MUGYUU!ロゴ

ママニック葉酸サプリの飲み方や副作用は?産後いつまで飲めばいいの?

数々の雑誌やメディアなどで取り上げられている、プレママやママに大人気の「ママニック葉酸サプリ」。

吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸サプリですが、できるだけ添加物を使わずに作られているため、安心して飲むことができる大変優秀なサプリです。

しかし、いくら雑誌やメディアで高い評価を得ているママニック葉酸サプリも「副作用出たらどうしよう?」「無添加処方って本当なの?」という疑問もわきますよね。

そこで、ママニック葉酸サプリの栄養成分や原材料名などを詳しくご紹介し、副作用の心配がないのか、無添加処方なのかなどについてまとめました。

また、ママニック葉酸サプリの正しい飲み方についても詳しく紹介していますので、葉酸サプリを選ぶ上で参考にしてください。

目次

妊活中や妊娠中は葉酸がどうして必要なの?

妊活中や妊娠中の女性は、葉酸が必要だとよく言われます。

実際、厚生労働省も、妊娠を望んでいる女性や妊娠初期の女性は、サプリメントなどで葉酸を補うことを推奨しています。

葉酸ってどんなはたらきがあるの?

葉酸はビタミンB12と結合し、赤血球を作り出す働きもあります。それだけでなく、細胞分裂をするときの核となるDNAを作る時に必要な栄養素です。

女性は貧血になりやすいため、葉酸の摂取は必要不可欠といえます。

さらに妊活時、または妊娠初期の女性が葉酸を摂取することで、胎児の神経管閉塞障害(NTDs)のリスクを下げる効果があるというデータがあります。

葉酸は赤ちゃんにとっても、とても大切な栄養素なのです。

葉酸はどんな食べ物に多く含まれているの?

葉酸は、ほうれん草、ブロッコリー、芽キャベツなどに多く含まれています。

ただ、葉酸は水に溶けやすく熱に弱い栄養素です。火を通す場合は、できるだけさっと調理しましょう。

また、水に溶けやすい性質を利用し、味噌汁やスープなどに入れることで、溶けだした葉酸を逃すことなく摂取できます。

葉酸は妊活中や妊娠中の女性だけでなく、産後の女性も積極的に摂るべき栄養素です。
これはなぜなのか、「妊活中」「妊娠中」「産後」の3つの時期ごとにみていきましょう。

妊活時

妊活時は、葉酸の摂取がいちばん大切な時期です。厚生労働省は、妊娠する1か月前からの葉酸の摂取を勧めており、推奨量は1日に640㎍です。

しかし、先ほども述べたように、葉酸は水に溶けやすく吸収しにくい栄養素で、実際に食べた量の約半分しか吸収できません。

厚生労働省のデータによると、女性の1日の葉酸摂取量は平均で240㎍です。推奨摂取量を満たすには、ほうれん草などの食材を積極的に摂ることに加え、葉酸サプリで補う必要があります。

POINT

胎児の神経管リスクを減らすには、妊娠前から母体にじゅうぶんな葉酸がある状態にしておく必要があります。
胎児の神経管が完成するのは、妊娠5~6週目です。妊娠5週目頃とは、生理が遅れて女性が妊娠に気付き始める時期ですので、このタイミングから葉酸を多く摂取し始めても、リスクを減らすことは難しくなります。子供を望んでいる女性は、日頃から積極的に葉酸を摂ることが大切です。

妊娠時

妊娠中の女性の葉酸摂取推奨量は、厚生労働省によると480㎍です。

妊娠中の女性の血液量は、非妊娠時の約1.5倍になるため、葉酸が不足することで赤血球の数も少なくなり、悪性貧血の原因になることがあります。

悪性貧血って何?

一般的に言われる貧血は、鉄分が足りなくなることで起こる「鉄欠乏性貧血」です。一方、葉酸やビタミンB12が不足することで起こる貧血を「悪性貧血」といいます。

悪性貧血は赤血球が足りなくなることで起こり、赤ちゃんが大きくなる妊娠中期から後期の妊婦さんに起こりやすい貧血です。実際に、後期に入ると定期検査で貧血検査も行われます。

悪性貧血になると、めまいや立ちくらみ、頭痛などといった症状がでてきます。赤ちゃんに質の良い血液を送ってあげるためにも、また、ママの体調管理のためにも、妊娠中もしっかりと葉酸を摂っていきたいですね。

産後

産後の葉酸摂取の目安は、厚生労働省によると1日340㎍です。

産後のママは、思っているよりも体のダメージが大きく、細胞も傷ついています。葉酸は、先述した通り細胞の核となるDNAを作る役割があるため、傷ついた細胞を回復させるためには、葉酸の摂取がとても重要になってきます。

また、葉酸は脳の神経に働きかけ、ストレスによる自律神経の乱れを整える効果もあります。このため、うつ病の患者に対し、葉酸サプリを摂取するよう勧める医師もいるようです。産後は「産後うつ」になりやすい時期でもあるため、葉酸を積極的に摂取し産後うつの予防をしたいですね。

また、母乳は血液から作られているため、赤ちゃんに良質な母乳を与えるためにも葉酸の摂取は必要不可欠になります。
ミルク育児のママも、母体回復や産後うつ予防の観点から、葉酸を積極的に摂取していきたいですね。

ママニック葉酸サプリの1日分に含まれる栄養素が知りたい!

様々な雑誌で取り上げられている「ママニック葉酸サプリ」。

1日4粒飲むことが推奨されているのですが、どのような栄養成分が入っているのでしょうか?

そもそも妊活~産後のママに特に必要な栄養成分は?

妊活~産後のママ、プレママは、様々な栄養素をバランスよく摂ることが大切です。
その中でも特に、赤ちゃんの成長のために、また、ママの健康のために必要な栄養成分についてご紹介しましょう。

葉酸

妊活~産後の時期において、葉酸を摂取することの大切さはすでに申し上げた通りです。葉酸サプリは、「天然葉酸サプリ」と「モノグルタミン酸型葉酸サプリ」の2種類があります。

天然葉酸サプリは、含まれる成分全てが天然成分なのですが、葉酸の吸収率は約50%程度となります。一方、モノグルタミン酸型葉酸サプリは、化学合成された葉酸サプリで、添加物が含まれますが葉酸の吸収率は約80%にのぼります。

厚生労働省が推奨している葉酸サプリは、「モノグルタミン酸型葉酸サプリ」で、ママニック葉酸サプリは、モノグルタミン酸型葉酸サプリなので、葉酸がしっかり体内に吸収されます。

鉄分

鉄分が不足すると、貧血になるのは広く知られています。

妊娠中は、母体の血液量が増えますが、赤ちゃんを守るために体内に水分をためこみやすい状態になります。これにより、からだの水分量も増えるため血液が薄くなり、特に妊娠後期に貧血になる女性は、全妊婦さんの約40%にのぼります。

また、母乳は血液から作られるため、母乳育児のママは鉄分が不足すると貧血になりやすくなります。ミルク育児のママも、産後は悪露が出たり出産のダメージなどによって鉄分不足で貧血になりやすい状態になっていますので、積極的に鉄分は摂取していきましょう。

カルシウム

カルシウムは、胎児の骨や歯の元を作るために必要になる栄養素です。

カルシウムは、胎児に優先的に運ばれるため、母体のカルシウムの量がじゅうぶんでないと、母体の歯などから溶け出して胎児に送られます。

「妊娠中は虫歯になりやすい」とよく言われますが、これは母体のカルシウム不足により、歯のエナメル質が溶け出してしまったことが原因であることが多いのです。小魚は牛乳などに多く含まれているため、妊娠中は特に積極的に食べるようにしたいですね。

妊活~産後の期間における、葉酸、鉄分、カルシウムの1日必要摂取量は以下の通りです。

葉酸 鉄分 カルシウム
妊活時 640μg 10.5mg 650mg
妊娠中 480μg 初期:12.5mg
中〜後期:22mg
650mg
産後 340μg 9mg 650mg

ママニック葉酸サプリの栄養成分は?

1日に必要な栄養素がわかったところで、ママニック葉酸サプリの1日4粒に含まれる栄養素をみてみましょう。

4粒に含まれる栄養素

    1. 葉酸…400㎍
    2. 鉄分…15㎎
    3. カルシウム…250㎎
    4. ビタミンB1、ビタミンB12、ビタミンC…1.4mg
    5. マグネシウム…40㎎
    6. アミノ酸…ロイシン、イソロイシン、バリン

※この他にも、ビタミンB6やビオチン、ナイアシン、パントテン酸が、ミネラルには、銅、亜鉛、モリブデン、ナトリウム、マンガン、リン、クロムも含まれています。

妊活・妊娠中・産後の期間に特に必要な栄養素が、ぎゅっと詰まっているのが分かりますね。単純に必要と言われている栄養素だけでなく、ビタミン類やミネラル、アミノ酸も豊富に含まれているので、体に嬉しい栄養素をたくさん摂ることができるのも特徴的です。

葉酸は、妊活時には640㎍必要になりますが、約3分の1の量の葉酸を摂れるのは嬉しいですね。不足分は、先ほども述べたように食事から積極的に摂取していきましょう。

鉄分は、妊活と妊娠初期まではママニック葉酸サプリだけでじゅうぶん摂れますが、妊娠中期になると食事から補う必要があります。火をよく入れたレバーや牛肉、納豆などを積極的に食べるようにしましょう。

カルシウムは、ママニック葉酸サプリだけでは不足しがちですが、日本人の1日のカルシウム摂取量は、厚生労働省によると約450mgです。牛乳を飲んだり、魚などを積極的に食べるようにして、カルシウム不足にならないよう心がけたいですね。

栄養バランスを考えると、サプリだけに頼らない食生活も大切です。

ママニック葉酸サプリが飲みにくい!つわり中飲む時の工夫は?


ママニック葉酸サプリを飲む時、注意したいことやつわり中どうしても飲みにくいと感じるママさんにオススメの方法をまとめていきます。

ママニック葉酸はどうやって飲むの?

基本的にはュースやお茶などでも飲むことができます。ママニック葉酸サプリは薬ではなく食品なので、薬のように特別注意するべき飲み合わせの飲み物はありません。

ただ、ママニック葉酸サプリに含まれる栄養成分の吸収に影響する場合があるため、水や白湯で飲むのがベストです。

特に、ママニック葉酸サプリに含まれる葉酸や鉄分の吸収を阻害するコーヒーや紅茶、緑茶などのカフェインが多く含まれている飲み物は、一緒に飲まないように注意しましょう。

つわりで飲めない、錠剤が苦手な場合はどうやって飲めばいい?

ママニック葉酸サプリは、直径約9mmの大きさです。

人によってはこの大きさのサプリを飲みこむのが難しい場合や、つわり中は固形が喉に当たるだけでダメ!とうい場合もあるでしょう。ママニック葉酸サプリは、以下の方法で飲むことも可能です。

細かく砕く

ママニック葉酸サプリは、細かく砕いて飲むことができます。

ただし、ママニック葉酸サプリは、においを抑えるために粒の表面にコーティングがされています。砕くことでにおいがきつくなることがありますので、特につわりで吐き気がある人は注意してください。

ヨーグルトやゼリーと一緒に飲む

ママニック葉酸サプリは食品なので、飲みこみづらい場合はヨーグルトやゼリーなどと一緒に飲みこむこともできます。
砕くことでにおいがきつくなることが気になる人は、こちらの飲み方がおすすめです。

ママニック葉酸サプリの正しい飲み方や量について

ママニック葉酸サプリの1日の摂取量は4粒です。

一気に4粒飲むママさんが多いかもしれませんが、実は朝・昼・夕・寝る前などコンスタントに飲むようにして、常に体内に葉酸があるようにするのがベストの飲み方になります。

  • サプリの吸収率を上げるためには、空腹時に飲む。
  • 妊娠中は胃が弱くなりがちなので、心配な場合は食後に飲むのがおすすめ。
  • 寝る前は、肝臓の血液量が低下することで、サプリの栄養成分が代謝されてにくく、血液中に吸収されやすくなるため、摂取に適した時間です。

飲み忘れた分を明日に持ち越して8粒飲むといった行為もやめましょう。

ママニック葉酸サプリは他のサプリと飲んでもいい?

ママニック葉酸サプリは、葉酸や鉄分、カルシウムなどが豊富に含まれています。他のサプリを飲まなくても、補えない栄養素は食事で補うようにすればじゅうぶんです。

気になるようであれば、葉酸の吸収率を高める亜鉛、ビタミンC、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB12を含むサプリを摂るといいでしょう。

他のサプリを飲む際は、栄養成分の過剰摂取や偏りがなくなるように、必ず薬剤師や栄養士などに確認するようにして下さい。

妊活中から妊娠初期は葉酸を倍飲んでもいい?

妊活中の1日の葉酸摂取量は640㎍、妊娠初期は480㎍とやや多めです。特に妊活中は、先述の通り胎児の神経管障害のリスクを軽減するために、多くの葉酸摂取を推奨しています。

ママニック葉酸サプリの葉酸は400㎍なので、やや足りない計算になりますので「通常の倍の量を飲んでもいいの?」という疑問がわくかも知れません。

しかし、大切なのはサプリだけに頼らず「食事で足りない部分を葉酸サプリで補う」ということですので、ママニック葉酸サプリと日々の食事に気を付けるだけで、葉酸摂取量はじゅうぶんに事足ります。

葉酸の1日の上限は?

気になるのは葉酸の摂取量の上限ですよね。厚生労働省によると、妊活~産後の1日の葉酸摂取量の上限は1000㎍で、これを超えると胎児が喘息になる確率が30%も上昇するというデータがあります。

また、非妊娠時でも葉酸の過剰摂取により、発熱、じんましん、かゆみ、呼吸障害などの副作用がでてくることがあります。

ママニック葉酸サプリは、1日に必要な葉酸摂取量がじゅうぶんに含まれていますので、他の葉酸サプリは摂らないようにした方が安心です。

薬を飲んでいるけど、ママニック葉酸サプリを飲んでもいい?

薬を服用している場合、ママニック葉酸サプリを飲まない方がいい場合もあります。飲み合わせに注意する薬をご紹介しましょう。

アスピリン


解熱鎮痛剤で、市販の痛み止めにも配合されていることがあり、葉酸の働きを弱めるという副作用があります。

バルビツール

睡眠導入剤で、葉酸を体内で働かせるための酵素を弱体化させてしまう副作用があります。

スルファサラジン

大腸炎や関節リウマチの治療などに用いられる抗炎症薬で、葉酸の働きを弱めてしまいます。

クロラムフェニコール

抗生物質のひとつで、葉酸のはたらきを弱めます。

ママニック葉酸サプリの飲み合わせに注意する薬は以上ですが、単純に妊娠中は薬は避けたい時期ですよね。自己判断で服用はせず、医師に相談してから時間をずらしてママニック葉酸サプリを飲むようにすると安心です。

ママニック葉酸サプリはいつまで飲むのがベスト?


ママニック葉酸サプリは、妊活~産後の女性に嬉しい栄養素がたくさん配合されています。妊活時、妊娠中、産後全ての期間において必要不可欠なサプリと言ってもいいでしょう。

しかし、産後はいつまで飲めばいいのでしょうか?

授乳期間中は飲むと安心

厚生労働省によると成人女性の1日の葉酸摂取量240㎍ですが、授乳中は340㎍と少し多めです。

母乳は、ママの血液に赤ちゃんに必要な様々な栄養素が溶け出したものですので、授乳中の女性は少し多めに栄養を摂る必要があるのです。

葉酸は食事から摂るのが難しい栄養素なので、授乳中のママはママニック葉酸サプリを飲んでいると、葉酸や鉄分、カルシウムなどがしっかりと摂れるので安心です。

産後うつ予防の目的で飲んでも◎

先程もご紹介した通り、葉酸はうつ病患者に積極的に進められる栄養素です。うつ病は脳の病気なので、葉酸をしっかり摂ることで脳の神経回路が回復し、結果うつ病が治りやすくなるというデータがあるのです。

ミルク育児のママでも、授乳が終わったママでも、産後の育児は本当に大変なものです。産後うつは誰でもかかる可能性があるので、予防のためにもママニック葉酸サプリを飲んだ方が安心できますね。

日頃の栄養補給として

ママニック葉酸サプリは、女性に嬉しい栄養素がぎゅっと詰まっています。授乳が終わっても継続的に飲むことで、葉酸や鉄分をしっかりと補うことができます。

特に育児中のママは子供のことにかかりきりになり、自分の栄養のことはおろそかになりがちです。日々の食事をしっかり摂り、補助的にママニック葉酸サプリを飲むと安心でしょう。

2人目も初めから考えているご夫婦は、ママニック葉酸サプリを飲み続けることで体の調子が整い、プチ妊活にもなりますよ。

ママニック葉酸サプリを飲んで副作用が出る可能性は?

副作用が出る可能性
安心安全なママニック葉酸サプリですが、副作用は出ないのか少し心配ですよね。

そこで、ママニック葉酸サプリの原材料を徹底的に分析し、副作用が出ないのかどうか検証してみたいと思います。

ママニック葉酸サプリは本当に無添加?

「ママニック葉酸サプリは無添加にこだわっている」と公式サイトにも書かれていますが、本当に無添加なのか気になりますよね。

ママニック葉酸サプリは、化学合成された葉酸サプリ「モノグルタミン酸型葉酸サプリ」なので添加物が少し含まれていますが、サプリの形状を作り出すために必要なものなのです。

そうは言っても添加物については大変気になるかと思いますので、ママニック葉酸サプリのパッケージに書かれている原材料名の中で、添加物をピックアップして解説していきます。

還元麦芽糖水飴(添加物)

サプリの粒をちょうどいい大きさに整形するのに必要。摂り過ぎると下痢になることがあるが、大量に摂取しなければ問題はない。

乳糖(添加物)

砂糖の約5分の1の甘みがある人工甘味料。ラクトースとも呼ばれ、腸内の善玉菌を増やす働きがある。大量に摂り過ぎると下痢になるほか、乳糖不耐症の人もお腹がゆるくなることがある。

大量に摂取しなければ問題はない。

セルロース(添加物)

サプリを作る時に、増粘剤として使われ、栄養成分を固めやすくする働きがある。サツマイモやトウモロコシなどの炭水化物から作られる。

食品から作られているため、副作用はほとんどない。

ステアリン酸Ca(添加物)

サプリを作る際、水と油のような混ざりにくい物質を混ざりやすくさせる。大量に摂り過ぎると下痢にあることがある。

POINT

ママニック葉酸サプリは、2017年9月にリニューアルしました。
その際、サプリの表面をコーティングする「光沢剤」の使用を中止しています。光沢剤は添加物なので、より安心して飲むことができますね。

原材料名は、使われている量が多いものから表示されています。添加物がいくつか含まれていますが、ママニック葉酸サプリに使われている添加物は必要最小限に抑えられているため、大量に摂取しない限り、直接害になるような添加物はありません。

このことから、ママニック葉酸サプリは、長期間安心して飲めるサプリなのです。

ママニック葉酸サプリを飲んでアレルギーはある?

ママニック葉酸サプリは、保存料や着色料などの添加物に変わる食品を多く使用しています。

まずは、ママニック葉酸サプリに使用されている食品を、原材料名からピックアップしていきます。

・デキストリン…(炭水化物)
・亜鉛含有酵母…(ミネラル)
・酵母(銅含有)…(ミネラル)
・酢もろみ乾燥粉末…(食品)
・発酵黒タマネギ末…(食品)
・ザクロ果実末…(食品)
・大麦若葉末…(食品)
・酵母(モリブデン含有)…(酵母)
・酵母(ビオチン含有)…(酵母)
・ライチ種子エキス加工粉末…(食品)
・鶏冠抽出物(ヒアルロン酸含有)…(食品)
・ケール末…(食品)
・さつまいも(アヤムラサキ末)…(食品)
・イチゴ種子抽出物…(食品)
・有胞子性乳酸菌…(乳酸菌)
・酵素処理燕窩末…(食品)
・ほうれん草末…(食品)
・南瓜末…(食品)
・人参末…(食品)
・桑の葉末…(食品)
・大葉末/末焼成貝殻カルシウム…(食品)
・貝殻カルシウム…(食品)
・酸化マグネシウム…(ミネラル)
・ピロリン酸第二鉄…(ミネラル)
・ビタミンC…(ビタミン)
・加工油脂…(脂質)
・ナイアシン…(ビタミン)
・パントテン酸Ca…(ビタミン)
・ビタミンB2…(ビタミン)
・ビタミンB6…(ビタミン)
・ビタミンB1…(ビタミン)
・L-ロイシン…(アミノ酸)
・L-イソロイシン…(アミノ酸)
・L-バリン…(アミノ酸)
・ビタミンB12…(ビタミン)

このように、大変多くの種類の食品を使用しています。

原材料に食物が多いことから、これらの食物にアレルギーがある場合、アレルギー症状が出てしまう可能性があります。原材料名をしっかりチェックし、アレルゲンとなる食品がある場合は、ママニック葉酸サプリを飲む前に医師に相談しましょう。

ママニック葉酸サプリを飲んで副作用はある?

ママニック葉酸サプリは食品なので、1日の摂取量をきちんと守れば添加物含め葉酸等の副作用の心配はないと考えられます。

ただ、添加物の中でも苦味やくさみを抑える目的で乳糖が含まれているため、乳糖不耐症の人はお腹がゆるくなる可能性があります。

乳糖不耐症とは何でしょうか?

乳糖不耐症とは、乳糖や牛乳を飲むとお腹がゴロゴロしたり、腹痛や下痢を起こしてしまう症状のことです。

日本人は他の国に比べると、乳糖不耐症の人が多いと言われています。ただし、添加物として含まれる乳糖は数gとても少ない量なので、大量に摂取しない限り症状があらわれることはほぼないでしょう。

ママニック葉酸サプリの容量をきちんと守っていれば乳糖不耐症の心配はありませんが、不安な人は医師に相談の上飲むようにしてください。

葉酸サプリは食事もバランスよく摂ることが必要


ママニック葉酸サプリは、妊活~産後の期間に必要な栄養素がギュッと詰まった、プレママやママに嬉しいサプリです。

ついつい、ママニック葉酸サプリに頼りがちになってしまいますが、いちばん大切にしたいのは日々の食事です。

葉酸サプリだけでは栄養素が不十分

ママニック葉酸サプリには、妊活~産後の期間に嬉しい栄養素がじゅうぶんに配合されています。

葉酸、鉄分、カルシウムはじゅうぶんな量を摂ることができますが、ビタミンやミネラルなどは食事で積極的に食べるようにしたいものです。

また、炭水化物やたんぱく質、脂質、食物繊維など胎児やママのために大切な栄養素はたくさんあります。栄養は食事から偏りなく、バランスよく摂ることが大前提となります。

葉酸だけでは葉酸の効果を活かせない

葉酸の良い部分を活かすためには、葉酸だけ摂っていればいいのではありません。ビタミンやミネラルをしっかり摂ることで葉酸の吸収率が高まり、そこではじめて葉酸の効果がしっかりと出るのです。

このことから、ママニック葉酸サプリだけでなく食事からもしっかりと栄養を摂るよう心がけたいですね。おすすめは和食。野菜を含め発酵食品など、バランスよく妊娠中に必要な栄養素が摂れます。

ママニック葉酸サプリの最安値情報

最安値は公式サイト
赤ちゃんやママのためにも葉酸サプリは長く飲み続けたいので、出来るだけ安く購入したいですよね。ママニック葉酸サプリを販売しているところをご紹介し、いちばん安くお得に購入できる方法をご案内します!

さらに、返金保証や様々なサポートなどについても合わせてご紹介しましょう。

楽天やamazon

ママニック葉酸サプリは、身近なネットショップである楽天やamazonでも購入することができます。

それぞれの最安値情報をみていきましょう。

楽天

金額
1袋 5,400円
3袋セット 12,960円
6袋セット 24,300円
定期購入 4,200円

※送料無料
返金保証やサポートは一切なし

楽天はセットや定期購入があるものの、返金保証や気軽に相談できるサポートがありません。

Amazon

金額
1袋 4,990円
3袋セット 無し
6袋セット 無し
定期購入 無し

※セットや定期購入、返金保証やサポートなし

amazonは定価よりは安いものの、セットや定期購入、返金保証やサポートもありません。

公式オンラインショップ

ママニック葉酸サプリは、公式オンラインショップでも購入することができます。

金額
1袋 5,400円(+送料650円)
3袋セット 12,960円(送料無料)
6袋セット 24,300円(送料無料)
定期購入 3,780円(送料無料)

※定期購入は最低6回必要(6回分の総額22,680円)
※万が一商品が合わない場合、15日以内であれば返金保証がある
※商品についての問い合わせや飲み方、その他困ったことなどがあれば問い合わせが可能

▽0120-737-111(9:00~17:30、土日祝は休み)
レバンテ株式会社

単品のセット価格は、送料がかからない分楽天の方が安いですが、1袋で買う場合はほとんどが「お試し」のケースだと思います。

公式オンラインショップは万が一合わない場合、15日以内であれば全額返金できますが、楽天だとそのような保証がありません。これは大きな差ですね。

セットも、楽天と公式オンラインショップの価格は一緒ですが、大きな違いは「サポートがあるかないか」です。

しかし、実際に「サポートってどんなことをしてくれるの?」という疑問がわきますよね。
筆者が実際にサポートセンターに問い合わせした様子をご紹介したいと思います。

ママニック葉酸サプリを飲もうと思っています。妊娠中ということもあるのか、食品に対して敏感ですぐに肌の調子が悪くなることがあります。ママニック葉酸サプリを飲んでも大丈夫なのでしょうか?

ママニック葉酸サプリは返金保証がございますので、もしアレルギー症状などが出た場合は15日以内でしたらご返金が可能です。

アレルギー症状などが出た場合、どうしたらいいのでしょうか?

万が一アレルギー症状が出た場合、まずはママニック葉酸サプリを医療機関にお持ちになり、医師の診察を受けて下さい。そのうえで返金保証のお手続きをされてください。

サポートを利用すればこのような質問にも答えてもらうことができます。受付の方の話し方がとてもゆっくりで丁寧で、万が一の場合はまず医療機関を受診するよう指示をしてくれたのは、とても安心できました。
やはり、返金保証があるのはとても大きいですね。

ママニック葉酸サプリは、価格が安く、返金保証や安心のサポートがある公式オンラインショップで購入するのがおススメです!

葉酸は正しく飲むことで、赤ちゃんもママも健康的に過ごせる!


妊活中から長い期間において安心して飲めるママニック葉酸サプリですが、サプリだけ摂っていれば安心ということはありません。

まずは日々の食事を大切にして、食事ではじゅうぶんに摂れない部分を、ママニック葉酸サプリでしっかりと補うようにすると安心です。

ママニック葉酸サプリは、化学合成された葉酸サプリですが、出来るだけ添加物を使わないように工夫されています。
長く飲みたい場合、安心安全に飲むことができますのでおススメの葉酸サプリです。正しい知識を持って、赤ちゃんもママも健康に過ごせるように心がけたいですね。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER