MUGYUU!ロゴ

みんなで祝おう「こどもの日」簡単お祝い料理レシピをご紹介

端午の節句である5月5日は「こどもの日」です。
男の子の健やかな成長を願う日として定着しています。
こどもの日には、こいのぼりや兜(かぶと)、五月人形を飾ったり、柏餅やちまきを食べる風習などがありますね。
でも、どうして「こどもの日」には柏餅やちまきを食べるようになったのか、ご存知ですか?
改めて考えるとその由来を知らないママさんも多いのではないでしょうか?
ここでは「こどもの日」の由来を交えながら、みんなで食べたい簡単に作れるお祝いメニューをご紹介します!

こどもの日に柏餅やちまきを食べるのはどうして

こどもの日が近くなるとスーパーなどでも柏餅やちまきが売られるのをよく見かけます。
どちらも和菓子ですが、どうして「こども日」にこういったお菓子を食べるようになったのでしょうか?
そもそも「こどもの日」は中国から伝わった行事であることをご存知ですか?
中国では邪気を払う行事として親しまれていました。

 
昔、中国に人々から愛されていた屈原(くつげん)という一人の詩人がいたそうです。
彼は国の側近としてつかえていました。
しかし、ある陰謀によって国から追われる身となってしまいます。
そして最後には川に身を投げてその命を絶ってしまったのです。
屈原の死を悲しんだ人々が彼への弔いにたくさんのちまきを川に投げ入れたのが5月5日。

これが始まりとなり、5月5日にはちまきを作って災いを除ける風習が中国で誕生しそれが日本に伝わったのです。
これが「こどもの日」にちまきを食べる由来とされています。

 
そして、もうひとつは柏餅。
柏餅は日本の食文化から誕生しました。
柏餅をつつんでいる柏の葉。
柏には「新しい芽がでなければ古い葉は落ちない」という特徴があります。
これを人間に置き換えて「子供が生まれるまで親は死なない」=「家系が絶えない、子孫繁栄」という縁起を担ぐもとになりました。

 

地域によって食べる和菓子は違う?

昔は西日本で柏が自生していなかったため、柏の葉が手に入らなかったそうです。
そのため、今でも端午の節句には東日本では柏餅、西日本ではちまきを食べるところが多いとされています。

また、北海道では「べこもち」という葉っぱの形をしたお餅を食べます。
茶色と白の2色でできていて、その色が牛(べこ)を連想させることから「べこもち」と呼ばれるようになったのだとか。

 
山形では無病息災を願って黒糖ときな粉をかけて食べる「笹巻き」が有名です。
鹿児島では「灰汁巻き」というわらびもちに似た郷土菓子を食べるそうです。
また、沖縄では「ちんびん」というお菓子を食べるそうです。
これは水で溶いた小麦粉を薄く焼いて、黒糖をとかしたものを芯にしてまいたもので、旧暦の5月4日に無病息災を願って神仏にお供えされる大切なお菓子。

同じ「こどもの日」でも、地域によってさまざまなお菓子が食べられるんですね。

まとめ

「こどもの日」に何気なく食べていた柏餅やちまき。
その由来を知れば、また違った味わいを楽しめそうですね。
「こどもの日」にはお子さんの無病息災、健やかな健康を願ってお祝いメニューを楽しみましょう!

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER