメしたい、冬の肌着素材を見ていきましょう。

綿素材

綿素材は肌着の基本とも言える物ではないでしょうか。
綿は吸湿性に優れているという特徴があり、肌触りも良い物です。

子供用の肌着にも多く使われている物です。

絹素材

絹素材の肌着は、静電気を起こしにくく綿よりも吸湿性に優れています。
また断熱効果もあるので身体を温かく保ってくれます。

肌と同じタンパク質の構成になっているので、肌にとても優しい素材と言えるでしょう。

竹布(たけふ)

竹布はアトピーなどの敏感肌の子供の肌着として注目されている素材です。
肌触りがとても良く、摩擦がおきにくいので肌への刺激も少ないのです。

吸湿性、通気性がよく汗をかいてもすぐ乾く素材となっています。

まとめ

0051143f8b56d87a5d7558f171755171_m

冬にどのくらい着こませて良いものか、子供の肌着はどんな物が良いのかと悩むママも多いようです。
ママ自身が寒がりだったりすると、ついつい子供も寒いのではないかと何枚も着せてしまいます。

しかし子供にとっては外気にあたる事も、健康な体を作るうえで必要な事。
冬場でも肌着は半袖が基本です。

寒さの調節はベストやカーディガンなどの、すぐ羽織ったり脱いだり出来る物が良いでしょう。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER