MUGYUU!ロゴ

1,209

赤ちゃんの沐浴は毎日するのは当たりまえ?その理由と効果とは?

新生児期の赤ちゃんのお世話のなかで、ママが不安を感じることの多いのが「沐浴」です。
まだ身体が小さくて、ふにゃふにゃと頼りない赤ちゃんをお風呂に入れるのはなかなか大変なことですし、お湯の中に赤ちゃんを落としてしまいそうな気がして、ドキドキしますよね。

そもそも、赤ちゃんって、毎日お風呂に入れないといけないものなの?
そんな風に感じているママもたくさんいらっしゃると思います。
そこで、今回は赤ちゃんの沐浴いついて考えてみました。

赤ちゃんの沐浴は毎日入れるの?

2515010bc11d0075de8dd26d18cb6333_m

沐浴は、赤ちゃんのお肌を清潔に保ち、あせもや湿疹などの肌トラブルを防ぐためにも、一日一回は入れてあげましょう。

特に汗をかきやすい夏場は、短時間であれば一日数回沐浴しても大丈夫です。

大人と比べると、赤ちゃんの新陳代謝はとても活発で皮脂の分泌が多いです。
また、うんちやおしっこの回数も多いので、赤ちゃんのお肌はとても汚れやすい状態にあります。

そもそも毎日入れる必要性はあるのか?

産院で沐浴の練習はしていても、いざ自宅で沐浴させるとなると「まだ首も座っていない赤ちゃんを沐浴させるのってなんだか怖い・・・。」っとそう感じているママはとても多いようです。

また、赤ちゃんが気持ちよさそうにしてくれるのならまだしも、沐浴があまり好きじゃないのか、沐浴のたびに大泣きしてしまう赤ちゃんもいます。

そのたび泣かれてしまっては、ママも辛いですよね。
そもそもどうして赤ちゃんには毎日の沐浴が必要なのでしょうか?

肌を清潔に保つため

キャプチャ

赤ちゃんのお肌は大人の肌と比べるとても敏感です。
皮膚がうすく、お肌のバリア機能も弱いです。

その上、新陳代謝が活発で汗や皮脂の分泌が盛んなため、こまめに洗って清潔にしておかないと、汗腺(汗が出る穴)が詰まって炎症を起こしてしまいます。

これが、赤ちゃんの皮膚トラブルの原因にもなるのです。
ですから、外出をしていない日でも、一日一回は沐浴をして、お肌を清潔に保ってあげることが大切です。

シャワーはまだ早い?

今日は、ママの体調が優れない・・・。
今日は忙しいから時間短縮したい・・・。
そんな時はシャワーで済ませたくなりませんか?でも、シャワーだけと言うのはNGです!

シャワーだけでは、体の汚れが十分に落としきれず、肌トラブルになる確率が高くなります。

そもそも、新生児期の赤ちゃんに、シャワーは少し早すぎます。
赤ちゃんがシャワーを使って大丈夫なのは、生後2~3ヶ月を過ぎてからが良いでしょう。

どうしても沐浴タイムがとれないという場合は、お湯でぬらしたガーゼやタオルで優しく拭いてあげましょう。

石鹸は毎日使う?

0d655fa9e13b5bfcdb533f7e0ebe80d5_m

赤ちゃんのお肌を清潔に保つためにも、沐浴は毎日したい。
でも、石鹸は毎回使って大丈夫なの?赤ちゃんのお肌はデリケートだから、洗いすぎも良くないのでは?と、気になるママもいますよね。

赤ちゃん専用の石鹸なら、きちんと洗い流せば毎日使っても大丈夫です。
特に、乳児湿疹が出ている赤ちゃんは、石鹸を使ってきちんと洗ってあげた方がいいようです。

石鹸使用での注意点

沐浴で石鹸は毎日使うものなので

・刺激の少ないもの
・添加物の少ないもの
・赤ちゃんの肌質に合ったもの

を選んであげてくださいね。

赤ちゃんの顔を石鹸で洗うのはちょっと躊躇してしまう、というママもいらっしゃいますよね。

ですが、皮脂トラブルを防ぐためにも、顔も石鹸で洗ってあげましょう。
ほほやおでこに泡を少しだけつけ、くるくると円を描くように優しく洗います。
後は濡れたガーゼで拭き取ってあげれば大丈夫です。

キャプチャ

石鹸が残っていると、皮膚トラブルの原因になってしまいます。
流し残しがないよう、十分気をつけるようにしましょう。

ベビーバスのお湯でざっと石鹸を流したら、別に用意しておいた上がり湯をかけてあげるようにするとよいです。

首や手首などは石鹸が残りやすいので、特に気をつけてあげてくださいね。

また、産後、ママの体力が戻ってないときなどは沐浴剤を使う方法もあります。
沐浴剤には保清と保湿の効果がありますので、身体を洗える入浴剤、という感じで使うことができます。

洗浄力は石鹸よりも弱いですが、洗い流す必要がないので、その分労力が少なくてすみます。
赤ちゃんやママの体調や状態に合わせて使い分けると便利ですね。

沐浴はしない方がいい時とは?

b583fd50fd83d67c8121e735deaad525_m

「赤ちゃんの肌トラブルを防ぐためにも、沐浴は毎日した方がいい」とはいえ、お熱があったり、赤ちゃんの体調が優れないときに無理に入れることはありません。

その場合は、お湯でぬらしたガーゼやタオルなどで、顔や身体を優しく拭いてあげてください。
オムツ替えの時にささっと下半身を拭いてあげるだけでもさっぱりします。

また、かゆみを伴う肌トラブルがあるときは、身体があたたまることによって赤みが強くなったり、かゆみが増したりすることもあります。

肌トラブルがひどい場合は、お医者さんに診てもらい、沐浴させてもいいかどうか確認した方が安心ですね。

赤ちゃんの全身の状態をチェックする

沐浴のときは赤ちゃんの下着も脱がせるので、このときに何か変わったところがないかどうか、赤ちゃんの全身をよく見てあげましょう。

いつも寝たきりの赤ちゃんは、特に背中などに湿疹やあせもができやすいです。
沐浴のたびにチェックしていれば、あせもなどができても早めにケアしてあげることもできますね。

赤ちゃんの沐浴時間は?

85792f31e80f9d00b43515a11ae7f46e_m

生まれたばかりの赤ちゃんは、昼夜の区別なく寝たり起きたりを繰り返しています。
でも、「朝は起きて夜は眠る」という生活のリズムをつけていくためにも、沐浴はなるべく同じ時間帯に行うようにしましょう。

特に、帰りが遅いパパを待ってからの入浴は、なるべく避けた方が無難です。
赤ちゃんの睡眠のリズムが崩れ、夜の眠りが浅くなってしまいますので、夜遅い時間はさけ、早い時間帯に沐浴をすませるようにしましょう。

お湯の温度は?

キャプチャ

沐浴のときのお湯の温度は、大人にとっては少しぬるめの38度くらいがいいようです。

夏場

夏の暑い時期は、汗をたくさんかいた時にぬるめのお湯にさっとつからせてあげるだけでもさっぱりします。

冬場

冬場はもう少しお湯の温度をあげ、40度前後にしてあげましょう。
ベビーバスのお湯はすぐに冷めてしまうので、温度はこまめにチェックします。

お湯が冷めてしまったらすぐにお湯を足せるように、あらかじめ用意しておくとよいです。
ただし、熱いお湯を足すのは厳禁です。
お湯を足すときには赤ちゃんがやけどしないよう、十分に気をつけてくださいね。

まとめ

赤ちゃんが沐浴をするのは、生後1~2ヶ月までのとても短い期間です。

気持ちよさそうに入る姿も、たとえ泣かれてしまったとしても、まだ身体の小さな赤ちゃんを沐浴させた経験は、赤ちゃんが大きくなったときにとても懐かしい思い出になります。

赤ちゃんとたくさん触れ合って、貴重なコミュニケーションの時間を楽しんでくださいね。

\\ 『沐浴』の全てがわかるまとめ記事 //

READ MORE

2017/02/03

沐浴

赤ちゃんの沐浴の入れ方が分からない!初心者ママさんも安心して実践できる沐浴方法とは?

ななこ

1,467

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

WRITER