MUGYUU!ロゴ

寝かしつけの読み聞かせに大切なルール作りのコツ!電気はどうする?

夜寝る前の読み聞かせは、子どもにも親にとっても寄り添って一緒に過ごせる安らぎの時間です。
疲れていても読み聞かせの時間は少しでもとりたいものです。

でも、読み聞かせをしていてこれって本当に子どものためになっているの?と、疑問に思うことはありませんか。
例えば明かりをつけたまま読むのか、消すのか、寝付くまでずっと読み続けるのか。
中々寝付かず寝不足になってしまっては、せっかくの時間も意味のないものになってしまいます。

これらのルール作りをしっかりすれば、読み聞かせの時間はもっと価値のあるものになります。
読み聞かせの際の疑問とルール作りの必要性についてまとめました。

明かりは付けるべき?消すべき?

寝る前の読み聞かせには子どもの精神状態を落ち着かせ、眠りを促す効果が必要です。
明々とした電気の下では脳が昼間と錯覚し、興奮状態になり睡眠を妨害してしまいます。

なので部屋の明かりはなるべく暗めで均一に、本の絵が見える程度の明かりの下で読みましょう。
ベッドサイドの明かりや小丸電球(豆電球)1つほどの明るさがいいでしょう。
子どもは暗くて絵が見えなくても、読んでいる声に安らぎを感じて眠りにつきます。
寝ることを前提に明かりを調節しましょう。

333321b8a7b44be7307f7319a8fdb2d6_s

部屋の電気と電気スタンドどちらがいい?

これは電気スタンドの明るさや置く位置によりますが、絵本自体を見やすくするため、視界に入る位置に強い光を放つスタンドを置くのはやめましょう。
一定の場所だけが明るいとそこを中心に見てしまうので、絵本の内容に興味がいかず目も悪くなりやすいです。
真っ暗な中でスマートフォンを扱うのと同じということになります。

なので、部屋全体を均等の明るさにすることがお勧めです。
電気スタンドを使うのであれば、足元において直接見えないようにしたり、明かりのきつくないものを使いましょう。

電気スタンドは目が悪くなるって本当?

電気スタンドのみの使用は、目が悪くなります。
視界に入る明るさは、出来るだけ一定にする方が目に負担がかかりません。

真っ暗の部屋でパソコンやスマートフォンを使うと目が疲れます。
これと一緒で明るい場所に意識が集中するので質のいい眠りはとれません。
子どもは眠りの質次第で、次の日機嫌が悪かったり、体調がよくないこともあるので、乳児期~幼児期は特に気を付けましょう。

明るい部屋で手元を見やすくするために使用するのは問題ありません。
ただ、電気スタンドの明るい光を直接見ると、瞳孔が開いて目が眩むので子どもは特に注意させましょう。

62ed0cff52abbc4f68e4bbbe48f21e33_s

ライトの色は何色がいい?

ライトの色は、小丸電球のオレンジ色や目に刺激の少ない色味のものがいいでしょう。
部屋を明るくすることが目的の白色の蛍光灯は、目が冴えてしまい子どもの寝つきが悪くなります。

LED電球は販売元によって明るさが異なる様なので、一様に悪いとはいえませんが、寝かしつけの際は、白色の蛍光灯は消して温かみのあるライトにしましょう。

また、スマートフォンやパソコンのライトをつけての読み聞かせは絶対によくありません!
それらに含まれるブルーライトは、視界に入る光の中でも最も強い光で脳を興奮状態にさせる刺激や目を傷つけることがあるので必ず消しましょう。

寝る前に読むことはこんなに嬉しい効果が!

寝る前の読み聞かせには素晴らしい効果がたくさんあります。

ストレスの解消

1つ目は、子どものストレスや不安を解消する効果です。
どの年齢の子どもも、一番の味方は親であってほしいものです。
集団生活や日々の暮らしの中で、大人と同様、様々な不安やストレスを子どもも抱えます。
それは年齢が上がる程大きくなります。
その日の終わりに、一番の味方のパパやママに寄り添って絵本を読みながら入眠できることは、精神を安定させることが出来るのです。

寝る習慣が身に付く

2つ目は、寝る前の読み聞かせを習慣付けることで、就寝時間を理解することが出来ます。
これは親の負担も減り、他のルールを守ることにも繋がります。
読み聞かせは小学校に入ってからも続けたいものです。

想像力のアップ

3つ目は、たくさんの本をよむことで感性が豊かになり想像力や理解力もアップします。
言葉を理解してない時期でも、大変効果的です。
仕事が忙しく平日はあまりかまってあげられない、コミュニケーションが少ないかもしれない、なんだか寂しそう、子どもの情緒が不安定に感じるなど、思い当たることがあれば読み聞かせの時間を作ることで問題解消にもつながります。

寝かしつけの読み聞かせのコツは?

昼間の読み聞かせとは違い、夜の読み聞かせは本を読むことで入眠を促すことが目的です。
読み聞かせのコツはゆっくり小さめの声で読むことです。
あまり抑揚や登場人物ごとに声色を変えたりする必要はありません。

また、親があくびをしたり眠そうに読むことで、睡魔が移る子どももいます。

本の構成としては、子どもに選ばせるのもいいです。
同じ動作を繰り返す話、夜が舞台のお話がお勧めです。

子どもが昨日と同じ絵本がいいといっても断らず、子どもの様子を見ながらゆっくりと読み聞かせます。
本を読み終わった後に、「どんなお話だった?」と質問したり、年齢が上がってきたらこの後「どうなったかな?○○ちゃんならどうする?」と、一緒に考えることで子どもの想像力、思考力が広がります。

そして最後は、「おしまい。」と本をしめましょう。
このおしまいをつけることで子どもの理解力や寝る習慣がつきやすくなります。

405aaf596c57e04a564899042b3aef00_s

読み聞かせは子どもが寝るまで続けるべき?

答えは「ノー」です。
その必要はありません。
眠るまでずっと読んでいたら、親は寝不足になってしまいます。

子どもにたくさんの本を読むことは大切なことですが、親が十分に睡眠がとれず不健康になってしまうのは別の話です。
寝る前の絵本は「○冊までね。」と前提し、絵本が終わったら電気を消しておやすみの挨拶をしましょう。
メリハリをつけて部屋の明かりを一旦真っ暗にすることで、その日1日活発に動いた子どもは、時間がかかっても自然と入眠するものです。

とは言っても、眠らないときはなかなか眠らないのが子供です。
全く眠らない子どもに読み聞かせをしても、遊び始めたり、ぴょんぴょん跳ね始めたり、最後は大きな声で叱って、強制的に就寝、なんて親御さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな日はママだってイライラするけど、子供だって気分が悪いのです。
そうならないためにも、ここではしっかりルール作りをする必要性が出てきます。

0c594ea099666d419dc1eace6aa14953_s

寝る前の読み聞かせにはルール作りが大切!

読み聞かせのルールは、各家庭事情もあると思うのでそれぞれで違っていいと思います。
様々なルールがあっていいと思いますが、ルール作りのポイントとして、たくさん読みすぎて就寝時間が遅くなったり、逆に目が覚めてしまうようなことは避けたいです。

なので、「何時までに布団に入ること」「寝る時の絵本は2冊まで」「絵本が終わったら電気は消す」といった、子どもが分りやすいものをルールにしましょう。

また、ルールが守れないときは最初から大きな声で叱るのではなく、ルールが守れないと「もう本を読んであげられない」ことを伝えましょう。

どうしても話を聞かないときは、部屋から出て、「どうして寝ないのか、寝ないと明日どうなるか」などを諭して、再度一緒に布団へ入りましょう。
ルールを作った初めのころは守れないことが多いですが、次第に習慣化します。
諦めずに根気よく続けることが大切です。

128d4c09011d57eb689d2c0c4eedafe2_s

寝る前の読み聞かせにおすすめの絵本

読み聞かせに使いたい素敵な本はたくさんありますが、今回は年齢に合わせた絵本選びをご紹介します。

0~2歳

おやすみやさい
作者:わたなべあや
出版社:ひかりのくに

http://books.rakuten.co.jp/rb/11882445/
毎日目にする野菜たちが「おやすみやさーい」といって眠るまでが、柔らかく優しいタッチで描かれています。
動作の繰り返し、同じ状況にいることで「○○ちゃんもおやすみやさいできるかな?」と展開しやすいです。
野菜たちの可愛い寝床にも注目です。

3~5歳

わたしのワンピース
作者:にしまきかやこ
出版社:こぐま社

http://books.rakuten.co.jp/rb/248699/?scid=af_pc_etc&sc2id=145193081
うさぎさんが作った白いワンピースが、天気や場面によって色々な柄に変わっていくお話です。
こちらも繰り返しの動作、夜が来てうさぎさんが眠くなるシーンもあるので、あくびをしながら読んでみるのも効果的でしょう。
絵本が終わって「どんな柄があったかな?」と尋ねることも楽しめます。

5~7歳

はじめてのおつかい
作者:筒井頼子
絵:林明子
出版社:福音館書店

http://www.fukuinkan.co.jp/bookdetail.php?isbn=978-4-8340-0525-7
5歳のみいちゃんが、一人で牛乳を買いに行くはじめてのおつかいのお話です。
読み聞かせは3歳ごろからとありますが、一人でおつかいに行けるようになる年齢や、妹や弟ができる年頃で、子どもがみいちゃんと自分を重ねて見ることが出来そうです。
本の絵の中には、ちょっとした秘密や工夫があるので、それを探してみても楽しいです。

まとめ

子どもの頃に読んでもらった絵本は大人になっても覚えているものです。
今の読み聞かせが子どもの想像力の元となり、親子の思い出の一つとなります。

寝る前の読み聞かせが安らぎの時間となり、負担のないようなルール作りをしましょう。
読み聞かせに年齢は関係ありません。

寄り添って一緒に本を読めば読むほど親子の絆は深まります。
1日の終わりに少しだけでも、読み聞かせの時間をとってみてはいかがですか。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER