MUGYUU!ロゴ

Lara Republic(ララ リパブリック)には副作用の危険性はないの?安全性は大丈夫?

Lara Republic(ララリパブリック)の葉酸サプリは、妊活中~妊娠中の女性に人気で、サプリメント大国のアメリカやフランスなどの海外でも人気のサプリメントです。

サプリメントを飲むにあたり、副作用や安全性は気になりますよね。
そこで、海外でも人気のララリパブリックの葉酸サプリについて、副作用や安全性について調べて見ました!

ララリパブリックの葉酸サプリに副作用はあるの?

ララリパブリックの葉酸サプリは医薬品ではなく栄養補助食品なので、
1日の摂取量を守っていれば、基本的に副作用の心配はありません。

ですが、ララリパブリックのサプリに限らず、1日の摂取量を守らずに葉酸サプリを飲みすぎると過剰摂取になり、副作用が出てしまう危険があるので、必ず1日の摂取量は守るようにしましょう!

起こり得る副作用を調べて見ましたのでご覧ください!

葉酸の過剰摂取による副作用

「昨日飲み忘れたから、昨日の分まで飲もう!」、「何粒飲んだか忘れちゃったから多めに飲んじゃえ!」など、1日の用量を守らずに摂取すると、葉酸の過剰摂取になってしまいます。
葉酸を過剰摂取すると様々な副作用が考えられるので、気を付けて下さいね。

では、1日の摂取量やどんな副作用が考えられるか見てみましょう!

一日に必要な葉酸量とは?どれぐらい摂ると過剰摂取になるの?

厚生労働省では、妊娠の可能性のある女性に対し「神経管閉鎖障害の発症リスク低減のため」1日に、食事から摂れるポリグルタミン酸型葉酸240㎍、サプリなど付加的に摂れるモノグルタミン酸型葉酸400㎍の摂取を推奨しています。

「ポリグルタミン酸型葉酸」とは、野菜や果物などの食材に自然に入っている葉酸で、「モノグルタミン酸型葉酸」とは、加工・合成によって人工的に作られた葉酸です。加工・合成と聞くと体に悪いんじゃないの?と思いがちですが、厚生労働省では「モノグルタミン酸型葉酸」の摂取を推奨しています。

その理由は、ポリグルタミン酸型葉酸は水溶性ビタミンの為、体に溜めて置くことが出来ず、体内への吸収率は50%程度なのに対し、「モノグルタミン酸型葉酸」は体内への吸収率は85%と高い為、厚生労働省でもモノグルタミン酸型葉酸を推奨しています。

また厚生労働省では1日の葉酸上限摂取量を、30代以上は1000㎍と定めていて、妊娠中や授乳中も同様です。

年齢によって葉酸推奨摂取量や上限摂取量が違うので、下記を参考にして見て下さい。

時期 1日の推奨量 上限摂取量
18~29歳の男女 食事で240μg 900㎍
30~49歳の男女 食事で240μg 1000㎍
妊活中 食事で240μgに加えサプリ等で付加的に400μg
合計640μg
1000㎍
妊娠中期~後期 食事から480μg
合計480μg
授乳婦 食事から340μg
合計340μg

引用:日本人の食事摂取基準(2015 年版)の概要

葉酸を過剰摂取するとどんな影響があるの?

先ほども述べたように、妊活中に推奨されている葉酸の摂取量は、1日に食事から200㎍+サプリから480μgの合計680㎍です。葉酸は水溶性のビタミンなので、使われなかった分は尿として体外へ排出されますが、1日に900〜1000μg以上を摂取すると過剰摂取になり、食欲不振、吐気、むくみ、不眠症などの副作用が出る恐れがあります。

また葉酸を1日に1,000〜10,000μg過剰に摂取し続けた場合、発熱、じんましん、かゆみ、呼吸障害などの症状が出る「葉酸過敏症」になる可能性があり、葉酸過敏症になると亜鉛の吸収を妨げたり、ビタミンB12欠乏症の発見が困難になることもあります。

他の商品ですが、実際に葉酸サプリを飲んでいる人に「副作用について」アンケートを取ってみました。
体質によると思いますが、下痢や腹痛を経験している人もいるので、参考にして見て下さい。

【アンケート】葉酸サプリを飲んでる期間に体調を崩した経験はありますか?

ララリパブリックの葉酸にはどれぐらいの葉酸が入っているの?

gazo2

ララリパブリックの葉酸サプリは1粒に100㎍の葉酸が配合されており、1日の摂取目安量4粒で厚生労働が推奨している400㎍の葉酸を摂取することが出来ます。
また、ララリパブリックの葉酸サプリは厚生労働省が推奨している体への吸収率が良い「モノグルタミン酸型葉酸使用」を使用しているので、安心して摂取する事が出来ますね。

鉄分の過剰摂取による副作用

鉄などのミネラル類はすぐには身体から出ていかず、体内に溜まっていきやすい性質があり、過剰摂取になりやすいと言われています。
女性や妊娠中は鉄分不足になりやすく、日ごろから食べ物や鉄剤などで鉄分を補給している人は過剰摂取になる可能性があるので注意が必要です。

一日に必要な鉄の量とは?どれぐらい摂ると過剰摂取になるの?

「鉄」は赤血球成分の中のヘモグロビンの材料となり、酸素を運搬する働きがある必須ミネラルの一つです。
そんな鉄分ですが、現代人に不足している栄養素の代表と言われています。

女性は月経による出血に伴い、ヘモグロビンの生成に使われる鉄も失われるので、鉄分不足になりやすくなっています。
厚生労働省による1日の鉄分推奨量は、月経ありの18~49歳の女性で10.5~11.0mg・月経無しの18~49歳の女性で6.0~6.5mgとなり、上限摂取量は18~49歳の女性で40mgとなっています。

また妊娠中はお母さんが摂取した鉄が赤ちゃんへ優先的に送られるため、妊娠初期で8.5~9.0mg、妊娠中期・後期で21.5~22.0mgと多くの量が必要になります。

年齢や月経の有無によって摂取量が違うので、詳しくは下記の表を参考にして下さい。

時期 1日の推奨量 上限摂取量
18~29歳の女性(月経なし) 6.0mg 40mg
18~29歳の女性(月経あり) 10.5mg 40mg
18~29歳の男性 7.0mg 50mg
30~49歳の女性(月経なし) 6.5mg 40mg
30~49歳の女性(月経あり) 11.0mg 40mg
30~49歳の男性 7.5mg 55mg
妊娠初期(付加量) +2.5mg
妊娠中期~後期(付加量) +15.0mg
授乳中(付加量) +2.5mg

鉄分には、肉・魚などの動物性食品に含まれる「ヘム鉄」と、野菜・海藻・などの植物性食品にに含まれる「非ヘム鉄」の2種類があります。

ヘム鉄の体内への吸収率は10~20%と言われ、体内に吸収されやすいので鉄分補給に効果的です。多く含まれる食品はレバー・牛肉・あさり・かつお・いわしなどがあります。
非ヘム鉄の体内への吸収率は2~5%で、多く含まれる食品は、大豆製品・小松菜・あおさのり・ひじき・切干大根などがあります。

ヘム鉄の方が吸収率が良いので、動物性食品を摂取する方が鉄分不足には効果がありますが、鉄分が多いレバーは妊娠初期に多く摂取すると、胎児の先天性異常へのリスク高くなるビタミンA(レチノール)が多く含まれているので注意が必要です
また、非ヘム鉄はビタミンCを一緒に摂取する事で吸収率がアップしますので、上手に取り入れてみて下さい。

引用:鉄の食事摂取基準(mg/ 日)

鉄分を過剰摂取するとどんな影響があるの?

女性は月経などで、日ごろから貧血気味の人も多いのではないでしょうか?
その為、鉄分が多い食べ物やサプリメントを頑張って摂りすぎると過剰摂取になる場合があります。

鉄分を過剰摂取すると、胃腸に負担がかかり、下痢・嘔吐・吐き気などの胃腸障害や、体の様々な部分に蓄積され、皮膚の色素沈着などを起こします。

また、鉄分の過剰摂取は亜鉛の吸収を妨げてしまいます。亜鉛は精子量の増加・運動率の上昇・ホルモンの分泌を正常にしてくれる妊活には欠かせない栄養素なので、鉄分の過剰摂取には気を付けましょう。

ララリパブリックの葉酸にはどれぐらいの鉄分が入っているの?

以前は4粒で7.5mgの摂取量でしたが、リニューアル後に10mgに配合量をアップしました。
月経ありの18~49歳の女性で1日推奨摂取量が10.5~11.0mgなので、4粒で1日分の鉄分が摂取できる事になります。

アレルギーによる副作用

「乳糖果糖オリゴ糖」と「酵素処理燕窩(乳成分)」を含め少々の乳糖が入っているので、乳アレルギーの方は注意が必要です。
また、妊娠中や産後は体がデリケートになっているので、気になるものがあれば、原材料の表示を確かめたうえで、お医者様に確認する事をオススメします。

他のサプリや薬との併用

サプリメントは併用する事で、吸収が悪くなってしまう組み合わせや、吸収率がアップする組み合わせなどの、飲み合わせの相性があります。
同時摂取で吸収が悪くなってしまう組み合わせは、時間をずらして摂取するなど、工夫が必要です。
またサプリメントは1つに多くの栄養素が含まれているので、併用する事で過剰摂取になる恐れがあります。
過剰摂取は副作用が出る可能性があるので注意が必要です

さらに、薬を飲んでいる場合にサプリメントを摂取する場合は注意が必要です。
薬とサプリメントを併用すると、薬の効果を弱めてしまう・逆に強めてしまう・副作用が出るなどの危険があり、治療に影響が出てしまいます。
薬を飲んでいる人は、サプリメントを飲む前に必ず、お医者さんや薬剤師さんに相談してから摂取するようにしましょう!

ララリパブリックの葉酸サプリの危険性は?

上記で述べたように、ララリパブリックの葉酸サプリは、医薬品ではなく栄養補助食品なので、1日の摂取量を守っていれば、基本的に副作用の心配はありません。
では、他にどんな危険性があるか見てみましょう!

品質管理・衛生管理は大丈夫?

ララリパブリックは、素材にも製造場所にもこだわりを持ち、栄養成分表示は、全て分析検査成績表に基づいた数値を記載してあり、品質管理や衛生管理、製造場所などで厳しい検査を受けてクリアしたものだけが出荷されています。
サプリメントでこのような最終加工地を公表している会社はあまりないのではないでしょうか?それだけこだわりや自信があるという事かも知れませんね♪

添加物は入っていない?

ララリパブリックの葉酸サプリには、香料・着色料・保存料・光沢剤などは一切使われていませんが、サプリを固めたり飲みやすくする為の食品添加物が入っています。

食品添加物は、厚生労働省で「人の健康を損なうおそれのない場合に限って、成分の規格や、使用の基準を定めたうえで、使用を認める」としていて、ララリパブリックは使用基準を守っているので安心して飲むことが出来ます。

使用されている添加物一覧は下記のとおりです。

成分 詳細
クエン酸鉄Na 鉄分を補給する物です。鉄不足による貧血などに用いられ、ヘモグロビンの合成に必要な鉄分の不足を補います。
未焼成貝殻カルシウム ホタテの貝殻を殺菌乾燥させて粉末状にした炭酸カルシウムです。カルシウム強化目的でサプリメントに使用されています。
セルロース 野菜や果物などに含まれる不溶性食物繊維の一つで、ブドウ糖がたくさん連なって出来ており、地球上で一番多く存在する炭水化物です。サプリメントの成形の向上や服用を便利にするために使われています。
V.C(酸化防腐剤) いも類やとうもろこしなどに含まれている「でんぷん」を反応させて製造する合成ビタミンCです。空気中の酸素に触れることで食品が酸化し品質が下がるのを防ぐものです。
ステアリン酸Ca ステアリン酸カルシウムとパルミチン酸カルシウムを主成分とする高級脂肪酸のカルシウム塩で、粉体の流動性向上・固結防止等の機能を有します。サプリメントでは錠剤表面を滑らかにし、光沢のある錠剤を成型するのに使われます。
パントテン酸Ca ビタミンB5とも呼ばれ、体内で補酵素Aの構成成分として、脂質、糖質、タンパク質の代謝にかかせない重要な成分です。また、ホルモンの合成にも関わっており、ストレスをやわらげる効果やコレステロールの合成促進に関わり、動脈硬化を予防する効果があります。栄養強化剤として食品へ添加されていることの多い栄養素です。
ナイアシン ビタミンB3と呼ばれていたビタミンB群の仲間で、水溶性ビタミンです。熱に強く、糖質・脂質・タンパク質の代謝に不可欠である栄養素です

引用:厚生労働省 添加物使用基準リスト

POINT

食品添加物は、食物繊維が多い食品を多く摂取すると、デトックス効果で食品添加物を吸着して、便と共に排出させるといわれています。 また唾液には食品添加物など有害物質を中和し、低減させる効果があるので、食事の際には良く噛んで食べる事をお勧めします。

国内のGMP認定工場で製造されている

GMPとは、原料の入庫から製造、出荷にいたるすべての過程において、製品が「安全」に作られ、「一定の品質」が保たれるように定められた規則とシステムのことです。
簡単に言うと、【いつ・誰が作業しても・必ず同じ品質・高い品質の製品をつくる】ために、医薬品製造業者が守るべきルールです。
GMPの三原則は
・「間違い防止」・・・人為的な間違いを最小限にすること
・「汚染防止」・・・医薬品が汚染されたり、品質の低下を防止すること
・「品質保証システム」・・・高い品質を保証するシステムを設計すること

GMP認定は厚生労働省の「健康食品GMPガイドライン」に基づいて、民間の団体である第三者機関が、審査・査察をし、客観的に行っているので安心が出来ますね。

引用:健康食品の安全性の確保施策 – 厚生労働省

農薬試験分析書・放射能試験分析書を取得している

国産の原料を使用していると書いてあるが、放射能は大丈夫かな?と不安になりますよね。
ララリパブリックの葉酸サプリは、素材にも製造場所にもこだわりを持ち、パッケージに記載している栄養成分表示は、全て分析検査成績表に基づいた数値が記載してあるので、妊娠中や授乳中でも安心して摂取出来ますね。

商品に「安心・安全マーク」が付いている

「安心・安全マーク」とは、NPO法人 日本サプリメント評議会が「安心で安全なサプリメント」を、健康維持に役立てるための目印として考案されたマークです。

安心安全マークを得るのには、毒性試験・衛生試験・栄養成分分析データ・放射性物質検査に合格する必要があり、そのデータに問題がないと評価されたサプリメントにのみ付与されるので、安全が保証されています。

またララリパブリックの葉酸サプリは、サプリ大国のアメリカやフランスでもランキング1位を獲得していて、妊活関係の雑誌やたまひよなどでも紹介されています。
後藤真希さん・hitomiさん・あびる優さんなどの芸能人も飲んでいる事をブログで明かしています。

引用:後藤真希(アメーバーブログ)

引用:NPO法人日本サプリメント評議会

ララリパブリックに安全性や効率的な飲み方を問い合わせて見ました!

ララリパブリックに含まれている食品添加物の安全性を教えて下さい

ララリパブリックの葉酸サプリに含まれている食品添加物は、厚生労働省で使用が認められたもので、使用基準を守っているので安心してお飲み頂けます。

「動物系素材は使用せずに」と書いてありますが、なぜ動物系素材はだめなの?そのメリットとデメリットを教えて下さい。

メリット・デメリットと言う物は無く、弊社のコンセプトとして「植物性素材」に拘っていると言う事で、そう言う表記になっています。

まとめ

繰り返しになりますが、ララリパブリックの葉酸サプリは医薬品ではなく栄養補助食品なので、1日の摂取量を守っていれば、基本的に副作用の心配はなく、「飲み忘れなどで何度も飲んでしまった」などに気をつけておけば問題ありません。

また、「国内のGMP認定工場で製造されている」「農薬試験分析書・放射能試験分析書を取得している」「商品に安心・安全マークが付いている」事からも、妊活中~授乳中でも安心してお飲み頂けるのではないかと思います。

是非、商品を購入する際の参考にして見て下さいね。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER