MUGYUU!ロゴ

975

5月5日の「こどもの日」 男の子だけのお祝いなの?行事内容まとめ

5月5日は国民の祝日であり、GWなので子どもたちからすると、とても嬉しい日ですよね。
何と言ってもこの日は「こどもの日」です。
子どもための日と言ってもいいでしょう。
この日は、子どもたちはプレゼントをもらったり、美味しいものを食べたりしているのでしょう。
そして忘れてはいけませんが、5月5日はもう1つのイベントがありますよね。
それは「端午の節句」です。

女の子は3月3日に「ひな祭り」という行事があるのに対して、男の子のための行事が5月5日にこの「端午の節句」です。

あれ、5月5日に行事が2つ重なっていますよね。
なぜ、2つの行事が重なっているのでしょうか?
「端午の節句」が男の子のお祝いの行事なので、5月5日は女の子がお祝いしてはいけないのか?
そもそも「こどもの日」はどのような日で、何をお祝いするのかも分かりませんよね。

そこで今回は、「こどもの日」と「端午の節句」をそれぞれ詳しく紹介して、2つに関係性があるのか見てみましょう。

また、女の子はこの日はどうしたらいいのか気になりますよね。
それについても紹介したいと思います。

「こどもの日」とはどんな日なの?

まず、こどもの日は国民の祝日の1つで「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに母に感謝する日」とのことで、つまり子どもの健全な発達をお祝いする日です。

こどもの日をさらにどんな日なのか見てみると、古代中国にまで時代を遡らないといけません。
つまり「こどもの日の歴史」です。
古代中国では、雨季が始まる5月は病気や災厄の月とされ、お祓いが必要とされていました。
また、月と日が重なるときは、邪気を払うとされ、5月5日には菖蒲(しょうぶ)や蓮(れん)でお祓いがされていました。

一方、田植えの時期の5月には5月忌みという行事が日本で行なわれていました。
田植えは神聖な行事だったので、若くて清らかな女性がするものとして、女性たちが体を清めるための儀式でした。

f091bf896f58fa099b6a447c0e44e855_m

この2つの伝統行事が融合されて、田植えの前に女性が菖蒲酒(しょうぶさけ)で体を清めて邪気を払うという行事が始まったのです。
これがこどもの日の始まりです。
なんと、もともとは女性が身を清めるための日だったのですね。
ではなぜそこから男の子を祝うお祭りつまり「端午の節句」ができたのでしょうか。
そして現代のこどもの日はいつできたのでしょうか。
解説していきたいと思います。

「端午の節句」とはどんな日なの?

端午の節句は五節句の一つです。
日本では奈良時代に中国から伝わる風習です。
端午の端は月の端(はし)で始まりという意味です。
つまり端午とは、月の始めの午の日のことを言います。
必ずしも5月に行われる行事ではありません。
しかし、午(ご)が五(ご)に通じることから毎月5日を指すようになりました。
そしてさらに、5が重なる5月5日を「端午の節句」となりました。
そして「端午の節句」は、日本では「こどもの日」が最初の発祥だったので、最初は女性が行っていたと言われています。
つまり上記で先ほど挙げた記事を見ると、「端午の節句」=「こどもの日」ということになります。

女性が行っていたのになぜ端午の節句が男の子を祝う行事に変わっていったのでしょうか。
これは時代の変化が関係します。
鎌倉時代に入ると、男性が中心の世の中になりました。
武士の力が強くなっていった時代です。
葉の形が剣に似ていることから兜に菖蒲(しょうぶ)を飾ったり、「菖蒲」は「勝負」や「尚武(しょうぶ)武道・武勇を重んじること」という言葉にかけられたりして、武士の間では縁起がよいと盛んに行われるようになります。

db9fe26095bb904d00593bce8e5b54db_m

そして兜や鎧が自分の身を守るための象徴であると言われているために神社のお参りで奉納する風習も生まれてきたのです。
そして菖蒲湯(しょうぶゆ)で身を清めて、兜や鎧を飾る風習が定着していったので、女性のためのお祭りから、男の子を祝うお祭りへと変わっていったのです。

そして、江戸時代になると幕府が「端午の節句」を公的な行事として定めたので、武士以外の庶民の人々にも広く普及をし始めたのです。
そしてその時に「端午の節句」は武士の流れを汲み、男の子の誕生や成長を祝う行事として浸透されていったと言われていたのです。
ではなぜまた現代では「端午の節句」が「こどもの日」と同じになっているのでしょうか。

「こどもの日」と「端午の節句」は何で同じ日なの?

昭和に端午の節句は1948年に国の祝日として「子どもの人格を重んじ、幸せや成長を願う日」として「こどもの日」となりました。
結果、正式には男女区別なくお祝いする日なのですが、3月3日が「ひな祭り」で女の子をお祝いする行事の日なので、5月5日は「端午の節句」で男の子をお祝いする行事の日という風潮が強いようです。
晴れやかな五月晴れの中、元気に泳ぐこいのぼりには、多くの親たちが、「元気にすくすく育つように」と、子どもへの願いが込められています。

女の子はお祝いしては駄目なの?

現代は「こどもの日」と「端午の節句」は同じ日と定められていますが、もともとの起源が違うことが分かりました。
なので、同じ日でも「こどもの日」=「端午の節句」ではありません。
しかし、同じ日だからと言って女の子のお祝いは「ひな祭り」という行事があるので、男の子は5月5日に「端午の節句」をお祝いするという風潮が「こどもの日」のお祝いをすることより強いのです。

a098925b803f41e038ad7f8fd942ca54_m

では、女の子はお祝いをしてはいけないのでしょうか。
いえいえ、違います。
先ほども述べたように、「こどもの日」=「端午の節句」ではありません。
「こどもの日」は「子どもの人格を重んじ、幸せや成長を願う日」と定められていますので、男女の関係なく男の子も女の子もお祝いして良いのですよ。

こどもの日は何をするの?

男の子も女の子もお祝いをして良いのですね。
では、「こどもの日」は具体的に何をするお祝いなのでしょうか。
具体的にと言われると分かりませんよね。
なので、項目を挙げながら紹介したいと思います。

こどもの日のお祝いの内容

もともと「端午の節句」が「こどもの日」となったので、「こどもの日」にする内容は「端午の節句」にする内容と変わりません。
こいのぼりを上げ五月人形を飾ります。
また、菖蒲湯に浸かるのも良いです。

こどもの日に必要なもの

こいのぼり

まずこいのぼりは「子供の健やかな成長とともに、立身出世の願い」が込められて上げるのです。
その理由は昔、日本では将軍に男の子が生まれると旗指物(家紋のついた旗)や幟(のぼり)を立てて祝う風習がありました。
それがやがて武家に広がり、男の子が生まれた印として幟を立てるようになります。
そしてその後、江戸庶民の間で鯉の滝登りで立身出世のシンボルとなった鯉を幟にするアイデアがうまれ、武家の幟に対して、町人の間で鯉幟(こいのぼり)が揚げられるようになりました。
江戸時代は和紙に鯉の絵を描いたものでしたが、大正時代に破れない綿の鯉のぼりとなりました。
昭和30年代に入ってから合成繊維の鯉のぼりが誕生したそうです。

815472ab42e16a0880c60d2360f477b9_m

五月人形

五月人形は命を守る象徴と考えられ「男の子の事故や病気、災害などから守るように」という願いを込めて、飾られるのです。
五月人形の飾りには大きく分けて、外飾り(こいのぼり)と 内飾り(鎧、兜飾り)があります。
その理由は鎌倉時代の時に、外には旗幟(きし)や吹流しを立て座敷には鎧や兜、武具を飾っていました。
また、災いが外から入るのを防ぐために端午の節句に、武具類を外に飾ったという説もあります。
そして江戸時代になると、庶民達が鎌倉時代の時の武家社会の風習をまねて家の前に棚を作り、鎧・兜(作り物)や槍、幟などを飾りました。
そしてこの時に、神様が降りてくる目印になるようにと兜の頂の部分に、勇ましい人形の細工物を乗せたのです。
その後、兜から人形が独立して飾られるようになりました。
これが、五月人形なのです。

3c5e0840dc00e792cafbbaf4094b1e97_m

そして、これらはもともと「端午の節句」のお祝いで必要なものですよね。
先ほども述べたように、「子どもの日」にする内容は「端午の節句」にする内容と変わりません。
なので、この二つは「こどもの日」にも必要なのです。

どのタイミングで準備すれば良いの?

ではこの二つはどのくらいのタイミングで出せばよいのでしょう。
それは、これと言って決まりはありません。
しかし早い人は3月3日「ひな祭り」が終わってからです。
遅くとも節句の2~3週間前、4月中旬頃から飾るのがベストです。
できれば直射日光の当たらない場所を選びましょう。
そして次にしまうタイミングなのですが、これも決まりはありませんが、5月5日が終わったら片づけると良いでしょう。

こどもの日の料理

「こどもの日」はお祝いなのでどんな料理をするのか気になりますよね。
しかし、「こどもの日」は「こどもの成長を祝い、母に感謝する日」なのでお母さんが休む日でもあるので豪華な食事は用意する必要はありません。
家族で仲良く過ごすことが大事なのです。
しかし、食べておかなければならない料理があります。
それは柏餅と粽です。
まず柏餅を食べる由来は古代、柏の葉は、神様へのお供え物を盛る器として使われました。柏は神聖な木と考えられたのです。
また、柏の木は厳しい冬を乗り越えて、次の新芽が出るまで葉が落ちないという特性があります。
なので、子どもが生まれるまで親は死なないということは跡継ぎが途絶えないと考えられるようになって柏餅を食べることは「子孫繁栄」の意味が込められるようになりました。
そして、粽を食べる由来は中国では粽(ちまき)が邪気払い、厄払いの力があるとされていました。

b60d8eb47b14a278b4e7c74f39a85fdf_m

それが日本では平安時代に伝わったのです。
端午の節句で粽を食べることはまさにうってつけの食べ物です。
粽は煉樹「れんじゅ」(笹や茅という説もあります)の葉に餅米を包み、邪気を払う五色の紐で縛っていました。
この五色の色が、のちのこいのぼりのルーツとなっています。
日本では茅(ちがや)の葉が使われていたことから、「ちがやまき」と呼ばれていました。それが段々と短縮され、現在では「粽」となりました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今では「こどもの日」のお祝いをする家庭が多いのですが、「ひな祭り」は女の子を祝う行事があるので男の子の祝い行事がないとなり、「端午の節句」が「こどもの日」と同じ日なので、男の子を祝うお祝いとしてのイメージが強く「こどもの日」は男の子のお祝いという人もいるようです。
しかし「こどもの日」なので女の子の日でもあるのです。
それを忘れず、ぜひお祝いしてあげると子どもたちも喜ぶでしょう。
五月人形とこいのぼり飾るのは男の子のイメージが強い方が多いと思います。
ならば、五月人形は飾らず、こいのぼりを室内に飾ると良いでしょう。
室内ならば問題ありませんよね。
それでも抵抗がある方は、何も飾らず粽や柏餅を食べてお祝いをすると良いでしょう。
それだけでは味気がないという方は、ごちそうを作るだけでもお祝い感が出ます。
こいのぼりの形をした料理なども「こどもの日」のお祝いという感じがしますよね。
しかし、お母さんがお休みする日でもあるので無理はしないで、子どもを祝いたいと思う気持ちを大切にしましょう。
せっかくの年に1度の「こどもの日」です。
ぜひ、男の子も女の子も関係なくお祝いをして、家族で仲良く過ごしましょう。

9093c04782e90ca107fd076dd476b39a_m

RANKING

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

WRITER