MUGYUU!ロゴ

2,441

トイレトレーニングでおまるは必ず必要?その決定的な理由とオススメのおまる紹介

日々成長していく我が子。
1歳、2歳と年を重ねるごとに出来ることも増え、ますます目が離せなくなりますよね。

ところで、赤ちゃんの代名詞ともいえるオムツは、いつどのような手順で普通の下着に切り替えていくのでしょうか?

ネットなどで調べてみると、いろいろなトイレトレーニングが紹介されていますが、今回は子供が自分で用を足しやすい、おまるについてご紹介します。

おまるとは?

shutterstock_90052567

おまるとは広い意味では、持ち運びができる室内用の便器のことです。
病院で使用されている尿瓶などもこれに当てはまります。

おまるを使用する目的

幼児に対しておまるを使用する目的は、大人用の便器しかない家庭の中で「自分の意思で排泄をする」という排泄の自立を促すことです。

おまるの形

一般的なおまるといえば、子供にあった小さな便器に跨りやすいように前にハンドルがついている和式便器のような形ですよね。

他にも椅子のように座る洋式便器のような形のものや、立って使用する男性用便器のような形のものもあります。

おまる開始年齢

085169

おまるはトイレトレーニングを始める頃と言わず、首が座った0歳の頃から開始してよいものです。

もちろん、首が座っただけの時は自分で座れないので、お母さんが支えてあげましょう。
この頃のおまるの使用は、赤ちゃんにおまる自体に慣れてもらうことが目的ですので、実際に用を足さなくても大丈夫です。

子供が男の子の場合は、お母さんとは体の作りが違いますから、お父さんやおじいちゃん兄弟がいる場合はお兄ちゃんにトイレに連れて行ってもらうのも良いかもしれません。

おまるの種類

おまるには大きく2つの種類がありますので、それぞれの特徴についてご紹介します。

足を広げて跨ぐタイプ

このタイプは足を開いて便器に跨り、前についているハンドルを持って用を足すおまるです。
足がつっぱりやすく、手でしっかり体を支えることができるので、力みやすいのが特徴です。

ただし、トイレトレーニング開始直後などは、ズボンやオムツを脱がせてからお母さんが抱っこして跨らせる、という手間が必要になるので、おしっこが間に合わなさそうな時はちょっと大変かもしれません。

補助便座やステップとしても使えるものが多く、1台でトイレトレーニング終了まで長く使えるのも特徴です。

足を閉じて座るタイプ

足を閉じて便器に腰掛けて用を足すおまるです。
ズボンやオムツを膝まで下ろせば用を足せるので、跨るタイプに比べてお母さんが乗せてあげる手間がかかりません。

また慣れれば洋式トイレに違和感なく移行できるのもポイント。
ただし、跨ぐタイプのように補助便座やステップとして使えるものはほとんどないので、トイレトレーニングが進んで補助便座などが必要になれば買い替えが必要になります。

おまるの置き場所

541727

トイレトレーニングでおまるを使用する際、「おまる=おしっこやうんちをする場所」という意識付けが大切になってきます。
その為にも、おまるは定位置を決めてあげるのがベストです。

大人のトイレが広ければ、トイレにおまるを置いてあげると、おまるを卒業して普通のトイレに移行する時に困惑しなくて良いですね。

大人のトイレが狭ければ、子供がすぐにおまるを使えるよう、普段遊んでいるリビングなどに置いてあげましょう。

リビングにおまるを置くのは見た目が気になるという時は、段ボールなどで囲って個室のようにされているお母さんもおられますので、参考にしてみてくださいね。

おまる卒業後の処理方法

mercari_logo_horizontal-20160302

引用:https://www.mercari.com/jp/

子どもが大きくなり、おまるを卒業したら、そのおまるはどうすれば良いのでしょうか?
おまるは場所を取りますから、出来れば置いておかずに処理したいですよね。

最初から、後のことを考えて綺麗に使用し、洗って他の人にお譲りしたり、中古品としてリサイクルショップやフリーマーケットなどで買い取ってもらうことも出来ます。

また今、CMで良く見かける携帯から簡単に出品できるフリマアプリの「メルカリ」なんかもオススメですよ。

おまるの洗い方(コツ)

246727

初めての子供なら、お母さんにとっても初めてのことだらけですよね。
ここでは、おまるの洗い方についてご説明します。

  1. おまるには、中に小さな取り外せるバケツのようなものがついています。
    それを取り外して、中に溜まったおしっこをトイレに流します。
    ※うんちの時はトイレットペーパーや流せるお尻拭きなどで取ってトイレに流しましょう。
  2. 外に水場があれば外、なければお風呂場などでバケツを綺麗に洗います。
  3. アルコールスプレーをするか除菌シートなどで軽く拭くかして清潔に保ちましょう。

冬場、寒くなってくると水洗いは出来るだけ避けたいですよね。
そんな時はペットシーツがおすすめです。
おまるのバケツの部分にペットシーツを敷いておけば、オムツと同じ処理の仕方で済みます。
もしシーツからこぼれてしまった場合は水洗いが必要にはなりますが、断然処理が楽になるので、試してみてくださいね。

おまる使用上の注意

233229

おまるを使う時に注意したいのは、以下の3点です。

あらかじめ使う場所でセットしておくこと

おまるは、トイレが広ければトイレにセットしておき、トイレに置けないならリビングなど子供がすぐに行ける場所にセットしておくことが大切です。

決まった場所にセットすることで、「ここはおしっこやうんちをする場所」という意識ができます。

失敗しても怒らないこと

270403

子供は今まで大人の都合でオムツをしてくれていたのですから、最初から上手にトイレが出来るわけがありません。

失敗したことに対して怒ってしまうと、排泄=怒られると考えてしまい、排泄自体を嫌がってしまうこともあります。

成功したらたくさん褒めること

大好きなお母さんなの褒められれば、子供はみんな嬉しいものです。

おまるに座れたら褒める、用が足せたら褒めるなど徐々に、おまるで用を足す=褒めてもらえると思ってもらえるようにするのが、楽しい気持ちでおまるを使ってもらう為に大切なことだと思います。

おまるのオススメ商品(ブランド)

序盤のほうで2種類タイプのあるおまるをご紹介させていただいたところで、オススメのおまるをご紹介します。

ダイソー

slide_image

引用:http://jmty.jp/

子供によって好みが分かれるので、買ったものを嫌がらずに使ってくれるか心配ですよね。

実はダイソーに200円商品の座るおまるがあるのですが、ちょっと様子見でおまるを使わせたい時にぴったりです。
他の使用方法はないものの、蓋もきちんとついており、構造がシンプルなので掃除も簡単です。
なんといっても、子供が気に入らなくても捨てられる値段が魅力です。

コンビ ベビーレーベル

ベビー用品大手のコンビの跨るおまる「おまるでステップ」は、おまる、補助便座、ステップと3通りの使い方ができる優秀なおまるで、グッドデザイン賞を受賞したこともあります。

子供が跨りやすい形と、握りやすいハンドルにこだわった商品です。
また「洋式おまるでステップ」という座るおまるも、おまる、ステップ付き補助便座の2通りの使い方ができます。見た目も大人用のトイレのようです。

日本育児

座るおまる「よいこレット」はおまる、ステップ付き補助便座、補助便座の3通りの使い方ができます。
使わない時はたためるので、通常のおまるのように場所を取らないのが特徴です。
ステップには足跡がプリントされており、子供が足をのせる目安になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
おまるについて、理解は深まりましたでしょうか。
ご紹介させていただいた内容が、おまる選びの参考になれば幸いです。

最後にご紹介したおまるを使用する際の注意点は、お母さんがトイレトレーニングにイライラしない為の注意点でもあります。

失敗して当たり前、どんどん失敗しなさい、くらいのゆったりした気持ちで子供を見守り、時には手伝ってあげることが、子供にとってもお母さんにとっても大切なんですね。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

WRITER