MUGYUU!ロゴ

赤ちゃんが寝返りで繰り返し泣く原因は?対策方法まとめ

生まれてから数か月が経過してくると、赤ちゃんは自分で寝返りを打つようになります。
生後6か月くらいから寝返りを打つ子が多いようですが、3か月程度で始める子もいれば、8・9か月で初めて…なんて子もいて、かなり個人差は大きいようです。

赤ちゃんが自分の力で一生懸命体を動かし始めた姿は愛おしいですし、可愛らしいものですよね。
寝返りを出来るようになる頃には、うつ伏せに寝かせると、エビ反りのポーズもできるようになるので、それもまた可愛いんですよね。
しかし可愛さの反面、ママやパパを困らせるのは、赤ちゃんが「寝返りを打ったことで泣いてしまう」という状態です。
せっかく寝返りが出来たの、どうして泣いてしまうか分からない…なんて困ってしまう人も、きっとたくさんいますよね。

泣いているからとあやしてはみるものの、原因が分からないから、それも大変なんですよね。
さてそれでは、自分で打った寝返りで、赤ちゃんはどうして泣いてしまうのでしょうか?
その原因を知って、しっかりと対策をしてあげましょう!

赤ちゃんが寝返りで泣く理由とは?

d79c8554e0cdfa6841004cfd48aba595_m

赤ちゃんが寝がえりで泣くのには、どういった理由が考えられるのでしょうか?
原因を見てみましょう。

姿勢の違和感

赤ちゃんをうつ伏せに寝かせていると息がしづらく、窒息させてしまう可能性もあるため、基本的には仰向けに寝かせているというパパやママが多いと思います。
つまり赤ちゃんにとっては仰向けがスタンダードで、よく慣れている体勢なのです。
その仰向けの状態から寝返りを打つと、当然うつ伏せになりますよね。
自分で寝返りを打ったとはいえ、赤ちゃんは慣れないうつ伏せにびっくりしてしまいます。
そして違和感を感じてしまうんです。
いつもと違う気持ち悪い体勢が嫌で、泣き出してしまうというわけですね。

元の姿勢に戻れないイライラ

寝返りを打ってうつ伏せになったら、すぐに泣くのではなく、もう一度寝返りを打って自分で元の体勢に戻ろうとがんばる赤ちゃんもいます。
しかし寝返りを覚えたての赤ちゃんには、寝返りをしやすい方向というものがあり、だいたいは同じ方向への寝返りを繰り返すものです。

そのため逆方向への寝返りは難しいのですが、元の体勢に戻りたい赤ちゃんは苦手な反対側へと寝返りをしようとするので、なかなかうまくいかないのです。
戻りたいのに戻れない…その状態にイライラして、泣き出してしまう場合もあります。
寝返りで泣いてしまうのは、がんばった証でもあるのです。

赤ちゃんの寝返り泣きはいつまで続く?

511280

うつ伏せの状態に慣れたり、自分でしっかりと寝返りが打てるようになれば、自然と寝返りでは泣かなくなってきます。
生後5~6か月程度で寝返りを始める赤ちゃんが多く、生後7か月目に入ると9割の赤ちゃんは寝返りができるようになるといわれています。
もちろん個人差がありますので、必ずこの期間に当てはまらなくてはいけないわけではありません。

しかし平均的に見ると、1~2か月で寝返りが上手くできるようになるようです。
ですから寝返りで泣いてしまうのも、1~2か月程度の間と考えていいでしょう。
案外短いものなのですね。

また、うつ伏せの状態に慣れさせてあげれば、違和感を感じて泣くことがなくなるので、うつ伏せに寝る練習をさせてあげてもいいかもしれません。
ただ練習をする際には必ずパパやママが近くにいることと、長時間の練習を避ける、ということを徹底してください。

上記にもありますが、うつ伏せの状態が長く続くと、赤ちゃんは窒息してしまう可能性があります。
さらにうつ伏せは、乳幼児突然死症候群(SIDS)を引き起こす原因とも考えられていますので、長時間や睡眠時のうつ伏せには十分注意が必要です。
練習をさせなかったとしても、自然とうつ伏せにも寝返りにも慣れていきますので、赤ちゃんが練習を嫌がるようであれば無理をさせる必要はありません。

泣いている赤ちゃんに対しての正しい行動は?

629815

寝返りを打って泣き出してしまった赤ちゃん。
パパやママはどうしてあげるのがいいのでしょうか?

仰向けに戻してあげる

赤ちゃんが泣いているときというのは「苦しい」「辛い」「イヤ」などの感情を伝えて、パパやママに助けを求めているときです。
長く泣いたままでは赤ちゃんの心身にストレスや負担がかかってしまうので、激しく泣くようなら、元の仰向けの体勢に戻してあげましょう。

寝返りの補助をしてあげる

寝返りは、赤ちゃんが筋力を付けたり、自分の意思で体を動かすための第一歩です。
激しく泣いていたり、窒息の可能性があるなどの危険な状態は別として、パパやママが補助をしながら、がんばる赤ちゃんを見守ってあげるのも大切なことです。

足を交差させる

赤ちゃんはまだ体の動かし方が上手でなく、どこかを動かしながら、一緒に別の部位を動かすことが出来ない…というのもよくあることです。
寝返りだけに関わらず、基本的に赤ちゃんは、下半身を動かした反動や流れで上半身も動かします。

しかしうつ伏せの状態だと下半身が動かしづらく、結果的に上半身も動かしづらいのです。
この場合には赤ちゃんの足首をやさしく持って、交差させてあげると、体を回転させるイメージを掴みやすくなるようです。
コツは足を交差させる際、赤ちゃんが寝返りを打ちたいのとは反対側の足を上にもってきてあげることです。
寝返りを打つところを観察していると、いつもどの方向に寝返りを打っているのか(=寝返りを打ちやすい方向)が分かるので、補助してあげる前に確認しておきましょう

腕を自由にしてあげる

下半身の動きに合わせて上半身を動かすことは多いですが、もちろん腕の力も、寝返りのときには大切になってきます。
しかし赤ちゃんはゴロンと寝返りを打ったときに、自分の体の下に、腕を巻き込んでしまうことがあるのです。

赤ちゃんが自分で体の下から腕を引っ張り出すのは難しいですし、腕を挟んでしまった位置によっては、お腹や胸を圧迫して苦しいこともあります。
もし腕を巻き込んでいるようなら、腕を抜いてあげて、寝返りがしやすい状態を作ってあげてください。

仰向け・うつ伏せ体勢を変えても泣きやまないのは何で?

573282

嫌がっている体勢を変えたのに、泣きやまない…こんなときにはどんな原因が考えられるのでしょうか?
赤ちゃんの場合、単に機嫌が悪い…という場合もあるでしょう。
こういったときは、抱っこをしてあげる、おもちゃやお気に入りのビデオを見せてあげるなど、別のことで気を引きます。

また、寝返りを打った際に何かに激突して、痛さから泣いている可能性もあります。
この場合はぶつかった瞬間を見ていないとなかなか分かりづらいですね。
赤ちゃんが寝返りを始めたら、固いものなど、危険なものは出来るだけ遠ざけるようにしてあげましょう。
ただ、お気に入りのおもちゃなどは引き離すことが難しいと思いますので、あとは出来るだけママやパパが近くにいて、こまめに様子を見てあげることが大切です。

夜の寝返り泣きの原因は何?

433505

昼間はそんなに泣かないけど、夜に寝返りを打つと泣いてしまう…そんな赤ちゃんもたくさんいます。
昼と夜の違いは一体何なのでしょうか?

寝返りで起きてしまう

夜寝ているときには、浅い睡眠と深い睡眠を繰り返しています。
これは大人でも赤ちゃんでも同じです。
そして深い睡眠から浅い催眠に切り替わるときに、寝返りを打ちやすくなるといわれています。

寝ているときに無意識で寝返りを打つと、赤ちゃんは突然体勢が変わってしまい、びっくりしてしまうのです。
驚いて泣き出してしまうこともあれば、急に目を覚ましたことで不機嫌になり、ぐずり出してしまう…ということもあります。

夜の寝返りで泣き出してしまったら

566447

寝ているときに寝返りを打って、赤ちゃんが泣きだしてしまう場合。
どのような対処法があるのでしょうか?

ママやパパが体勢を戻してあげる

夜に赤ちゃんが泣きだしてしまうと、パパやママは睡眠時間が削られてしまい大変です。
しかし赤ちゃんが泣くということは、びっくりして不安になっていたり、体勢が苦しくてパパやママに助けてほしいと呼びかけているのです。
優しく抱っこしたり、あやしてあげた後で仰向けに寝かせてあげれば、きっと安心してもう一度ぐっすり寝てくれますよ。

寝返りを防止してあげる

夜中に寝返りで起きてしまうのは、赤ちゃんにとってもストレスです。
ですので、夜中に寝返りを打つこと自体を止めてあげる対処法もあります。
例えばこういったときのため、寝返り防止用のクッションが販売されています。
お布団と赤ちゃんの背中に挟み込むようにして使うクッションや、赤ちゃんを囲むように配置して、寝返りの動き自体をさせないようにするクッションもあります。
これらを使えば、夜中の寝返りで赤ちゃんがびっくりすることもないですし、パパやママも安心して寝ることが出来ます。

まとめ

赤ちゃんが寝返りを打って泣いてしまうのには、色々な原因や理由があるのですね。
しかしそれはどれも、寝返りをしようと体を動かしてみたり、実際に寝返りができるようになってきたという、赤ちゃんのがんばりや成長の証なのですね。
危険がないように対策をすることはもちろん大切ですが、パパやママは、がんばる赤ちゃんを優しく見守ってあげてくださいね。

\\ 『寝返り』の全てがわかるまとめ記事 //

READ MORE

2016/12/13

寝返り

赤ちゃんの寝返り疑問をスッキリ解決!親の正しい行動まとめ

daichimama

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER