MUGYUU!ロゴ

赤ちゃんの沐浴で使う石鹸は、大人と違うものなの?赤ちゃん肌にオススメ石鹸はこれ!

赤ちゃんの沐浴で毎日使う赤ちゃん用石鹸。
赤ちゃんのデリケートな肌に直接触れるものなのでしっかりと選んであげたい、というママさんも多いですよね。

ここでは、赤ちゃん用石鹸と大人用石鹸の違いや、使用方法、注意点、ママたちから人気のおすすめ石鹸などをご紹介していきます。

赤ちゃんの沐浴で使う石鹸とは?

f8e7a2df068ae2953907ae3c97a07f1f_m

一般的に赤ちゃん用として販売されている石鹸は、配合されている成分が少なくシンプルに作られているものがほとんどです。

基本的には水と洗浄成分、そのほかに保湿成分や整肌成分、防腐剤、変質防止剤などが入っていますが、洗浄成分の洗浄力などが赤ちゃん用のものはマイルドなものを使っていることが多いです。

また、大人用の石鹸は香料が使用されているものが多く、香りを楽しめるものが多いですが赤ちゃん用はほぼ無香料になっています。

赤ちゃんの皮膚はとても薄くデリケートなので、少しの刺激も肌トラブルのもと。
できるだけ、低刺激で保湿できる石鹸を選んであげたいですね。

石鹸は、必ず必要なの?

「赤ちゃんは眠って過ごすことが多いし、それほど汚れないのでは?」と思う方もいるかもしれません。

しかし、赤ちゃんは想像以上に汗をかいたりしています。
また、母乳やミルクを飲むときに口からこぼれて首の方に流れていたり、おむつからうんちが漏れてしまったり…意外と汚れる機会が多いのです。

特に、むちむちの赤ちゃんは腕や太ももにもシワの線ができますが、そういった溝に汚れがたまりやすいんです。

お湯で流すだけでおおまかな汚れは落ちますが、きちんと汚れを落としてあげなければそれが肌に刺激になって肌トラブルの原因に。

力を入れてゴシゴシ洗う必要はありませんが、できれば石鹸で洗って清潔な肌を保ってあげましょう。

沐浴専用の石鹸の種類

0c8813cb9e14cd5978873fdedc760574_m

赤ちゃんの沐浴に使う石鹸は大きく分けて2種類あります。
それぞれのメリット、デメリットなども紹介していきます。

固形タイプ

洗浄力のしっかりしているものが多いのでさっぱりとした洗い上がりがメリットです。
低価格のものが多く、固形なので長持ち、コストパフォーマンスも高いです。

一方で、水濡れに弱いので濡れた状態では溶けてしまったり、周りが汚れたりというのはデメリットです。
専用のケースに入れて保管する必要があります。

また、沐浴中は赤ちゃんを支えていなくてはならないので、石鹸を泡立てるのも片手でやらなくてはなりません。

慣れるまで、少し難しさを感じる人も多いようです。
さっぱりと洗える点はメリットと紹介しましたが、赤ちゃんの肌質によっては乾燥を感じることもあります。

泡タイプ

ポンプを押せば泡立った状態で出てくるので使いやすいというのが一番のメリットです。

泡タイプのものは保湿成分も配合されているものが多いので、乾燥せずに洗えます。
ただし、固形タイプ、このあとに紹介するジェルタイプに比べるとコストパフォーマンスは劣ります。

沐浴後の保湿ジェルは必見!

沐浴後は、お肌の乾燥を防ぐために保湿が大事です。
保湿成分が配合されているものが多いので赤ちゃんの肌が守られます。

ポンプを押せば適量が手軽に出せるので扱いやすさもメリットといえます。

沐浴剤も役に立つ!

沐浴剤は洗浄成分と保湿成分が含まれた赤ちゃん用の入浴剤のことです。
最近は石鹸ではなく沐浴剤を使用するママさんも多いですね。

石鹸に比べると洗浄力は劣るのでしっかり洗いたいときはやはり石鹸の使用をおすすめしますが、沐浴剤のメリットはすすぎや上がり湯をする必要がないところ。

石鹸の場合はしっかりと洗い流さなくては肌荒れの原因になることもありますが、沐浴剤は洗浄成分が強くないので洗い流さなくても良いのです。

また、石鹸のように泡立つわけではないので赤ちゃんを支える手が滑ったり、赤ちゃんの口に泡が入るといった心配もありません。

沐浴剤を使えば沐浴がぐっと簡単になります。
しっかり洗いたいときは石鹸、赤ちゃんの機嫌が悪く手早く沐浴を終わらせたいときは沐浴剤、など状況によって使い分けるのも良いですね。

赤ちゃんの沐浴石鹸の使用方法・手順

b0d31022785845c6a2e071d6b114726a_m

さて、次に沐浴石鹸の使い方をご紹介していきます。

石鹸を良く泡立てる

固形石鹸も液体石鹸も、良く泡立てて使います。
泡立てることで肌への刺激やダメージが軽減され、汚れ落ちが良くなるからです。

片手で泡立たせるのが難しい時は、洗面器に泡立てた状態にして置いておくやり方も良いですね。
泡立てネットがあれば簡単に泡立てやすくなります。

洗顔料のCMほど泡立てる必要はありませんが、空気を取り込むように泡立ててくださいね。

顔と頭を洗う

目はガーゼで優しくふきます。おでこ、ほっぺた、鼻、あごに石鹸の泡をつけてやさしく洗いましょう。

頭皮は皮脂が多いので丁寧にしっかり。
きちんと洗えていないと黄色っぽいかさぶたが目立つ脂漏性湿疹を起こす心配があります。

体を洗う(あおむけの状態)

キャプチャ

首、わきの下、手、お腹、足、股の順に洗います。
しわの部分は汚れが溜まりやすいのでしっかりと洗ってあげましょう。

体を洗う(うつぶせの状態)

お腹側が洗えたら、赤ちゃんの脇をかかえ大人の腕に赤ちゃんのあごをのせるようにしてうつぶせにします。

背中とおしりを洗います。

泡の流し方

再び仰向けにして、赤ちゃんを温めてあげましょう。
最後に上がり湯をかけて石鹸をきれいに洗い流します。

沐浴のお湯は汚れてしまっているので、ベビーバスとは別に湯桶にきれいなお湯を用意しておくと良いですね。
やさしくゆっくりお湯をかけて流しましょう。

沐浴石鹸を使用するにあたっての注意点

e560c83b90620c435f7e7b5dba6db482_m

沐浴石鹸を使用するにあたって、注意する事は何でしょう?

石鹸が口に入ったら…

赤ちゃんの口の中に石鹸が入ってしまった場合は、まず顔についている泡をふき取ります。
そして、口の中をチェックして、泡が残っているようであれば濡れたガーゼなどでふき取ってあげます。

その後、口をすすぐ意味と飲んでしまった分の泡を薄める意味でミルクや水を飲ませてあげます。
そして赤ちゃんの様子を見ましょう。

異変があるようであれば、医療機関にかかって相談してください。
気をつけたいのが、泡が口に入ったといって無理やり吐かせようとすること。

泡が逆流して気管に入ったりすると肺炎を起こしてしまう恐れがあるので絶対にしないでください。

石鹸が目に入ったら…

石鹸の泡が赤ちゃんの目に入ってしまったときは、濡れたガーゼで目を優しくふいてあげましょう。

無理やりシャワーで洗い流そうとしなくても、目からは涙が出て自然に洗い流されるので心配ありません。
心配な場合は医療機関で専門医に相談しましょう。

赤ちゃん用の石鹸は基本的に刺激の強い成分は入っていないので、少量が口や目に入ってもそれほど心配ない場合がほとんどです。
あわてずに洗い流してあげましょう。

オススメの赤ちゃん石鹸ご紹介

4bf2f38c13a62fd577ea802af0147fca_m

先輩ママたちが支持している人気の赤ちゃん石鹸をいくつかご紹介します。

シャボン玉石鹸

シャボン玉石鹸ベビーシリーズ特別セット(単品購入も可能)

324~

・種類:固形、泡
・効果:高保湿
製造工程も可視化し、余計な成分を入れない純粋な無添加石けんのパイオニア「シャボン玉石鹸」のベビーシリーズ。赤ちゃんの肌を研究し、保湿にこだわった浴用石けん、洗濯用石けんのほかにも漂白剤も。アボカドオイル配合で敏感肌・乾燥肌の大人にも◎。

キューピー

キューピー ベビー石けん 3個パック

296

・種類:固形、泡
・効果:低刺激
香料がついているので無添加というわけではありませんが、3個セットで300円以下で購入できるお手頃価格がうれしいですね。
スクワラン、乳脂、コメヌカ油使用の赤ちゃんの肌に優しい石鹸です。

ミヨシ石鹸

ミヨシ 無添加ベビーせっけん 80g

339

・種類:固形、泡
・効果:低刺激
食用にできる高品質の天然油脂を本釜焚きで作った石鹸。
香料、着色料、防腐剤は入っていない100%無添加なので赤ちゃんに安心して使うことができます。

サラヤ

arau. 泡全身ソープ 450ml

647

・種類:泡
・効果:高保湿
固形の方は、保湿成分のスクワランとシアバター配合。
原料をそのままじっくり時間をかけて焚き込む釜焚き製法でつくられていて、ママが持ちやすく泡立てやすい形が特徴。
泡タイプの方は保湿効果のあるシソ葉エキスとローズマリーエキスが配合されています。
きめ細かい泡で優しく洗えます。

まとめ

沐浴石鹸にも色々種類があります。洗浄力、手軽さなどで石鹸と沐浴剤を併用するのも良いでしょう。

毎日使うものなので使いやすさや価格など、自分たちにあったものを選んで沐浴の時間を楽しいものにしたいですね。

\\ 『沐浴』の全てがわかるまとめ記事 //

READ MORE

2017/02/03

沐浴

赤ちゃんの沐浴の入れ方が分からない!初心者ママさんも安心して実践できる沐浴方法とは?

ななこ

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER