MUGYUU!ロゴ

赤ちゃんの夜中の寝返りが心配・・・。悩んでいるママさん必見!その対策とは?

寝返ってしまって元の体勢への戻り方がわからず苦しくなって泣く…。
というのは寝返りができるようになってすぐの時期の赤ちゃんにはよくあること。
日中はママやパパが見守れますが、これが夜になるとそうもいきません。
特に誰も見ていないときに一人で勝手に寝返ってしまって窒息してしまわないかなど心配になりますよね。
そこで、今回は赤ちゃんの夜中の寝返りの対策方法をご紹介していきます。

夜間の寝返りの心配とは?

a3c8f88fa5f04ae48405d186485a5b43_m

前述の通り、夜間はママもパパも赤ちゃんにつきっきりで寝返りのチェックをしてあげるわけにもいきません。
まずは寝返りによってどんな心配があるのかを見ていきましょう。

窒息の可能性

赤ちゃんの寝返りで一番不安なのがこの問題です。
大人でも寝ている間に無意識で寝返りをしますが、赤ちゃんにも同様のことが起こります。
寝返った際に、顔の近くにクッションやぬいぐるみなどがあったり、柔らかすぎる布団があると顔が埋もれてしまって窒息してしまう…という可能性があります。

転落の可能性

これはベッドで寝ている場合に注意したいことですが、ベッドの端で寝ていて寝返ってしまうと床に転落してしまう…という心配があります。
赤ちゃんは思わぬ方向へ動くものです。
広いベッドだから大丈夫…と油断しないようにしたいですね。

吐き戻しの可能性

夜間の授乳の後、すぐに寝返ってしまうとお腹が圧迫されて吐き戻してしまうかもしれません。
さらに吐いたものが気管につまってしまうと窒息してしまう心配があるので、授乳直後に寝返りをしないように気をつけてあげましょう。

乳幼児突然死症候群(SIDS)の可能性

寝返りをしてうつぶせのまま寝てしまうことで乳幼児突然死症候群のリスクが高まるといわれています。
リスクが高まる理由というのは明確にはわかっていないのが現状ですが、厚生労働省では赤ちゃんは仰向けで寝かせることを推奨しています。
ただし、乳幼児突然死症候群は仰向けで寝ていても発症することはあるので注意が必要です。

寝返りを覚えた赤ちゃんが夜泣きになってしまう

442724

寝返りをするとき、これは赤ちゃんも大人も同様なのですが、睡眠が深い状態から浅い状態に切り替わっている状態なのだそうです。
そんな状態で無意識のうちに寝返りをしてしまうことで、慣れない体勢になってしまい赤ちゃんがびっくりして目が覚めて泣いてしまうのです。
寝返りができるようになって日が浅い、うつぶせの状態になれていない赤ちゃんほどこの傾向は高まります。

夜の寝返りでの対策方法

では、赤ちゃんの夜の寝返りでの対策はどんなことが出来るのでしょうか?
夜起きる場合と起きない場合の比較をご紹介します。

夜起きる赤ちゃんの場合

寝返りをして泣いて起きてしまう赤ちゃんは、日中にうつぶせの体勢の練習をしてうつぶせの状態に慣れさせてあげると良いでしょう。
うつぶせの体勢に慣れれば、無意識に寝返っても驚かなくなっていきます。

夜起きない赤ちゃんの場合

寝返りをして苦しいと泣く場合は親も泣き声に気づいて危険を回避できるのですが、寝返ってもそのまま寝てしまう赤ちゃんの場合は親も気づけないことの方が多いですよね。
そんな場合はとにかく窒息しないよう対策してあげましょう。

事前に防げる寝返り防止の対策

080709

先ほどは、家族が寝ている場合での対策方法のご紹介でしたが、ここでは赤ちゃんの寝返りに対しての対策方法をご紹介します。

赤ちゃんの顔の周りに余計なものは置かない

「夜間の寝返りの心配とは?」でも触れていますが、寝返りした時に赤ちゃんの口元を塞いでしまうようなものがあると危険です。
柔らかい布団や枕などに顔が埋まってしまうと、自分で上手に払いのけることができない赤ちゃんは窒息してしまいます。
赤ちゃんの寝る布団は少し硬めのものにしましょう。
また、かわいいからといって赤ちゃんの顔の周りにぬいぐるみを並べるのも危険なので置かないようにしましょう。

就寝前に寝返り対策をする

大き目のバスタオルを用意します。
その中央に赤ちゃんを寝かせて、左右のタオルを内側の赤ちゃんに向かってくるくる巻きます。
赤ちゃんの両脇のタオルが丸太のようになり、寝返りを防いでくれます。
タオルの端をしっかり巻き込んでおけば、タオルに顔が埋もれてしまう心配もありません。

寝返り防止グッズを使用する

最近ではいろいろな寝返り防止グッズが販売されているので、専用のアイテムを使うのも便利ですね。
先程紹介したバスタオルでの寝返り対策のように、寝返り防止クッションというものがあります。

はじめから両脇に筒状のクッションがついたタイプや、三角柱の形をしたクッションを両脇に置くタイプなど好みの形状を選べます。
また、幅広のベルトで赤ちゃんの胴体を包み込む寝返り防止ベルトというものもあります。
寝返りをした際のベッドからの転落を防止するための柵(ベッドガード)というものもあるので、高さのあるベッドで赤ちゃんが眠る場合には寝返り防止クッションなどと併用したいですね。

夜の寝返り対策の必要性

631874

寝返り対策についていくつかご紹介しましたが、寝返りを防止するかしないかについては意見が分かれるところです。
「寝返りができるようになったということは自分で対処できるようになった証拠だからわざわざ寝返りを防止する必要はない」という意見もありますし、「寝返りができたからといって自分の思うようにはうまく動けないのだから対策を講じる必要がある」という意見もあります。

どちらの意見にもうなづけますが、大切なことはまず「寝返りの動きに自分で対処することができるかどうか」という点です。
寝返りをして、そのまま呼吸も問題ない体勢を整えられるようであればわざわざ寝返りの対策をあれこれとる必要はありません。

一方で、寝返りをした後にうつぶせの状態で苦しくない体勢に整えられない赤ちゃんには寝返り防止の対策をとってあげるべきでしょう。
寝返りそのものは赤ちゃんの成長している一つの段階です。
何でもかんでも寝返りをしなうようにしてしまう、というのは赤ちゃんの成長のステップを邪魔することになるので神経質になりすぎない程度に見守ってあげましょう。

まとめ

赤ちゃんの寝返りは成長している証。
喜ばしいことではありますが、赤ちゃんが自分でしっかり寝返りの対処ができるようになるまではパパもママも心配ですよね。
かたくなに寝返りを防止するのも発達の妨げになるので、夜間だけ寝返り防止グッズを使うなどバランスよく取り入れましょう。

\\ 『寝返り』の全てがわかるまとめ記事 //

READ MORE

2016/12/13

寝返り

赤ちゃんの寝返り疑問をスッキリ解決!親の正しい行動まとめ

daichimama

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER