MUGYUU!ロゴ

葉酸って試してみるべき?妊活に必要なサプリメントとは?!

妊娠中には葉酸が必要だとよく聞きますが、なぜ必要なのでしょうか?
どうして葉酸が必要なのか、どのくらい必要なのか、妊娠を希望している妊活中の人にはぜひ知っていただきたい内容です。
また妊娠している人も今からでも遅くはありません!
健康な赤ちゃんを産むためにも、葉酸についての疑問や必要性を詳しく解説します。
どんなサプリメントがいいのか悩んでいる人も、葉酸サプリの選び方もご紹介していますので、ぜひ読んでみてくださいね。

妊活で葉酸をとったほうが良いと聞くけど、どうして?

厚生労働省が妊娠を希望している女性に、葉酸を摂取するよう推薦し始めたのは、妊娠初期のお腹の赤ちゃんの疾患である、神経閉鎖障害の発症リスクと葉酸の摂取量が関係していたことがわかったからです。

5-1-0

神経閉鎖障害とは、脊髄や脊柱が正常に作られず、下半身の神経が麻痺して歩行障害・運動障害・排尿障害・排便障害・性機能障害が起こる二分脊椎症や、神経管から脳が正常に作られず流産や死産となる無脳症などの障害です。
他にも唇が割れてしまう口唇裂や、口腔内と鼻腔が繋がってしまう口蓋裂を引き起こす原因にもなります。
ダウン症の予防にも効果的で、葉酸でダウン症のリスクを軽減することが可能だと言われています。

5-1-2

このような神経閉鎖障害の発症率やダウン症の発症率が低い国では、葉酸を十分に摂取していることがわかり、日本でも葉酸を摂取することを推薦するようになったのです。

葉酸の摂取で安心した妊婦ライフ

妊活中でいろいろ調べていると葉酸という情報をよく目にしました。
葉酸についても詳しく調べてみると、妊娠前からの摂取が障害リスクを軽減してくれるということで、いつ妊娠しても大丈夫なように、葉酸を摂取し始めました。
ゴールドキウイに葉酸が多く含まれているとのことで毎日続けていましたが、味に飽きて値段も高い…サプリメントも不安…ということで、安全な葉酸サプリについて自分で成分を調べたり、薬剤師の方に相談したりして、安心安全な葉酸サプリを見つけることができました。

5-3-2

毎日の食事で食品を上手に取り入れることが苦手だったので、葉酸を確実に摂取できるサプリメントで、安心した妊婦生活が送れそうです。

必要な葉酸の摂取量は?

厚生労働省の発表した、1日に必要な葉酸の摂取量は、
・18~49歳の女性で240マイクログラム
・妊娠中の女性は480マイクログラム(妊娠3か月までは640マイクログラム)
・授乳中の女性は340マイクログラム
となっています。

5-4

妊娠前から妊娠3ヵ月までは、神経閉鎖障害のリスクがあるので普段の2.5倍の葉酸が必要となります。
妊娠1ヵ月目あたりまで妊娠に気づかない場合もありますので、妊活中の妊娠前から葉酸を摂取することをおすすめします。

葉酸を意識して取らなかった場合どうなってしまうの?

葉酸不足は神経閉鎖障害の他にも、自分の身体に影響があります。

妊婦さんにとっての影響3点

5-5

妊婦さんの体に現れやすい症状をあげてみましょう。

1.貧血になりやすい

葉酸不足による貧血を葉酸欠乏性貧血と呼ばれます。
血液中の赤血球が減ってしまうことで貧血の症状が出てしまいます。

5-6-1

2.妊婦高血圧の予防

葉酸不足は動脈硬化が起こりやすくなります。
特に35歳以上の高齢出産となる人は注意してください。

5-7

3.流産の危険

葉酸不足で子宮の血流が悪くなり流産の危険性があります。
子宮の血流がアップすることで胎児の成長をサポートしてくれます。

葉酸は不妊症にも効果的

葉酸の摂取は不妊症の原因の1つである着床障害に効果があります。
着床障害とは受精卵はできるものの、子宮に着床せず妊娠にいたなかったり、着床しても長続きせず流産してしまう状態を指します。
葉酸を摂取することで、子宮内膜を強化し、受精卵が適切に細胞増殖することをサポートしてくれる作用があります。

5-9

葉酸はDNAの合成に重要な役割を果たしてくれるので、男性不妊にも効果がありますので、不妊症で悩んでいるカップルは試してみるといいかもしれません。

普段の食事で摂取するための対策は?

普段の食事に使える食品に、どのくらい葉酸が含まれているか知っておくと摂取しやすくなるので、チェックしましょう。

葉酸の多い食品5選

普段の食事で取り入れたい葉酸。おすすめの身近な食品を紹介します。

1.たたみイワシ

100g中に300マイクログラムの葉酸が含まれています。
高タンパク低脂肪なので、太りにくい食材です。

5-10httpyushigemaru.compid=38890043

引用:http://yushigemaru.com/

2.焼きのり

だいたい1食分の3gで60マイクログラムの葉酸が摂取できます。
味付けのりにも多くの葉酸が含まれています。(100g中1600マイクログラム)

5-11

3.納豆

1パックで60マイクログラムの葉酸が摂取できます。

5-12

4.レバーペースト

100g中140マイクログラムの葉酸を摂取することができます。

5-13まえ

5.うなぎの肝

100g中に380マイクログラムの葉酸が含まれています。

5-13

葉酸は熱に弱いので、火を使わずに摂取できるものがおすすめです。
うなぎの肝は焼いてしまうと葉酸を失ってしまうので、肝吸いにするとおつゆと一緒に葉酸を摂取することができます。
レバーとうなぎにはビタミンAの仲間が含まれているので、妊娠初期に過剰摂取することで胎児に奇形や先天異常などのリスクが高まりますので、レバーは6g・うなぎは50g程度にしましょう。

普段の食事でどれだけ葉酸が摂取できるの?

20~30代の女性が普段の食事から、1日に摂取している葉酸の平均は
20代女性 平均 217マイクログラム
30代女性 平均 233マイクログラム
こうしてみると、厚生労働省が推薦している女性の葉酸摂取量は、妊娠中や授乳中の女性へ推奨する葉酸摂取量には足りていないことがわかります。

サプリメントで葉酸を摂取した場合

普段の食生活では、妊娠希望の女性や妊娠初期の女性には400マイクログラムもの葉酸が足りていません。
食品で摂取することも可能ですが、摂取したい葉酸の量に対して、食品の量がどうしても多くなってしまいます。(例えば納豆なら1日に約10パック…)

葉酸は水溶性で熱にも弱いので、調理することで葉酸が減ったり失われてしまうこともあります。
そこで葉酸のサプリメントで補うことが効果的なので、厚生労働省も補助食品での摂取を勧めています。
安定した量を摂取するためにも、普段の食事の補助としてサプリメントで摂取することがおすすめです。

葉酸のサプリメントをとってみよう!

葉酸サプリメントは、妊活の女性や妊婦さんのアイテムとして多数の種類があります。

5-14

葉酸のサプリメントの選び方

妊活中や妊娠中に飲むサプリメントですので、安心安全なサプリメントの選び方をご紹介します。

1.1日の摂取量が含まれていること

最低限400マイクログラム(0.4㎎)摂取できるものを選びましょう。

2.天然由来のモノグルタミン酸型の葉酸サプリであること

天然由来のものと、化学成分から合成されたものの2種類がありますので、天然由来のものを選びましょう。

3.ビタミンB12が配合されていること

葉酸との相乗効果が高い成分で、葉酸を体内で再利用する作用があります。
他にも、ビタミンCやミネラルがバランス良く配合されているものを選びましょう。

4.化学合成添加物が無添加であること

毎日摂取するものですので、食品添加物が多く含まれているものは避けましょう。

5.放射能チェックをしっかり行っていること

原発事件後放射能汚染が確認され、胎児への奇形のリスクがあります。

他にも、つわりがある時期にも飲むものですので、においや味がない物がおすすめです。
デュアナチュラやネイチャーメイドなど、ドラッグストアで手軽に購入できる葉酸サプリがありますので、続けられるものを選ぶようにしましょう。

まとめ

5-15

・葉酸は胎児の神経閉鎖障害のリスクを軽減する効果が期待される。
・ 妊活中や妊娠初期の1日に必要な葉酸の摂取量は640マイクログラム。
・普段の食事からは300~400マイクログラムの葉酸が不足している。
・葉酸は男女の不妊症にも効果がある。
・葉酸は熱に弱いのでサプリメントから摂取した方が効果的。
・サプリメントは必要な摂取量と安心安全なものを選ぼう。

食事や調理法に十分気を使い、食品から葉酸が摂取できる人はそれでOKなのですが、妊娠希望の女性にはどうしても摂取していただきたい栄養素なので、確実に摂取することができるサプリメントがオススメです。
将来お腹にやってくる赤ちゃんのためにも、すでにお腹の中にいる赤ちゃんのためにも、厚生労働省が定める葉酸の摂取量を取り入れるようにしてください。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER